back

home

next

RALLY Quizzy 16

1992.11.7

ゴール 甲斐大泉 ペンション「コンチェルト」

参加台数 2輪

0台

0名

4輪

11台

23名

総 勢

23名

優 勝

中川・山野チーム

dot

 今回のサブタイトルは「甲斐大泉、再び」と言うことで第11回大会で好評だったペンション「コンチェルト」が再びゴール。
 ここのオーナーは面白い。(お前のほうがよっぽど面白いとの声はあり)ラリーの下見や何やらで半年おきくらいに行くと、そのたびにバイクか車を買い替えてる。好奇心旺盛と言うか飽きっぽいと言うか.... 
 バイク好きだけどライダーのお客が少なくて、行くたびに盛り上がる。

 さて、エントリーリストを見てみよう。あれ、各チーム毎に予想順位が書いてある。これって失礼じゃない?そこんとこをオーガナイザーに聞いてみましょう。

 「予想順位なんて、勝手につけてるけど、大丈夫なんでしょうか?」
 「大丈夫、だいじょうぶ。問題なーい」

 どうも問題はオーガナイザーにあるようです。みなさんも、うすうすは感じてました?えっ、知ってた。失礼しました。
 そんなオーガナイザーはほっといて、出発しましょう。

 ドライバーズミーティングで男女別の部屋割りを発表。ここが泊まりラリーのいいところ。ゴールしたら食事まで各自の部屋でごろごろ好きなように過ごすことができます。

 スタートしたら、座架依橋を渡り相模川沿いの快適ロードを北上。最後尾からオーガナイザーも追い上げ。オーガナイザーが途中にある乗馬倶楽部にさしかかるとエントリー車が止まってる。

 「どうしたの、車の調子でも悪い?」
 「いやー、トイレ休憩です」
 「あ、そう」
と、そこに彼女と参加のMr.Nチーム到着。
 「みんな止まって、どうしたんですか?」
 「いや、ただのトイレ休憩」
 「なんだ、そうなんですか。あのー、ところでお願いがあるんですけど」
 「なに?」
 「部屋割りを変更して、彼女と一緒にして欲しいんです」
何と大胆発言、と思っていると。
 「この夏、彼女と結婚するんです」
 「それを早く言ってくれなきゃ、そんじゃいっしょの部屋にへんこー」
軽いもんである、さっそく新しい部屋割りを走行中の各車に無線連絡。

 道志街道を通り、林間ワインディングコースを通ってさらに山の中に。
 案の定、ゴールにたどりついたときには日はとっぷり暮れて闇んなか。全車ゴールしたらお食事&表彰式。でも一台ゴールしない。待てど暮らせど連絡なし。
 ラストワンは同部屋キープ作戦完了した、Mr.Nチーム。

 あまりにも遅いので、見切り発車の鍋料理ゴー。どわーなんて盛り上がっていると一本の電話。
 「すいませーん、道迷っちゃって今**にいるんですけど」
 「えっ、まだそんなところにいるの?あたりも暗いし直接宿に来たら」
待つこと小一時間、やっとの思いでゴールイン。彼女半べそ。
 「道に迷って、怪しげな林道に入り混んじゃって行き止まりになったので、Uターンしたら、そこで白いドロロン見ちゃったんです....」

 恐ろしや、おそろしや。なんまいだぶ、なんまいだぶ。 

dot
ポスター
RALLY Quizzy 16poster

dot
ゴール
RALLY Quizzy 16 GOAL


コマ地図ギャラリー
コマ地図1コマ地図2コマ地図3

back

home

next