澁谷憲悟の研究紹介


− 略歴 −

1.氏名

   澁谷 憲悟 (Kengo Shibuya, PhD) 2.所属

        > 大学院総合文化研究科広域科学専攻 > 相関基礎科学系 > 物質計測学大講座    東京大学教養学部 > 物理学教室 3.履歴

  @[学歴] 1995.3 東京都立国立高等学校普通科卒業     1996.4 東京大学教養学部理科一類入学   2000.3 東京大学工学部システム量子工学科卒業   2000.4 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻入学   2002.3 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻修士課程修了   2005.3 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻博士課程修了   A[学位]     2000.3 学士(工学)東京大学 (卒論:『ビーム注入に伴う仕事関数変化の「その場」測定』)     2002.3 修士(工学)東京大学 (修論:『ハロゲン化鉛系ペロブスカイト型有機無機ハイブリッド化合物のシンチレーターへの適用』)     2005.3 博士(工学)東京大学 (博論:『量子閉じ込め効果を利用した室温作動可能な超高速半導体シンチレータの開発』)   B[職歴]   2002.4-2005.3(独)日本学術振興会 特別研究員(DC1, 化学)   2005.4-2006.3(独)放射線医学総合研究所 博士号取得若手研究員  2006.4-2009.3(独)日本学術振興会 特別研究員(PD, 工学) 2009.4- (国)東京大学 助教 2009.4- (独)放射線医学総合研究所 客員協力研究員   C[賞罰]    1)第10回(2016年)日本物理学会「若手奨励賞」,澁谷憲悟,2015.10 NEW!    2)第1回東京大学学生発明コンテスト「最優秀賞」, 澁谷憲悟, 2004.3 [学内広報]    3)第11回応用物理学会「講演奨励賞」,澁谷憲悟, 2002.3 4.所属学会

  1)応用物理学会 (放射線分科会) 放射線分科会幹事2007/04-2009/03   2)日本医学物理学会(医学物理士会)   3)日本陽電子科学会   4)日本物理学会 領域10運営委員2014/10-2016/9 代議員2015/04-2017/03   5)原子衝突学会 5.免許、資格

  1)第一種放射線取扱主任者   2)エックス線作業主任者、ガンマ線透過写真撮影作業主任者   3)甲種危険物取扱者   4)一般毒劇物取扱責任者   5)医学物理士 [認定証]   6)実用英語技能検定準1級   7)クレーン(5t未満)、玉掛け 6.研究テーマ

  1)ポジトロニウムと原子・分子のスピン軌道相互作用に関する研究   2)Time-of-Flight PETのための高時間分解能ピクセルシンチレーション検出器および読み出し方法の開発   3)量子効果を利用した新規超高速シンチレーター材料の開発と核医学・物理学への応用

− 業績 −

1.誌上発表

 @[国際誌 査読有り 筆頭]
  0)“Partial-wave analysis for positronium-xenon collisions in the ultra-low energy region”, 澁谷憲悟、斎藤晴雄, submitted to Phys. Rev. A.   1)“Time-resolved determination of ortho-positronium kinetic energy utilizing p-wave scattering during positronium-xenon collisions”, 澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄, Phys. Rev. A, vol. 88, pp. 042517 1-5, 2013.10.   2)“Spin conversion and pick-off annihilation of ortho-positronium in gaseous xenon at elevated temperatures”, 澁谷憲悟、中山隆史、斎藤晴雄、兵頭俊夫, Phys. Rev. A, vol. 88, pp. 012511 1-6, 2013.7.   3)“Outstanding timing resolution of pure CsBr scintillators for coincidence measurements of positron annihilation radiation”,      澁谷憲悟、斎藤晴雄、越水正典,浅井圭介      Appl. Phys. Express. vol. 3, pp. 086401 1-3, 2010.7   4)“Poly[bis(phenethylammonium) [dibromidoplumbate(II)]-di-µ-bromido]]”,      澁谷憲悟、越水正典、錦戸文彦、斎藤晴雄、岸本俊二,      Acta Cryst. vol. E65, pp. m1323-m1324, 2009.10   5)“Timing resolution improvement using DOI information in a four-layer scintillation detector for TOF-PET”,      澁谷憲悟、錦戸文彦、津田倫明、小林哲哉、山谷泰賀、吉田英治、稲玉直子、村山秀雄,      Nucl. Instrum. Methods A, vol. 593, pp. 572-577, 2008.8   6)“Annihilation photon acollinearity in PET: volunteer and phantom FDG studies”,      澁谷憲悟、吉田英治、錦戸文彦、鈴木敏和、津田倫明、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄, Phys. Med. Biol., vol. 52, pp. 5249-5261, 2007.9 7)“Application of accelerators for the research and development of scintillators”, 澁谷憲悟、越水正典、浅井圭介、室屋裕佐、勝村庸介、稲玉直子、吉田英治、錦戸文彦、山谷泰賀、村山秀雄, Rev. Sci. Instrum., vol. 78, pp. 083303 1-7, 2007.8 8)“Development of ultra-fast scintillators using quantum confinement effect”, 澁谷憲悟、越水正典、村上英利、室屋裕佐、勝村庸介、浅井圭介, Jpn. J. Appl. Phys, vol. 43, pp. L1333-L1336, 2004.10 9)“Quantum confinement for large light output from pure semiconducting scintillators”, 澁谷憲悟、越水正典、浅井圭介、柴田裕実, Appl. Phys. Lett., vol. 84, pp. 4370-4372, 2004.5 10)“Scintillation properties of (C6H13NH3)2PbI4: exciton luminescence of an organic/inorganic multiple quantum well compound induced by 2.0 MeV protons”, 澁谷憲悟、越水正典、竹岡裕子、浅井圭介, Nucl. Instrum. Methods B, vol. 194, pp. 207-212, 2002.2 A[国際誌 査読有り 非筆頭]   1)“Effect of organic moieties on the scintillation properties of organic-inorganic layered perovskite-type compounds”, 河野直樹、越水正典、堀合慧祥、錦戸文彦、春木理恵、岸本俊二、澁谷憲悟、藤本裕、柳田健之、浅井圭介, Jpn. J. Appl. Phys., vol. 55, pp. 110309 1-4, 2016.10. NEW!   2)“Time correlation of two gamma rays resulting from positronium annihilation”, 斎藤晴雄、澁谷憲悟, Phys. Rev. A, vol. 85, pp. 042111 1-7, 2012.4.   3)“Development of the X'tal Cube: A 3D position-sensitive radiation detector with all-surface MPPC readout”, 矢崎祐次郎、稲玉直子、錦戸文彦、管幹生、澁谷憲悟、渡辺光男、山下貴司、吉田英治、村山秀雄、山谷泰賀, IEEE Trans. Nucl. Sci., vol. 59, pp. 462-468, 2012.4.  4)“Fast scintillation detectors for high-energy X-ray region”, 岸本俊二、錦戸文彦、春木理恵、澁谷憲悟、越水正典, Hyperfine Interact., vol.204, pp. 101-110, 2012.1.  5)“X-ray detection capability of a BaCl2 single crystal scintillator”, 越水正典、小野寺和也、錦戸文彦、春木理恵、澁谷憲悟、岸本俊二、浅井圭介, J. Appl. Phys., vol. 111, pp. 024906 1-5, 2012.1  6)“Four-layer depth-of-interaction PET detector for high resolution PET using a multi-pixel S8550 avalanche photodiode”, 錦戸文彦、稲玉直子、小田一郎、澁谷憲悟、吉田英治、山谷泰賀、北村圭司、村山秀雄, Nucl. Instrum. Methods A, vol. 621, pp. 570-575, 2010.4  7)“Simulation study on sensitivity and count rate characteristics of “OpenPET” geometries”, 吉田英治、山谷大賀、澁谷憲悟、錦戸文彦、稲玉直子、村山秀雄, IEEE Trans. Nucl. Sci., vol. 57, pp. 111-116, 2010.2.   8)“Fast scintillation processes in CsCl crystals comprising semiconductor nanocrystals”, 越水正典、渡邉翔太郎、澁谷憲悟、室屋裕佐、浅井圭介, Rad. Phys. Chem., vol. 78, pp. 1026-1030, 2009.12   9)“A multiplex "OpenPET" geometry to extend axial FOV without increasing the number of detectors”, 山谷泰賀、吉田英治、稲玉直子、錦戸文彦、澁谷憲悟、樋口真人、村山秀雄, IEEE. Trans. Nucl. Sci., vol. 56, pp. 2644-2650, 2009.10  10)“Timing property of undoped BaCl2 single crystal scintillator”, 越水正典、小野寺和也、澁谷憲悟、斎藤晴雄、浅井圭介, J. Appl. Phys., vol. 105, pp. 114912 1-6, 2009.6 11)“Feasibility study of a highly sensitive LaBr3 PET scanner based on the DOI-dependent extended-energy window”, 吉田英治、北村圭司、錦戸文彦、澁谷憲悟、長谷川智之、山谷泰賀、稲玉直子、村山秀雄, Nucl. Instrum. Methods A, vol. 604, pp. 363-365, 2009.6 12)“Parallel implementation of 3-D iterative reconstruction with intra-thread update for the jPET-D4”, 林致峰、山谷泰賀、小尾高史、吉田英治、稲玉直子、澁谷憲悟、錦戸文彦、村山秀雄, IEEE. Trans. Nucl. Sci., vol. 56, pp. 129-135, 2009.2 13)“Preliminary study on potential of the jPET-D4 human brain scanner for small animal imaging”, 山谷泰賀、吉田英治、寅松千枝、西村まゆみ、島田義也、稲玉直子、澁谷憲悟、錦戸文彦、村山秀雄, Annals. Nucl. Med., vol. 23, pp. 183-190, 2009.2 14)“Simulation studies of a new 'OpenPET' geometry based on a quad unit of detector rings”, 山谷泰賀、稲庭拓、吉田英治、錦戸文彦、澁谷憲悟、稲玉直子、村山秀雄, Phys. Med. Biol., vol. 53, pp. 757-773, 2009.2 15)“Optical observation of energy loss distribution and practical range of positrons from a 18F water solution in a water-equivalent phantom”, 長谷川智之、吉田英治、澁谷憲悟、村山秀雄, Med. Phys., vol. 36, pp. 402-410, 2009.1. 16)“Sub-nanosecond time-resolved X-ray measurements using an organic-inorganic perovskite scintillator”, 岸本俊二、澁谷憲悟、錦戸文彦、越水正典、春木理恵、依田芳卓, Appl. Phys. Lett., vol. 93, pp. 261901 1-3, 2008.12.  17)“Imaging simulations of an 'OpenPET' geometry with shifting detectors rings”, 山谷泰賀、稲庭拓、森慎一郎、古川卓司、蓑原伸一、吉田英治、錦戸文彦、澁谷憲悟、稲玉直子、村山秀雄, Radiol. Phys. Technol., vol. 2, pp. 62-69, 2008.12. 18)“A DOI-dependent extended energy window method to control balance of scatter and true events”, 吉田英治、北村圭司、澁谷憲悟、錦戸文彦、長谷川智之、山谷泰賀、林致峰、稲玉直子、村山秀雄, IEEE Trans. Nucl. Sci., vol. 55, pp. 2475-2481, 2008.10.  19)“A proposal of an open PET geometry”, 山谷泰賀、稲庭拓、蓑原伸一、吉田英治、稲玉直子、錦戸文彦、澁谷憲悟、林致峰、村山秀雄, Phys. Med. Biol., vol. 53, pp. 757-773, 2008.2  20)“Performance evaluation for 120 four-layer DOI block detectors of the jPET-D4”, 稲玉直子、村山秀雄、小野裕介、津田倫明、濱本学、山谷泰賀、吉田英治、 澁谷憲悟、錦戸文彦、高橋慧、河合秀幸, Radiol. Phys. Technol., vol. 1, pp. 75-82, 2008.1 21)“Spatial resolution evaluation with a pair of two four-layer DOI detectors for small animal PET scanner: jPET-RD”, 錦戸文彦、津田倫明、吉田英治、稲玉直子、澁谷憲悟、山谷泰賀、高橋慧、村山秀雄, Nucl. Instrum. Methods A, vol. 584, pp. 212-218, 2008.1  22)“Inter-Crystal scatter identification for a depth-sensitive detector using support vector machine for small animal positron emission tomography”, 吉田英治、北村圭司、木村裕一、錦戸文彦、澁谷憲悟、山谷泰賀、村山秀雄, Nucl. Instrum. Methods A, vol. 571, pp. 243-246, 2007.2 23)“Evaluation of static physics performance of the jPET-D4 by Monte Carlo simulations”, 長谷川智之、吉田英治、小林彩子、澁谷憲悟、錦戸文彦、小林哲哉、 管幹生、山谷泰賀、北村圭司、丸山浩一、村山秀雄, Phys. Med. Biol., vol. 52, pp. 213-230, 2007.1 24)“8-layer DOI encoding of 3-dimensional crystal array”, 稲玉直子、村山秀雄、濱本学、津田倫明、小野裕介、山谷泰賀、吉田英治、澁谷憲悟、錦戸文彦, IEEE Trans. Nucl. Sci., vol. 53, pp. 2523-2528, 2006.10 25)“Energy spectra analysis of the four-layer DOI detector for the brain PET scanner: jPET-D4”, 吉田英治、北村圭司、津田倫明、澁谷憲悟、山谷泰賀、稲玉直子、長谷川智之、村山秀雄, Nucl. Instrum. Methods A, vol. 557, pp. 664-669, 2006.2 26)“Observation of local heating in an ion track by measuring the ion-induced luminescence spectrum”, 越水正典、澁谷憲悟、浅井圭介、柴田裕実, Nucl. Instrum. Methods B, vol. 206, pp. 57-60, 2003.2 27)“Measurement of the local temperature in an ion track using low-dimensional quantum confinement structure”, 越水正典、澁谷憲悟、浅井圭介、柴田裕実, Rad. Phys. Chem., vol. 66, pp. 35-38, 2003.1 28)“Biexciton luminescence in the layered perovskite-type materials induced by high-energy ion irradiation”, 越水正典、澁谷憲悟、浅井圭介、柴田裕実, Nonlinear Opt., vol. 29, pp. 397-402, 2002.9  B[和文誌 査読有り 非筆頭]   1)「DOIC法を用いた1リングjPET-D4試作機のイメージング性能評価」, 山谷泰賀、吉田英治、佐藤允信、津田倫明、北村圭司、萩原直樹、小尾高史、長谷川智之、羽石秀昭、稲玉直子、       澁谷憲悟、森慎一郎、遠藤真広、棚田修二、村山秀雄, Med. Img. Technol., vol. 23, pp. 185-193, 2005.9 (日本医用画像工学会誌)  C[Proceedings 査読有り 筆頭]   1)“Low-Energy Ps-Xe Scattering Analyzed Using a Modified Effective Range Theory”, 澁谷憲悟、斎藤晴雄, Mat. Sci. Forum, vol. 373, pp. 23-28, 2017.3 NEW!   2)“Positronium spin conversion during collisions with Xe and its application for measuring the kinetic energy”, 澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄, J. Phys. Conf. Ser., vol. 618, pp. 012005 1-6, 2015.6   3)“Evaluation of annihilation radiation non-collinearity in positron emission tomography by measuring the Doppler effect”, 澁谷憲悟、吉田英治、津田倫明、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄, KEK Proceedings of Radiation Detectors and Their Uses, vol. 20, pp. 78-85, 2006.2  D[Proceedings 査読なし 筆頭]   1)“Scintillation properties of a crystal of (C6H5(CH2)2NH)2PbBr4”, Carel W. E. van Eijk,Johan T. M. de Haas, Piotr A. Rodnyi, Ivan V. Khodyuk, 澁谷憲悟、錦戸文彦、越水正典 2008 IEEE Nuclear Science Symposium Conference Record, pp. 3525-3528, 2008.10   2)“Timing resolution improved by DOI information in an LYSO TOF-PET detector”, 澁谷憲悟、錦戸文彦、稲玉直子、吉田英治、林致峰、津田倫明、山谷泰賀、村山秀雄, 2007 IEEE Nuclear Science Symposium Conference Record, vol. 5, pp. 3678-3680, 2007.11 3)“A healthy volunteer FDG-PET study on annihilation radiation non-collinearity”, 澁谷憲悟、吉田英治、津田倫明、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄, 2006 IEEE Nuclear Science Symposium Conference Record, vol. 3, pp. 1889-1892, 2006.11 4)“Limit of Spatial Resolution in FDG-PET due to Annihilation Photon Non-Collinearity”, 澁谷憲悟、吉田英治、錦戸文彦、鈴木敏和、津田倫明、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄, IFMBE Proceedings, vol. 14, pp. 1667-1671, 2006.8 5)“Quantum confinement effects in semiconducting scintillators”, 澁谷憲悟、稲玉直子、吉田英治、山谷泰賀、村山秀雄、越水正典、浅井圭介 2005 IEEE Nuclear Science Symposium Conference Record, vol. 3, pp. 1503-1507, 2005.10 6)“Low-dimensional semiconducting materials in developing ultra-fast scintillators”, 澁谷憲悟、稲玉直子、吉田英治、山谷泰賀、村山秀雄、斎藤晴雄、越水正典、浅井圭介 Jpn. J. Med. Phys., vol. 25, Sup. 3-2, pp. 179-182, 2005.9 7)“Development of a novel ultra-fast scintillator with MQW structure”, 澁谷憲悟、越水正典、柴田裕実、浅井圭介, Proceedings of IEEE Sensors 2002, vol. 1, pp. 552-555, 2002.6 8)“2D-ACAR Study on Perovskite-type Organic/Inorganic Hybrid Compounds”, 澁谷憲悟、越水正典、浅井圭介、千葉利信, Proceedings of the Specialist Meeting on Positron Beam Techniques for Science and Engineering, vol. KURRI-KR-76, pp. 3-8, 2001 2.解説・総説  @[筆頭]   1)「最近の研究から スピン軌道相互作用によるポジトロニウムスピン転換反応 〜「Xe問題」解決への道のりと新しい原子散乱研究への糸口〜」,      澁谷憲悟,齋藤晴雄      陽電子科学,vol. 7-1, pp. 61-70, 2016.9 NEW!   2)「シリーズ「陽電子が拓く物質の科学」第1回 『ポジトロニウム−気体分子の相互作用』」,      澁谷憲悟,齋藤晴雄      しょうとつ,vol. 12-6, pp.13-25, 2015.11   3)「入門講座 陽電子放射断層撮影(PET)とその検出器」,      澁谷憲悟      陽電子科学,vol. 5-2, pp.13-25, 2013.9   4)「資料 高速なγ線検出器とTime-of-Flight PETへの応用」,      澁谷憲悟、山谷泰賀、斎藤晴雄、越水正典、浅井圭介、稲玉直子、吉田英治、村山秀雄,      Radioisotopes, vol. 55, pp. 391-402, 2006.7   5)「有機無機層状ペロブスカイト型化合物のイオン誘起発光」,      澁谷憲悟、越水正典、浅井圭介、柴田裕実,      東京大学原子力研究総合センターニュース, vol. 88, pp. 1-3, 2003. 5   6)「二次元量子閉じ込め構造を利用した新規超高速シンチレーターの開発」,      澁谷憲悟、越水正典、竹岡裕子、浅井圭介      放射線, vol. 28, pp. 217-220, 2002.4  A[その他]   1)「半導体ナノ材料を利用した高速シンチレータ開発の現状と今後の課題」,      越水正典、澁谷憲悟、浅井圭介      放射線,vol. 35, no. 4, pp. 253-260, 2010.6   2)「PETの新たな可能性を拓く"OpenPET"」,      山谷泰賀、吉田英治、稲玉直子、錦戸文彦、澁谷憲悟、村山秀雄,      映像情報 Medical, vol.40, no. 13, pp. 1200-1203, 2008.12   3)「半導体ナノ材料単結晶を利用した超高速シンチレータ開発」,      越水正典、澁谷憲悟、浅井圭介,      日本結晶成長学会誌, vol. 35, no. 2, pp. 96-103, 2008.7   4)「高速放射線検出器における材料化学の挑戦」,      越水正典、渡邉翔太郎、澁谷憲悟、浅井圭介,      応用物理, vol. 77, no. 6, pp. 681-685, 2008.6   5)「半導体超微粒子を利用した高速シンチレータ材料の開発」,      越水正典、澁谷憲悟、浅井圭介,      化学, vol. 61, no. 11, pp. 70-71, 2006.11 3.著書・刊行物・調査報告

 @[英文]   1)“Low-Dimensional Semiconducting Scintillators”,      澁谷憲悟、越水正典、浅井圭介,      in Encyclopedia of Sensors, ed. C. A. Grimes, E. C. Dickey, and M. V. Pishko, vol. 5, pp. 297-315, American Scientific Publishers, California, USA, 2005 (ISBN: 1-58883-056-X)   2)“Nanostructure for Radiation Detection”,      越水正典、澁谷憲悟、浅井圭介,      in Bottom-up Nanofabrication, ed. K. Ariga and H. S. Nalwa, vol.6, chap. 11 (pp. 175-195),       American Scientific Publishers, California, USA. 2009.1 (ISBN: 1-58883-079-9)  A[日本語その他]   0) 該当なし 4.招待・依頼講演  @[学会:国際]   1) "Partial Wave Analysis on Ps-Xe Collisions at Ultra-Low Energy", 澁谷憲悟、斎藤晴雄, The 17th International Conference on Positron Annihilation (ICPA-17), Wuhan Hengda Hotel, Wuhan, China, Sep. 20-25, 2015   2) "Ps Spin Conversion Reaction during Ps-Xe Collisions", 澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄, 11th International Workshop on Positron and Positronium Chemistry (PPC-11), Cidade de Goa Hotel, Goa, India, Nov. 9-14, 2014  A[学会:国内]   1)「(若手奨励賞受賞記念講演)スピン軌道相互作用によるポジトロニウムスピン転換反応の基礎研究と原子衝突への展開」,      澁谷憲悟,      日本物理学会第71回年次大会,東北学院大学泉キャンパス,仙台市,2016.4   2) "(Hot topic)Development of an LaBr3(Ce) scintillation detector based AMOC spectrometer for analyzing Ps-Xe collisions"      澁谷憲悟      原子衝突学会第39回年会,東北大学片平キャンパス,仙台市,2014.10   3)「"OpenPET"に向けたピクセル型シンチレーション検出器の開発」,      澁谷憲悟、山谷泰賀、村山秀雄,      電気学会原子力研究会シンポジウム「先進放射線利用技術の動向」,早稲田大学大久保キャンパス,新宿区,2008.9   4)「量子シンチレータによる高時間分解能放射線計測」,      澁谷憲悟、室屋裕佐、越水正典、浅井圭介,      平成16年電気学会全国大会,青山学院大学相模原キャンパス,相模原市,2004.3  B[非学会:国際]   1) "Ps spin conversion during Ps-Xe collisions", 澁谷憲悟, The 2nd Japan-China Joint Workshop on Positron Science (JWPS2013), National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Tsukuba (Japan), Dec. 20-23, 2013  C[非学会:国内]   1)「有機・無機ハイブリッドシンチレータ」,      澁谷憲悟、浅井圭介,      日本学術振興会・結晶成長の科学と技術161委員会,東北大学片平キャンパス,仙台市,2005.4   2)「二次元量子閉じ込め構造を利用した新規超高速シンチレーターの開発」,      澁谷憲悟,      第14回放射線夏の学校,神戸商船大学淡路海洋実験演習場,淡路島,2002.8 5.口頭発表・ポスター発表

 @[国際 筆頭]   1)“New method for measuring time evolution of o-Ps kinetic energy utilizing Ps spin-conversion during Ps-Xe collisions”,      澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄,      The XVII International Workshop on Low-Energy Positron and Positronium Physics and the XVIII International Symposium on Electron-Molecule Collisions and Swarms (POSMOL2013), Kanazawa Bunka Hall, Ishikawa (Japan), 2013.7   2)“Timing resolution improved by DOI information in a four-layer TOF-PET detector”,      澁谷憲悟、錦戸文彦、稲玉直子、吉田英治、林致峰、津田倫明、山谷泰賀、村山秀雄,      IEEE 2007 Nuclear Science Symposium & Medical Imaging Conference, Hilton Hawaiian Village, Honolulu (USA), 2007.11   3)“A healthy volunteer FDG-PET study on limit of spatial resolution due to annihilation radiation non-collinearity”,      澁谷憲悟、吉田英治、錦戸文彦、津田倫明、鈴木敏和、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄, IEEE 2006 Nuclear Science Symposium & Medical Imaging Conference, Town and Country Resort & Convention Center, San Diego (USA), 2006.11   4)“Limit of spatial resolution in FDG-PET due to annihilation photon non-collinearity”, 澁谷憲悟、錦戸文彦、津田倫明、鈴木敏和、稲玉直子、吉田英治、山谷泰賀、村山秀雄, World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006, Convention & Exhibition Center, Seoul (Korea), 2006.8   5)“Quantum confinement effects in semiconducting scintillators”, 澁谷憲悟、村山秀雄、越水正典、浅井圭介, IEEE 2005 Nuclear Science Symposium & Medical Imaging Conference, Wyndham El Conquistador Hotel, San Juan (Puerto Rico), 2005.10   6)“Low-dimensional semiconducting materials in developing ultra-fast scintillators”, 澁谷憲悟、稲玉直子、吉田英治、山谷泰賀、村山秀雄、斎藤晴雄、越水正典、浅井圭介, The 4th JAPAN-KOREA Joint Meeting on Medical Physics, Kyoto Research Park, Kyoto (Japan), 2005.9   7)“Development of a novel ultra-fast scintillator with an MQW structure”, 澁谷憲悟、越水正典、浅井圭介、柴田裕実, IEEE SENSORS 2002, Hyatt Orlando Hotel, Orlando (USA), 2002.6  A[国内 登壇者](2006年以降分)   1)「超低エネルギー領域におけるポジトロニウム−Xe散乱の部分波展開による解析」      澁谷憲悟、斎藤晴雄      日本物理学会第72回年次大会,大阪大学豊中キャンパス ,豊中市,2017.3   2)「部分波解析結果に基づくXeガス中の陽電子寿命スペクトル計算」      澁谷憲悟、斎藤晴雄      日本物理学会2016年秋季大会,金沢大学角間キャンパス ,金沢市,2016.9     3)「超低エネルギーPs-Xe散乱の部分波展開による解析」      澁谷憲悟、斎藤晴雄      日本物理学会2015年秋季大会,関西大学千里山キャンパス,吹田市,2015.9   4)「ポジトロニウム−原子分子散乱におけるスピン転換反応と電子交換反応の違い」      澁谷憲悟、斎藤晴雄      京都大学原子炉実験所専門研究会「陽電子科学とその理工学への応用」,京都大学原子炉実験所,大阪府泉南郡熊取町,2014.12     5)「LaBr3(Ce)検出器を用いたAMOC装置によるPs-Xe散乱の研究」      澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄      日本物理学会2014年秋季大会,中部大学春日井キャンパス,春日井市,2014.9   6)「Xeガス中におけるポジトロニウム生成率の推定」      澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄      第50回アイソトープ・放射線研究発表会,東京大学弥生キャンパス,文京区,2013.7   7)「ポジトロニウム−キセノン散乱におけるスピン転換を利用したポジトロニウムの熱化ダイナミクス測定」      澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄      日本物理学会第68回年次大会,広島大学,東広島市,2013.3   8)「Ps-Xe散乱におけるスピン転換反応を利用したPs熱化ダイナミクスの測定」      澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄      京都大学原子炉実験所専門研究会「陽電子科学とその理工学への応用」,京都大学原子炉実験所,大阪府泉南郡熊取町,2012.12   9)「AMOCによるPs熱化過程のエネルギー測定」え      澁谷憲悟、川村純弘、齋藤晴雄      日本物理学会2012年秋季大会,横浜国立大学,横浜市,2012.9  10)「MPPCを用いたシンチレーション検出器の時間分解能評価」      澁谷憲悟、齋藤晴雄      第49回アイソトープ・放射線研究発表会,東京大学弥生キャンパス,文京区,2012.7  11)「MPPCのタイミング性能」      澁谷憲悟      平成23年度次世代PET研究会,放射線医学総合研究所,千葉市,2012.1  12)「希ガス原子とのスピン軌道相互作用によるポジトロニウムのスピン転換」      澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄      京都大学原子炉実験所専門研究会「陽電子科学とその理工学への応用」,京都大学原子炉実験所,大阪府泉南郡熊取町,2011.12  13)「スピン軌道相互作用によるポジトロニウムのスピン転換の原子番号依存性」      澁谷憲悟、川村純弘、斎藤晴雄      日本物理学会2011年秋季大会,富山大学五福キャンパス,富山市,2011.9  14)「PsとKrの衝突におけるスピン軌道相互作用の研究」      澁谷憲悟、斎藤晴雄      京都大学原子炉実験所専門研究会「陽電子科学とその理工学への応用」,京都大学原子炉実験所,大阪府泉南郡熊取町,2010.11  15)「Ps原子とKrガス及びHgガスのスピン軌道相互作用に関する研究」      澁谷憲悟、斎藤晴雄      日本物理学会平成22年度秋季大会(物性関連),大阪府立大学,堺市,2010.9  16)「イントロダクトリートーク:高性能シンチレーション検出器の期待と開発動向」,      澁谷憲悟、越水正典,      第56回応用物理学関係連合講演会,筑波大学,茨城県つくば市,2009.3  17)「TOF-PET用シンチレーション検出器のデジタルサンプリング周波数に関する基礎検討」,      澁谷憲悟、錦戸文彦、稲玉直子、吉田英治、津田倫明、山谷泰賀、村山秀雄,      第69回応用物理学会学術講演会,中部大学,愛知県春日井市,2008.9  18)「三次元的な発光位置情報を利用したPET用検出器の時間分解能改善」,      澁谷憲悟、吉田英治、錦戸文彦、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄,      研究会「放射線検出器とその応用(第21回)」,高エネルギー加速器研究機構,つくば市,2008.2  19)「4層DOI情報による放射線検出器の時間分解能向上とDOI+TOF-PETの提案」,      澁谷憲悟、錦戸文彦、稲玉直子、吉田英治、林致峰、山谷泰賀、村山秀雄,      第47回日本核医学会学術総会,先代国際センター,仙台市,2007.11  20)「DOI情報によるTime-of-Flight型PET用検出器の時間分解能向上」,      澁谷憲悟、吉田英治、錦戸文彦、鈴木敏和、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄,      第68回応用物理学会学術講演会,北海道工業大学,札幌市,2007.9  21)「PET角度揺動のin vivo計測」,      澁谷憲悟、錦戸文彦、山谷泰賀、稲玉直子、吉田英治、林致峰、村山秀雄,      第54回応用物理学会学術講演会,青山学院大学相模原キャンパス,相模原市,2007.3  22)「健常ボランティアによる角度揺動測定とFDG-PETの解像度限界」      澁谷憲悟、吉田英治、錦戸文彦、鈴木敏和、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄,      第46回日本核医学会学術総会,かごしま県民交流センター,鹿児島市,2006.11  23)「ドップラーシフトを利用した生体PETの角度揺動測定」,      澁谷憲悟、吉田英治、鈴木敏和、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄,      第43回アイソトープ・放射線研究発表会,日本青年館,新宿区,2006.7  24)「18FDG-PETの解像度限界に関するin vivo測定とその考察」,      澁谷憲悟、吉田英治、錦戸文彦、鈴木敏和、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄,      日本分子イメージング学会第1回学術集会,京都大学百周年時計台記念館,京都市,2006.5  25)「PETにおける消滅放射線角度揺動の定量評価」,      澁谷憲悟、吉田英治、鈴木敏和、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄,      第91回 日本医学物理学会学術大会,パシフィコ横浜,横浜市,2006.4  26)「消滅放射線エネルギー分布測定によるPET角度揺動評価」,      澁谷憲悟、吉田英治、鈴木敏和、稲玉直子、山谷泰賀、村山秀雄,      研究会「放射線検出器とその応用(第20回)」,高エネルギー加速器研究機構,つくば市,2006.2 6.工業所有権

 @[国外特許 出願]   1)“DOI radiation detector”, 稲玉直子,村山秀雄,澁谷憲悟、錦戸文彦、津田倫明, US 2011,0121184 A1 (USA, PCT/JP2008/062804) 2008.7.16   2)“High Counting Rate Scintillator”, 越水正典,澁谷憲悟、齋藤晴雄、浅井圭介、本多庸郎, US 2009,0121188 A1 (USA, PCT/JP2006/301299) 2006.1.27   3)“Radiation Detection Device”,      村上英利,澁谷憲悟、齋藤晴雄、浅井圭介、本多庸郎,      US 2008,0099684 A1 (USA, PCT/JP2005/000210) 2005.1.12   4)“Radiation detector”,      澁谷憲悟、村上英利、齋藤晴雄、浅井圭介,      US 2006,0197028 A1 (USA, PCT/JP2004/004590) 2004.3.31  A[国外特許 登録]   1)“Method for detecting radiation, device thereof, and positron emission tomography scanner”,      澁谷憲悟、山谷泰賀、稲玉直子、錦戸文彦、吉田英治、村山秀雄,      US 9,029,789 B2 (USA, PCT/JP2008/057035) 2015.5.12   2)“DOI type radiation detector”,      稲玉直子、村山秀雄、澁谷憲悟、錦戸文彦、山谷泰賀、吉田英治,      US 8,436,312 B2 (USA, PCT/JP2008/068279) 2013.5.7   3)“Radiation detecting method utilizing energy information and positional information and equipment thereof”,      吉田英治、澁谷憲悟、山谷泰賀、村山秀雄、北村圭司,      US 8,188,437 B2 (USA, PCT/JP2007/066940) 2002.5.29   4)“Positron emission tomography scanner and radiation detector”,      澁谷憲悟、津田倫明、錦戸文彦、稲玉直子、吉田英治、山谷泰賀、村山秀雄,      US 7,671,339 B2 (USA, PCT/JP2006/026357) 2010.5.2   5)“Radiation detector”,      澁谷憲悟、越水正典、竹岡裕子、浅井圭介,      US 7,105,835 B2 (USA, PCT/JP2002/007235) 2006.9.12   6)“Positron emission tomography device”,      澁谷憲悟、越水正典、浅井圭介,      US 7,087,904 B2 (USA, PCT/JP2002/007693) 2006.8.8   7)“Radiation detection”,      澁谷憲悟、越水正典、竹岡裕子、浅井圭介,      US 6,787,250 B2 (USA, PCT/JP2001/010763) 2004.9.7  B[国内特許 出願]   1)「放射線検出用シンチレーター」,      越水正典、澁谷憲悟、斎藤晴雄、浅井圭介、本多庸郎(科学技術振興機構),      特願2004-364250, 2004.12.16   2)「放射線検出装置」,      村上英利、澁谷憲悟、斎藤晴雄、浅井圭介、本多庸郎(科学技術振興機構),      特願2004-010449, 2004.1.19 (再公表 特願2005-517027, 2005.1.12)  C[国内特許 登録]  1)「放射線位置検出器の位置演算方法及び装置」,      稲玉直子、村山秀雄、澁谷憲悟、山谷泰賀、菅幹生、羽石秀昭、渡辺光男(放射線医学総合研究所、千葉大学、浜松ホトニクス),      特許5,585,094, 2014.8.1   2)「DOI型放射線検出器」,      稲玉直子、村山秀雄、澁谷憲悟、錦戸文彦、山谷泰賀、吉田英治(放射線医学総合研究所),      特許5,382,737,2013.10.11   3)「放射線検出方法、装置、及び、陽電子放射断層撮像装置」,      澁谷憲悟、山谷泰賀、稲玉直子、錦戸文彦、吉田英治、村山秀雄(放射線医学総合研究所),      特許5,099,792,2012.10.5   4)「放射線位置検出器」,      稲玉直子、村山秀雄、澁谷憲悟、錦戸文彦、大井淳一、津田倫明(放射線医学総合研究所、島津製作所),      特許5,011,590, 2012.6.15   5)「陽電子放射断層撮像装置及び放射線検出器」,      澁谷憲悟、津田倫明、錦戸文彦、稲玉直子、吉田英治、山谷泰賀、村山秀雄(放射線医学総合研究所),      特許4,877,766, 2011.12.9   6)「陽電子寿命測定装置及び測定方法」,      斎藤晴雄、浅井圭介、越水正典、澁谷憲悟、加勢憲夫、本多庸郎(大栄無線、東京大学),      特許4,875,892, 2011.12.2   7)「DOI型放射線検出器」,      稲玉直子、村山秀雄、澁谷憲悟、錦戸文彦、津田倫明(放射線医学総合研究所、島津製作所),      特許4,803,565,2011.8.19   8)「エネルギーと位置情報を利用した放射線検出方法及び装置」,      吉田英治、澁谷憲悟、山谷泰賀、村山秀雄(放射線医学総合研究所),      特許4,660,706, 2011.1.14   9)「高計数率シンチレーター」,      越水正典、澁谷憲悟、斎藤晴雄、浅井圭介、本多庸郎(科学技術振興機構),      特許4,606,457, 2010.10.15  10)「放射線位置検出方法及び装置」,      稲玉直子、村山秀雄、澁谷憲悟、北村圭司、石橋浩之(放射線医学総合研究所、島津製作所、日立化成工業),      特許4,534,006, 2010.6.25  11)「放射線検出装置」,      澁谷憲悟、村上英利、斎藤晴雄、浅井圭介(科学技術振興機構),      特許4,137,121, 2008.6.13  12)「ポジトロンエミッショントモグラフィ装置」,      澁谷憲悟、越水正典、浅井圭介(科学技術振興機構),      特許3,779,596, 2006.3.10  13)「放射線検出装置」,      澁谷憲悟、竹岡裕子、越水正典、浅井圭介(科学技術振興機構),      特許3,714,918, 2005.9.2  14)「放射線検出装置」,      澁谷憲悟、田渕裕子、越水正典、浅井圭介(科学技術振興機構),      特許3,779,604, 2006.3.10 7.その他  @[新聞]   1)「室温で超高速・高強度シンチレータ 東大・東北大」,      澁谷憲悟、浅井圭介,      日刊工業新聞,2004年11月8日1面   2)「医療用放射線検出装置で最優秀賞 澁谷さん」,      澁谷憲悟,      日刊工業新聞,2004年4月19日20面(人物欄)   3)「ガンマ線を高速検出」,      上智大学、東京大学,      日経産業新聞,2002年5月8日12面 8.指導した学生の発表   1)「Heガス中でのポジトロニウムの消滅率と温度との関係III」      細谷亮介、澁谷憲悟、斎藤晴雄      日本物理学会第72回年次大会,大阪大学豊中キャンパス ,豊中市,2017.3   2)「Heガス中でのポジトロニウムの消滅率と温度との関係(2)」      細谷亮介, 澁谷憲悟, 斎藤晴雄      日本物理学会2016年秋季大会,金沢大学角間キャンパス ,金沢市,2016.9    3)「Heガス中でのポジトロニウムの消滅率と温度との関係」,      細谷亮介、澁谷憲悟、斎藤晴雄,      日本物理学会第71回年次大会,東北学院大学泉キャンパス,仙台市,2016.4   4)「Heガス中のポジトロニウムの消滅率と温度との関係」      細谷亮介、澁谷憲悟、齋藤晴雄      第52回アイソトープ・放射線研究発表会,東京大学弥生講堂,東京都文京区,2015.7   5)「キセノンガス中のポジトロニウムのAMOC測定」,      川村純弘、澁谷憲悟、斎藤晴雄,      日本物理学会第67回年次大会,関西学院大学西宮上ケ原キャンパス,兵庫県西宮市,2012.3   6)「デジタイザーを用いた陽電子消滅時間運動量相関測定装置の開発」,      川村純弘、澁谷憲悟、斎藤晴雄,      日本物理学会2011年秋季大会,富山大学五福キャンパス,富山市,2011.9