up
makeing of RALLY Quizzy 35

 ブオーッと腹に響く大型車両のエンジン音が西の方角から聞こえた。
 眠い。今何時だ?昨日は午前零時に就寝したので、まだ余り時間は経っていないはずだ。枕元の時計を見ると午前二時半だ。エンジン音だと思ったのはうちの小坊主のいびきだった。風邪を引いて一ヶ月になる。鼻がつまって苦しそうだ。
 様子を見ているとパチッと目が開いて起きてしまった。副官は疲れきって寝ているので30分ほどだっこして寝かしつける。
 やれやれ今日は朝が早いからもう寝るとしよう。

 深い深い眠りについた午前四時。西の方角から砲声が聞こえた。155mm溜弾砲か203mmか。と思ったら小坊主のいびきだった。またしても目を覚ます。今度ははっきり起きている。すばやくおむつ交換。ピット作業はスピードが命だ。素早くジャッキアップしてスペアおむつとクイックチェンジ。決まった。0.7秒の早業だ。
 でもまだ泣きやまない。あわててミルク調合。いつもより濃くハイオク仕様だ。
 120cc満タン。全ての欲求が満たされご就寝。やれやれ。

 午前六時。三度爆音に起こされる。外はもう明るい。そのまま小一時間抱くはめになる。もう地図を作りに出かけなきゃ。副官体調不良で起きられず。

 午前八時。副官復調。小坊主を預けていざ地図作りに出発だ。天気快晴風強し。
 青天の霹靂我にあり(意味不明)
 
 ラリー準備委員会武闘派の準備した秘密のスタート地点に潜入。ここは期間限定訳ありポイント。エントラントには開催一週間前ぐらいに密かに連絡予定。

 さぁ、スタートだ。コマ地図1 信号のある交差点を右折。目標物は左手前に○○・・。右折完了。ここからアクセル全開。タービン音が心地良い。っていけないコース作ってるんだっけ。と言うくらいいきなり良いコース。
 
 今回も事前走行のおかげで美味しいルートのオンパレードだ。ワハハハ。

 Rururururu ん?誰から電話? 電話は副官からだった。小坊主の調子がおかしいと涙声。病院につれていかねば。反転全速、保土ヶ谷バイパスの追い越し車線をポルシェの後ろでスリップストリーム。当然アクセル全開、タービン回りっぱなし。
 
 自宅到着後ただちに主力計測車から広域偵察車に乗り換えて病院へGo!ちなみに主力計測車は余りに古いのでチャイルドシートがつけられません。トホホ。
 救急処置室にて診断。先生から驚愕するような思いがけないお言葉が....
 「大した事ないですね。様子みましょう」あっそう。
 自宅に帰ってとりあえず昼食。副官ぐったり、小坊主元気はつらつ。時計の針はすでに二時。

 気を取り直して、コース作成再会。先ほど作りかけの地点に到着したらもう四時になっていた。

 <中略>

 とにかく全開でコース作成続行。途中すごーくいい直線があったので、ホホホホーっとアクセル開けていざ鎌倉って左前方約700mの路肩を見たら....パトカーだ!あぁぁぁぁ。わざとらしくブレーキング。間に合わなかったか?パトの脇を法定速度+αで通過。バックミラーを見る。追って来ない。もしかしてOk?
 どきどきしたので少し行った地点でコーヒーブレイク。何だ脅かすなよ。と思って10分も経たないうちに遠くからサイレン音。見るとパトカーが目の前を猛スピードで追撃開始。あぁ恐ろしい。くわばらくわばら。

 <また略>

 と、言う訳でめでたくコースが出来ました。

Comming Soon RALLY Quizzy 35

up