記事タイトル:クリスマスにウクレレ 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: プロM   
まいど♪

どうでっか?(”。。”)

       ・・・
格段に、且つ 普通にチューニング出来るやろ? 
それが大事なんですわ。 家ではチューニングあうけど
他所へ持っていくと合わんなんてトラブルからも解消
されますわ。ウクレレは演奏が上手い云々よりまず
チューニングに気をかけてほしいでんな。

お手元に届いてからまだ数日かと思いますぅ〜 
弦を一旦緩めた状態から完全に音が復帰するには
数日〜2週間くらいかかる場合がおます。
音も確実に良くなりますわ・・・だってヘッドが
軽くなった分、音ヤセしまへんで♪

冬はなかなかエンジンがかかりにくいから
裏板をほんの数秒〜10秒くらいさっと暖めてやると
音の出はエエですぅ〜♪ ただし暖めすぎてフライに
ならんようにしてや〜  
また困った時は何でも聞いてや〜♪
[2008/02/13 18:51:53]

お名前 Name: wataru   
本日、ウクレレを取ってまいりました。
ペグが変わって別の楽器のように見えました。
弾いた感じはさほど音には影響して内容に感じましたが、
チューニングが格段に良くなったのは分かりました。

ウクレレのサイトを見ればあれこれ話が早いですが、
私はギターがメインでプロMさんの話が楽しいので、あれこれ聞いてみました。
上のほうの板は荒れてますが理解できません。
このスレッドの書き込みはコレで最後になると思いますが皆さんありがとう!
またの機会を楽しみにしています。
[2008/02/13 00:49:29]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

wataruはんは研究熱心でんな〜(”。。”)♪

>KAMAKAとマーティンの最も音がよかったとされる
。年代はいつ頃でしょうか?
この質問には  ‥当な回答  ▲轡咼△焚鹽 の2パターンがおます。

.沺璽船鵑覆蕁。横闇代後半〜40年代中頃
 カマカ なら 40年代で1本気持ええ音出るんがあったわ♪
           
        年代等を気にして弾いたことないんでそんなもんですぅ〜♪


∩佇 保管状態等あるんでわかりまへん。弾きこまれとらん3Mはたとえ
    40年代でも鳴らん(コレクションとしては見た目最高やけどね)
    弾きこまれても保管状態悪ければこれまた鳴らん♪
    ある時に突然スコ〜ンと曇りが取れて鳴るようになるのもあれば、   
    全く逆で突然鳴らんようになるのもおますから。

    基本的に良質材を優れた職人はん達が手間隙かけて製作すれば
    それなりの期待はできる音にはなるんですが、それだったら
    今の時代でも(可。。能)

        ・・・・
    つまり、今を基準に考えるからそうなるんと思いますぅ〜♪
    製作時点で20年代と40年代と60年代・・・・・確かに
    20年代は80年前の生産やけど、木自体はいつの伐採乾燥か
    わかりまへんもん。
    60年代でも長〜〜〜く乾燥期間を置いた古い木を使えば、
    かなりの音が期待出来るんとちゃいますか?
    
    同じ60年代でも、プロが40年以上使ってきた1本と
    素人が壁の飾りにしてきた1本とでは天と地ほどの差は
    あるはずですぅ〜♪ そやから一概には答えられまへん。

    まして、カマカの古いんは音を出すための下準備(修理、補修)に
    ぎょうさん手間とお金をかけんと、いきなり弾いても(?。。?)
    で終わりまっせ〜♪


 あおいそめはんも言うてる 
>世の中には、いろんな想像をめぐらす人がいることに驚嘆。

・・・・・わてもその口ですわ♪

       
    
    

 
[2008/02/03 16:49:04]

お名前 Name: あおいそめ   
wataru さま
私ごとき半端ウクレレフアンでなく
5Kを4本、3Mを10本、そのた他KAMAKAの戦前パイナップルを
掲載しているコレクターのサイトがありますよ。
”ウクレレとクラス日々”というサイトです。
それをご覧いただければあなたのご質問は、
一挙に解決するかとぞんじます。
[2008/02/03 06:23:32]

お名前 Name: wataru   
材については昔の方がよかった!と言われる方が圧倒的に多いと思います。
私もそのように思いますが、昔と今で同じ材でウクレレなりギターを作るとどっちが良い音の物が出来るのか興味はあります。
この掲示板で過去にも同じような質問が出てきていると思いますが、
木の質が均一ならば当たり外れはそうはないと思うんですよね。
最近のスレッドにD−45Vについてのタイトルで45はばらつきがあり、
45Vはバラツキが少ないと言うのは材を一定の条件で選んでるからだと思うのですが、
ウクレレについても各社の方針で選材がされているはずですが、
KAMAKAとマーティンの最も音がよかったとされる年代はいつ頃でしょうか?
ヴィンテージが主体になってくることはわかっています。
アコギのギブソンでいうなら私は50年代だと思います。
ウクレレについてざっとの目安を教えていただけるとこれからのヴィンテージの試奏が
より楽しくなると思うので、その辺りの情報も楽しみにしています。
[2008/02/02 23:38:27]

お名前 Name: wataru   
プロMさん・あおいそめ さん

詳しい解説をありがとうございます。
やってみないと確かに判りませんよね。
それにしても下の方のこのスレッドに目を留めてくださっていることに、
両氏ならびに見てくださっている方々にお礼を申し上げます。
この板は敷居が大変低くなっておりますので、初書き込みの方も含め積極的にウクレレの意見交換が
出来ればと私は思っております。

80年残っているウクレレがあり、120年残っても弾けるギターがありマーティン社は素晴らしいですね。
バイオリンと比較してもしょうがないですが、あの銘器を今も研究している人々がいます。
マーティン社には過去のロッドのギターやウクレレの製造方法がしっかりと残っているはずなので
復活した3M・3Kともにあと5Kとデイジーも弾いてみたいと思います。
プロMさん、あおいそめさん両氏のレポートも楽しみにしています。
見てくださっている方の書き込みを楽しみにしています。
[2008/02/02 23:13:38]

お名前 Name: あおいそめ   
プロMさま
慌てて、手持ちのウクレレのサウンドホールをのぞいております。
いちばん必要のありそうな、マーチンのバリトン、サニーDの8弦テナー、
カマカのテナーなどは、使ってないようです。
 さほど反ってもいないようです。
指板剥がせしてみろなんていわんでください。 
理屈の上では、弦長が長いほどネックが反りやすい。
張力の大きくかかる8弦のほうが起きやすいわけではありますが、
たかだか40cm足らずの弦長のソプラノやコンサートに
トラスロッドを入れる必要があるのですかね。
1920年代のマーチンのネックなど、まるで経木のごとき薄さですぞ。
それで80年も生き延びてるのが、いくらもあるのですから。
ただ最近の傾向としてネックの材質がレベルダウンしていて、
棍棒のごとき太さにして、
あるいは、指板の厚みを増やして強度を上げていますね。
究極の趣味の延長でつくっているラトリフ、
また量産の権化のフジゲンがつくるププケア5弦、
その両者の両極端の製作姿勢を比べて考えると、
たいした手間の違いじゃないという気もします。
かたやマニア的なこだわり、
かたや材質をカバーする手っ取り早い解決策なのかもしれません。
音色については分かりません。意識したことがないので。
世の中には、いろんな想像をめぐらす人がいることに驚嘆。
どなたか 壮烈な失敗作、成功作を作ってもらって、
リポートしてください。待ってます。
[2008/02/02 06:43:29]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

ウクレレにトラスロッド・・・・・何社かは採用してますわ。
ププケア5弦、ラトリフしかり、ろプリンジはんも? ちごたかな?
正直メーカー毎ロットまでは突っ込んでチェックはしてまへん(*。。*)
あおいそめはんあたりの御高説を賜りたいものでんな(依。。頼)

私見でよければ、
.愁廛薀痢▲灰鵐機璽箸泙任魯肇薀好蹈奪匹呂い蕕鵝壁圈。要)
 マホ、コア問わず、その程度の張力でネックが起きるようじゃ
 絶対にあっか〜ん(+。。+)

▲謄福次▲丱螢肇鵝∧8好織ぅ廚郎の時代、ネック材の選別と乾燥時間と
 木取りに限界があるんでメーカーとしては採用せざるを得ないでしょう♪

 わての古いセニーザ コアネック8弦テナーは音最高、でもネックは
 トラスロッド無しやから序々に起きてきてますわ(*。。*)
 複弦をはずして4弦にしてやると楽になった〜と言うてかなり戻りますぅ〜
 そんなこんなで今はどのメーカーも△離織ぅ廚郎陵僂靴討襪任靴腓Δ福
 トラスロッドがTかI(バー)かは知りまへん。I(バー)なら2本
 入れるのが普通ですぅ〜 1本じゃ「ねじれ」は防げまへん。

当然音色は入れると変わるはずやけど・・・比較したことおまへんから
それ以上はなんとも答えようがないわ。 まさかアコギの様に重い
(鉄。。芯)を入れるメーカーはおらんでしょうけど、軽いカーボン
ロッドでも厳密には音色は変わますわ。
ただし、指板に硬くて厚いエボニー材を張ってやるとトラスロッドの
影響はかなり抑えられますが・・・・・・鳴りがキンキンしてしまい
線が細くあまりエエ音とは言えまへん(*。。*)
やはり良質のウクレレネックには薄いロースウッド指板を採用した方が
音がエエのはマーチンがすでに実証済みや。

エレキもアコギもネックはトラスロッド無しでは成立せんけど、
ウクレレなら・・・無しがええな。極力、木の音を味わいたいでおま♪


エレキの話で恐縮やけど、3弦4弦あたりの音がなんかしまりがなく
音色も違うという経験をした方おまへんか? いらしたらその方達は
は耳が肥えてますわ。
そういうエレキのネックをバラすとロッドの仕込みがガタガタで隙間があり
異物がはさんであったり、接着剤がダラ〜ッと流れてたり、本来のネック材
とは違うもんがぎょうさん詰まってれば音も違いますわ。
リペアマンによっては「でかいポジションマークも影響あるよ」なんて言う
お方もおりましたわ。なるほど、なるほど(@。。@)
[2008/02/01 22:37:20]

お名前 Name: wataru   
プロM さん

こんにちは

ウクレレなんですがトラスロッドって入っていましたっけ?
最近、私はマーティン・ギターのトラスロッドについて興味を持っています。
30年代のギターは材の違いもそうですが、Tバーの金属の質量が一番サウンドに
影響を及ぼしているのではないかと考えています。(材の次に)
直感でそう思います。

良いギターってネックの振動が違うんですよね!
ウクレレはまだ弾いている本数が違うので何ともいえませんが、
その辺りの見解を是非聞かせてください。

楽しみに待っております。
[2008/02/01 00:26:43]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

ウクレレのブレーシングはコアにこだわったり、その辺の適当な材で
・・・・なんてのも有りなんですわ。 
材を無駄にしたくなければボデイの端材、加工性を取るならサンタマリア材
(マホ)やろね。スプルースなんかも有りですわ。
もっともソプラノ〜コンサートはブレーシング無し、裏当て板1枚だけ♪ちゅう
のも結構ありまっせ。 シンプルゆえに極上サウンド謎解きが面白い(”。。”)
[2008/01/30 20:07:02]

お名前 Name: wataru   
プロM さん

こんにちは〜

ウクレレはギターと違って使われている材料が少ないので、
ちょっとしたことでも音に影響がありますよね!
ブレーシングにしても然りでギターではアディロンが使われていたりしますが、
ウクレレではそんなの関係なくコアが使われていることでしょう。
シンプルを極める事ほど奥が深い物はないなんて・・・
[2008/01/30 03:18:12]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

カマカに限らず、艶有り仕上げのウクレレにゴールドペグは成金趣味で
似合うと思いますわ♪ わては大好きですぅ〜

ただ、艶消しタイプには「浮いてしまう」のでクロームタイプでんな♪
[2008/01/27 13:08:29]

お名前 Name: wataru   
こんにちは

ウクレレのペグですがつまみはわかりませんが、本体の色はゴールドに決りました。
ウクレレのペグって質素な感じが多いけどゴールドもありですよね〜
[2008/01/26 14:37:44]

お名前 Name: wataru   
こんにちは

皆さんのアップしているURLでウクレレとUKE(ユーク)について書かれている文面がありました。
ウクレレはハワイで育った楽器でユークはアメリカ本土で育った楽器だそうです。
形は同じように見えますが、ウクレレはフラダンス等に合うように、ユークはアメリカ本土の
多彩な音楽に合うようにアンサンブル向けに作られているという記事でした。

マーティンのウクレレの表記はユークなのでどちらかと言うとアンサンブル向けに
なると思いますが、Kamakaはウクレレだと思うんですよね?
マーティンとハワイ御三家を比較してみた時にやはりそのように感じますか?
Kamakaとコアロハと?がハワイの3大メーカーだと思います。

マーティンはウクレレという民族楽器をユークと言う楽器につくり変えたんですかね?
当時の状況がわからないので何ともいえませんがその辺りも興味が出てきました。
[2008/01/22 01:14:31]

お名前 Name: wataru   
こんにちは

少し前のスレでウルフトーンの話題がありましたよね。
私はそういうギターを所有した事がないのでわかりませんが、
木を使ってる楽器だとギターに関わらずありそうな気はします。

Kamakaは昨日ペグ交換で入院をしました。
来月末に取りに行く予定なのでウクレレとは暫しお別れです。
早く帰って来いよ〜

話は変わりますが、今日掲示板を見て驚きました!!
3M・3Kが出るそうですね!!
早く弾いてみたいです。
ウクレレ増殖病にはかかっていませんが、そのうちかかりそうです。

ギターの方は納得の行くアコギの3本目が新年早々見つかったので、
暫くはギターローンに追われながら静観していきたいな〜と考えています。

今年の前半の目標はウクレレの弦探しです。
後半は1930年までのギターの試奏が出来ればと考えています。
[2008/01/20 23:16:16]

お名前 Name: tetsu34   
皆さまこんばんわ!

いろいろアドバイス頂きありがとうございま〜す。。ってみんな買うこと前提(当。然。)
で、ありがとう(オロオロ)
で、せっかくフレット調整してAquila張ったukeはどこに隠そうかと、でも隠してもたまに
はナデナデしてやりたいし、あんまり変な場所で湿気や温度でボロボロになってもやだし、
と本気で悩み始めてます。。

ところで以前のスレでアコギのウルフトーンの話しがありましたが、当然ukeにもあるんで
しょうね? 実はAquilaに張り替えたら、1弦の5フレットがやたら出過ぎるのに気づきまして
カーボンの時にはあまり意識するほどではなかったのですが、こんな事もあるんですね。
これって、安物故のことなのか、もしくは高級品にもあるものなのでしょうか??
[2008/01/19 22:59:06]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

二束三文、そうなんすよ〜 ・・ だったら手元に置いてた方がまだマシですわ。

どうしても売りたいなら
お店よりネットオークションに欲の突っ張らない価格で出品した方が確実に高く
売れまっせ〜♪ その代わり最低落札価格だけは決めといてや。

知り合いで「今度ウクレレ始めたいなあ〜」なんて思ってるのを気長に
探して、状態にもよりますが綺麗かったら定価の2/5以下にしてあげたら、
すぐ売れまっせ。お店に売るときは二束三文やから、それ思えば上々や〜♪
[2008/01/18 19:01:11]

お名前 Name: YAMAGUCHI   
だけど奥様の目を甘く見てはいけないという、奥様からの投稿もありましたね!
楽器は売ろうとしても有名ブランドじゃないとと二束三文だったりしてもったいないことも多いですよ。
どなたかウクレレ持ってないお知り合いに預けるとかはいかがでしょう?
[2008/01/18 02:42:03]

お名前 Name: wataru   
tetsu34 さん

こんにちは

欲しいウクレレが見つかってしまったようですね〜
おめでとうございます。

この掲示板でも奥さんに黙って下取りと言う方法でギターをゲットされている方が
結構おられるみたいですが、tetsu34さんも検討されているみたいですね。

私見になりますが愛着のあるものは形がなくなるまでは手元においておいた方がいいですよ〜
ギターで何度も後悔をしました・・・
[2008/01/18 00:18:17]

お名前 Name: tetsu34   
プロMさん
いつもレスありがとうございます。

なにげにukeのレパートリーも増えてきて、楽しいukeライフ送らさせて頂いてます♪

先日渋谷の心男さんでGストリングのテナー眺めてて、これならそっと今のと入れ替えとけば
奥さんに気づかれないかなぁ、と悪い虫が騒いでます(汗)

でも安ukeとはいえ、手作業で加工した楽器って愛着が沸くもんで、手放すのもちょっと・・
と悩んでる今日この頃です。

誰かあたしを引き止めて!!(決して背中押さないで!)
[2008/01/17 23:27:52]

お名前 Name: wataru   
こんにちは

アッキ〜ラ弦は人気がありますね!

ウクレレという楽器は本来はコアだと思うんですが、
マホガニーを定着させたマーティンはすばらしいですね。
20年代は18K・28Kとコアが使われているギターが出てきますし、
ウクレレの製作・研究からフィードバックしている?ような気がしてなりません。
(材料が余ってたから作ったというわけではないと信じたい!!)

5Kがコアならデイジーはマホですよね。
マーティン何世か忘れましたが、マホを奥さんにプレゼントする辺りはさすがですね〜

私ならどっちを送るかな?
考えておきます。
[2008/01/14 21:39:38]

お名前 Name: YAMAGUCHI   
私は逆に昨日Aquila-->Worth(CM)に張り替えました(ウクレレはLuna LS7)
(ちょと古くなったように感じた。ストックがあったためワースを張りましたがAquilaに不満はまったくありません)

サドルは2種類を使い分けてます。
元のサドルはナイロン弦にピッタリあわせこんであったので
ワースを張ると逆にピッチが合いません。
しょうがないので買った店(キワヤさん)でワースにあわせたサドルを
もうひとつ作ってもらいました。(¥3000)

Aquilaは最初ついていたサドルでOKでした。
[2008/01/14 15:30:33]

お名前 Name: プロM   
まいど♪ 

tetsu34 はん、 ウクレレ満喫されてるようでんな(”。。”)
           おっしゃるようにカーボン弦がピッチ正確度からいえば              NO,1 ですが、アキューラもかなり正確でおます。
           カーボンが良すぎると考えて下さいな。細くても質量が
           あり、製品が均一やからピッチが合いやすいんですわ。

           通常の演奏であればなんら問題おまへんが、チューニング
           が落ち着くまでにはカーボンより劣ります(と云うか
           カーボンは伸びないから)
           カーボン張って音が下がるのはヤバイと思って下さいな。  
[2008/01/14 14:14:59]

お名前 Name: tetsu34   
皆さまこんばんわ!

プロMさん
早速レスありがとうございました。
aquilaに換えて実は問題も発生してて、フロロでびったしピッチ調整できたと思ってたのですが
換装後、チト乱れが出てきてて、またサドル調整作業かなぁ、と半ばウンザリ、でもちょっと
楽しみなところです。

安ukeなので、そもそものサドル溝の位置からしていい加減らしく、あたしの特性サドルは
溝幅をはみ出して調整可能という特製サドル(幅広のサドルを万力で挟んで、溝に埋まる部分のみ
ゴシゴシとヤスリがけしてピッタリとはまるように加工してあるだけですが。。)で無理矢理
ピッチを合わせてるという代物です。
まぁ、ある程度伸びきってチューニングが安定するのも時間掛かりそうで、のんびり(これも
uke精神!!)やってきましょ

話し変わりますが、ウクレレスレに賛否両論いろいろ賑やかですが、あたし個人的には
あのカーリーコアの素晴らしい材に気づかされただけでも素晴らしい経験をさせて頂けたと、
とても感謝してます。(何しろこのサイトでウクレレに目覚め、初uke数ヶ月の初心者です!
ここに来てなければ多分一生あのカーリーコアを見ずじまいだったと思います)
素材に関しては、そもそもこのサイトに伺うまで単板と合板の違いくらいしか認識して
なかったようなモノだったので、ウクレレ以前に材に関する様々な皆さまの博識に触れて
興味を深めていたこともあり、martin5KやGストリングス(なんてスラスラ出てくるように
なっちゃいました!!)の輝きにはうっとりです。ウクレレ演奏に興味ない方も、ぜひ
あの材は一見です!
D-28にもコアのサイドバックがあるようで、多少は28繋がりがあるって、無理矢理こじつけ
でしたけど・・
[2008/01/14 01:23:06]

お名前 Name: 投稿削除   
投稿を削除しました。            2008.1.14

お名前 Name: 古都   
あおいそめさん
詳しい解説ありがとうございました。
私は今のところウクレレに興味はないのですが
あくまで、マーチン社の歴史での知識を知りたかったのです
そこで、ギター製作の技術を持ってウクレレを製作したことへは
つまり、ウクレレに朗報であったことは存じていますし
又、デットソン社との技術提携が無ければウクレレもDタイプも無かったと
感じます。

そういった意味で
>ギタ〜とウクレレは切っても切れん関係にあるんや。
は、理解できるのですが

>マーチンギターの音を追求していく過程でマーチンウクレレは
>避けて通れんのがある
こいつについては、全くわからないのです。
当の本人に聞いてみたのですが・・・。

ご存知でしょうか?
[2008/01/14 00:15:20]

お名前 Name: YAMAGUCHI   
あれれ、休憩できるはずのこのスレッドが...
皆さん、とにかく平和に行きましょう。


プロMさん

>pegheds.com 

これは実は以前にWEBでチェックしてました。
現物はみたことありませんが。

ゴトーからはウッドペグもどきのプラのペグが出ているようですが(pegheadのようなギミックなし)御存知ですか。
ハートマンギターで売ってたウクレレ(メーカ失念)についていて、
「あれ、これなんだ?」と思ってお店の人に聞いたら、市販品だというお話でした。

ゴトーの製品情報、WEBからは調べにくいんですよね。

あおいそめさん

詳しいですねー。さすが!

>マーチンはギターの技術と素材でウクレレを作ったのです。

本当につくりがいいと思います。最初ギターみたいに作って失敗して、
シンプル化して成功というのがまたなんとも面白いところです。
現代でもギター作家があまり気合いれて作ると小さいギターみたいになってしまうというお話が、別のスレッドでありました。
一度は通る道なのかも知れませんがくぐりぬけて、歴史的な名器を作ったところが
マーチン社の偉大さなのでしょう。
[2008/01/13 23:19:10]

お名前 Name: あおいそめ   
古都様
たぶん十分にご存知なのだろうと思いますが
割り込ませてください。
マーチンとウクレレの関係。そしてギターとウクレレの関係。
1910年代の後半、
パナマ運河の開通で
アメリか全土にハワイブームが起きます。
ウクレレもおもちゃ感覚の楽器として、
爆発的なブームが起きます。
20年代のマーチンのギター生産台数は、1000−5000台ですが、
ウクレレは年間1万5000台も作られた年もあり、
ギターの片手間の仕事とはいえない生産規模だったようです。
ではギターとウクレレの技術的な関係はというと、
まず、ほとんどおもちゃ感覚でつくられていた、ウクレレに、
マーチンの持つ、ギターの製作精度と技術を導入したことです。
簡単に言えば、ずば抜けたクォリティーのウクレレだったのです。
ブレージング、パーフリング、フレットバーなど、
当時のハワイメードのヌネス、カマカなどとくらべれば、
一目りょうぜんです。
またその多くは、マホガニー製です。
マホガニーは当時積極的に。マーチンがギターに採用しはじめていた素材です。
マーチンはギターの技術と素材でウクレレを作ったのです。
マホガニーでウクレレを作ったことは大きな意味をもちます。
そして、見逃してはいけないことは
1920年代のアメリカは、ハワイアン、カントリー、ジャズなど、
さまざまな音楽が同時多発して、
このウクレレがさまざまなジャンルで使用されたことです。
この時代のマーチンはギターメーカーというより
ウクレレメーカーといったほうがよいのかもしれません。
ちょうどD28が市場に出たころですから。
[2008/01/13 19:44:51]

お名前 Name: 投稿削除   
投稿を削除しました。            2008.1.14

お名前 Name: たまにしか見ないけど   
古都様

>デットソン社と共同開発1915年製造。

ってマーティンがドレッドの原型を開発したのも
同じ時期ですよね

確か12フレットですけど?
これもデットソン社と共同開発で、後に1931にデットソン社倒産

そして1933年に初のD−45

どう関係するんですかね、ギターとUKE

ひょっとして、前調べしてませんか?
古都さんのことですから。
[2008/01/13 18:43:25]

お名前 Name: 投稿削除   
投稿を削除しました。            2008.1.14

お名前 Name: 投稿削除   
投稿を削除しました。            2008.1.14

お名前 Name: プロM   
まいど♪

tetsu34はん・・・・そこに気づかれましたか!(”。。”)!
         その域に到達するのは結構時間がかかるもんなんですわ。

そもそもカーボン弦=釣り糸でおま。お魚を釣るための切れない伸びない
表面ツルツル仕上げの素材ですわ。ウクレレ用に開発されたもんやない
ということですわ。たまたま流用してみたら好結果(ピッチ、サス、音色等)
が得られたけど、反面逆効果も(トップ落ち、ネック反り、ブリッジ剥がれ等)
 生んでますぅ〜
純ハワイアンサウンドからは遠ざかる音色でおま・・・・・・わても最近
それに気づき始め、何本かの弦をGHSやダダリオに戻し、あまりサスを
必要としないハワイアンサウンドを楽しんでますわ(”。。”)
でも、カーボン弦の登場でウクレレメーカーのバリエーションが確実に
ふえたのはウクレレラ〜にとっては嬉しい誤算でんな。
お使いのウクレレの状態に合わせてカーボン弦は選択、または回避が
末永くトラブルの少ないウクレレの弦選びのコツですわ。


一部投稿を削除しました。              2008.1.14

[2008/01/13 17:54:00]

お名前 Name: 古都   
プロMさん
今回は紳士にお伺いいたします。

私はウクレレを所有していませんが
マーチンの歴史や経緯は多少心得ているつもりです
そこで、つたない記憶では
1907年にウクレレ開発
しかし
スプルーストップでXブレーシングを施し
ウクレレらしい音が出せず、評判が良くなかったとのことです。
後、デットソン社と共同開発1915年製造。
現在する1916年から30年代のマーティンウクレレの原型。
そして、カーリーコアとアバロンをふんだんに使用した最高峰5K・・。

今回、その5Kのお話が聞けるそうですが

そこに、過去に言っておられた
>ギタ〜とウクレレは切っても切れん関係にあるんや。
>マーチンギターの音を追求していく過程でマーチンウクレレは
>避けて通れんのがあることもわからん様ではあかんで♪

の経緯が、私にはわかりませんので
お手数ですが、聞かせていただけないでしょうか?。

よろしくお願いいたします。
[2008/01/13 16:54:24]

お名前 Name: 投稿削除   
投稿を削除しました。            2008.1.14

お名前 Name: tetsu34   
皆さまこんばんわ

私の安UKEですが、カーボンからaquilaに交換してみました。
そこでちょっと気になる、というか前々から気になってたんですが、カーボン張って気に入って
た点で、弦の表面がとても滑らかで引っかかりがないことでした。
今回張ったaquilaも含め、ナイロン弦は弦の表面というか断面でみるときれいな円ではなく
筋張ったようないびつなところがあり、爪だけで弾くときは気にならないのですが、指の
腹で弾くと少し引っかかる感じで気になるのですが、皆さまこんな事は感じませんか??

uke初めて数ヶ月ですが、弾きはじめの頃はカーボンでピンピンと堅めの音が気に入って
弾いてましたが、ここに来て皆さまのレスを読むにつれ、ukeらしい、もっとまろやかで温かみ
のある音を求めたくなって、弦を換えてみた次第です。従って指の腹で優しく奏ではじめた
ところが上のような疑問にぶつかっています。

ukeド初心者の質問ですが、是非ご意見をいただければ・・・です!
[2008/01/12 23:35:48]

お名前 Name: wataru   
プロM さん

5Kの話楽しみにしています。
当時はギターもウクレレも同じラインで製作ですよね?
ギターとウクレレの切って切れない仲を楽しみにしています。

荒れそうですね〜
[2008/01/12 20:36:37]

お名前 Name: プロM   
まいど♪


明日、よほどのことがない限り「蘇ったマーチンヴィンテーウクレレ5K」の
スレをどっか〜ん♪と立てさせてもらいますぅ〜(5。。K)
D−45とクロスオーバーしとる処もあったりして・・・・・
永遠の初心者はん、ほか楽しみになあ〜♪


なんせ管理人はんの
>書き込み内容に制約は設けません!
 のお墨付きありますから♪ 水戸黄門の(印。。籠)みたいなもんやで。
[2008/01/12 20:30:04]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

YAMAGUCHIはん、暇な時でかまいまへんので pegheds.com 
を検索してみてくださいな♪ 
おもろいコロンブスの卵的発想のペグが紹介されてますぅ〜♪ 

わても実際にこれを見たときは「あ〜なんやウッドペグか」
なんて思いましたけど 某ショップの店長はんがニヤニヤ
しながら「そう思うでしょ!実はマシンペグなんですよ」と
言われてビックリ仰天(@。。@) マジ凄いですわ(!。。!)
テナ〜 & バリトンサイズにはいけるけど、これが古いソプラノ
サイズのウクレレに使えたら最高なんやけど。
バイオリンペグやとソプラノやコンサートにはちと大きいかな〜(?。。?)

お願い、GOTOはん作ってや〜♪ でも・・・・多分パテントで駄目か(爆)

でも、ええアイデアの製品です、100点あげますわ♪
[2008/01/12 16:26:30]

お名前 Name: wataru   
こんにちは

本日ペグを発注しました。
ゴトー製のUKAです。
カラーはお店のウクレレマスターさんにお任せしました。
お店に届くまで2週間かかるそうですが今から楽しみです!!

ギターは勿論ですがパーツ交換をするとやたらと、そのギターを弾きたくなるんですよね〜
ナットは一年に一度は交換するので、その度に牛骨と象牙と悩みます・・・。
予算で牛骨になりますが象牙の音って良いですよね
色も綺麗だし・・・・。
[2008/01/12 01:26:24]

お名前 Name: wataru   
YAMAGUCHI さん

こんにちは
スレありがとうございます。

20年以上かけて上がりですか・・・
エレキ以外は納得のギターがあるみたいで羨ましい限りです。
良い音のギターは沢山あるけど、自分にぴたりとはまるギターって中々ないんですよね。
美しい女性はいるけど結婚を考えられないと言うのと似てるかな?
変な例えですみません。

私はギターを始めたのが20歳から今10年が経過しようとしていますが、
奥深さから未だに抜け出せないでいます。
ギターを弾いているうちに電気的なことよりも木の振動に惹かれていき、
アコギ・ウクレレに辿り着いたのだと思います。
エレキも所有しておりますが、アンプを通さないで弾く機会が多いいです。
アンプを通さないと、そのギターの特徴がよりわかりやすいとも最近思います。

私自身ギターは下手の横好きですが手にとって弾いていればリラックスできる至福の時を与えてくれます。
だからウクレレに走ったのかな?
話がそれましたがナイロン弦のギターも楽しそうですね。
[2008/01/10 22:31:39]

お名前 Name: YAMAGUCHI   
wataru さん
    
>私はギターもウクレレも大好きです。
>エレキ→フルアコ→アコギ→ウクレレ

私もまさににこの順番で(20年以上かけて)きました!
アコギはナイロン弦ですが。

楽器だけのことを言えば、エレキ以外は一応「上がり」(物欲の限界点)
まで行っちゃいましたね。

ウクレレは上がりがないと皆さん口をそろえておっしゃるので、油断できませんが。

プロMさん

昔のギターもバイオリンもこれですよね。
ウクレレはテンションが低く一番ラクなはずなのに。
修行します。
[2008/01/10 15:40:53]

お名前 Name: プロM   
ま〜(”。。”)〜いど♪

ほんま(平。。和)でええなあ〜♪

わてのフラメンコギタ〜はもちろんウッドペグでおま。
チューニングのコツは「一旦緩めて合わせて行きながらキュッと差し込む感じ」
でやってますぅ〜・・・微妙な調整がしずらいけどな〜・・・でも音はエエですわ。
ヘッドは軽いのに越したことはおまへん。これギタ〜もウクレレも(共。。通)
[2008/01/10 12:19:42]

お名前 Name: YAMAGUCHI   
こっちは平和でいいなあ。
ちょっと休憩させてください。

うちの奴はエボニーのウッドフリクションペグ
チューニングはちょいと厄介です。
バイオリン用のスムーサー塗ったりしてますが、やはり気難しい。
メーターなかったら音を上げて交換したくなるかも。

音はよいような気がするんだけどなあ。
[2008/01/10 02:09:30]

お名前 Name: wataru   
プロM さん

ペグの件ですが詳しい解説ありがとうございます。
白色の艶のある半透明?の物がついています。メーカーは明記されておりません。
やはりペグ交換になりそうですね〜

話は変わりますが
私はギターもウクレレも大好きです。
エレキ→フルアコ→アコギ→ウクレレと言う順に興味を持ちました。
これからも進行していくことでしょう!

特にウクレレはこの掲示板にお世話になってからです。
管理人の染村さんには深くお礼を申し上げます。
素晴らしい場所を提供してくださりありがとうございます。

ただ有意義なはずの掲示板がつまらない書き込みに埋もれていき削除されるのが
一番もったいないと思います。
プロMさんをはじめ書き込みをされる多くの方の情報・ノウハウが蓄積されている掲示板なので
品位を保つ上でもマナーは守らないといけないかな?と思い強い口調で書かせていただきました。
最近のぞく機会が多いので、誹謗・中傷がなおさら気になっておりました。

ウクレレスレで、この板は掲示板の主旨に添わない板かもしれませんが、
マーティンはギターのみではなく、ウクレレにおいても名器を残していると言う事に
ご理解をいただければと思います。

D−28を作ったマーティンと言うメーカーは素晴らしいウクレレも作っていたと
そして「これがそのウクレレだ!」と言えるようなウクレレを探しています。
あともう一本「D−28のスピリットを持ったウクレレがコレだー!」と言えるウクレレも探しています。

トニーライスさんや押尾さんがウクレレを弾いたら皆さん興味を持ちそうですよね?
[2008/01/09 22:40:09]

お名前 Name: プロM   
ま〜いど♪

wataruはん すんまへんなあ〜 ほかのスレでは気分害させてしもて(陳。。謝)


ご質問の件、
>ウクレレのペグって皆こんなもんですかね〜? 
 Yes 50%  No 50% 半々ですわ。

お手持ちのカマカのペグはごっついヤツが付いてるでしょ?
つまみが艶のある白っぽい物とアイボリーぽい物と・・・どちらですかね?
白は どうも韓国製臭い、アイボリーはドイツシャラー製の駄作ペグでおま。

このペグの最大の欠点は ―鼎ぁ´強力なバネが仕込まれてるんで、あとちょっと
のところでキン♪となってチューニングが合わない ちゅう点ですわ。

解消法は素直に ゴトー高級ペグ 又は グローバー高級ペグに交換するのがベスト♪
チューニングが全然楽になるしヘッドも軽くなり音質も向上しますで(”。。”)
特に改造しなくても交換出来るのが嬉しいでおま♪

ただし、グローバーペグでもU部ウクレレに付いてる旧タイプはあまり
お奨めしまへん。

なぜ、カマカやコアロハが性能的に問題あると分っていてもシャラーペグ
を使い続けるかというと在庫が山の様にあるのと仕入れ値が安いんですわ。
∴ 気に入らんときはそっちで交換してや〜 でおしまい♪

>10日位経ちましたが、音にキレと透明感がなくなってきたように・・・・
(初。。耳) (初。。耳) そんなことはおまへんけど・・・・う〜む(X..x)
わては大体2ヶ月〜半年位は張りっぱなし(ローGは別)けど1弦がへたるまでは
音色はイケてますで。

もしかしてwataruはん、温風が当たるところにウクレレ置いてまへんか?
ちょっと他には思いつきまへん。これも(宿。。題)やな。
   
[2008/01/09 21:57:53]

お名前 Name: wataru   
プロM さん

ありがと〜
low−Gの弦を購入次第トライしてみます。
返事が遅れてすみませんでした。

ウクレレを触る時間が増えましたが、触れば触るほどチューナーが気になります。
ギヤー比が悪くてチューニングがギターに比べてギクシャクして全然ダメ・・・
ゴトー製に交換を検討中です。ウクレレのペグって皆こんなもんですかね〜?

それとアキーラの弦ですが10日位経ちましたが、音にキレと透明感がなくなってきたように感じます。
落ち着いてきたと言えば聞こえはいいのですが、これって弦の寿命でしょうか・・・?

購入から一月弱が経ちましたが、木が動くなどのトラブルもなく元気に鳴っています。
ギターはこの時期は気を使うんですよね。
[2008/01/09 20:16:40]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

就寝前のちょいレスでおま。

wataruはん、3弦 は 4弦 の溝に入りまへんで〜(”。。”)
Low−G用ダダリオ巻き弦4弦ライトテンションで 0.71mm = 0.28”でおま♪
Low−Gだから3弦より4弦の方が弦が太くなると錯覚しがちですが、
実際は3弦がいちばん太いんですぅ〜

ちなみに細いカーボンHigh−G4弦が 0.57mm = 0.0224”でおま♪
その差わずか0.14mm!・・・・・ビックリでしょ(!。。!)


結び方は8の字で◎・・・(団。。子)はLow−G巻き弦用の説明でおま。
[2008/01/04 02:01:19]

お名前 Name: wataru   
プロM さん

長い書き込みありがとうございます。

先ほど自分の使ってるウクレレがどのサイズか調べたところ
Kamaka HF−1Dはソプラノサイズと言う事が判明しました。
サイズからするとlow−Gは止めといたほうが良さそうですね。

ナットの幅についてですがlow−Gの弦の太さは分からないのですが、3弦は4弦のナットに入りませんでした。
他のKamakaのウクレレは触ったことがないので分かりませんが、
ナットはシビアに切ってあります。
ナット材がプラスチック?なのが気になるのでどちらにせよ交換する予定です。
その時は昔に使われていた材を選択できればと思います。
ウクレレのナットって牛骨か象牙と思っていました・・・。

弦のこぶの作り方ですが普通に団子なんですね。
私は8の字結びで団子にしていました。遊びがなく抜けなければどちらでもいいのでしょうか?

ウクレレ増殖病にはかかりたくないけどソプラノ以上のサイズが一本あると重宝しそうですね。
high−Gのソドミラの音を聞いてるだけでも癒されます。
曲を弾かなくても癒されるウクレレの音はすばらしい!

ギターとウクレレのはっきりとした違いはこの辺にあるのかな?
[2008/01/04 00:57:24]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

wataruはん 今年も宜しく〜 

ご質問の件 さっそく行ってみましょうかね(”・・”)

>low−Gの場合はナットとサドルに手を加えないとダメだと思いますが・・・
 これはウクレレによりけりでんな。すんなり入るヤツと手をチト加えんとダメな
 ヤツがおます。近年のカマカを何本か張り換えしてますけど、どれもすんなり入
 りましたで〜♪ それよりもlow−Gにするウクレレのサイズがソプラノか
 コンサート及びそれ以上かがずっとずっと(大。。事)でおま。
 high−Gでエエ音しとるウクレレをlow−Gしたら4弦だけの音が浮いて
 ガンガンビンビンゴンゴンした耳障りになるのが多いのが近年のソプラノですわ。
 おまけに弦がちょっと古くなるとボンボンした暗い音になってしまいますぅ〜
 そうなるとソプラノのいちばんの持ち味(カラッコロ♪)を殺しちゃいまっせ。
 わてはそういう理由でコンサートサイズ以上にlow−Gを勧めてます♪
 中にはマーチンオールドみたいにソプラノでも十分にlow−Gでいける
 ウクレレもおますけど・・・・・

 wataru はん、色々書いてますが あんまり気にせんでとりあえずクラシック
4弦を1本買ってきて(ダダリオ・オーガスチン等)張ってみて音出しして
ご自分のウクレレがどう変化するか試してみるのがいちばんですわ。


(付。。録)   その1:巻き弦の綺麗な結び玉の作り方教えますわ♪
      用意するもの:  ・普通の先頭ペンチ ・先曲がり先頭ペンチ

,泙塞當未離錺奪を作り、指で引っ張り結び玉を5mm位にする
結び玉の端を先曲がり先頭ペンチで軽くつまむ(ペンチ方向は左曲がり)
先曲がり先頭ペンチの右端に出た弦を普通の先頭ペンチでつまみ、
 先曲がり先頭ペンチの曲がった部分付近をテコにしてぎゅーっと絞ると
 小さく結び玉が出来まっせ♪ 結び玉の遊びがあるとセットし難いし、
 いつまで経ってもチューニングが安定しまへんで。


>ヴィンテージのカマカはナット・サドルで何が使われているのでしょうか?
 カマカの工場で見せてくれた古〜いのは共にエボニーやコアが、古いのは
 サドルが骨がありましたけど、手に入る材料で適当が基本でしょうな。
 ちなみにマーチンオールドの上ナットは真っ黒エボニーが標準仕様でおま。


(付。。録) その2:ウクレレ買いたくても買えん時のストレス発散方法♪
       high−G  ⇔ low−G にするだけで別のウクレレ買った
       くらい雰囲気変わって楽しめまっせ(”。。”)
 

shinfujiさんもウクレレ大好きなお方です(@。。@)
この方のVGコアウクレレは名器でっせ♪
ええ材(コア柾目)エエ作り込み(川上氏)ええ〜音(まるでマーチン)しまっせ〜♪


>弦の種類なんですがカーボンとナイロンの2種類があるのでしょうか?
>アキーラはカーボン?そんなこともわかりません。
 黒は炭素の含有量で堅さが決まりまっせ。一般的な弦で言うと
 GHS → カマカ → ダダリオ → ヒロ の順でおま。
 ナイロンは 一般的には透明/半透明/色付きの3タイプでおま。
 アキーラ弦の最大の特徴は比類無きそのヌケの良い澄んだ音質にあります。
 が、最大の欠点は張ってみないとそれが吉と出るか凶と出るか全然わからん
 ところでおます・・・・・だからウクレレは奥が深いとも言えますな♪
 
   


 
[2008/01/03 23:53:48]

お名前 Name: wataru   
永遠の初心者さん

サイトの情報ありがとうございます。
ウクレレを科学するとすごい事になるんですね。
ギターは科学して徹底的にやって欲しいけどウクレレの場合はやらないで〜
と叫んでしまいそうです。

現在ウクレレ初心者なのでhigh−Gで使っていますが、ギターと同じように弾ける
low−Gに興味が出てきています。
ウクレレ本来の・・・と言う事であればhigh−Gだと思うのですが、
ソロもやりたいと言う事で迷っています。

low−Gの場合はナットとサドルに手を加えないとダメだと思いますが、
low−Gのセットアップでhigh−Gを弾くと音がぶれそうですよね・・・。
ナット・サドルはプラスチック?見たいな物が使われているのですが、
ヴィンテージのカマカはナット・サドルで何が使われているのでしょうか?
興味があります。low-Gに調整する時に材料が手に入るのであれば、
その材料で新しく作ってもらおうと思います。

同じウクレレでhigh−Gとlow−Gの2本あると便利ですね〜
それが増える原因かな・・・?
[2008/01/03 21:06:51]

お名前 Name: 永遠の初心者   
wataruさま、はじめまして<(_ _)>

初心者のくせに差し出がましい様ですが…
Aquila=NYLGUT弦は人造ガット弦らしいです。
で、Worth Stringsがフロロカーボン。

shinfujiさんと仰る方の「Ukuleleな研究」に
詳しい事が書いてありますので、ご参考までにURL貼っておきます。

http://www.geocities.jp/shinfuji_jp/kenkyuu.html
[2007/12/31 11:54:41]

お名前 Name: wataru   
皆様

こんにちは
私がウクレレに興味を持つきっかけになったのがジェイクさんでした。
ジェイクさんのウクレレはインパクトありました〜
上手いのもそうですが弾いてる笑顔がカッコよかった。
楽しそうで全身で音楽を表現してるんですよね。

最近ウクレレのスレッドも多く立っていて、
書き込みの内容が結構勉強になっています。

弦の種類なんですがカーボンとナイロンの2種類があるのでしょうか?
アキーラはカーボン?そんなこともわかりません。
知っている方ご教授願います。

champさん
来年はウクレレをどこかで触れればいいですね。
きっとギターとは違う発見があることと思います。
その瞬間が訪れることを楽しみにしています。
[2007/12/31 11:39:28]

お名前 Name: CHAMP   
wataru さま、皆様おはようございます。

>ウクレレはおもちゃみたいな楽器だと思っていましたが、

私もウクレレに対して似たような認識でしたが(恥ずかしいです)、
このHPで皆さんの書き込みを読ませていただくうちに、とても興味が湧いてきました。
来年は是非手にとってみたいと思っています。
どうかその節にはまたいろいろとご教授下さい。

プロMさんを質問攻めにしちゃうかも・・・です。
どうぞよろしくお願いします。
[2007/12/31 08:12:24]

お名前 Name: tesu34   
wataruさん
プロMさん
みなさん
おはようさんです

昨日、1月発売予定の押尾のニューアルバムが早くも手元に届きました。
初回限定のDVD付きで、いきなり押尾がハワイでウクレレ持って登場です。
オールマホのソプラノで、ヘッドに花のインレイがはいってて、ナカナカです。

押尾はギターですがジェイクと「In MY Life」をデュオでやってるのが泣かせます。
ジェイクのはKAMAKAのテナー(多分、サイズから言ったらバリトンかも・・)で
スロッテドのきれいなコアでした。

ところであたしの安ukeですが、前のスレでプロMさんが、ビンテージのマーチンは
皆リバイバルの5Kみたいなグロス仕上げなどして無くて、使い込んでぴかぴかになってる
という言葉に触発されて、ナチュラルフィニッシュだったコアの表面に磨きをかけちゃいました。
結果は・・ ちょうど極薄のラッカーをウレタン無しでかけたみたいに、材の表面の凹凸
はそのままでツヤツヤぴかぴかになりました!!
磨く前にたっぷりWAXをかけたからか、色目も少し濃くなって、カーリーコアのような
木目に対して横向きの縞模様が浮き出てきて、見た目値段3倍・・と本人評価してますぅ

表面のしまりが良くなったからか(←勝手なひいき目です)カーボン張った音も心なし
サスティーンが効いたボリュームのある音に変わってきたような気もしてます。
プロMさん風に(大。成。功。)\○/
[2007/12/31 07:31:22]

お名前 Name: wataru   
ウクレレはおもちゃみたいな楽器だと思っていましたが、
触れば触るほど奥が深いと言う事に気づいた次第です。
ギターの弦同様にウクレレに多くのメーカーがあるので、
あれこれ試してみたいと思います。

ギター増殖病はすでにこの掲示板でも書かれていますが、
ウクレレ増殖病もありそうですね・・・。
コアの次はマホ・・・・そしてソプラノ・テナーなど・・・。
カマカの次は他のメーカなど・・
とても危険だ〜楽しいけど「はまる」と
その小ささから一気に数が増えそうですね。

楽器屋さんに行ってギターとウクレレの2度おいしいと言う事も
喜びです。
[2007/12/29 23:05:22]

お名前 Name: あおいそめ   
WATARUSAさま
カマカとAQUIRAの組み合わせで、使っていますが、
正直言って、ベストマッチングかどうかわかりません。
1台のウクレレに同時に何種類もの弦を張って、テストしないと、
どうも私のように、音に対しての感性に乏しいウクレレ好きにとっては、
よう分からんのです。
ただ印象としては、
ナイロン弦に比べて、、やや金属的というか甲高いといった感じをもっています。
ま、自分的にはメリハリがあると、思い込んで
メロディー重視のウクに使うようにしています。
カマカは基本的には、コードを楽しむ
ほのぼのウクだと思っていますので、
歌の伴奏にはナイロン系が向きそうです。
ナイガットはある期間使用すると
ナイロンに比べて、急激に消耗するようです。
ベストマッチングを探して
ウロウロするのも
ウクレレの楽しみの1つだと思っています。
[2007/12/28 06:27:45]

お名前 Name: おやぢ   
wataruさん

購入おめでとう御座います。
私もプロMさんや皆さんのアドバイスで今年ウクレレラーの仲間入りをさせて頂きました。
おっしゃるとおり、本当になごみます。
それに、手軽が一番、ベッドに寝っ転がっても弾けますモンね・・・・
ウクレレに関してはこのスレも穏やかな方も多いしホンワカ気分に浸っています。

弦に関してはAquilaも購入済みですが、まだ試してしないのでインプレは控えさせて
頂きますがそのへんは諸先輩方の意見を参考にして下さいませ。
私は音程重視でWorthのフロロカーボン弦を張っていますが結構満足です。

楽しいお正月、楽しい平成二十年になるといいですね。
チョィ早いけど良いお年を・・・
[2007/12/27 23:40:00]

お名前 Name: wataru   
プロMさん

お久しぶりです。Aquilaの弦張ってみました。
結果は良かったです。透明感が増して最初の弦のデッドポイントが消えていました。
そのうちにお薦めの弦を張ってみたいと思います。

ウクレレを買ってから、その手軽さにギターを触る時間が減ったような・・・・
TV見ててもウクレレ抱えてる状態です。
ウクレレ中毒進行中かな?
楽しい正月になりそうです。
[2007/12/27 22:47:29]

お名前 Name: プロM   
まいど♪ 

wataruはん、 いちばんに喰いつかせていただきますわ〜(”。。”)

>KAMAKAにやられました・・・・ でも嬉しい(撃。。沈)でしょ? 


KAMAKAにAquila弦は・・・(一。。言)で言うと一発勝負ですわ! 
張ってみないとわかりまへん。個体差で合う合わんが最も激しく出るのが
この組み合わせなんですわ、わてはそういう点から一般的にはお奨めしまへん。

KAMAKA自体、ハワイア〜ン♪のポコシャカ歯切れのええカッテイング
サウンドが持ち味で、クリヤーなサステイーンの効いた音を目指して作られた
ウクレレやおまへんので・・・・Aquilaはあまりお奨めしてまへん。
わてなら GHS ダダリオ あたりの無難な弦で無難なハワイアンサウンド
を楽しみたいですぅ〜♪ ・・・・なにしろその手の音ならKAMAKAは
群を抜いてますわ。

ついでに・・・カーボンはダメでした♪ 人のKAMAKA数本に張って
みたけどダメで戻し・・・・・弦代自己負担になってしまいまって(爆!!)
テストしたのは近年のカマカですわ。 

ところが、神戸ウクレレ重鎮の岩本さんのオールドカマカもカーボン弦
・・・・それはよかったで〜♪
[2007/12/27 18:11:40]

お名前 Name: wataru   
皆様

お久しぶりです。
先日クリスマスの日にウクレレを購入しました。

ギターの点検で楽器店に行ったのですが、
結果として持ち帰ってしまいました。

ウクレレも所有するならマーティンかなと考えていましたが、
KAMAKAにやられました。撃沈です。
型番はHF−1Dで、オールコアの音色はまさしくハワイアン〜

家で弾いてみて想像以上の音の大きさに驚いています。
これからCEMIでも使いながら楽しんで行きたいと思います。

PS
弦についてですがAquilaという弦をつけてもらったんですが、
イタリア製なんですよね。ハワイにイタリア少しミスマッチな印象を
覚えますが使われているかたっていらっしゃいますか?
これから弦も色々と試してみたいと思います。

楽しい意見をお待ちしています!!
[2007/12/27 17:26:36]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る