記事タイトル:調弦はメーター派それともハーモニクス派? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: sittakarider   
私は、アコギで一人ですので、ハーモニクスオンリーです。
平均律楽器はハーモニクスで合わせるのが基本です。
和音がきれいになるのが第一目標です。
ピアノだって実音を合わせるわけではありません。
和音がきれいになるようにバランスよく実音を狂わせるのが調律なんですよ。

長さに比較して太い弦ほど、実音とハーモニクスがぴったりとあわずに
ハーモニクスが高くなるんです。
だから、ピアノの上級機種は弦を長くして低音をきれいにするのです。
チューナーでぴったりあわせたらハーモニクスで狂うのは、そのためです。
で、どちらを選択するかといえば、ハーモニクスです。
二台のギターを合わせる場合でも各弦のハーモニクスを合わせるべきです。
なぜなら、和音を合わせたときにきれいになるからです。

ギターは、フレットを押さえる段階で、わずかにチョーキングしたのと同じです。
だから、4弦の開放と2弦の3フレが合ったらおかしいんです。

そういうさまざまの矛盾をどの方向で統一するかと考えてゆくと、和音がきれいになる
という方向しかないんです。
だからハーモニクスで合わせるのが単独で弾く場合の最高のチューニングなんです。

チューナーで正確に合わせたときと、ハーモニクスで正確にあわせたとき
Fの形でだんだんハイポジションに移して弾いてみてください。
言ってる意味がわかると思います。

チューナーも状況によっては使うべきですが、アコギ一本でうまい人だと
チューナーつかってる人なんて見たこと無いです。
その理由はギターだけならほかとのバランスは関係ないということと、簡単だと
いうことです。
なれてくると、開放弦のなかのハーモニクスを聞き取れますので、ハーモニクス
を出す必要がないんです。
開放弦どおしをあわせるだけになるんです。左手はペグ操作だけです。
そこまでいけば、とっても楽になります。

で、ハーモニクスでできるようになると、弦の品質の差が如実にわかります。
マーチンがだてに高いわけではないというのが納得できます。
[2008/10/12 21:32:43]

お名前 Name: 木更津   
「弦はフォスファー派それともブロンズ派」に続いて書き込ませて頂きました。
ギターを弾き始めて30年、音叉・ハーモニクスオンリーです。
これも、チューニングメーターの進歩を知らずにいたことも要因です。
(この件でも鎖国状態のようなことを申しますが・・・)
今年のGWから通い始めたギターショップで、ヘッドに挟むタイプのメーターに
挑戦しましたが、うまく使えず今でも音叉です。

ハーモニクス・実音でチューニングしても 4弦の開放と2弦の3フレット や
5弦の2フレットと2弦の開放 などのオクターブのズレが出ます。そしてこの
2つのオクターブがピタっとは合わない。双方を調整して妥協、が常です。

曲のキーが「D」なら4弦の開放との合わせを優先、「C」か「G」なら5弦の
2フレットとの合わせを優先、という具合に2弦をチューニングしてます。
ある先輩から、これは弦の品質のバラツキで何セットも購入して張替え時にキチン
と合うまで試行錯誤で選別する、といわれました。
私はやったことはありません。(もったいなくて・・・)

ここを呼んで、ギターのチューニングが完璧に会う事はない、と知り幾分ほっと
してます。D−45でも合わないので「ほんとかよ?」と感じてました。
ギターの本体・フレットの設定に問題があるかとおもってましたので・・・。

また違うところに出没させていただきます。
[2003/09/17 14:58:59]

お名前 Name: HARUMAKI   
わたしも、結局学生時代から20うん年メーターに頼ったせいで、ハーモニークスを使って
も、ほぼ、正確にチューニング出来ない体になってしまいました。(爆)
今は、ZOOM504僑腺達錬妝咤圍稗辰鬟好董璽犬濃箸辰討い襪里如結線したままで、
両方をボタンを同時に押すとチューナになります。その上、そのまま押しつづけると、ア
ンプからチューニングしているときの音も消せますから、気に入っています。
昔は、譜面台にマジックテープを付けてコルグのチューナーを使っていましたが、今は、
エレアコ中心ですので、エフェクターとチューナーがいっしょになったものが、わずらわ
しくなく、他のメンバーがMC中に簡単に確認できます。但し、イージケータ表示は、針
や、電飾の類でなく、8の文字が全てのLEDが付けば、音が合っているというシンプル
なものですから、馴れが必要です。
 ちなみに、わたしのバンドでは、昔から、同じように同じチューナーを使用してアコギ
3台をチューニングして演奏してますし、何台か持ち替えようのギターが存在しても、合
わないというのは、無かったですねぇ。ちなみに、我々のバンドの曲で、12弦に4フレ
ットにカポをする曲がありまして、これには、カポをしてからクロマチックチューナーで
チューニングする方法を採っています。12弦は、はっきり言って耳だけでチューニング
するととんでもなく時間がかかりますから・・・
[2003/04/16 16:29:41]

お名前 Name: PICKIN'   
またコンサートに行ってきました。押尾コータローさんです(ゲストという形でしたが)。
二度目でしたが、やはりすごい演奏でした!さて彼はチューナーは一切使わず、自分の
カンだけで音を合わせていました。後半、他の演奏者と共演の時にはギターを持ち替えて
いましたが。あれだけ曲毎にチューニングを変えるのに、何も使用しないのはどうしてなん
でしょうか。なぜそんなことができるの?って感じです。下げたり上げたりすればネックに
かかるテンションは変化し、動かしていない弦も微妙に変わるはず。オープンチューニング
を多用する人たちは独特の技能が身につくのでしょうね。
M・ファクトリーのシステムはやはりすごいですね。いい音してました。
[2003/03/21 09:14:28]

お名前 Name: PICKIN'   
このあいだの日曜、さだまさしさんのコンサートにいってきました。そうです、石川鷹彦大先生
に会う為です(もちろんさださんのファンでもあります)。石川さんはMCの時などにこまめに
クリップマイクを使い、チューナー(確かセイコー製)でチューニングの直しをしていました。
石川さんのヤマハは2本ともトップが波を打っていてすごい貫禄でした。そういえばさださんは、ギターテクの人がリチューニングしていて、本人は一度もペグに手をやりませんでしたが、
かってはハーモニクスも、もちろんチューナーも使わずに1弦から6弦の順で開放を鳴らし、
完全に耳だけでチューニングしていたのを思い出しました。絶対音感のある彼だからこそ、
できる技ですね。それにしても、松原正樹さんのE・ギターの音はよかったです。
[2003/03/18 20:34:23]

お名前 Name: rabio   
こんにちは、ラビオです。

>所詮、倍数であるハーモニクスと等比級数である音階とは、「オクターブ違い」以外
 は微妙にずれますから、ハーモニクスで正確にあわせると音階からズレます。

へいさんのおっしゃっている上記の意見がこのスレの「肝」になると私の経験から思い
ます。ありがとうございました。
[2003/03/17 13:06:42]

お名前 Name: へいちゃん   
私はハーモニクスで合わせてから、いろいろ弾いてみて各弦のばらつきが満遍なく
ちらばってわかりにくくなるように微調整します。
所詮、倍数であるハーモニクスと等比級数である音階とは、「オクターブ違い」以外は
微妙にずれますから、ハーモニクスで正確にあわせると音階からズレます。
それにオープンで正確にあわせてもフレットを押さえるとこれまた微妙にずれますから
よく使うフォームでズレが目立たないようにあわせるようにします。
あ、でも普段弾きではそこまで気使いませんけど・・・
[2003/03/17 10:39:47]

お名前 Name: rabio   
メンタルママさん、みなさん。こんにちは、ラビオです。

今のところ、私のやり方が出てないので書きます。
私の場合、ギターは完璧にはチューニングが出来ないと思っているので(特に2・3弦)
何をやるかによって3種類のチューニングを使い分けます。

まず、オクターブピッチが合っている前提で開放をチューナー(TU-12)で合わせます。
ローコード主体で開放弦を使う割合が多ければここで終わり。

次にピアノ等とコンボ演奏をするときはソロがはいりますので各弦5フレット(3弦は
4フレ)の実音をチューナーで合わせます。これは開放弦が使われることがまず無いの
で実際使う事の多い1〜12フレの実音を優先して、その中間にあたる5フレで各弦正
確な音程を作っておく、という手です。

三つ目は4音のオープン・ヴォィシングのコード(山崎まさよしさんがよく使うやつ)
でスタンダードナンバーのテーマを弾く場合などのチューニングですが、6弦と5弦の
各5フレをチューナーで合わせて6−4,4−2。5−3,3−1。の弦の組み合わせ
でオクターブチューニングをします(5フレで)。もちろん対になる弦(6弦なら4・
2。5弦なら3・1)はチューナーであわせてもかまいませんが、耳で響きを聴きなが
らやったほうが私の場合は良いみたいです。これはオープン・ヴォイシングのコードの
響きをきれいに出すためのチューニングです。

それと、どのチューニング法もだいたいのところまでチューニングしておいてから微調
整にとどめるのがコツです。

私の場合は三つ目を使うことが多いですね。
[2003/03/16 11:05:05]

お名前 Name: たかぎ   
私はハーモニックスで合わせてから、5弦と開放弦、ってな順番で合わせて
やってますが、合わない時がよくありますので、その時は、よく弾く曲を弾いて
「よし!これで合ってる!」と自己満足しています(笑)

誰かぁ、メーター下さい!(爆)
[2003/03/15 23:39:19]

お名前 Name: アコキング。   
>Acoustic様
>セイコーの、洗濯ばさみみたいなの

これは↓DUCKBILL様が購入された”intellitouch tuner”と原理的には同じ物です。
私もインテリタッチ・チューナー愛用者ですが、ノンピックアップでアウトプット・ジャック
が無いアコギを、ステージ上などのやかましい環境下でチューニングする時に非常に便利です。

コルグやBOSSの製品のようにマイクで音を拾うタイプのチューナーはステージ上では他の
音も拾ってしまいますし、ギターにアウトプットジャックが無ければコードで接続することも
できませんので、この「振動で合わせる」タイプのチューナーは特にピックアップが標準では
搭載されていないマーチンギターのオーナーは持っていたほうが便利だと思います。

ただしクラシックギターのようにヘッド厚があるギターに装着するには、オプションのクラン
プを別途購入する必要がありますが。あとエレキギターをチューニングする時にも、アンプに
繋がっているプラグを抜いて差し替える必要が無いので、重宝します。絶対オススメです。
[2003/03/15 22:52:54]

お名前 Name: Acoustic   
こんばんは。
私も以前は音叉で合わせて、曲を実際に弾きながら再調整を
していましたが、とうとうコルグの一番安いメーターに
お世話になる事となってしまいました。友人はセイコーの、
洗濯ばさみみたいなのをヘッドにはさんで音を拾う物を使って
いました。これは私も欲しいと思っています。
[2003/03/15 21:45:23]

お名前 Name: 青木    
メンタルママさんこんにちは
私の若い頃にはチューナーなんてなかったですからピアノの「ラ」で5弦をあわせるか
音叉を使ってましたが、今はBOSSのTU-8というチューナーであわせた後、ハーモニクス
で微調整しています。最近購入したD−35はチューナーであわせた後、ハーモニクス
でうまく合わなかったのですが、ナットを少し削ってもらって合うようになりました。
[2003/03/15 20:39:48]

お名前 Name: PICKIN'   
昔学生だった頃、チューナーは高価なものだったので、音叉でAの基音を合わせ、ハーモニクス
と実音の両方で合わせてゆくというのが私のやり方でした。社会人になり、あらためて弾くようになってからはチューナーも手頃なものがたくさん出ており、現在は私もチューナー派です。
BOSSのTU-12が机の上に常時置いてありますが、コルグのAT-1(残念ながら製造中止)が私と
しては一番いいように思います。特に針の止まり方がいい。
T・ライスのライヴビデオを見ると、ステージではもちろんチューナーは使わずに他のプレー
ヤーの出音を聞き、スムースに合わせていますよね。スゴイと思ってしまいます。
以前見たライヴで、山崎まさよし氏はオープニングのSEの流れる中、ギブソンSJのチューニン
グを始め、SEが終わってしまってもなおし続け、何事もなかったように曲を弾き始めました。
彼の「音」に対する厳しい姿勢を感じ、震えがきました。
今の若いコたちの中にはチューニングを疎かにしている人が多いような気がします。
これは、チューナー使用が当たり前になったことの弊害だと思うのですが。
[2003/03/15 18:27:54]

お名前 Name: TAKE   
ハーモニクスって、とくに3弦と2弦の間で全く合わないことないですか?
DUCKBILLさんの書かれている一つ基準の弦を決めてすべてそれに対して合わせる
方法に一票です。
ただ、私は5弦を基準に開放弦同士で合わせてます(中庸をいってくれる感じなので)。
2弦だけは分かりにくいので他の方法も使います。

それにしても昔のチューナーの針はあっち指したりこっち指したり泣かされました・・。
[2003/03/15 16:23:38]

お名前 Name: 消防団員   
 私のはコルグのチューナーでした。
[2003/03/15 12:55:59]

お名前 Name: DUCKBILL   
こんにちは。
去年、“intellitouch tuner”っていうのを購入しまして、最近はもっぱら、これを使用して
います。
ところで先日、山下さんのHPを覗いていましたら、こんな方法が書いてありましたので、早速や
ってみましたら、中々具合がよかったので、ご紹介させていただきます。
(山下さん、無断でごめんなさい!) (^^ゞ

******************************************
●調弦の仕方 
 たとえMartinといえども、正確に音を合わすのは至難の業。
先日、某氏に比較的正確に合う調弦の方法を聞いてきましたのでご紹介します。

1)1弦の5フレット(A)を、440ヘルツに合わせる。
2)1弦の開放と2弦の5フレットを合わせる。
3)1弦の開放と3弦の9フレットを合わせる。
4)1弦の開放と4弦の14フレットを合わせる。
5)1弦の5フレットと5弦5フレットのハーモニクスを合わせる。
6)1弦の開放と6弦5フレットのハーモニクスを合わせる。

まずは慣れた方法でおおよそ合わせておき、最後の詰めに使ってみると、気持ち良く合うように
思いました。ぜひ一度お試しを。
*******************************************
[2003/03/15 12:13:52]

お名前 Name: 伊勢正二   
 ギターは音の合わない楽器だとD-28本のどっかに書いてました。
 程度の差はあると思いますが。
[2003/03/15 12:09:06]

お名前 Name: 消防団員   
 私もBOSSのチューナーを使用しています。そして必ずハーモニクスもやります。
それは、以前この掲示板で教わったのですが、ピッチの狂い?のせいで2弦と6弦は
ハーモニクスが微妙に合っていません。この違いを身に付けるためです。こうやって
訓練するとチューナーが無くっても、開放弦を弾くだけで音合わせすることが出来る
との発言も見ました。でも、私の音感では少々無理な気がします。
[2003/03/15 11:54:15]

お名前 Name: こりこり   
絶対メーターです。BOSSのやつ。
完全にあわせようとしても無理なんです、所詮。
そんなもんです、ギターは。と私は思えるように最近なり、大人に
なったなあと自分を誉めております。
[2003/03/15 09:15:34]

お名前 Name: メンタルママ   
ギターの調弦なのですがチューニングメーターで正確に合わせても、5、7フレットの
ハーモニクスで必ずしも合いません。また逆も同じです。当たり前の現象でしょうか?
とくに2弦は耳で実際のコードの音でチューニングしています。6弦もシャープします。
ピッチの補正がサドルには付けられているのは分かるのですが。

調弦はメーター派それともハーモニクス派ですか?
[2003/03/15 08:16:52]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る