記事タイトル:勝手にD−35 ROOM 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: サンゴーケンジ   
イーグル様、ありがとうございます。
やはり、弾いてみないことには分かりませんよね。
御茶ノ水あたりに結構ありそうなので、機会があれば
試奏してみたいと思います。
でも、やはり値段は高いですね。
[2006/07/23 14:12:35]

お名前 Name: イーグル   
何本か弾いた印象では
極端に言うと35と76は
18と18GEくらい違います。
違うのはGEほどではない適度な膨らみ感と音の豪華さでしょうか。
個人的には人気がないのが不思議なくらいお買い得でいいギターだと思います。
[2006/07/22 20:47:22]

お名前 Name: サンゴーケンジ   
アコキング。様、ありがとうございます。

早速website見てみました。(というか見てます!)
すごいサイトですね! D76が、こんなに出回っているとは以外でした。
「3ピースバックのD−35を基に、45グレードの材を使用して作った
モデル」とありましたが、ネックバインディングは28タイプなんですね?
ポジションマークも多いし。う〜ん、ますます興味がわいてきました。
どんな音なんでしょ?

とりあえず私はこれからサイトに戻って30本以上あるD35の写真を
すべてクリックするつもりです。(笑)
ではまた!
[2006/07/21 00:07:55]

お名前 Name: アコキング。   
>サンゴーケンジ様

D−76はD−45の材を使って製造されたという触れ込みで、
75年と76年に1976本も作られたギターです。
製造本数が多いのでよく見かけますよ。

http://www.j-guitar.com/sp/sea/acg.html

上記サイトで
MARTIN、フラットトップ、ナチュラル、ローズウッド、1970年代、30万以上
で検索してみて下さい。安いもので30万弱、9本以上も出てきますよ。
押尾コータロー氏のサイン入りというものだけホールドされてますが。
[2006/07/20 23:13:21]

お名前 Name: サンゴーケンジ   
皆様、こんばんわ。毎度書き込みありがとうございます。
ところで、ついさっき、あるサイトでD76(建国200周年記念モデル)
の写真を見て驚きました。なんと3ピースバックではありませんか!
お恥ずかしい話ですが、まったく知りませんでした。

となると、D35好きの私としては、その音が気になります。
どなたかD76お持ちの方、また弾いた事のある方、どんな感じの
音なのか、教えてください。やはり28よりは、35に近いのでしょうか?

それと、2週間くらい前に新大久保のK楽器で、D76の復刻版?が
売っていました。これは、オリジナルと同じ仕様なのでしょうか?

D76というのはめったに見かけないので、試奏も難しそうですよね。
[2006/07/20 21:17:46]

お名前 Name: ビンゴ   
こんにちは、やす様。
そーなんです、やす様の投稿を見て、友人の35を思い出しました。
白のコーディネイトっていう感じで、好きな組み合わせでした。
[2006/07/20 16:17:24]

お名前 Name: やす   
サンゴーケンジ様
プレーンホワイトを購入した店の店員さんは、21等で使うもの、と言っていました。
でも、ネットでざっと見ましたら、スタイル21は白ドットの黒ピンでした。
燹??瓩噺世思いです。街場に出たついでに、老舗で買ったので、店員さんも
しっかりしていると思うのですが…。詳細は、どなた様かの書き込みを待ちたいと
思います。

ビンゴ様
あなた様に「似合う。」と言われると、とても嬉しいです。
[2006/07/20 11:18:25]

お名前 Name: ビンゴ   
こんばんは、サンゴーケンジ様。
黒ドットのない白ピン、どんなモデルに使われていたかは分かりません。
けれども、スタイル35には似合うと思っています。黒ドット白ピンは
スタイル28、黒ピンはスタイル18。スタイル40以上はアバロンドット
の白。スタイル21は28と同じだったかな…?良く覚えていません。
で、スタイル35の特徴と言えば、ネックバインディングの白セルですが、
この白せるにホワイトピンが合うんです。イヤ、単に私の好みですが…。
友人がD35を持っていまして、アイボロイド製の白ピンに換えたのですが
それがとてもよく似合っていたものですから。失礼しました。
[2006/07/19 22:07:20]

お名前 Name: サンゴーケンジ   
ビンゴさん、ありがとうございました。
「マイカルタ」という名称ははじめて聞きました。
webで調べたら、ナイフの柄などにも使われている素材なんですね。
この色は経年変化によるものなのですか。
おっしゃるように、茶色がちょっとヴィンテージっぽくて、私も
気に入っています。

ところで、やすさんが交換した、黒ドットの無い「プレーンホワイト」
のピンというのは、昔のマーティンに純正で使われていた時期(機種)
があったのでしょうか? 気になります。
[2006/07/19 18:29:08]

お名前 Name: Rikki   
>ところで、「タスク」は日本製ですか?
>また、日本の楽器店に売っているものですか? 
>教えてください。

 インターネットでしらべると代理店などがつかめます。
 ヤフオクでも時々業者が新品をだしてます。
 自分もそこで買いました。
 タスクのピンはすこし口径が細いかもしれません。でも問題ありませんでしたが。
[2006/07/19 08:09:22]

お名前 Name: ビンゴ   
サンゴーケンジ様、初めまして。
茶色っぽいサドルですが、87年頃ならマイカルタという素材だと思います。
マイカルタとは紙や木材や布地を樹脂で浸したものを圧力をかけて固めたもの
ですが、マーチン社のマイカルタが、どういうものかは不明です。おそらく
ペーパーマイカルタではないかと思うのですが…。
経年変化で茶色っぽくなりますね。味があって、どちらかと言えば好きな素材です。
削ると樹脂特有の芳香があります。
また、タスクは外国製だったと思います。素材は企業秘密らしく、よく分かりません。
私も試してみましたが、宣伝ほどの効果があるのかは、半信半疑でいます。しっかり
フィッティングしてあるなら、牛骨で十分な気がします。
[2006/07/19 02:43:01]

お名前 Name: グリコです。   
ご存知の方もおられるかと思いますが、象牙ブリッジピンのカスタム品を専門に
作っておられる「でーよんごう」というショップがあります。
アコマガVOL22(?)にも出ていました。
どうでしょう。究極ですよ。

http://homepage2.nifty.com/D45/
[2006/07/18 21:53:07]

お名前 Name: やす   
帰宅してパソコンを開くと、皆さんのレスが付いていて、トピ主様ならずとも嬉しく
思います。

ところで、私の交換したブリッジピンですが、マーチン純正で1,050円でした。黒の
ドットがない、「プレーンホワイト」というものでした。ドットつきのものは在庫が
たまたまなく、取り寄せになるとのことでした。家族で街場に出たついでに店に寄っ
たので、とにかく買いました。2,000円だと、貝のドットが入ったものもありましたが、
なんか、恥ずかしかったので(これって、40番台のものですよね?)シンプルな方を
選んだわけです。

ピンを交換して、当然弦も新品に変えたので(弦はダダリオの700円くらいのやつ
です。)箱鳴りもさることながら、弦鳴りがとても気持ちよく聞こえます。それで、
牴鴇譴任盞觜縮弔襪發鵑世福帖瓩亡響曚変わっています。もちろん、冬場の音
には敵いませんが。

皆さんの意見を読みながら、考えたのですが、夏場は金属製のものに変えたら、少
しクリアーな感じになるかな?と感じました。誰か、季節によってブリッジピンを
変えてらっしゃる方いますか?もしいたら、その感想はいかがですか?

最後にサンゴーケンジ様、上記一連の交換で、低音のサス、音量とも大きくなった
のですが、35でこれなので、28はいったいどんな低音なのだろうと、素朴に思
ってしまいました。私には低音はこれで十分、(というか、やっぱり1弦の音をも
う少し大きくしたいな、なんて思ってます。)ある意味、35が、いわゆる日本の
フォークシンガーが好んで使う、という事実を再認識したような気がするのですが。
[2006/07/18 21:42:39]

お名前 Name: サンゴーケンジ   
Thumbさん、貴重な情報ありがとうございました。
Website見たところ、さすがにブラスタイプはゴツイですね。

私の35は、サドルが白ではなく、茶色で、高さが低いタイプです。
(木製のように見えるのですが、材質は何でしょう? 87年製ですが、
オリジナルですかね?)
なので、「GA96」は、雰囲気的に合う感じがします。

Rikkiさん、ありがとうございます。
ところで、「タスク」は日本製ですか?
また、日本の楽器店に売っているものですか? 
教えてください。

それにしてもピンだけで、こんなに種類があるとは知りませんでした。
たかがピンですが、ルックスや音に影響すると思うと、悩むな〜。
[2006/07/18 18:16:36]

お名前 Name: Thumb   
Elderly Instruments のブラスピンの商品紹介にあるとおり、ピンをブラスに代えると
確かにサスティーンが伸びます。理由はわかりませんが・・・

http://elderly.com/accessories/items/TPIN-TRADPEARL.htm

音が少し金属的になったことと、残響音が邪魔に感じたため、今では牛骨を愛用しています。

http://elderly.com/accessories/items/GA96.htm

現物のドットは写真で見るほど赤くなく焦げ茶色ですが、ピックガードを
Tor-Tis 鼈甲柄に代えたので、ルックスもすごく気に入っております。
[2006/07/18 13:02:32]

お名前 Name: Rikki   
過去スレでもピンやナットなどの交換の話題あります。

自分はやはりオリジナルのピンが曲がったのでタスクのピンに交換しました。
エボニー製より硬いので、幾分音質が硬くなりサステインも伸びたような気がします。

金属製(ブラス?)のピンは使ったことありませんが、もっと硬い音になるかもしれません。
[2006/07/18 11:47:47]

お名前 Name: サンゴーケンジ   
やすさん、毎度ありがとうございます。
私は、「さん」でも「ちゃん」でも結構なので、お気になさらずに。

ところで、ブリッジピンを交換したとのことですが、実は私のも、オリジナル
だと思うのですが、ピンが少し曲がってきていて、差込みもややゆるいので、
新品に交換しようかな...と考えていたところです。
やすさんはどんなタイプに交換しましたか?
マーティン純正ですか?(28タイプと35タイプは見た目一緒ですよね?)
それとも他のメーカーですか? ぜひ教えてください。
ひょっとして交換したら私の35もサスティーンが伸びるのでは?
などとちょっと期待してしまいます。(甘いかな...)

あと、ブリッジピンの材質って色々あるのでしょうか?
今までピンを替えたことがないので、知っている方がいたらご教授を!
[2006/07/17 23:46:06]

お名前 Name: やす   
サンゴーケンジ様

うっかり、「さん」付けで前レス書き込んでいました。私、原則としてこの掲示板では
「様」と記すようにしていたのですが、はかなくも原則から逸脱してしまいました。
(理由はお察しください。(照笑))

改めて、サンゴーケンジ様

>いい音(というかギター本来のポテンシャル)を出すためには、それなりの
工夫と努力が必要だと感じています。

同感しております。演奏者側で楽器のクセをオブラートで包むように、さり気無く
弾きこなしたいものです。まだまだ修行が足りなかったです。
仕事柄、爪を伸ばせないため私も指の腹で基本的に弾いています。しかし、薬指の
爪だけなら切らなくても爐沺△い辰。瓩らいですのでちょっと伸ばしてみます。
あと、私の心の師匠がテキストで「1〜2弦をミディアムのものに変えるとバラン
スが良くなる。」と書いていたことを思い出しました。ちょっと試してみます。も
ちろん、各指のピッキングにも気を配りながらですが…。

私自身の演奏を顧みて、ドレッドノートのポテンシャルをまだまだ引き出していな
いと感じています。素に出る音量に頼っているようです。何とか、自分の演奏がマ
ーチンの名に恥じないようにしたいと思ってます。

6弦の音は、今朝楽器屋に行って相談したらブリッジピンがいかれているのでは、
とのことで交換したら、あっさり「ボーン(ドゥーン)」になりました。嬉しい
やら恥ずかしいやらで、内緒にしたい話になってしまいました。
オリジナルにこだわるのも良し悪しですね。(汗)
[2006/07/17 22:13:24]

お名前 Name: サンゴーケンジ   
やすさん、書き込みありがとうございます。
私もフィンガー中心で弾いていますが、D35では、今までと少し弾き方を
変えました。(生意気言ってすみません)
D18やオベーションなんかは、すべての弦をいわゆる「指の腹」で弾いていました。
それでも各弦が均等に鳴っていたのですが、D35は中低音が太いので、そのように
弾くと特に1弦は、音量、サスティーンとも劣っているような感じがしました。
そのため、今は薬指と中指の爪を少し伸ばし、爪と腹があたるように弾いています。
そうすると、「チーン」といういい感じの鳴り方をします。
それと、薬指のピッキングは、やや強めにしています。

と、えらそうに書いてきましたが、それを曲に乗せてよどみなく弾くのは、
結構難しいと思います。
D35は(28もでしょうけど)特にフィンガーピッキングでは、いい音
(というかギター本来のポテンシャル)を出すためには、それなりの工夫と
努力が必要だと感じています。
でも、それがまた楽しいと思って練習しています。
6弦の鳴り方ですが、私のは、「ドゥーン」て感じです。
高湿度の今の季節でも、結構鳴っている印象ですが、買ったのが6月ですから、
やすさんのいう冬の「とろけそうな」音を密かに楽しみにします。
[2006/07/16 12:53:49]

お名前 Name: やす   
私、弾き語り中心(フラットピックはあまり使いません。)でやっているのですが、
どうも1弦のサスティーンが弱い感じがしています。1弦は薬指でアタックしてい
るので弱いのかな?とも思うのですが、所有の他の2本の国産ギターだと気にならな
いのです。個体差があるのでしょうか?

なお、6弦は爛棔璽鵝瓩任皚爛椒鵝瓩任發覆、爛椒叩瓩噺世辰心兇犬し
ています。特に夏場に顕著です。冬場は、弾いてても、

爐Δ曚叩!これがマーチンだ!クーッ!!とろけそう!!

と悦に入ることができるのですが…。

サンゴーケンジさんはいかがですか?
[2006/07/16 11:02:40]

お名前 Name: まあまあ   
疑心暗鬼どの・・・。そういう中傷はやめません?
[2006/07/16 08:53:03]

お名前 Name: 疑心暗鬼   
突っ込み所が多すぎて釣りにしか思えないのですが本気ですか。
[2006/07/16 00:56:00]

お名前 Name: サンゴーケンジ   
初めて参加します。
染村様、勝手なタイトルですみません。44歳のギター弾きです。
私は、中学2年でヤマハFG(フォークタイプ)を買ってもらったのが始めで、
高校3年の卒業間じかに、バイトでためた18万円でD−18を買いました。
3年後くらいに、見た目のあまりの美しさに我慢できず、オベーションカスタム
レジェンドに買い換えてしまいました。(今も持ってたらどんな音になっただろ?
結構後悔してます)

しかし、オベーションは胴の薄いスーパーシャロウボディの割りにとても音がよく、
しかも弾きやすいので、長年愛用してました。今も持ってます。
オベーションを買うとき、新品のD28とD45を弾かせてもらいましたが、
当時の印象では、正直「欲しい」と思える音ではなかったんです。
5年ほど前に、ECの影響で、純粋なアコギが欲しくなり、アルバレスヤイリの
OOOタイプを10万円で購入。それなりに満足のいく音でした。

ところがある日、「丸ごと一冊D28」を本屋で見つけ、立ち読みしていて、
急にD28が欲しくなりました。(本は買いませんでした。アホですね)
早速お茶の水に行って、中古のD28を2本弾きました。悪くはなかったのですが、
もっと他にないかなと、別の店に入ったところ、D35があり、値札を見ると、
87年製で20万円。表版に少し傷はありましたが、木目が美しく、
白のバインディングが黄色がかった感じ(分かりますよね?)がとても良く、
早速弾かせてもらいました。

弾き始めて15秒くらいで購入を決意しました。
低音は大きく、高音はきらびやか。CやEのオープンハイコードなんかは、
ため息モノの美しさです。
よく、D28と比較されますが、私の感想では、6・5弦の音は28の方が
大きく、1・2・3弦は35の方が明るい音でした。
あと、やっぱり見た目の好みも非常に大切な要素だと思いますよ。
D35をお持ちの皆様、いろいろなご意見をお聞かせください。
[2006/07/16 00:37:32]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る