back

home

next

RALLY Quizzy 23

1995.6.25

ゴール 津久井湖

参加台数 2輪

3台

3名

4輪

45台

106名

総 勢

109名

優 勝

多胡・酒井・蛯原チーム

 「10周年記念大会開催」このニュースは瞬く間に世界中に広がり、申し込み者が殺到しました。当時の新聞の記事から様子を見てみましょう。

−朝の日新聞 地方版 1995年(平成5年)6月25日 日曜日 13版−

 RALLY Quizzyが開催されて今年で十年がたつ。紆余曲折がありながらこれだけ長い期間同一のイベントが開催されるのは珍しいことである。個人が主催し続けている点も興味がひかれる。

 オーガナイザーのすずのさん(年齢不詳)=神奈川県大和市が初めてRALLY Quizzyを開催したのは23歳のとき。現在は市内の会社に勤務する会社員だ。

 10周年は一つの節目でもあるが、オーガナイザーにとってこの大会は別な意味での節目でもあった。この大会の直後に本社への出向が決まっていたからである。最後の開催になるかもしれないとの予感があり、事実この年の秋のラリーは業務多忙のため開催できずにいる。エントラントはこの事をまだ知らない。

 そんな思いから有終の美を飾るべく凝ったお膳立てとグッズのオンパレード。ポスターは会社の先輩で現在は田舎の名古屋に帰っているMr.Kに会いに行き作成を依頼。エントリーリストは変形A6版の複雑に折り込んだものを参加人数分を夜なべして作成。

 そんな気迫に触発されてか参加台数は48台を数え大盛況。そのうちオープンカー2台、サンルーフ装着車が18台と抜けるような青空と共にすかっとするラインナップ。国産車に混ざってPorsheも見えます。
 仙台から1名、埼玉の山間部から2名と遠方参加組も気合い充分。

 1号車はオフローダーにまたがるMR.O。オーガナイザーはこの日のために買った18mmの超広角レンズでローアングルから写真を撮っています。

 各車スタート後一気に北上。八王子を抜け陣馬に向かいました。和田峠の駐車場で常連の参加者約20人がシートを敷いて大昼食会。周囲から浮いてました。

 峠を下ったら昨年と同様のルールでSS開始。指定時間の間、指示速度通りに走りきるとそこが次のチェックポイントと言うもの。SSが終わってやれやれと言う間もなく、タイトなワインディングロードに突入。知られざる裏道を走るとの噂は本当でした。

 やっとのことで最難関を抜けたらゴールの津久井湖。
 オーガナイザーの啖呵売風の口上により、買い物ゲームの品を各チーム毎に披露。オーガナイザーはバッタ屋との学説もあります。

 得点集計はパソコンを使わずにスタッフが5人がかりで手計算の人海戦術。
 弾けた表彰式のフィナーレを飾る優勝はT通から参加のMr.Tチーム。
 表彰式の最後の最後に常連達からオーガナイザーに10周年の記念のグラスが授与されました。

 この約2週間後オーガナイザーは東京の本社へと旅立ったのでした。アーメン

dot
ポスター
RALLY Quizzy 23poster

dot
ゴール
RALLY Quizzy 23 GOAL


コマ地図ギャラリー
PDF版コマ地図

back

home

next