記事タイトル:フォ−ク流音楽理論 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: 太郎八   
>センス、感性の必要な部分
KIYAMA さま、ごめんなさい。
ちゃんと押さえておいででしたね。
前のレスまでのところを見てカキコしておりました。

くりりん さま
>いろんな音を出して感覚を磨いたほうがいいでしょう
>たまには別の楽器をやってみるのもいいですよ
そうですね。 では!
[2006/11/12 13:22:34]

お名前 Name: 太郎八   
みなさん、こんにちは
割って入るようでごめんなさ〜い。

>カッコイイ伴奏のアレンジで・・・
>カッコイイボイシング

私見ですが・・・
みなさんの仰るように、理論も大切と思います。
これでワタシ、いつも大きなカベにハネ返されています。
でも、もっと大切なのは、「感性」ってやつじゃなかろーか、って思ったりして。
その「感性」ってやつを養うのは、幅広い音の世界にふれることじゃなかろーか、
なぞと思う次第で・・・
今、ワールドミュージックとひとくくりにされていますが、地球上のいろんな地域
の伝承音楽、民族音楽、楽器、また、それらをベースにしたルーツ系の音楽など、
こうしたものにふれることで、今まで思いもよらなかった音の使い方やリズムなど
に出会えます。
そんな「感性の小引出し」をたくさん持っていると強いですよ。
すこし、時間はかかるかとは思いますが、それもまた楽しみではないですか?
世界遺産的津軽三味線奏者、高橋竹山さん(初代)も、世界中のありとあらゆる音楽
を聴いておられたとか。

かく言うワタシは、引出しが小さすぎたのか、ほとんどあふれていっちゃいました
けど。 それとも引出しに穴が空いていたのか・・・ ???

失礼しました!
[2006/11/12 13:10:40]

お名前 Name: KIYAMA   
漫談法人さん

そうか、そういうアレンジの仕方ですね
大雑把に言うとコードポジションに中にメロディーやベース音の装飾を入れたいと・・・。
フィンガーピッキングの走りのような感覚ですかね?
コードの美しさを強調してベースだけ下げて良くとかならまだ理論的に説明出来るのですが
説明が、難しいのですが
コードワークの中にメロディーを入れる場合
あいている指でメロを入れたり・・・。
この時必ずしも弾かない弦は押さえるえる必要は無く更に自由度を増しますよ。
コードチェンジ時にベースのカウンターを入れるとか
オブリを入れるとか・・、ハーモニックス使うとか。
決まりって無いんですよね
申し訳ありませんが、理論と言うより、
惰性、センス、感性の必要な部分ですかね。
[2006/11/12 12:52:51]

お名前 Name: 漫談法人   
書き忘れました。

例えばTears in heavenのメロディを思いついたとして、さあギタ−でアレンジしよう
と言う時にあのオリジナルみたいな風にしたいんです。

出だしはあのように普通にAを弾くんじゃなくて6弦2Fをハンマリングして始めて
5Fまで飛んでまた2Fに戻って、5Fからスライド3連発で普通にDをひくんじゃなくてDonF#にしてって・・・

ああいう風にアレンジできるようになりたいです!!!
[2006/11/12 12:08:45]

お名前 Name: 漫談法人     
皆様、沢山のお答えありがとうございます。

みつるさんの言うコ−ドの機能や代理コ−ドの事は分るのですが、その先のボイシングの秘訣?(なんてあるのかな?)が知りたいです。

C-AM-F-Gというコ−ド進行の曲があったとします。
でこれを伴奏する場合に、ただ規則的に3フィンガ−したり(もちろんサビで3フィンガ−のパタ−ンを変えたり)、カーターファミリ−でル−トだけベ−スランさせて後はコ−ド弾きとかだと、ギタ−一本で聞かせるのに華がないじゃないですか?

オブリガ−ドとかシングルノ−トというのでしょうか?
ああいうのを入れたり、また3フィンガ−やアルペジオやるにしても単に普通にGを押さえてそのまま弾くより、Gを押さえてる左手の各指を転回させて・・・

やはりボイシング? カッコイイボイシングが出来るようになるにはどんな理論を・・・
もちろんコピ−でアイデアを蓄積するのも必要ですよね

なんか焦点がはっきりしないカキコミですいません
[2006/11/12 11:55:17]

お名前 Name: kid   
思い込みかもしれませんが、ジャンルを超えて心に残る曲って、メロ・コード・アレンジ等、
シンプルで、自然な流れになっている曲が多い気がします。
よくア−ティストが「30分で出来た」とか言っておられる曲など・・・
そういう時って、恐らく頭の中では、アレンジ等も含め、もう同時に出来上がっていると思うのです。

メロ、コードの優先に関しては、どっちもアリだと思います。
即興のアドリブ等も作曲の一部だとしたら、バックのオケに被せるわけなので・・・
そして、メロが生み出されている時は、頭の中では何かしら、コードらしきものが存在している気がします。
ゼロからの創造って、何かのきっかけ(パクリも含む・・・う−んこの辺??)は、ありがたいところ。
それが映画や、絵画・・・イメ−ジの世界。まあ、何でも良いのですが。
たまに「今日、ワシは○○だっ!!」と、その人に勝手に成り切ってしまうと、そういう曲や、プレイっぽくなったりします。(自分の思い込みで、周りはどうか分かりませんが)
[2006/11/12 10:16:00]

お名前 Name: KIYAMA   
理論とは直接関係無いかもしれませんが
作曲に関しては よく コード派? メロディー派?
と言う討論をすることがありますが
コード進行にとらわれず、オリジナリティーを出したい場合は
メロディーを優先して作曲していき
それに後からコードがついてくる方が自然な気がするのです
コードの詳細でテンションを有効に入れるとかは二次的で
それこぞ アレンジの範疇ですね
同じメロディーでもブルース風やカントリー風なんて出来ますから
[2006/11/12 08:06:11]

お名前 Name: たかぎ   
「作曲したいなぁ〜」とギターを持つと、たいがい「C」のコードをおさえています。。。
コマネチの「ウルトラC」とかの影響でしょーか?(^_^;)
[2006/11/12 05:17:16]

お名前 Name: kid   
>>カッコイイ伴奏のアレンジで自作曲を弾き語りしたい!
  場合はどういう事を勉強すればよいのでしょうか?

「カッコイイ!!」この感覚!! 音使いもそうですが、リズム・タイム感、パフォ−マンス等。
昔初めて長谷川きよし氏の、別れのサンバをテレビで観た時は、将にそうでした。
異質だけど、何かカッコイイ。当然、自分でもやってみたい、できるか? でも難しそうだ・・・という経験。
漫談法人さんがご質問されている事って、こういう感覚でしょうか?

理論というより、方法論という言い方の方が良いかも知れませんネ。
現在、或いは普段やっているのも一つの方法だし、別の事をやる為に壁にぶち当たる・・・
それには、別の方法論(理論)を実践と平行しながら、勉強するのも楽しいかも知れません。
普段やっている事って、その方法論の一つだったりしますから・・・(別の方法も書いていたりします)
大事なのは、実践・感覚と平行して、別の道を探ってみる事ではないでしょうか?
理論書だけを読んで、あきらめるケ−スは、実にもったいないと思うのです。
自分の感覚を優先に、そういった方法も模索するという・・・
私見です。
[2006/11/11 10:15:45]

お名前 Name: くりりん   
私の、ごくごく狭い知識と経験から言えば、
しっかりとした音楽理論を持っている人ほど、音数が少ないような気がします。
ピンポイントで狙った和声を出せるんでしょうね。
1音の重要性を知る上では、理論は必要なのかもしれません。
でも、だからこそ、素人は「音を探して」楽しむべきなんだと思います。
物まねならコピーで十分でしょうが、自作曲の弾き語りがメインなら、
理論の前にいろんな音を出して感覚を磨いたほうがいいでしょう。
たまには別の楽器をやってみるのもいいですよ。
最近私はピアノを始めましたが、音の響きが新鮮でとっても楽しいです。
[2006/11/10 21:25:12]

お名前 Name: kid   
私も別に理論にこだわらず、耳を優先にしています。
感覚が慣れてきますからネ。
おかげで、初めて聴いた曲でも楽器無しで、あらかたコピ−出来るようになりました。
若い時、フォ−クや歌謡曲などを弾き倒したおかげで、基本的なコード進行に耳が慣れ、
最初、全然分からなかったJazzの複雑なコードもコピ−出来るように・・・
いかん、プチ自慢になっとる! すみません。

>>コード進行には、その人のクセがでるように感じています。

私もそう感じます。その日によって、わざと変えるプロの方もいらっしゃるくらいですから。
Keyコードの形を代える事により、新鮮にも感じます。ギタ−は特に。
最近、CM等でも昔の曲を思いっきりアレンジしたバ−ジョンがあり、今でも勉強になっています。

何か理論って言葉、誤解され易い気がします。自分の感覚と同化してしまっているので・・・
どう表現すれば良いのでしょう?
[2006/11/10 17:38:41]

お名前 Name: tops   
まずコピーありきではないでしょうか?
難しい理論はわかりませんが、曲を聴いてすぐにコードが
さがせるようになります。
曲の作り方では、ポール・サイモンが本に書いていましたが、
「気がつくと、G から始めてる事が多い」
吉田拓郎さんも、同じような自分の行動に気づいて、E から
初めてみたり、C から E に持っていってみたり、意外な
組み合わせで遊んでみてると、いいメロディが浮かんでくる
見たいな事を書かれてました。

コード進行には、その人のクセがでるように感じています。

アレンジも、様々な曲をコピーしていると自然に身について
くるし、プロのアレンジを少しいじった自分のオリジナルみたいな
ものも生まれてきます。
[2006/11/10 17:02:08]

お名前 Name: kid   
「スカボロ−フェア」を覚えた時「何でF#(AmKeyの時)の音が??」とか「グリ−ンスリ−ヴス」も、
「Amで始まって、いつの間にかEmKeyで終わっている??」という疑問があり、その後Jazzを
やり始め、理論と平行しながら和声法を勉強したら、ようやく納得出来た経験があります。
それ以前もガロ等の影響で、開放弦のオイシイ使い方を耳で探して、秘密の和音にしていました。
私は、感覚、理論を分ける必要は無いとも思うけど、自分に壁が出来た時に助けてくれたのは、
理論だったりします。(特に和声・・・Jazz理論とか呼ばれているもの)

お勧めは・・・和声の基本、ディミニッシュ、オ−ギュメントの使いこなし、供櫚洪聞圓陵解、
テンションノ−トの使いこなし、ペダルノ−ト・・・挙げればオイシイものが結構あるし、
実際、プロの方々は当たり前に使用しいます。
フォ−ク、POP、歌謡曲をやって良かったと思います。
あ、それからウォ−キングBassの進行も・・・これがまたオイシイ。(アレンジの一つ)
[2006/11/10 13:59:44]

お名前 Name: くりりん   
「カッコイイ」かどうかは感覚的なものなので、当然個人差があります。
「かっこよさ」を求めるなら、理論よりも先に楽器に触る回数を増やすべきでしょう。
いろんなところを「てきとうに」押さえて、「てきとうに」鳴らしてみて
和音の感じやアルペジオの雰囲気などをつかむのが先決かと…
ちなみに、私は「スカボローフェア」の伴奏に触発されて、
開放弦を生かしたいろんな押さえ方をやってみて、いくつかの「お気に入り」を発見しました。
伴奏に必要な理論は、コード理論くらいでしょうが、
理論よりも「個性的な響き」の方が先でしょうね。
[2006/11/10 00:05:31]

お名前 Name: みつる   
そうですね、歌の伴奏ですね。

歌の伴奏につけるコードがなんだかよく分からないということでもない場合、
要らないかなぁと思います。

でも、知らないよりは多少知っていたほうが作曲などのときに、便利です。
ある程度理論を知っているほうが実際に曲を聴いていて、ある曲があった場合
そのコード進行などの狙いが分かるからです。

たとえば・・・ハ長調で、

C Em F Dm G7

なんていうコード進行は、
C  トニック 
Em トニック代理コード
F  サブドミナント
Dm サブドミナント代理コード
G7  ドミンナントセブンス

なんていうコードの機能がわかります。
[2006/11/09 23:47:58]

お名前 Name: KIYAMA   
3コードを基本とした展開コードから覚えるといいんじゃないだろうか?
伴奏用の音楽理論なんて存在しないと思いますが・・・。
3コードしか知らないと、いつも同じような曲になりませんか?
彼らは、おそらく「あ、この感じいいな」で、曲を作っているものだと思いますが
経験や、洞察力など底知れぬ引き出しから出てくる場合が多いと思いますので
ワンパターンに陥りたくなければ、最低限の理論も必要でしょう
大丈夫です、1日で基本は分ります、いかに身に着けるかがたいへんですが・・。
[2006/11/09 23:21:00]

お名前 Name: 漫談法人   
皆様、どうも。以前にお世話になった漫談法人でございますYo!
今回下記の話題に影響されて書き込んでみました。

音楽理論
http://www2s.biglobe.ne.jp/~somemura/bbs1/505244768065499.html

ソロのアドリブ等については上記のスレで言及されていますが
カッコイイ伴奏のアレンジで自作曲を弾き語りしたい!
場合はどういう事を勉強すればよいのでしょうか?

たとえばBob-DylanやS&Gなどはフラット&フィンガ−ピッキングでカッコイイ伴奏を
弾きながら歌っていますが、あの様なアレンジが出来るようになるには音楽理論
が必要なのでしょうか?
それとも例えばコ−ドCを押さえて適当に転回させてみて
「あ、この感じいいな」って感じでやっているのでしょうか?

基本的にインストは弾かないので伴奏に必要な音楽理論が知りたいです。
ヨロシクお願いします。
[2006/11/09 20:09:18]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る