記事タイトル:マーチンはどこまで安くなるのか 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: かえる    URL
マーチンD-28を持って22年。しかし6年前壁掛けホルダーから落下してしまいさらに、運の悪いことにしたにステレオセットが・・・。サイド&バックがしっかり割れました。
修理したのですが愛着がうすれてしまいました。しかし傷物の娘(かってに娘と思っている)がかわいそうで今婿を探しています。しかし、やはり先立つものは資金でがんばろうと思っています。マーチンは時間がたつと愛着がわいてくるんです。安くなればなるでなんか心配。
[2003/05/30 21:58:18]

お名前 Name: 松島節    URL
始めまして。
私はクロサワで「少々キズあり」というD35-JP(新品)を46%オフで購入しましたよ。
本当か嘘か従業員割引よりも安いらしいです。本当に小さなキズで、3ヶ月ほど使用した今もうすでにそれよりひどいピックの跡が付いてます。他の店で試奏して気にいってたものを、たまたま見つけて飛びついたのでありました。
キズありなんでマーティンの保証書は付きませんでした。(中古扱いになるらしいです)
オールドではそういう割引はないでしょうが、新品は結構「キズあり」の割引はあります。「キズあり」をメインに探すわけにも行かないでしょうが、足を使って色々まわってたらいいこともたまにあるかな?と思うのであります。
[2003/05/24 12:52:23]

お名前 Name: たかぎ   
CCさん、まさしくおっしゃる通りです!
音楽は音を楽しむ、と書きます!楽しまねばなりません!

私は自分の腕もかえりみず欲しかったギターを買ううちに、10本くらいになって
しまいました。
数々の刺激?によりまだ興味深いギターはたくさんありますが、今まで買ったギター
と買い替える、って事がなかなかできません。
やはり思い入れ、みたいのがあります。

ほんで・・
カミさんに「じゃま!」と言われたり、
「私の肉体がこの世になくなった時、このギター達はいずこに・・?」
と思ってしまった時に
やや「資産」として考えてしまいます(笑)ん?(悲?・・・)
[2003/05/14 22:09:15]

お名前 Name: CC   
はじめまして、CCと言います!
私はギターを資産としては見てません。

沢山のギターの中からコレだ!!と思う自分だけの納得いく1本を選び
そのサウンド権利を対価として支払ったまでの事だからです。

仕事から帰ってきてポロンと音を出すと疲れなんか忘れさせてくれます!
ポロンと一弾きで酒も進みます^^;
寂しい時は、悲しい音・・
楽しい時は、弾むような明るい音・・
色んな表情を、自分と一緒に歌ってくれる・・
一生の相棒の金銭的価値なんて私には関係ありません!
と、相棒を見ながら発言させて頂きました^^
[2003/05/14 00:33:46]

お名前 Name: 健太   
デフレ、デフレといってもマーチンの価格は下がりませんよね。
オートメションによる合理化で価格に反映されないのかなと思
ってます。

材の高騰と言えども材の原価は売価に比較するとパーセンテー
ジはかなり低いでしょう。
最近のアコギブームがかなり支えてくれていますね。

<<資産(ギターも含む)デフレがさらに加速する前に
どうしようか迷っているようでした。

と言われるようにとても楽観視は出来ませんね。
少なくとも現在のマーチンの限定バージョンを買ったに
しても、それが今後の資産になるなど、あまい物ではな
いでしょう。

私がオールドに興味を持った20年前には決して高値の
花ではなかったです。ある一定店舗においては高い値が
付けられていたのですが、我々日本のバブルを境に、
見る見る間にアメリカで高騰していきました。

デフレと言えども、いったん付いた高い値札をいまさら
付加価値を崩せないのでしょう。

仮にデフレに拍車がかかるなら、いつまでつづくか分から
いアコギブームが終わりを告げる前に、ショウケースの
中で誰からも弾かれずに飾られているギターたちを庶民
の手の届く価格にしてほしいです。

もともとギターは庶民の手軽な楽しみだと思うのです。
[2003/05/13 23:57:13]

お名前 Name: たかぎ   
yuukiさん、友人の方のギターで気に入っているのがあるのなら・・
          
         今がチャンスです! 爆  (←逆転の発想)
[2003/05/13 21:32:02]

お名前 Name: yuuki   
わたしはMARTINはD-28、00028ecの2本しか持ってませんが
先日、70〜90年代ものを10数本もっている友人と話してたとき
言ってたんですが、最近は新品にかかわらず中古価格もデフレで
価格の下落がじわじわときているようなんで、弾かなくなった
ギターは今のうちに売り切ってしまおうかどうか迷ってるようで
、給料が下落して今後生活もきりつめて行かなくなっていく
であろう中、資産(ギターも含む)デフレがさらに加速する前に
どうしようか迷っているようでした。
今後、世界的に見て一部の価値観の高いビンテージを除いては
さらに中古品、新品の価格は下落していくのでしょうか?
趣味にお金をつぎ込むことがかなり厳しくなってきた妻子持ちの
貧乏親父です。
[2003/05/11 11:47:39]

お名前 Name: たかぎ   
値段の話になると、販売店さんへのご迷惑などもあるでしょうし・・いろいろと公共の面前
で話せない事もあるような気もするのですが、これからの経済や購買意欲の活性化(おっ!
私にしては、かっこいい言葉! 笑)なども考慮した上で私の経験から述べさせていただき
ますと、

20数年前、ニューヨークで買ったギターは日本で買う価格の45%くらいでした。
友人が西海岸で買ったものは、60%くらいでした。
お店の経営方針などにもよると思いますが、アメリカという国は広いですから、私の単純
な頭から申しますと輸送費がかなり含まれていると思っております。
現在は輸送費が当時より低いでしょうが、物価の上昇などを含めて考えますと、
現在の定価が当時とあんまり変わってないのは少しうなずけます。
関税の変化なども関係ありますよね?

製造原価についても、最近のマーチン社はやや大量生産によってきているようですので、
当時の生産量に比べると、かなりのコストダウンになっている気もしますが、人件費
も上昇しているでしょうし、決算書を見てみないとわかりません!(爆)

外国製がいいか、国産がいいか、という事は、個人の価値観がかなりウェイトを占めるでしょうし
単細胞的結論ですが、「需要と供給の関係以外ない!」
と思っています(笑)
[2003/05/10 21:33:13]

お名前 Name: YORIMICHI   
どの時点での原価かわかりませんが値切るとゆう事でしたら仕入れ値とゆう事でしょう。
正規品でしたら普通の楽器店で定価の60%程度ですがメーカーによりばらつきがあります。
YAMAHAと正規品Martinは強気の卸値です。
国産が良心的だとは思えません。
廉価なものは韓国・中国・ベトナム製がほとんどですし個人製作手工品¥20万以下では
まともな物はありません。(月産多くて数本では当然の価格です)
内外どちらにしろ原材料費は微々たる額です。
参考までに最近のUSA売れ筋ランキングです。
個人的にはテイラーはCP高いですね。
アコースティック・ギター  
小売価格$700以上の商品  
1 Seagull Artist   
2 Martin D-15   
3 Taylor 310CE  
4 Martin HD-28  
5 Taylor 314CE  
小売価格$700以下の商品 
1 Fender DG-10  
2 Fender DG-9  
3 Aivarez RD8  
4 Yamaha F310  
5 Seagull S6
[2003/05/10 20:22:10]

お名前 Name: yuuki   
私が店のオーナーの方から以前聞いたことがあるのですが
海外ブランド(マーチンやOVATIONなど)は日本の店頭に並ぶまでに
外国にていくつかの代理店(マーチンの子会社等も含めて)を通ってからさらに
日本国内でも代理店等をいくつかとおり、その各代理店で10%以上のマージン
(儲け)が計算されたうえで定価設定させていることにより、実質的な工場原価は
定価の10%程度らしいですよ。(00028ECでも原価は5万円程度になりますね)
その辺りを考慮すると国産品や国産の手工品で直販等を行ってるものの方が材料や
作りにしっかりお金をかけてつくっているように思うのですが。
まあ出来の良し悪しは別として。
わたしもこの辺りを考慮すると国産品の丁寧に作られてる手工品に気がいってしまいます
いい材を使って良い作りのものは一生ものですもの。
[2003/05/10 19:43:37]

お名前 Name: 小郷(福岡市)   
マーチンの購入を考えています。
そこでどこまで値切れるか知りないです。
マーチンの原価は50パーセント以下って本当ですか?
もし本当なら製造原価はとんでもなく安いですね。
それを考えると国産メーカーは良心的に思えてきました。
[2003/05/10 18:42:30]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail(入力必須) URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
※E-mailアドレスを必ず入力して下さい。
記事一覧に戻る