各ページへのリンク →  サザン・クリニック横浜 トップ 受診のご案内 性感染症内科 性感染症Q&A 泌尿器科 漢方内科・皮膚科 リンク集 モバイル




● 性感染症Q&A ●








ここには、実際に当院に寄せられたご質問のごく一部を、プライバシーに関する部分を変更して載せています。
性感染症の一覧表と自己診断チャート( ←クリック またはタップ )は、性感染症内科のページに載っています。あわせてご参考にしてください。
なお、メールでの医療相談は終了していますので、ご了承ください。 
 



その1 淋感染症を確実に治すにはどうしたらよいのでしょうか?

その2 ソープでエイズが移ったかどうか心配です。

その3 亀頭にあるぶつぶつは、何ですか? 

その4 コンジロームの治療方法と治療費は? 

その5 精液に血が混じります。 

その6 妻がカンジダで治療中、男性の方はどうすれば良いでしょうか?

その7 ピンサロやヘルスなどの風俗で、クラミジアは良く移りますか? 

その8 性感染症治療中は、禁酒しなければいけないのですか? 

その9 性器ヘルペスの女性は、出産できますか?

その10 精液が黄色いのですが・・・。 

その11 性感染症は、潜伏期間中でも移りますか? 

その12 風俗遊びで性病にかからない様にするには、どうしたら良いですか? 

その13 毛じらみは自分で治せますか? 

その14 精液にゼリー状のものが混じります。

その15 妻が妊娠中の検査で、クラミジアにかかっていると言われました。

その16 袋に血のかたまりみたいなのが、いくつもあります。

その17 一度治った梅毒は再び再発するのでしょうか?

その18 包茎をむいたら、皮が浮き輪のように腫れてしまいました。

その19 いんのうにかゆみが起きる。

その20 亀頭が痒いのですが、医者で塗り薬をもらっても治りません。

その21 おしっこするたびに、尿道に痛みを感じます。

その22 亀頭のすぐ下に、くだ状の硬いしこりができました。

その23 赤い水疱のようなものが全身に出来て、治りません。

その24 淋病が治らなくなっているそうですが、今後新しい治療法は開発されるのでしょうか。

その25 一回飲むと一週間効いている抗生物質を出されたのですが、そんな強い薬を飲んで大丈夫でしょうか。

その26 保険の利かない性病科で治療したのですが、ちゃんと治ったか心配です。

その27 性感染症になったことを妻に伝えるのが苦痛です。どう言ってごまかしたらいいのでしょうか?





その1 淋感染症を確実に治すにはどうしたらよいのでしょうか?

Q:
25歳、男性です。ファッションヘルスに行きました。本番はなかったんですが、4、5日後から尿道から黄色いどろっとした膿が出るようになって、尿をすると痛くなりました。
近所の泌尿器科でクラビットという薬をもらって 10日以上飲んでいるのですが、尿道からの膿はあい変わらず出ていますが、痛みは少しずつ減ってきたようです。
淋病 ( りんびょう ) だといわれたのですが、こんなに治りが悪いのでしょうか。このまま同じ薬を続けて大丈夫でしょうか?

A:
1週間以上治療をしているのに膿が出ているようでは、その薬はまったく効いていません。痛みが軽くなったのは、体が痛みに慣れただけです。
2003年ころより、今までよく効いた抗生物質の飲み薬 ( クラビット、タリビット、ミノマイシンなど ) がまったく効かない耐性淋菌 が増えだしました。最近では、耐性淋菌の割合が80%になったと統計で出ています。。
今の淋病を治すには 耐性の少ない最新の抗菌剤の内服と注射の併用が不可欠です。注射は1回打てば24時間で痛みも膿も止まります。
昔のペニシリンの注射はまったく効果がありません。最新の注射を使えば、痛みも少なく確実な治療ができます。
飲み薬だけでは淋病が治るという保障はできない時代です。ペニシリンではない最新の注射を打ってくれるお医者さんにかかって下さい。注射は保険が使えないため、費用は病院によって違います ( 当院では¥6000 )。どうぞおだいじに。



その2 ソープでエイズが移ったかどうか心配です。

Q:
30歳の男です。10日前にソープへ行きました。本番をしたんですが酔っていてコンドームをしたか覚えていません。次の日から体がだるく熱っぽくなりました。
これはエイズでしょうか?心配でたまりません。早く調べる方法はありますか?

A:
「 湯ざめをして風邪をひいただけです 」 と言いたいところですが、実はエイズの初期症状では寒気や発熱がでることがあり 風邪によく似ているので ( せきやのどの痛みはエイズでは出ません ) 、今の段階では何ともお答えできないのです。
安心のためにもエイズ検査を受けた方がよいと思います。ただしエイズ検査は心配な性交渉から2ヶ月 ( 当院で行なっている最新式の検査では1ヶ月 ) 経たないと血液検査で反応が出ません。それより早く検査しても、すべて「陰性」となってしまい検査が無駄になってしまいます。
検査を受けるまでの期間は大変不安だとは思いますが、必要な期間が経ってから検査を受けて下さい。結果は、採血後7日で出ます。


 
その3 亀頭にあるぶつぶつは、何ですか?

Q:
18歳の男性です。お願いします。 亀頭の周りに白いぶつぶつが沢山出来ていますが、どうしたら直りますか? ちなみに仮性包茎です。 早めに直したほうがよいでしょうか。      

A:
ご相談にあるそのぶつぶつが、2,3ヶ月以内に出来たものでどんどん増えるようでしたら、尖圭コンジロームの可能性があります。その時は医者にかかって治療を受けて下さい。
もしそのぶつぶつが、何年も前からあるもので特に増えてこない亀頭の周囲にある小さな白いぶつぶつの場合は、ただの分泌腺の跡です。 包茎で洗ってなかったりして不潔になっていると目立つようになりますが、病気ではありません。男性ならほぼ全員にありますので、放って置いてかまいません。 病気ではないので、他人にうつるということもありません。言ってしまえば、にきびの跡のようなものです。
また、裏筋の両脇に左右対称にある白い丸いブツブツは、感覚神経です。これを取ってしまうと快感を感じなくなってしまいます。もちろん病気ではありません。
仮性包茎の方は、勃起していない時に皮が完全にかぶって、亀頭が常に湿っているなら、手術を受けた方が良いでしょう。ただし、包茎手術をしても病気でないぶつぶつは小さくなりますが、消えるわけではありません。



その4 コンジロームの治療方法と治療費は?

Q:
20才の男性ですけど、最近、亀頭の回りに小さなぶつぶつがあるのに気づいて、病院に行きました。
そこは保険の効かない病院ですが、尖圭コンジロームだと言われて、亀頭にコラーゲン?の注射を何本も打つのと、包茎手術を勧められました。全部で100万円かかるといわれました。
そちらでは尖圭コンジロームの手術代は最高いくらぐらいかかりますか?       

A:
まず最初に、尖圭コンジロームは、注射や包茎手術では治りません。抗がん剤の塗り薬か、電気メスなどで焼く治療が必要です。保険で治療すれば一回数千円です。ただし、再発しやすいので、治療後1年間は様子を見る必要があります。 保険を使わない場合でも、当院の治療費は一回約1万円です。

はたして、あなたの気にしているのが本当に尖圭コンジロームかどうかが問題です。 何年も前からある、ちいさなぶつぶつは病気ではありません。病気ではないので、治療方法は特にありません。 レーザーや、電気メスで焼くと、かえって跡が残ります。塗り薬で消えるというものでもありません。

心配なら、保険の効く泌尿器科で一度診てもらって、病気かどうかを診断してもらっ てください。

もちろん、信頼できる医者で本当にコンジロームだと診断された時は、きちんと治療を受けてください。
どうぞおだいじに。



その5 精液に血が混じります。

Q:
28歳男性です。1週間ほど前から精液に血が混じっているようです。血の量はほんの少量で、精液の中に赤い色がぽつぽつと見えています。
排尿の時に痛みは全くなく、尿には肉眼でみる限り血は混じっていないようにおもえます。風俗 ( ピンクサロン ) には、3ヶ月ほど前に行きました。それが原因なのでしょうか ?
しろうとの女性 ( 婚約者 ) とも、週に1、2回性交渉があります。

A:
精液に血が混じるのは、血精液症といいます。当ホームページの、泌尿器科のページに少し書いてあります。
原因としては、クラミジアなどの細菌の感染による精液の通路の炎症や、アレルギーなどが考えられます。
当院のデータでは、血精液症の方の血液検査で、60%の方にクラミジア抗体が陽性に出ています。
状況から考えて、クラミジアの可能性は高いでしょう。一度、クラミジアの血液検査をお受けになってください。
検査の結果 クラミジアが陽性だった場合は、パートナーの治療も必要になります。



その6 妻がカンジダで治療中、男性の方はどうすれば良いでしょうか?

Q:
31歳男性です。
2週間程前、妻と性交渉を持ち、妻がかゆみを訴え病院へ行ったところカンジダ症と診断されました。
私はその後なんともないのですが、昨年夏に亀頭が赤くなりかゆみがあり、白い異物で覆われる症状が出ていました。
その時はただのかぶれか何かと思って何もしなかったのです。
原因はだれでも持つ菌だとのことですが、やはり通院したほうが良いのでしょうか?

A:
奥さんがカンジダ感染症で治療中とのことで、この場合、夫であるあなたも、 今は症状がなくても以前に症状があったようですので、治療をしておいた方がよいでしょう。
男性のカンジダの治療は、抗真菌剤の軟膏を1日1,2回塗ります。飲み薬は使 いません。奥さんが治るまで、根気よく一緒に治療を続けましょう。
泌尿器科か、皮膚科でご相談下さい。



その7 ピンサロやヘルスなどの風俗で、クラミジアは良く移りますか?

Q:
29才の男性です。ピンサロやヘルスといった風俗へよく行きます。クラミジアについて質問します。クラミジアのオーラルセックスでの感染の確率は高いのですか?
検査には抗体検査と抗原検査があるそうですが ?

A:
「 クラミジアのオーラルセックスでの感染の確率 」 は非常に高いです。現実に、当院で性病の治療を受ける方の80%は、風俗の女性の口からクラミジアや淋病が男性器に感染した人です。
風俗の女性が口の中にクラミジアを持っている確率は、ある調査では二人にひとり ( 約50% ) だったそうです。
そういう、口の中にクラミジアを持っている女性と、オーラルセックス(女性の口とあなたの性器が接触する)をすれば、ほぼ間違いなくあなたの性器にも感染してきます。


「 抗体検査 」 とは、血液検査で、血液の中にクラミジアの抗体 ( 菌が入るとできる抵抗力のこと。例えるなら犯人の足跡のような物です。 ) があるかどうかを調べます。心配な性行為から1月以上たてば検査できます。
「 抗原検査 」 とは、膿が出ている場合にその膿を取って菌そのものを調べる検査です。
非常に正確な検査ですが、膿がでていないと出来ません。
症状があるのでしたら抗原検査を、症状がないのでしたら1ヶ月待ってから抗体検査をするようになります。どの検査をするかは、医者と相談して下さい。



その8 性感染症治療中は、禁酒しなければいけないのですか?

Q:
40歳の男です。
先日尿道が痛み、膿のようなものがでてきて結局受診したのですが、淋菌が検査で出て、薬を食後に服用し続けてます。
そこで質問です。
アルコールの摂取は禁止されていますが、なぜでしょうか?

A:
アルコールは尿道をむくませる作用があり、菌のところまで薬 ( 抗生物質 ) が届きにくくなってしまいます。
アルコールと抗生物質を一緒に飲んでも普通は副作用はでませんが、淋病に限らず尿道炎や膀胱炎のときは、禁酒を守らないと薬の効きが悪くなり不快感がいつまでもとれなくなります。
また、トリコモナスの治療に使う内服薬 ( フラジール ) だけは、アルコールを分解できなくなるため頭痛や吐き気などの副作用が出ます。トリコモナスの治療中は一切お酒を飲まないでください。
治療期間中に一日だけお酒を飲むので、そのときだけ薬をやめていたという人がいますが、三日で薬を中断すると薬が効かない耐性菌を作ってしまう危険があります。治療を始めたら最後まで薬は飲み続けてください。中途半端な治療をすると治りきらないで慢性化する危険が出てきますし再発もしやすくなります。
付き合い上どうしてもお酒を飲む日があるという場合は、飲酒のときにも薬を続けてよいか、医者に相談して最後まで治療を続けてください。



その9 性器ヘルペスの女性は、出産できますか?

Q:
22歳、女性です。
女性が陰部ヘルペスに感染した場合、出産した時に、子供に直列感染してしまうという形になりますか。
子供は、一生生めないのでしょうか。

A:
陰部ヘルペス ( 性器ヘルペス ) は、ウイルスが神経の中に住み着いて、からだの抵抗力が落ちると再発を繰り返す病気です。 大人では時々不快な症状が出るだけですが、赤ん坊に感染した時に治療が遅れると、かなりの高率で重症の知能障害と脳性麻痺を起こしてしまいます。
自然分娩では、産道を通るときに子供に感染する ( 垂直感染といいます ) 危険がありますので、 出産時に性器ヘルペスが出ている状態なら、帝王切開で出産されたほうが良いでしょう。
帝王切開にするかどうかは、妊娠してから産婦人科でご相談ください。
なお、妊娠中に胎児に感染することはまずありません。
工夫をすれば、結婚も出産も出来ますので、どうぞ前向きにお考えください。



その10 精液が黄色いのですが・・・。

Q:
29歳、男です。
最近気づいたのですが、精液 ( 精子 ) がやや黄色っぽいのですが
何故でしょうか?尿と混ざってるのでは?とか思ったりしてるのですが・・・

A:
男性の下半身の構造上、精液が尿と混ざることはありません。
精液は、睾丸で作られる精子と前立腺や精嚢で作られる透明な液体とが合わさって出てきたものです。このうち精嚢からの液体が濃くなると全体が黄色になったり、ゼリー状のものが混じったりしますが、それは病気ではありません。体質的なものが原因といわれています。何年か続くことが多いですが、心配ないのでそのまま放っておいてください。
なお、精液が赤い色のときは出血がありますので、泌尿器科で見てもらった方が良いでしょう。白や黄色のときは心配ありません。



その11 性感染症は、潜伏期間中でも移りますか?

Q:
28才、男です。
1週間前の夜,風俗業の女性とコンドームなしでセックスをしました。
翌日なにも症状はありませんでしたが、妻とコンドームなしでセックスをしました。
もし、性病に1週間前の夜に感染していた場合、妻に感染している可能性はあるのでしょうか?
あるいは、潜伏期間であれば感染しないのでしょうか?

A:
潜伏期間とは、病原体が病気の症状を起こせるだけの数に増えるのに必要な期間のことです。潜伏期間中でも当然病原体はあなたのからだの中にいますので、性病に限らずどんな感染症も潜伏期間中でも他人に感染します。
特に淋病やクラミジアは潜伏期間中の感染が多く、それが、性病が世の中から無くならない理由のひとつでもあります。
もしも、あなたが性病に感染していた場合は、間違いなく奥さんにも感染しているといえます。
1ヶ月様子を見て、なにか症状が出たらすぐに医者にかかって、奥さんと一緒に治療してください。
症状が出なくても感染している危険がありますので、症状の出ないときは、1ヶ月後に血液検査をした方がよいでしょう。



その12 風俗遊びで性病にかからない様にするには、どうしたら良いですか?

Q:
30代後半の男性です。妻と子供がいます。
いい年をして、一年前から、風俗にはまっています。
風俗通いはやめられないのですが、家庭があるので、性病にかからないために、どうすればよいか教えてください。

A:
方法は、ただひとつ、風俗遊びを一切やめることです。
これは、冗談や、建前で言っているのではありません。
実際、今の風俗は大変性病が多く、たとえコンドームをつけても防ぎきれないものもあります。
毛じらみなどは、性交渉をしなくても、部屋に入って服を脱いだだけで移ります。
風俗での性病の完全な予防法は、ないと思って下さい。大丈夫と思っている方は、専門家から見れば、目をつぶって高速道路を歩いて渡ろうとしているようなものです。
こういう方を見ると、危ない!と声をかけずには居られなくなります。
アメリカで広がった飲み薬では治らない淋病も、すでに日本に上陸しています。
どうぞ痛い目に遭う前に、そのような生活から足を洗ってください。風俗で働いている方も同じですので、どうぞよくお考え下さい。



その13 毛じらみは自分で治せますか?

Q:
陰部に虫が何匹もいました。ケジラミ症だと思うのですが、薬局などで治療薬は手に入るのでしょうか?
病院へ行くとしたら、なに科へ、行けばよいのでしょうか
教えてください
29歳 男性

A:
毛じらみの治療は、スミスリンL ( シャンプータイプ ) という薬を、一般の薬局でお買い求めください。棚には並んでいませんので、薬剤師さんに言って出してもらってください。
これは医者のところにはありません。医者にかかるなら皮膚科ですが 特に医者にかからなくても、この薬さえ買ってくれば治療できます。
これを使えば、一ヶ月で治ります。ほかの方法では完全に治る保証がないので、この薬を必ず使ってください。
同じ布団で寝ると、性交渉がなくても毛じらみは移ります。
部屋は、ダニアースかバルサンで、一度、虫退治をしたほうが良いでしょう。
下着や布団のシーツは、洗濯の前にスプレー式の普通の殺虫剤でシュッとひと吹きしてから洗ってください。
親になった虫は、24時間血を吸えなければ死んでしまいます。ただし卵は、10日間生き続けます。
なお、スミスリンLを使えば毛についた卵も死ぬので、毛を剃らなくてもよいそうです。
詳しくはスミスリンの箱の中に説明書がありますので、よく読んでお使いください。



その14 精液にゼリー状のものが混じります。

Q:
こんにちは。僕は20歳の男です。
実は しばらく前から、精子の中に ゼリー状のものが混ざっています。
色は 透明か、少し黄色っぽい感じで、すごくネバネバします。
これは病気でしょうか?病院に行ったほうがいいのでしょうか?
教えてください、お願いします

A:

若い男性で、精液が濃くなると、ご相談のような半透明のゼリー状の物が混じることがありますが、これは、病気ではありません。
何回か繰り返すこともありますが、放っておけば、元に戻ります。
そのままで様子を見てください。
もし万が一、精液に血が混じるようなら、クラミジアなどの菌の感染の可能性がありますので医者にかかってください。
そうでなければ、気にしなくて良いでしょう。



その15 妻が妊娠中の検査で、クラミジアにかかっていると言われました。

Q:
26才、男です。結婚して3年になります。
妻は、いま、妊娠7ヶ月です。産婦人科で血液検査でクラミジアに感染してると判断され 、薬をいただきました。
私もクラミジアに感染していると思い、泌尿器科の病院で検査しました。
血液検査をしましたが、陰性でした。
感染しているのに、血液検査で反応がでないということはあるのでしょうか?
私のほうは治療しなくてもよいのでしょうか。
よろしくお願いします。

A:
妊娠中に女性がクラミジアの血液検査を受けると、10人にひとりは陽性とでます。
クラミジアの血液検査はあまり正確ではないので、これが本当にクラミジアがいるのかどうかは、医者によって意見が分かれますが、 クラミジアは感染力がたいへん強く、もし菌がいると何年もたってから慢性化して厄介な状態になることがありますので、疑わしい時は治療するのが原則です。
このような場合、男性の方が検査で陰性でも、万が一を考えて治療をしてもらっています。
あなたがたとえ検査で陰性でも、治療を受けるようにしてください。
そうしないと、何年かたってから、菌が増え出すこともあるからです。
最長、10年経ってから子宮卵巣炎や副睾丸炎を起こした例も有ります。
治療は薬を飲むだけですので、難しくありません。お二人で同時に治療を受けてください。



その16 袋に血のかたまりみたいなのが、いくつもあります。

Q:
はじめまして。私は28歳・男です。
先日気づいたんですが、タマ○マの袋の方に、なんかほくろみたいなぶつぶつがあるんです。
でも明らかにほくろじゃありません。
1〜2ミリの血のかたまりみたいなのが、袋の裏の方にてんてんとあります。
体の異常は全く無いんですがこれって何かの病気ですか?

A:
それは、血管腫といって、良性の血管の固まりです。
皮膚の老化現象で起きるもので、病気ではなく、まったく心配ありません。
老人に多いのですが、20代の男性でも見られます。
血管ですのでつぶすと血がでます。何もしないで放っておいて下さい。
何の問題も起きません。



その17 一度治った梅毒は再び再発するのでしょうか?

Q:
はじめまして、僕は最近梅毒に感染してしまったのですが実は、四年程前に一度梅毒に感染したことが有ります。
一度治った梅毒は再び再発するのでしょうか?
それとも、別に感染してしまったのでしょうか?

A:
梅毒は一度感染すると、薬を飲んで菌がいなくなって完全に治っていても、検査の上だけは、20〜30年、陽性反応が残ります。
一回だけの感染なら TPHAという検査の数値は数十から数100ですが、再感染した場合は TPHAの数値は2桁ほど高くなり、数千から数万という数値になります。
梅毒は血液検査でないと わかりませんが、陽性反応が出た場合、再感染かどうかの解釈はかなり難しく、泌尿器科医でないと正確には出来ません。
ご心配なら、かならず泌尿器科 ( または性病科 ) で診てもらってください。
再感染が明らかなら、もう一度2〜3ヶ月 抗生物質で治療すれば、かならず治ります。
梅毒は治療さえすれば確実に治るので、人に移すこともなく子供もつくれるようになります。
ただ、治ったことの証明が検査では出来ないので、治療済みの証明書が必要な場合は、治療をしたお医者さんに出してもらってください。
なお、感染力は大変弱く、日常生活では移りません。



その18 包茎をむいたら、皮が浮き輪のように腫れてしまいました。

Q:
17歳の男です。包茎なので、2日前、自分で皮をむいてみたのですが、皮がくびれの部分に残っていて、
今はそれが水を含んだように脹れて、浮き輪みたいになっています。
勃起すると締め付けるような強い痛みがあるし、尿のときも軽い痛みを感じます。
どうすればよいのでしょう。教えてください。

A:
それはカントン包茎といって、皮の口が狭い包茎を、ムリにむいてしまった為に起きている現象です。
むいてから3日以内に皮をかぶった状態に戻さないと、亀頭に血が通わなくなって亀頭が腐ってしまいます。
しかし、そこまで腫れていると自分では戻せないと思いますので、一番近い泌尿器科で治してもらってください。
とにかく、一刻を争いますので、救急病院か泌尿器科へかかって、すぐに皮を戻してもらってください。
いずれ包茎手術は必要ですが、それは今回の腫れが収まってからお考え下さい。



その19 いんのうにかゆみが起きる。

Q:
半年前からいんのう ( 陰のう ) にかゆみが起きるようになりました。
最初のうちは全然我慢できる範囲でしたので、アレルギーによる一時的な痒みだと思っていたのですが、
今では、皮膚がひどく乾燥したような状態になって割れたような感じになり、よく
皮がめくれ、非常に “ 痛かゆい ” 状態になってしまいました。
よきアドバイスをよろしくお願いいたします。

A:
その症状は、いんのう ( 陰嚢 ) 湿疹と言う、体質が原因の湿疹のようです。
これは、何かの菌やカビがついたのではないので、人に移る事はありません。
湿疹の塗り薬を塗れば、とりあえすは治ります。
ただ、何度も出やすい病気ですので、できれば皮膚科か泌尿器科できちんと治療されたほうが良いでしょう。
当院では漢方薬で体質改善をしていますが、大変効果があります。
このサイト内の漢方医学のページの下のほうに、陰部湿疹として載せています。参考になれば幸いです。



その20 亀頭が痒いのですが、医者で塗り薬をもらっても治りません。

Q:
30歳の男です。3ヶ月ほど前温泉へいってから、亀頭が薄いピンク色になりかゆくなってきました。
近くの医者でカンジダといわれて塗り薬をもらってつけていたのですが、あまり良くなりません。
薬を変えてもらって、ステロイドホルモンの入ったかゆみ止めを塗ったのですが、かえって痒くなりました。
最近は、風呂に入らない日が2,3日続くと、亀頭が白い粉で覆われてタオルでふくと垢のように取れます。
これは何かの性病でしょうか。治療方法はあるのでしょうか。

A:
亀頭が痒くなる病気には、カンジダというカビの病気、体質が原因の湿疹、それともう一つ雑菌感染による亀頭包皮炎があります。
どれも見た目は似ていますが、治療薬はまったく違います。
あなたの経過からすると、カンジダと湿疹の治療を受けてどちらも効果がなかったようですので、雑菌の可能性が高いようです。
雑菌の場合は専用の抗生物質を飲めば、3〜4週間で治ります。銀の入った特殊な殺菌剤の塗り薬を併用するとより効果的です。
性病ではないので普通はうつりません。また皮膚の薄いところなので、石鹸で強く洗ったり、しみるような消毒薬をつけるとかえって悪化しますので、治るまでそっとしておくことも大切です。
ただし、何度もこの雑菌性亀頭包皮炎を繰り返す方は 糖尿病が隠れている場合がありますので、一度 糖尿病専門の病院で調べてもらってください。
治療が遅れて包皮がむけなくなった場合は、包茎手術が必要になります。



その21 おしっこするたびに、尿道に痛みを感じます。

Q:
こんにちは、私は、23才の男性です。
5日くらい前に、Hしたんですが、そこから1日か2日たったくらいから、おしっこするたびに、痛みを感じます。
膿とかはでてないですし、 頻繁にトイレに行くこともないんですが、排尿時に痛みを感じます。
痛みはどちらかというと、尿のではじめに痛みがあります。
これは、何か性病にかかっているのでしょうか?
もし性病だとしますと、3日くらい前に、彼女とHしたのですが、彼女にうつったりするのでしょうか?

A:
排尿時に尿道が痛いという症状は、まず間違いなく尿道炎です。原因菌は、性病の淋菌やクラミジアの時もありますし、それ以外の雑菌の時もあります。
菌の種類は、医者で検査を受けないとわかりません。
また、性病の菌であっても雑菌であっても、最低2週間は抗生物質で治療をしないと、菌がどんどん奥へ入って、睾丸が腫れたりします。
性病であったときは、彼女も治療が必要です。雑菌の時は、あなたの治療だけで良いでしょう。
まずは、早めに、泌尿器科か性病科で、検査と治療をお受けください。



その22 亀頭のすぐ下に、くだ状の硬いしこりができました。

Q:
36歳、男性です。よろしくお願いします。
先日カゼを引いたあとから、亀頭のすぐ下のところに、血管のような細長くて硬いしこり?を触わるようになりました。痛みはありません。
インターネットで調べたら、痛みのないしこりは梅毒の症状と書いてありました。
しかし、風俗遊びもした事はなく、性行為は妻とだけです。
これは本当に梅毒なのでしょうか、教えてください。

A:
それは、 「 硬化性リンパ管炎 」 といわれるもので、梅毒など性病ではありません。
一時的にリンパ管が炎症を起こして硬くなっただけです。
放っておいても数ヶ月経てば治りますが、当院の経験からすると、抗生物質を飲んだ方が早く治ります。
原因不明といわれていますが、風邪を引いた後に起きることが多いので、からだの抵抗力が落ちた時に雑菌が感染しておきているのかもしれません。
治りが遅いようなら、一度、泌尿器科で見てもらってください。
どうぞお大事に。



その23 赤い水疱のようなものが全身に出来て、治りません。

Q:
最初、股の所に赤い水疱がたくさん出来て、近所の皮膚科で見てもらいました。 ヘルペスだろうという診断で、塗り薬や飲み薬をもらったのですが、どんどん広がってきます。
1ヶ月近くたつのですが全く良くなりません。 逆にお腹や太ももまで赤味が広がってきて痛がゆいです。
これは性病なのでしょうか? 治るかどうか不安です。
風俗は数ヶ月前に一度行きました。

A:
最近、そのような皮膚病が流行っているようです。
一見、ヘルペスに似ているので、ヘルペスの治療を受ける場合が多いようです。 しかし、いつまでも治らなくて当院にやってくる方がたくさんいらっしゃいます。
それは性病ではなく、雑菌の皮膚感染の一種です。風俗は関係なく、何もしないでも知らないうちにかかることがあります。
治療は、ペニシリン系またはセフェム系の強い抗生物質を2〜4週間飲めば、ほとんどは治ります。
ただし治っても茶色い色が残ります。これは炎症のあとの色素沈着ですので、色が消えるまでに数ヶ月かかります。



その24 淋感染症が治らなくなっているそうですが、今後新しい治療法は開発されるのでしょうか。

Q:
40代の男性です。私は最近淋病にかかり、近くの性病科で注射を打ってもらい治しました。
今は飲み薬では治らなくなってきているそうですが、注射も効かなくなるときがくるのでしょうか。
将来新しい治療法が出てきて、もっと簡単に治せるようにはならないのですか。教えてください。

A:
淋病の菌は薬に対する耐性がすぐにできてしまうため、特効薬の抗生物質を開発しても数年で効かなくなってしまいます。
今はかろうじて注射で完治できていますが、この注射も5年もすれば効かなくなってくると予想されています。
すでにアメリカでは、3種類ある注射薬のうちトロビシンが効かない淋菌が報告されています。あとの2つも効かなくなるのは時間の問題でしょう。
そして最大の問題点は、採算が合わないために製薬会社が淋病に効く新しい抗生物質の開発をしていないことです。
つまり今ある注射が効かなくなると治療方法がなくなってしまうのです。もしそうなると戦前の抗生物質がなかった時代に逆戻りしてしまい、尿道を硝酸で焼く治療や、尿道に銀の棒を入れる治療しかなくなってしまいます。大変恐ろしい状況と言わなければなりません。


アメリカでは国家事業として性病撲滅に取り組みかなり成功しました。しかし、日本の現状はどうでしょうか? 
普通の性病もエイズも増加しているのは、先進国では日本だけです。この現状をしっかり皆様にも理解していただきたいと思います。その上であなたはどう行動するかを選んでいただけたら幸いです。



その25 一回飲むと一週間効いている抗生物質を出されたのですが、そんな強い薬を飲んで大丈夫でしょうか。

Q:
男性です。医者で尿道炎だろうという診断をうけ、4錠まとめて一回だけ飲む抗生物質を処方されました。
インターネットで調べたところ、一回飲めば一週間効いているという薬だと分かりました。
とても強い薬のようですが、そんな薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

A:
その薬はたぶん、ジスロマックという薬だと思います。一回で一週間効いている薬というのは欧米ではわりと良くありますが、日本ではなじみがないため誤解されている面があるようです。
この薬は、非淋菌性尿道炎や皮膚や喉の細菌感染、肺炎などに広く使われています。
薬には、効果が高くて副作用も強い薬と、効果が高くても副作用の少ない薬とがあります。
ジスロマックは副作用が大変少ないため、有効濃度をかなり高くすることができた薬です。
つまり、副作用が少ないからこそ一回飲めば一週間効くように作ることができたといって良いでしょう。
アメリカでは10年近く前から普通に使われている抗生物質で、大きな副作用の報告もほかの抗生物質に比べるとずっと少ない薬です。
もちろん、わずかですが下痢や腹痛などが出る場合がありますので、異常があった場合は医者にご相談ください。どうぞお大事に。



その26 保険の利かない性病科で治療したのですが、ちゃんと治ったか心配です。

Q:
20代の男性。風俗のあと尿をするときに痛くなり、雑誌に載っている性病科で見てもらいました。そこは保険が利かないクリニックでしたが、淋病といわれミノマイシンという薬を出されずっと飲んでいます。
症状は軽くなりましたが、これで本当に治ったかどうか聞いてもちゃんと答えてくれません。薬を飲み終わればそれでいいと言われ、不安です。費用が5万円くらいかかったのでこれ以上お金も出せません。
ちゃんと相談できるところにかかりたいのですが、どうしたら良いでしょうか。

A:
かつて包茎手術を専門にしていた美容外科系のクリニックが、最近は性病の治療もするようになってきています。しかし、性病治療はそんなに簡単なものではありません。
性病の治療には、医学書にも載っていない治療のノウハウが必要ですので、やはり地元で長年性病治療をしているお医者さんにかかった方が良いでしょう。
それから、質問をしてそれにきちんと答えてくれるかどうかも重要なポイントです。答えを濁すのは、明確な治療方針がないということかもしれません。
医者の力量を見抜くのも、患者としての大切な心構えといえると思います。
もしこの回答がすこしでも参考になれば幸いです。



その27 性感染症になったことを妻に伝えるのが苦痛です。どう言ってごまかしたらいいのでしょうか?

Q:
40代の男です。淋病とクラミジアになり、医者にかかりました。原因は風俗だとわかっています。妻とも性行為があったので、医者に妻も治療するように言われました。そうしないと自分に性病が戻ってきてしまいます。
ただ、風俗に行ったことはとても妻にいえないので、どう言って妻を医者にかからせたらいいか悩んでいます。何か良いごまかし方はないでしょうか?真剣に悩んでるのでお願いします。

A:
あなたは自分を守ることばかりを考えていらっしゃるようですが、それでは奥様との関係は悪化するばかりではないでしょうか?そして、自分をも守れなくなってしまうのではないでしょうか?
昔の人の格言に「自分を守るものは守られない。自分を守らないものは守られる。」という言葉があります。私自身、いろいろな人生の難局でこの言葉に何度も救われました。
その経験からお話させていただくと、事態がよくなるか悪くなるかは、プライドや立場をいったん脇において、心の底から奥さまに「ごめん。すべてを引き受けます。」という気持ちで、大切なことを伝えられるかどうかだと思います。
ビンタの一発くらい覚悟して、「たとえ自分はどうなっても、お前のこれからのことを一緒に考えさせてほしい(つまり、これからも愛させてほしいということですね)」という気持ちで本当のことをお伝えすれば、事態は多少のぶつかり合いが起きても収まるところへ収まるものです。
どうぞ勇気を出して、「ごめん、性病になってしまった。お前にも移したらしい。悪いんだけど医者にかかってみてもらってくれないか」と、正直な気持ちをお伝えください。
この時、芝居やごまかしでは人の心は決して動きません。人の心を動かすのは心の底からの想いだけだということをよく噛み締めて、どうぞ本心でお話をされて下さい。奥様のためにも私からもお願いいたします。






地図、診療時間、連絡先等は、 サザン・クリニック横浜 トップ をご覧ください。