back

home

next

RALLY Quizzy 14

1991.12.14

ゴール 静岡・寸又峡ペンション「寸又峡」

参加台数 2輪

0台

0名

4輪

7台

13名

総 勢

13名

優 勝

高橋・黒木チーム

dot 

飲んで、騒いで、いただいた。あ、それ。
 飲んで、騒いで、いただいた。色鮮やかな、イエローカード。
 前回ラリーの帰り道、張本人に「昨日はすごかったですね」と言ったら「えっ、そうだっけ」ですと。「あんたでんがな」と急に関西人に変身しそうになりました。

 ラリー当日、そんなこと知らずか、みんなスタートからテンション高過ぎ。1号車はなぜかジェイソンのお面かぶってるし、Miss.Nはサンルーフから顔出して、はしゃいでる。

 東名を走って一気に静岡入りするところまでは前回のラリーと一緒。高速を降りたところから大井川鉄道の始発駅までのルートは前回とちょっとちがう。途中大きな池のある公園で、ほぼ全チーム昼飯。テンション高くなりっぱなし。全長30mのすべり台で子ども以上におおはしゃぎ。

 全車無事ゴールし、さぁ表彰式だぁ。騒ぐなとオーナーの目がきびしー。
 優勝は男前と誉れ高い「HP」コンビ。準優勝はMiss.Nチーム。
 ここ寸又峡には「美人の湯」なる露天風呂があり、全員で繰り出した。女性は今まで以上に美人になって...いました。(そこで息つくなって?)

 翌日、Miss.Nのたっての希望で、上流にあるトロッコ電車に乗ることにしました。ナビゲーターはおもちゃみたいに小さい電車で始発駅に向かい、 ドライバーは山道で先回りすることにしました。
  山道は、一部ダートの残るタイトなワインディングロード。4台で山道に突入。先導は、おちょうし者のオーガナイザー。ペンションでは抑えていたので 、はじけて全開。続いてロータリーサウンド響かせてRX7、その次新型プレリュード。どうがんばっても二番手、三番手の方が早いのに、無理するからオーガナイザーのブレーキは焼けてました。(自爆野郎)
 そんなこんなで(どんなだ?)先回りし、大つり橋で待ち伏せ。ここから通過するトロッコ電車がよく見える。
 さぞかし楽しんでると思いきや....  Miss.Nは寝てた。

dot
ゴール
RALLY Quizzy 14  GOAL


コマ地図ギャラリー
コマ地図1コマ地図2

back

home

next