記事タイトル:Jacaranda 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: 家具屋   
やはり皆様ローズウッドがお好きなようですね。

発酵と香りの因果関係は分りませんが、バラの香りのしないローズウッドもたくさんありますよ。
ココボロや紫檀はある種の刺激臭はあるのですが、バラとはちょっと違います。
逆に強烈なのはチューリップウッド、バラを通り越して安物の香水かキャンディーのようです。
キングウッドはとても上品な香りで「これこそローズウッド!」という感じなのですが。

まぁ、厳密なものではないようで、Dalbergia属である、濃色で縞模様がある、4鼎す瓩蠅する、
の、どれかに該当すればローズウッドと呼んでも差し支えないような感じになっていますね。

ブビンガをローズウッドと呼ぶ方もおられるみたいなんですが、いくらなんでも行き過ぎ。
製材すれば判りますが、これは香りと呼べる代物ではない、、、悪臭です。
とても身体に悪そうな危険な臭いです。因みにブラックウッドは仄かにドブ臭いです。(笑)
[2006/10/22 14:44:36]

お名前 Name: ビンゴ   
皆様、こんにちは。

ローズウッドの香りとバニラの香り、確かに共通するものがあります。
でも、バニラは豆科の植物ではなく、ランか何かの花の種をサヤごと発酵させた
ものだったと思います。バニラビーンズという言い方が紛らわしいのですネ。

この「発酵」が両者の匂い(香り)に関係しているのではないかと思っています。
失礼しました。
[2006/10/22 12:52:50]

お名前 Name: nekomura   
>> ”ローズウッドとは、特定の科の樹種につけられた名前ではなく、
>>木材商業上、バラの香りを有している木材につけられた総称です。

わたしは昔からバラというよりバニラに似てると思ってたんですよ。
バニラも豆科ですよね。
[2006/10/20 16:39:44]

お名前 Name: tetsu34   
yahooのgiocitiesをプラプラ見ていたらこんな記載がありました。
すげぇ奥が深そうでんな。

以下、そのまま引用です。

 ”ローズウッドとは、特定の科の樹種につけられた名前ではなく、
木材商業上、バラの香りを有している木材につけられた総称です。
欧米においても古くから家具などに珍重されています。
 そんなことで、この名で取り引きされる木は、8科20属にまたがり、
約35樹種あります。その中では、マメ科のDalbergia属が主です。

 主なものを挙げてみますと、
中南米では、
 1 Dalbergia nigra マメ科 ブラジリアン ローズウッド Jacaranda、Palisander、
ブラジルバイア州からリオデジャネイロの降雨林に分布。材は、紫色を帯びた黒褐色で、
不均一な縞状。永続性のある芳香がある。
 2 Dalbergia retusa マメ科 ココボロ Cocobola 中米の西海岸に分布。
材は、黄色から赤色で種種の色が混在。強い匂いがある。
 3 Dalbergia stevensonii マメ科 ホンジュラスローズウッド 中米ベリーズのみに産する。
材は、桃褐色から紫色。芳香は早く消える。

熱帯アジアでは、シタン(紫檀)と呼ばれるものもあり、主なものは
 1 Dalbergia latifolia マメ科 イーストインドローズウッド Bombay Blackwood
 インドとジャワに産する。材は、褐色、紫色、黒紫色が縞をなす。バラの香りがある。
 2 Dalbergia sisso マメ科 シッソーシタン
 3 Dalbergia cochinchinensis マメ科 シタン Payung 材は暗紫褐色。

 Dalbergia latifolia などは、湿性チーク林の内、排水の良い川沿いに生えますが、
ビルマやインドでは、かなり造林がされています。

アフリカでは、
 1 Dalbergia baroni マメ科 マダガスカルローズウッド 
 2 Pterocarpus erinaceus  マメ科 アフリカローズウッド

なお、インターネットに関連するページ(1部画像あり)があります。

ローズウッド http://craftcosmos.cool.ne.jp/wood/rosewood.html
シタン http://www.aa.aeonnet.ne.jp/~hideki/guitar/wood/rosewood.html
外材、広葉樹、ローズウッド http://www.jawic.or.jp/main.pl?main=soudan ”

ということでした。
[2006/10/19 09:25:24]

お名前 Name: nammy   
アフリカのサバンナにたくさん生えてる樹ですよね。
大木になると、樹冠が平らになるのが特徴的です。
私は若いころからアフリカにあこがれていまして、
初めてケニアを訪れたとき、空港からこの樹が見えて、
不覚にも感動のあまりウルウルしてしまいました。
ジャカランダは、私にとってはアフリカの樹です。
[2006/10/19 00:45:25]

お名前 Name: 家具屋   
>植木屋で発見したとき、大事に育てていつかは・・・

その木が立派に成長してギターが作れる大きさになった頃には、
この掲示板をご覧の皆様全員、鬼籍に入っておられると思います。(笑)
”林業は100年の大計”と申しますね。
しかし花ならそれほど待つ必要はありません。
人気のある樹種ですので大切に育てて下さい。
[2006/10/19 00:17:50]

お名前 Name: ガメラ   
レスありがとうございます。
植木屋で発見したとき、大事に育てていつかは・・・
なんて妄想を頂いてました。
冷静に考えれば輸入禁止に指定されている幼木が数千円で購入
出来るわけないですよね。
確かにギター好きのエゴでした。

思い込みとははすばらしい。
一時の夢をありがとう・・・ジャカランダ君。

間違いは残念でしたが、愛着がわいてきました。
大切に育てて、いつか咲くであろう紫色の花を楽しみにしてます。

もし綺麗な花を咲かせてくれたら、ギターでも弾きながら鑑賞します。

皆様、ご親切なレスありがとうございました。
[2006/10/18 23:19:44]

お名前 Name: YAMAY   
皆様こんにちは
LAのハリウッド付近の街路樹はハカランダですよ。紫色の花がきれいです。
でも切ってもギターの材料にできる太さのものはほとんどないと思いますけれど。
[2006/10/18 22:04:59]

お名前 Name: ビンゴ   
皆様、こんにちは。
街路樹がブラジリアンローズウッドだったら、ホントに良いんですけどネ〜!
私も以前、同じようなことを考えました。
[2006/10/18 21:55:17]

お名前 Name: 家具屋   
これはキリモドキですね。植物園に行けば結構見る機会があると思いますし、
街路樹でもたまに見かけます。園芸好きな方にお尋ねになればよくご存知だと思いますよ。
因みに私にとってジャカランダと言えばどうしてもこちらが思い浮かびます。
紛らわしいと感じるのはギター好きのエゴでしょうか?(笑)
[2006/10/18 21:51:48]

お名前 Name: カブ   
大変失礼いたしました。
私の見たジャカランダも貴殿の園芸種かも知れません。
学名はdalbergia nigar で似てもにつきもしない名前
なのですが。
私も別物をハカランダだと思いこんでいたようです。
参考までに
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/hiromi-ishii/contents/music/musium/wood1.html#jaca
既に見ているかも知れませんか。
[2006/10/18 21:16:22]

お名前 Name: ガメラ   
レスありがとうございます。
しかし紛らわしいネーミングですね。
[2006/10/18 20:47:13]

お名前 Name: カブ   
初めまして。
私が初めて本物の木を見たのが
シドニーの町中の街路樹でした。
紫色の綺麗な花が咲いていました。
桐の花の色によく似ています。
人工的に植林したハカランダは結構そこらに
有るようです。日本ではまだ見ていませんが
植林は可能だと思いますが。
あくまで私の私感です。
[2006/10/18 20:45:10]

お名前 Name: てっぱん   
ギターのハカランダはマメ科、園芸のジャカランダはノウゼンカヅラ科で、別物です
との事らしいですよ(^^;
[2006/10/18 19:01:56]

お名前 Name: ガメラ    URL
かなりズレたスレになります。
申し訳ございません。

先日、偶然近所の植木屋さんに行ったとき
『Jacaranda』の鉢なるが売ってました。

これはっ・・これがハカランダか!!!!
初めて見るぞ
って感じで興奮してしまい即購入。

しかし帰宅後ネットで検索したら別物?でした。
私が購入した植物はURLをご参照下さい。

珍しい名前なのにカブってるんですかね?
どなたか詳しい方ご教授願えませんでしょうか?
[2006/10/18 17:25:42]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る