2006.07.23

ゴール 藤野

参加台数 2輪

0台

0名

4輪

13台

35名

総 勢

35名

優 勝
荒木チーム

 「おい、聞いたか?」俺は同期の本多に言った。
 「聞いた、聞いた。ラリーの話だろ。ラリーって何だ?」
 「それがよく分からないけど、アラーキー先輩が言うには車を使ったオリエンテーリングで、すっごく楽しいぞって言ってたな」
 「それで、お前出るんか?」
 「それゃ、俺たち新卒が先輩の話を断れる訳ないだろ。面白そうなので出てみようぜ」
 「そうだな。新人研修だと思って出てみるか」
 こうして俺たち新人2人はラリーにエントリーする事になった。アラーキー先輩良い人そうだし、まっいいか。

そして当日

 「何だか緊張するなぁ」相棒も同感らしく、ちょっと落ち着きがない。
 集合場所に到着するなり、いきなりニコニコした人が近づいてきてオーガナイザーだと名乗って停車位置を指示された。
 訳の分からないまま参加料を払うと地図を渡された。
 先輩に見せてもらったのと同じだけど、うちらに出来るかなぁ。

 しかも2番手スタートか。どーするんだよ。でも本多は頭がいいね。「先輩って、うちらの2組後のスタートだろ。コマ地図2で待ち伏せし後ろ走ればいいじゃん」さすがである。
 でも、コマ地図をよく見るとコマ地図3は突き当たりだった。これなら初心者のうちらでも大丈夫そうだ。まっ、行ってみっか。

 「おい本多、ここまで順調だなぁ。もう11図かよ」
 「この先チェックポイントだから、ゆっくり走ってくれよな」
 何でも写真の地点がコース上にあるらしい。さっきのODと一緒かな。
 
 何て思っていたら、すぐにチェックポイントが出てきた。
 「距離はいくつ?」
 「3.9キロぐらいかな」
 「オッケー。それにしても、山ん中に突然市街地が出てきて何だろ。すごく不思議じゃないか」
 「先輩がラリーって驚きの連続だって言ってたけど、たまにコマ地図が間違っててびっくりすることもあるらしいぜ」
 それは勘弁してほしい。

 「次、13図。信号のある複合ト字路。距離0.5キロ。第1目標 ドンツキの信号を左。左折後すぐの右ト字の信号を右。信号名は太井」
 「コマ地図読むのが上手くなってきたなぁ。さすが理系」
 「お前も理系だろ」
 俺たち2人は技術者である。

 「何だかのんびりとした道だなぁ」
 道は緩やかなカーブを描きながら、その勾配を徐々に急にしていった。右手の木々の間から湖が見える。
 「この先チェックポイントだから、ゆっくり走ってくれよ」
 オッケー。程なくして写真の地点に到着。距離6.5キロ。後続車の確認のため右手を振り返ると眼下に津久井湖のパノラマが広がっていた。

 車を路肩に寄せなおして湖を眺めに行ってみる。そこには津久井湖が地図と同じ姿であった。本多はさかんに写真を撮っている。

 見とれていると麓の方から峠を上ってくる車の気配を感じた。水平対向エンジンのエギゾーストノートが山々に反射ながら急激に近づいてきた。チェックポイントにピタリ停車したのは富士重工製 キ−84であった。
 うちらの5台後のラリー車だ。

 ナビゲーターが気がついて手を振ってくれた。
 キ−84は再発進すると、まるで空母のカタパルトから射出されるが如く飛んでいった。下りのワインディングだと言うのに一気に加速して駆け抜けていく。
 峠に再びボクサーエンジンのエグゾーストがこだまする。

 ラリーも終盤戦に入った。ゴールまでもう少しだ。
 「次 31図信号のない右ト字路を右。距離0.9キロ。目標物は右前方に中央サーキット藤野の看板」
 何だサーキットって。ここは山ん中だぞ。
 「おい本多。サーキットって何だ。読み間違えじゃないのか」
 「いや、合ってるよ。サーキットって『回路』って意味もあるからプリント基板屋さんとかじゃないのか」
 そんな事あるはずがない。だってここは、山ん中。

 何か聞こえてくる。何だ。耕運機の様な耕運機でない様な。しかも何台もだ。
 急な右下りカープを抜けると目の前にカートのサーキットがあった。
 「まじかよ」本多が目を丸くしている。こんなところにサーキットがあるなんて聞いたことがない。今日何回目のサプライズだ。

 「次 35図。この先の第1駐車場がゴールだ」いやー、長かった様な短かった様な1日だったな。
 「おいおい、まだ物思いにふけるのは早いぞ」と本多に言われて我にかえった。まだ距離の補正とか表彰式があるんだった。

 ゴールは神奈川県立藤野芸術の家。表彰式は会議室C。先輩はゴールは野っ原だって言ってたけど、会議室借りちゃうなんて凄いんじゃないの。

 ところで距離の補正ってどうやるの。
 「本多、お前分かるか」
 「んー、分からん。お前やってくれ理系だろ」お前もじゃないか....
 まっ適当でいっか。完走出来たんだし。

そして表彰式

 買物ゲームっにはびっくりした。子供たちは大はしゃぎで会場は興奮に包まれて熱気が凄い。いよいよチェックポイント賞の発表か。どきどきしてくるな。まっ距離の補正とかテキトーだし、選ばれなくてもいっか。

 オーガナイザーが叫ぶ。「第1チェックポイントは山の中の市街地まで。距離、ニジュウロクテン......」おー、何でそこで溜めるか。「ニーイチ」
 かー、惜しい。2百メートル差だよ。

 「チェックポイントリーダーは、伊藤チーム」おぉ。「アラーキーチーム、荻原チーム、大岡チーム、南條チーム、丸田チーム、斉藤チーム、山野チーム。以上8チームです」ってエントリーしてる半分は呼ばれたじゃん。けっこう選考甘いんだ。
 でも、じゃんけんは負け。

 「次 第2チェックポイントは津久井湖一望の地点まで。距離サンテン....」また溜める。「キューハチ」あー、惜しい。3百メートル差だよ。

 「チェックポイントリーダーは、伊藤チーム」おぉぉ。やた!「戸口チーム。以上です」っておいおい2チームだけかよ。選考基準甘いはずじゃなかったの。何が何だか分かんないけど拍手に押し出されてじゃんけんに出るも負け。現実は厳しいね。

 「次 第3チェックポイントは津久井湖畔の展望駐車場。距離、ロクテン....」わーった、又溜めね。「ゴーヨン」あー、百メートル差だよ。

 「チェックポイントリーダーは....」何で溜めるんだよ。「伊藤チームー....」おぉぉぉ。って何で又溜める訳?「以上です」ってうちらだけ?まじすか。じゃんけんしなくていい訳?ウインドウォッシャーもらっていい訳?やったーエントリーしてよかったぁ。アラーキー先輩ありがとう。

 「次 第4チェックポイントは夕やけ小やけの公園まで。距離、ジュウロクテン.....」ハイハイ分かりました。「ナナナナ」あちゃー2百メートル差だよ。

 「チェックポイントリーダーは、近藤チーム」お、バイクで出た人じゃん。やるなぁ。でも、うちらより3時間も早くゴールしたって言ってたけど、どーゆー走りしてるんだろ。「伊藤チームー...以上です」まじすか。まじすかスクエアーガーデン。なんちて。んー凄い。じゃんけん負けたけど。

 「次 第5チェックポイントは陣場街道を下ったコミニティセンター前。距離ジュッテン....」「ゴーナナ」やたー。ぴったりだ。わははははは。

 「チェックポイントリーダーは伊藤チームー」当然だね。「丸田チーム、戸口チーム以上です」ありゃ3チームもいる訳ね。で、じゃんけんは負け。1勝4敗。打率2割5分。それにしてもチェックポイント賞5連続で奪取って凄くない。うちらこのまま行けちゃうかも。

 だが続く第6チェックポイントとゴールまでの区間は多くのチームが呼ばれたにもかかわらず、呼ばれなかった。ま、先輩もチェックポイント賞3回しか呼ばれてないからいいか。でもビギナーズラックで悪いなぁ。後で先輩なぐさめなきゃ。

 「では、ラリークイジー40、総合順位の発表です。で、お約束の....」って何だ?おぉ、ジャカジャカジャカジャンの大合唱。
 「総合順位3位は総減点 69点で....斉藤チームー」どぉぉぉぉっと大歓声。そりゃそうだな、あのアメ車でよく峠を越せたなぁ。しかも途中で温泉入ってきたって言ってたし。さすがベテランチーム。

 「では準優勝の発表です」再びジャカジャカの大コール。
 一瞬静まり返る会場。
 「総減点 57点で....」おいおい、オーガナイザー何でこっち向いてるの?「伊藤チームー」やっ、やたー!おい、本多やったぞ。何だか分かんないけどメダルだぞ。やったー。
 アラーキー先輩ごめんなさい。訳分かんないけど、もらっちゃいました。
 わははははは、生きてて良かった。


 「それでは、ラリークイジー20周年記念、第40回大会の優勝チームを発表します」一層大きく響き渡るジャカジャカコール。
 「優勝は総減点......53点で......アラーキーチームーーーーー」
 おぉぉぉぉぉ。さすが先輩。終わりきっちり。

 やっぱりこの人についていこう。


写真館(パスワードはrally40)

パノラマ写真


エントリーリスト(出走順)
NO.
Dr.
Na.
チーム名
車 種
サブナビ
1
近藤
-
ほのおのけん ホンダのばいく  
2
伊藤 本多 田島コメッツ ヤマハふぇらーり  
3
本多
2号車に合流
4
荒木 恵里佳 1年3組 ノア 祐子
5
金子 井波 法定速度20キロ厳守! オデッセイ 部下1号・2号
6
荻原♂ 荻原♀ あやりか ぼいぢゃ あやの
7
大岡 齋藤 チームDCT キ−84  
8
南條 日和 どたばた家族 セレナ かあちゃん
9
丸田
-
亀タクシー じ〜てぃ〜え〜  
10
戸口 恵美子 ちび猫 インプレッサワゴン  
11
斉藤 鈴木 復活アッチョンブリケ エムピーブイ  
12
野村
13号車に合流
13
熊木 野村 レッツゴー3匹+1人 壊れかけのランサー 溝井,彩 
14
大庭父 大庭母 TeamAyane メ●セ●スタント 絢音監督
15
山野 千恵子 リラッくま? すーぱーk  
追上
鈴野 朝子 Hyper Suport 一式主力計測車 健&ゆり

リザルト

号車
Dr.
1CP
2CP
3CP
4CP
5CP
6CP
GOAL
総減点
順位
 
基準
26.21
3.98
6.54
16.77
10.57
16.31
6.05
1
近藤
0.19
0.16
0.10
0.01
0.37
0.06
0.12
1.01
12
3
伊藤
0.01
0.00
0.01
0.01
0.22
0.14
0.18
0.57
2
4
荒木
0.01
0.05
0.08
0.05
0.28
0.01
0.05
0.53
1
5
金子
0.07
0.12
0.10
0.09
0.42
0.07
0.09
0.96
10
6
荻原♂
0.01
0.03
0.09
0.07
0.43
0.13
0.13
0.89
9
7
大岡
0.04
0.04
0.07
0.12
0.38
0.06
0.02
0.73
5
8
南條
0.02
0.05
0.10
0.10
0.30
0.12
0.10
0.79
8
9
丸田
0.00
0.10
0.10
0.13
0.23
0.08
0.11
0.75
6
10
戸口
0.22
0.01
0.05
0.05
0.15
0.07
0.16
0.71
4
11
斉藤
0.03
0.05
0.09
0.07
0.26
0.13
0.06
0.69
3
13
熊木
0.06
0.08
0.20
0.27
0.44
0.20
0.04
1.29
13
14
大庭父
0.05
0.04
0.19
0.19
0.42
0.01
0.10
1.00
11
15
山野
0.03
0.07
0.11
0.05
0.36
0.07
0.09
0.78
7
 
最小減点
0.00
0.00
0.01
0.01
0.15
0.01
0.02
 

laplist
順位
号車
Dri.
1CP
2CP
3CP
4CP
5CP
6CP
GOAL
1
4
荒木
2
3
3
2
2
2
1
2
3
伊藤
2
1
1
1
1
1
2
3
11
斉藤
6
5
5
4
4
4
3
4
10
戸口
13
12
9
8
3
3
4
5
7
大岡
8
5
4
6
9
8
5
6
9
丸田
1
8
7
8
5
5
6
7
15
山野
6
8
8
5
7
6
7
8
8
南條
5
4
6
6
6
7
8
9
6
荻原♂
2
2
2
3
8
9
9
10
5
金子
11
11
11
10
10
10
10
11
14
大庭父
9
7
9
12
12
12
11
12
1
近藤
12
13
13
11
11
11
12
13
13
熊木
10
10
12
13
13
13
13

ポスター

rallyquizzy40poster

rallyquizzy40photoposter

コマ地図ギャラリー
PDF版コマ地図