記事タイトル:'99限定モデル 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: arion   
BUNさんはじめまして、レスありがとうございます。
 おっしゃるとおり、通常モデルと大した仕様の違いはないようですね。実はこのテーマは他の某ギターサイトにも投稿しておりまして、色々情報をいただいたのですが、見た目は通常モデルと変わりはないけれどカスタムショップ製という点で作りが丁寧であるとか、お買い得感のあるギターのようですね。
 私は通常モデルのD-28の音を聴いたことがないので違いはわかりませんが、友人のギターはいい音鳴ってますし、単純にやっぱりいいギターなんじゃないかと思います。

お名前: BUN   
始めましてBUNと申します。
99年の限定ですが、D−28タイプとOOO−28タイプがありました。
輸入元が各200本発注したものと聞いております。
僕も楽器屋で試奏して、購入を悩んだものですがこの限定モデルと通常モデルの違いは
おっしゃる通りマーティンロゴの違いですね。限定モデルはオールドロゴになってます。
他にはヘッドの化粧板がツヤありになっています。それだけの違いです。

弾いてみたところ通常モデルとの音の違いは感じられませんでした。
最近の金ピカのロゴが嫌いな方なら買いだと思います。
良く%A4気せばまだ売れ残っているお店があるかもしれません。
ちなみに以前東京神田のM路楽器で見ました%

お名前: arion   
友人がMartin D-28を持っていて、買った店の人によると、'99年製の限定モデルなんだそうなのですが、何がどう限定仕様なのかわかりません。サウンドホールの中にラベルが貼ってなく、力木の所(バック材のジョイントの部分)にシリアルナンバーが"CUSTOM 706511"とかかれています。また同じく力木のところに、ライトゲージかミディアムゲージしか使えない旨のことが(もちろん英語で)書かれています。ちなみに「D-28」とはどこにも書いてありません。その他の特徴としては、ヘッドの「CF Martin&Co.」のロゴマークが、現行のモデルは少し浮き彫りみたいな感じになっているのに対して、昔のモデルのように平べったい普通のプリントになっています。「限定モデル」というのがとても気になるので、どなたか詳しく教えてください。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る