記事タイトル:私もD−28を買いました。 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 染村 哲也   
MASAさん、さとるさん、こんにちは。

MASAさん、D−28ご購入おめでとうございます。
20年ぶりの「ギター・ライフ」を楽しんでおられることと思います。

次なる目標はバース・イヤーのD−28ですね。
どこでMASAさんと出会うのでしょうか。とても楽しみですね。3年後にちょうど
良く出会えれば良いのですが、突然出会ってしまったりして・・・
オールド・ギターを探すのには山下さんのサイトが役立つと思います。もうご存じかも
しれませんが、URLは http://homepage2.nifty.com/4453/index.htm です。
[2002/04/29 19:40:23]

お名前: MASA   
こんばんわ、さとるさん
有難うございます。でも、1年に1本のペースでマーチンを買い替えるとはすごい。 そんなにアコギというのは「目移り」・・じゃなく、耳移りするものですか?
私は、このサイトでD−28を深く知ることができ、ハカランダのD−28がほしく
なりました。3年計画で自分の誕生年(1957年製)のD−28を買うべく積み立て
を開始しました。
O澤楽器のHPなどで良ものを物色しています。
どなたか、いい情報があれば、教えてください・・・。
[2002/04/28 21:13:32]

お名前: さとる   
 こんにちは、MASAさん
 まずは、D−28ご購入おめでとうございます。
私も三年ほど前に、ギターの趣味が再発しまして、D−28を妻に内緒で衝動買いしてしまいました。
あれから、三本のマーチンを買い替えながら弾いています。
今は、D−18とヤマハのカスタムになっています。
自分でも不思議なくらいのめり込んでいます。
やっぱり、アコギは、一本一本すべて音も木目も違うので、きりがないものだと最近つくづく思っています。
でも、この趣味は維持費とか保険とかもかからないので、一生やれるいい趣味だと思います。
では、お互いこれからも頑張りましょう。
[2002/04/28 14:18:42]

お名前: MASA   
 学生時代に少々ギターをやっていました。憧れのマーチンなど高嶺の
花で、確か、鈴木バイオリン製作所とやらのD−35のコピー(バックが
3Pだった)を弾いていていました。社会人になって20数年、ギターか
らご無沙汰しておりましたが、最近、何気に弾きたくなって、物置の奥か
ら昔のD−35(コピー)を出すと大変な痛みで弾けるどころではありま
せんでした。(ネックは割れ、ブリッジは浮いてしまい・・・。)
 弾けないとなると余計に弾きたくなり、近くのY楽器に出向きました。
行くまでは、「マーチンを買うぞー」と意気込んでいたわけではありませ
んでしたが、店内に入って寄り添って並んだD−28とD−35を見て無
性に弾きたくなり、店員さんにお願いし長々と二つを引き比べました。
元々、3フィンガー派なもので高音の軽やかさ重視の3PバックのD−3
5に目が向いていましたが、弾いているうちにD−28の音色が耳に
つき・・・。(特に5番弦の開放音の響きが・・・。堪りませんでした。)
 結果としては、D−28(S癸沓械械娃毅后砲離ーナーに晴れてなれたわけです。
20数年ご無沙汰していたのに、はしかにかかったようにマーチンの魔力
に取り付かれている毎日です。  
[2002/04/27 23:04:27]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る