back

home

next

RALLY Quizzy 9

1989.11.11

ゴール 千葉館山 ペンション「キャッチボール」

参加台数 2輪

0台

0名

4輪

10台

22名

総 勢

22名

優 勝

大江・渡辺チーム

dot

 年号が平成に変わった1989年11月、秋ラリーは千葉・館山のペンション「キャッチボール」へ向かいました。

 ラリーに先立つこと3週間前、オーガナイザーはコース作りのため南房総へ出発。新計測車はCIVICくんに代わってFAMILIAくんがデビュー。 その最大の特徴は.....「さびてない」。うれしさのあまり房総中の林道を走りまくってしまいました。

 当時からおちょうし者だったらしく、「路肩崩壊のため通行困難」とカンバンが出ているにもかかわらず、「困難」だったら行ける可能性もあると解釈し林道突入。ここは道幅が車1台分しかないうえに人の背丈ほどもあるすすきが茂る、見通しのきかない巨大迷路のようなルート。

 対向車もなく、自分ひとり今どこにいるかもわからない様な不思議な感覚を楽しみつつ前進また前進。約3Km走ったところで、ありました決壊現場。
 カンバンにいつわりなく、路肩が見事にえぐりとられていました。あえなく引き返すことになりました‥‥‥バックで。延々2Km近く走り首が痛くなったのは、自業自得?

 ラリー当日、若きエントラントMiss.Fもデビュー。彼女はこの時、生後 六ヶ月。お父さんは第1回大会から常連のオフ車乗りのMr.N。彼女は幼くしてダート走行の洗礼をうけることになったのでした。

 抜けるような秋晴れのなか各車スタート。RALLY Quizzyにしては珍しく、すなおなコース設定で246、保土ケ谷バイパス、横浜横須賀道路と走って久里浜へ。ここから金谷までは東京湾フェリーの豪華な船旅。
 フェリー待合所ではMr.Nが満面の笑みを浮かべてFちゃんにミルクをあげていました。

 船旅を満喫し、全員そろって金谷に上陸。ここからは房総のおいしい林道を総なめにする、すてきなコース(オーガナイザー談)を走行。

 すばらしい林道を満喫し、ペンションに到着。買い物ゲームでとんでもないものが続出し、表彰式はチカラいっぱいの盛り上がり。
こうしてラリーの夜は更けていったのでした。

dot
ポスタ
RALLY Quizzy9 poster

dot
ゴール
RALLY Quizzy 9 GOAL


コマ地図ギャラリー
コマ地図1コマ地図2コマ地図3コマ地図4

back

home

next