rally quizzy45

2009年2月7日開催

ゴール 相模原市 藤野
藤野芸術の家

参加台数 2輪

0台

0名

4輪

6台

14名

総 勢

14名

優 勝
吉川チーム

rallyquizzy45 suntory

 まいったな。俺はだれもいなくなった研究所の片隅でつぶやいた。
学会への論文の締切日が4日後に迫っているというのに、まだ光が見いだせないでいた。
 あと一歩、いや、もうあと半歩のところまできている感触は確かにある。でもこの半年あと半歩で足踏みしていた。
 思い起こせば6年前、2年間のMITでの研究留学中につかんだヒントを元に画期的な太陽電池の実用化まで、あと半歩まで迫っていた。

 有機薄膜で実現すれば今主流のシリコン型よりコストが数分の一となり爆発的に普及するはずだ。

 今は金曜日の23時。研究所でも明かりがついてる窓は自分のところだけになってしまった。
 煮詰まった。ノーアイディアだ。

 明日開催のラリーはキャンセルして土日を研究に当てるか。でも、子供たちは前から楽しみにしていたので心苦しい。昨秋はラリーが開催されず、22年ぶりの冬の開催とかで年開け早々から待ちどおしくてたまらない様子だ。

 ゴールは藤野 芸術の家。日曜日は子供の体験工作ができるという。
 かみさんから子供たちが今寝たところとメールが入った。

 えぇいままよ。ラリーに参加だ!研究室の明かりをおとす。

 そして迎えた当日。いつも通りのスタート地点。常連チームの顔、顔、顔。ドライバーズミーティングが始まる。
 いかん。研究が頭を放れない。今はドラミに集中せねば。
 「4図ロイヤルホストとありますが、閉鎖していますので注意してください」ってどう注意すればいいんだ?先行き縁起でもない。
 「第2チェックポイントはサントリーの武蔵野ビール工場を見学します。10時半からの予約なので時間的余裕はありません」
 おいおい、それじゃミスコースできないじゃないか。あぁぁ明々後日までに論文を提出と同じだぁ。また思い出してしまった。頭は半分仕事モードだ。

 スタートから第2チェックポイントまで、まるで覚えていない。かみさんの言うとおりに右に左に曲がって走って、止まって。ロイヤルホストはパワーシャベルで取り壊し中だった。俺の研究もガラガラと音を立てて崩れ落ちていくようで落ち込んだ。

 サントリー武蔵野工場ではプレミアムモルツを生産していた。
 玄関ホールには濃紺のバックに金文字でSUNTORY The PREMIUM MALTSと誇らしげにかかっていた。受付を済ませて工場に入ると壁と天井が白と水色のコーポレートカラーにコーディネイトされ清潔感にあふれていた。

 ホップを味わったり、巨大蒸留用タンクを見学したり、工程ごとに驚かされた。うちの生産ラインと似ているところもあったが、衛生面で問題のある油圧を使わずに全て空気圧とは驚いた。子供たちははしゃぎまわっているが、俺は生産ラインを見たら仕事を思い出してサントリーの水色よりブルーである。

 工場見学の後には試飲までさせてくれるという。子供たちはなっちゃん、かみさんはプレミアムモルツにご機嫌である。俺は首からドライバーですってプレートをぶら下げてウーロン茶を飲んでいる。
 工場見学のアンケートを書いてくださいと言われて、ペンを取り出そうとコートのポケットに手を入れると何かが手に触れた。
 いかん。実験途中の供試体を持ってきてしまった。
 まずい。落として割りでもしたら替わりの結晶を作り直す時間がない。とりあえずテーブルに置いておこう。

 あぁぁぁ、おぉぉぉお茶こぼしたぁー!!!

 供試体はお茶まみれ。やってもたー。  終わったな。
 俺、ディープブルー。

 次のチェックポイントの府中の森までもどう行ったか記憶がない。子供たちがプラレタリウムを見たいと言うので入ることにする。場内が暗くなるにつれ、心も暗くなってきた。内容はまるで覚えていない。ただ終わり間近に流れ星が流れていった。

 次のチェックポイントは調布飛行場の立入制限地区内の駐車場。ドラミでは「地区内のプロペラカフェに行きますと言えば大丈夫」と言っていたが、実際に制限エリアの入口で警備員が立っているで緊張した。
 大島行きの双発機が滑走路をいっぱいに使って飛び立っていった。

 夕食はレストラン。他のお客さんもいるとかで表彰式は会議室でおこなわれた。
 表彰式の前にRALLY Quizzyの歴史のショートムービーが上映された。子供たちは意味は分からない様だが、おもしろいらしく大騒ぎである。

 続く買い物ゲームではエントリーするステージを連続ゲットし子供たちは大喜びである。でも俺の心はブルーなまま。

 チェックポイント賞も半分くらいゲット。でも俺の心はウインドウォッシャー液のごとくブルー、ブルー、ブルー。

 総合順位の発表。・・・・・・えっ?優勝?子供たちは大はしゃぎ。
 俺の心はディープブルーからライトブルーぐらいまでは回復。

 次の日、子供たちは手作り工作で七宝焼を作ることにした。七宝焼の絵の具はなかなか扱いが難しいらしく思い通りの絵が描けない。仕方なく俺も手伝うがなかなか上手くいかない。子供は泣きだすが、泣きたいのは俺の方だ。

 もういい。七宝焼と一緒に供試体も焼いてしまおう。電気炉に入れてしまう。

 終わったな。

 10分後、焼き上がった七宝焼と共に供試体は虹色に輝く見事な結晶に変身していた。

 俺の目指していたものが目の前にあった。

エントリーリスト出走順

NO.
Dr.
Na.
チーム名
車 種
サブナビ
区分
1
奥津
-
たなからぼたもち 通勤快速プリメーラ  
宿泊
2
鈴木
-
おむすび×2  
日帰
3
新村 ちびクマ でかクマ・ちびクマチーム Roadster  
日帰
4
南條
御家内
ファストラン リバティ
つくし・日和・美宙
宿泊
5
吉川 なつな もうすぐ1年生だ! ルーキーシエンタ なおみ、ひでと
宿泊
6
藤原
-
頭文字J AE86トレノBL  
日帰
追上
鈴野 朝子 Hyper Suport 一式主力計測車 健&ゆり
宿泊

リザルト

号車
ドライバ
1cp
2cp
3cp
4cp
5cp
goal
総減点
順位
1
奥津
1
4
2
4
13
11
35
3
2
鈴木
1
5
1
6
13
11
37
4
3
新村
3
4
5
1
18
3
34
2
4
南條
188
54
12
111
173
237
775
6
5
吉川
1
1
3
7
2
3
17
1
6
藤原
1
2
15
4
20
12
54
5

ラップリスト

号車
ドライバ
1cp
2cp
3cp
4cp
5cp
goal
1
奥津
1
3
2
1
2
3
2
鈴木
1
4
2
3
3
4
3
新村
5
5
4
3
4
2
4
南條
6
6
6
6
6
6
5
吉川
1
1
1
2
1
1
6
藤原
1
2
5
5
5
5

ポスター
rallyquizzy45poster

コマ地図ギャラリー
PDF版コマ地図