記事タイトル:ペグ交換ついて 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: yoshida   
ギター製作家の志賀鉄三さんのHPに各社オープンバックペグの比較

http://www.t-shiga.com/sub1-3-34.htm

が掲載されていますので 参考にされたら如何でしょうか。
[2003/03/17 18:51:00]

お名前 Name: アコキング。   
シャーラーにも、GOTOHやWAVERYと同じ形状のペグがあることを発見しました(値
段はゴールドでジャスト1万円です)。そして驚いたことに、つまみがグローバースタイルの
M6も載っていました。早速買って現行グローバーと交換しようと思っています。ウェーバリ
ーは高すぎます…。

またどういう訳か、両方ともメーカーのページには載っておらず、輸入代理店のページで発見
しました。

http://www.kawai.co.jp/schaller/part1.html
[2003/03/17 18:40:28]

お名前 Name: gaku   
GOTOHの510及び数字の後ろにXが付いているシリーズは、
精度などが全くの別格の出来で内田ギターを始め個人手工作家が
標準として使っている優れものです。(しかも比較的安い(笑))
スロッテドヘッド用も有ります。
[2003/03/17 10:31:23]

お名前 Name: yoshida   
GOTOのMartin OEMは評判悪いみたいですが 新しいGOTOブランドのSD-700xシリーズは
品質が全然違うそうです。ウエバリーより値段も安く入手しやすいみたいです。
私も今度試して見ようと思っています。
[2003/03/16 20:59:21]

お名前 Name: NORMAN   
こんにちは、みなみさん

私もD−42、OM−28Vのゴトー製マーチンブランドペグをウェーバリーに交換しました。
ゴトー製は最初はいいんですが、弦を緩める時にガクッとトルクがなくなる感じが嫌で交換
しました。

さて交換についてですが、マーチンブランドゴトー製ペグと、ウェーバリーは取り付け寸法
同じです。
ですから木部に加工は必要ありません。ただ交換時に一つだけ注意することがあります。
純正のブッシュをはずす時にペグヘッドの裏から押すのではなく、表側から、ペンチで引き
ゆっくりと抜いてください。
裏から押すと、化粧板の塗装、最悪角の木部がめくれてしまいます。

あとはウェーバリーのブッシュを手でギュッと押し込んでネジでペグを取り付ければ完了です。
ネジも純正はプラス、ウェーバリーはマイナスですがどちらも装着可です。

ウェーバリーの弦ポストは純正よりほんの少し短いですが、弦の巻き数で解決できます。

音の違いは私にはわかりません。
しかしあのジワーっとくる感じはいいです。
一番の違いはギアですね。ゴトー製はギアとウォーム軸が同じ硬さなので、双方がケンカして
ガタが出ますが、ウェーバリーのはギアのほうが柔らかく(真鍮製だと推測します)ウォーム軸
に対してなじむようになってます。
なぜゴトーも同じようにしないのかが疑問です。まさかパテントでおさえてあるとは思えない
し、第一パテントも切れているはずですしね。

入手はアメリカの Stewart-MacDonald が安いと思います。
税金・送料で今の為替でも国内価格よりお徳では?
[2003/03/16 19:56:44]

お名前 Name: みなみ   
またまたスレを立ててしまいました。すいません。
ところで、ビンテージシリーズのペグなんですれけど、イマイチ合わせ難いし、狂いやすいのです。ここのHPで情報を検索したら、ウェバリーのペグが良いと有りました
が、単純に付け替えは出来るのでしょうか?また傷痕やもともと付いていたペグの後
など残らないのでしょうか?
D−45垢任后今はGOTOH製が付いていると思います。
寸法などを測りたいのですが、ただ今クレーム修理中の為、手元にありません。
すいませんが教えて下さい。
[2003/03/16 19:24:44]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る