記事タイトル:別れと出会いの季節 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: やす   
十分下がったところで…。
ビンゴ様、和田様、ギブソン様、私の私的な書き込みに過大な応答をいただきまし
てありがとうございました。
ギブソンのネックを折ったこと等事実ですが、本当は、当時付き合っていた彼女
に対しての思いを語りました。
(いい加減な男だったなぁ…、俺って。)
[2006/05/04 22:33:29]

お名前 Name: ギブソン   
和田さん、みなさん

私もこの歌のレコーディングにはぜひ参加します。

 1ST Gu   '67ハミングバード
  バックボーカル   ギブソン
[2006/03/26 23:41:33]

お名前 Name: 和田   
追加

この歌の題名

    《春が来るたびに》
    ー別れと出会いの季節ー

作詞作曲
      やす

編曲
     ビンゴ、アコキング、和田

使用ギター

     プロM製 Brother−caster EG
     
[2006/03/26 23:17:54]

お名前 Name: 和田   
やすさん アコキングさん ビンゴさん

ご登場有難うございます。
やすさんの素朴な疑問、私も感じていました。
ビンゴさんのご回答、

・・「劣化」が「音の個性」と、ひいては「良いと感じる音」・・

この辺にビンテージのキーポイントがありそうですね。

人にたとえてみると古くなると人間も劣化ししますが、その代わり苦労したことが
肥やしになり、人間味が出てくる・・
こんな感じですかね。

それから、やすさん


・・・傷つけた彼女(ギブソン)に一言。
「取り返しのつかないことをしてしまって…、ゴメン。春が来るたびに胸が痛みます。
前へ進もうとする僕。あの時の君の元へ帰りたい僕。もし今、君がそばに居て、一緒に
歩いてくれたなら…。」・・・

詩人ですね。
メロディーをつければそのまま曲になりますよ。
[2006/03/26 23:01:48]

お名前 Name: ビンゴ   
エレキの話題、D28研究のBBSで恐縮ですが、じつは
ピックアップも「アナログ」であり、個体差や経年変化の
要素が大きいそうです。私も、当初はPUなどは機械なので、
劣化こそすれ、オールドとしてありがたがるのはいかがなものか
と思っていました。
しかし、アンプやエフェクターを同じ条件にして、未塗装の
同じ企画のボデーに、新品とオールドのPUの聞き比べを
したところ、「劣化」が「音の個性」と、ひいては「良いと感じる音」と
関係があることに愕然としました。
手作りPUメーカーは、ボビンに巻くときの銅線の質や年代、巻き方の
そろえ方や乱し方にまで神経を使って、オールドPUに迫ろうとしている
人もいるらしいとのことです。
むしろエレキのディープな魅力は底なしですね。
[2006/03/26 14:30:41]

お名前 Name: やす   
ビンゴ様、アコキング。様、早速のご返答有難うございました。ビンゴ様の「エレキも
アコースティックなアナログ楽器」、なるほどな表現ですね。アコギからエレキへのギ
ターの進化の過程を振り返れば、得心できます。殊にアナログな弦振動を拾い上げる、
と言う観点からは、ソリッドと言えども材の特性が関わる領域は少なくない、と言う理
解でよろしいでしょうか。
アコキング。様、今日はたまたま休日ですので、あなた様の仰るスレをのんびり探して
みたいと思います。(あのピックアップをボーナスが出たら買いたいと思ってます。)
 スレ主様、どうも、スレから外れた発言で申し訳なく思っております。軌道修正して
傷つけた彼女(ギブソン)に一言。
「取り返しのつかないことをしてしまって…、ゴメン。春が来るたびに胸が痛みます。
前へ進もうとする僕。あの時の君の元へ帰りたい僕。もし今、君がそばに居て、一緒に
歩いてくれたなら…。」
[2006/03/26 11:16:37]

お名前 Name: アコキング。   
やす様の疑問は、アコギ専門である私も前々から感じていたことなので、どこかの板で
スレを立てた覚えがあります(ここかもしれません)。

その時のエレキ弾きの方々からの回答はビンゴ様と同じでした。
ソリッドといえどもボディは木で出来たアナログ楽器であり材質は音に影響すると…。
私もエレキギターはPUとエフェクタとアンプで「音を作る」楽器であり、
だとすると本体の構造や材質は無関係と思っていたのですが、認識を改めました。

まあ確かにレスポールやストラトにもビンテージと呼ばれる年式のものがあり、
かつアコギと同様に投資目的でビンテージを購入される方も存在するということは
このことを裏付けていると思いますね。
[2006/03/26 09:03:28]

お名前 Name: ビンゴ   
やすさんがご質問なのはエレキギターのことですか?
まあ、エレキでもアコギでも、ブランドによって価格差がある
というのは、当然ですよ。ただし、新品時の価格差と中古価格の差は
少し違う内容ですが。

ギターは単なる工業製品ではなく、骨董のような嗜好に通じる商品
ですから、製造・宣伝・流通原価だけでは価格は決まりません。
しかし、高いギターは高いなりのコストがかかっています。決して
不当な上乗せがされているわけではありません。

ソリッドボディーは音に影響がないとのお考えですが、やはり
影響が無視できないくらいはあるようです。
ボデーやネックの乾燥の度合いや、振動特性が、弦の振動に現れるそうです。
変な言い方ですが、エレキもアコースティックなアナログ楽器なのです。

まあ、高価なギブより廉価でもずうっといいイバなど普通にありますが。
弾く人が何を選ぶのかは、その人の趣味や生き方で決まりますね。
当否、優劣ではなく…。だから、おもしろいんです。
[2006/03/26 01:09:40]

お名前 Name: やす   
長年の疑問を、ただ乗りで質問させていただきます。私、ギブソンのEG(レスポー
ルをダブルカッタウェイにした感じのもの)を学生時代に先輩から譲ってもらい弾い
ておりましたが、その購入価格が2万円でした。酔っ払って自分でネックを踏みつけ、
無残にも折れてしまい、結局、部室にそのまま放置と言う結果になってしまいまし
た。(先輩、ごめんなさい。)
なんとなく、今、とっても勿体無いことをしてしまったんではないかと、思っては
いるのですが…。
これを踏まえて、ものすごく疑問に思っていたことなんですが、アコギ弾きにとって
EGって価格がピンきりでもあるにもかかわらず、出ている音は燹(判別不能)
だったりすると思うですが…。なんであんなにブランドによって、価格差があるので
すか?ソリッドボディって、材によって音質に影響を与えるものではないと思うのです。結局PUの性能?って思ってしまう部分もあるのですが…。
[2006/03/25 22:52:20]

お名前 Name: 和田   
プロMさん
まいど

お話を聞かせてもらうたびに、プロMさんのギターにかける
情熱と執着心が伝わっていきます。

作ることもすごいことですが、そのメンテナンスはもっと大変ですね。
お金は、その人の稼ぎ額でなんとでも自由になるとすれば、
後は自分の一日24時間の間に、何時間、自分のギターとのふれあい
に使えるのかが勝負となりそうですね。

私の場合は、ウイークデイ一日30分、土曜、日曜は、計4時間とすると
一ヶ月で25時間くらい・・
これ以上は無理ですね。
私も早く現役をリタイヤして一日中音楽に明け暮れたいです。

そのときは、自分のギターにチャレンジするかもしれません。
宜しく、ご指導の程、お願いしたく存じます。

それでも、プロMさんのギター一度見て、弾かせて欲しいですね。
ギター人生、お互い楽しみましょう。

超マニアのプロMさんとの出会い感謝です。
[2006/03/25 20:13:42]

お名前 Name: プロM   
まいど、まいど和田さま!

<どなして勉強しはったん?
良く言えば、好きこそ物の上手なれや・・・悪く言えば、職権乱用やろな。
そら〜ここに行き着くまでは試行錯誤の世界を潜り抜けてきておますわ。
アイデアはあっても形に出来ん、アイデアはあっても自己満足の範疇を
超えられんも困る、技術はあってもアイデアなし、楽器が弾けんも困る。
自分だけ満足してもつまらん、他人も満足する物でないとやる意味ない。
わては自分に出来る範囲で出来るところまでやってみたつもりですわ。
そやさかい、見た目はもちろん、音かて極上やで。だ〜れも文句言わん、
欲しそ〜うな目で見よるわ。今は足を洗ってしもうたんで、今後こんな
ヤツを製作するのはちょっと無理やな。思えば、金はかかっとるでな〜!

100本〜もギター、ウクレレあると寝るところありまへんわ。それより
手入れが大変ですわ。梅雨時は弦が錆びるの早ようて、交換するだけで
何日もかかりますわ。1日10本手入れしても・・・ナ!たまらんで!!
わての生活環境からして、絞り込みはさけられんようになってしもて処分。
それでも32本ありますわ。アコギ5本、EG15本、ウクレレ12本。
どうしても手放せないのは、その内のEG6本、ウクレレ2本ですわ。
アコギはやりたい事があるんでな、気分で買い換えていくかもな?
ほんで、上記のウクレレは棺おけに一緒にはいりますわ(わての遺書より)
嫁はわてが死んだら”絶対売る”言うとるでな。

スピーカーは30年以上前の国産、世田谷で超マニアック達人が製作してた
”EXACT”と言う幻のスピーカーが自慢やで。世界最高水準の逸品!

わての兄がオーデイオマニアでな雑誌にも載っとるけど、家には自作アンプ、
自作キャビネット等がごろごろや。指1本は楽に越えとる金額やで。
わてもギターに今までに使ったお金は指1本は楽に超えてますわ。
総じて”バカオタク兄弟やな”困ったもんやで。
[2006/03/25 12:47:31]

お名前 Name: 和田   
プロMさん、まいど!

コメント有難うさん。
感動してもたわ。

実は私も生粋の大阪人やねん。
すんまへんけど、私もちょっと大阪弁でしゃべらしてもらいまっさ。

確かに究極は、手作りのマイギターですな。
それでもアンさんみたいに作ることが出来まへんがな・・
どなして勉強しはったん?

音はええか悪いか知らんけどいえることは、
自分が作った世界で一つの楽器や、ということでんな。
うらやましいな・・・
幸せな趣味でおますな・・

私も、ギターみたいな楽器はそんなこと出来けへんけど、25年も前やけど
手作りの150キロも有るスピーカー手作りでつくったんやで・・
めちゃめちゃ迫力ありまっせ!
それにめちゃめちゃやすう、出来たわ。
いまでも、可愛いて、可愛いて、しゃないわ。
せやけど3回引越しのたびに、邪魔で邪魔で・・・
それでも捨てられへん。
それで、しゃあないから、ステレオとギターとの間で寝てまんねん。
幸せやで・・・


アンさんもそれとおんなじ気持ちとちゃうかな?
どないでっか?

皆さん、大阪弁でごめんやっしゃ。
[2006/03/24 23:11:26]

お名前 Name: プロM   
和田さま、まいど!
たいしたもんはありまへんが、ちょっとだけ自慢話・・・させて・・・もらいますわ。

アコギは結論から言うと、これはっちゅうのは持ってませんわ。皆さん、エエもんを
お持ちやさかい自重しますわ。アコギの世界は「上見りゃキリ無い、下見てもキリ無い」
ですやさかい。並を2ランクくらい上に改造するのは得意やけどな。

EGはあるで!
1本の原木(セレクトライトウェイトアッシュ)からほぼ同じ位置で木取りを行い、
2本をストラト用ボデイ、2本をテレキャス用のボデイで製作したのは自慢や。
つまり、4本のギターは全部が兄弟姉妹の関係にあって同じ木目のDNAや。
わて、こいつらを「Brother−caster」「Sister−caster」
と呼んでるねん。しかもセンター2ピース、完全ブックマッチ仕様とくれば
言うことなしや。ええやろ〜!!普通のユーザーが思いもつかん、金があっても
出来んことやろ??多分、世界でわてだけやろな、同一DNA材で4本も持ってるのは。

あとはトップ/サイド/バックの木目が全てつながってる超バリトラのコアウクレレ。
厚いコアを3枚におろして、2枚をトップとバックに、もう一枚をサイドに使用。
もちろんセンター2ピース仕様。ボデイをぐるっとまわすと、すさまじいトラの木目
が一周するんやで。そら凄いで!アコギでもやりたいけどな・・・いくらするやろ??

金に糸目をつけず集めるコレクターとも、既製品や一定レベルの特注で満足してる
コレクターとも、わてはちょっと違うねん。
[2006/03/23 19:41:09]

お名前 Name: 和田   
ギブソンさん

私もハミングバード(68年)ユーザーです。
しっかりと音が出る名器ですね。
ストローク系の演奏はやはりこれがメインです。
いいお話、ありがとうございます。

プロMさん
100本以上購入はすごいですね。
資金力,購入意欲、そのエネルギーに拍手です。
30本の中でプロMさんのこれは、というギターは何ですか?
教えてください。
[2006/03/23 12:03:23]

お名前 Name: プロM   
ギター、ウクレレ合わせて楽に100本以上購入してきたから感傷に浸る暇なしや。
気に入らんのはバラして研究材料→燃えないゴミの日出し、知人や楽器店にて処分や。
結果30本くらいが手元に残ったけどな、悟った事は楽器は値段やないな。ほんま!
[2006/03/22 18:58:58]

お名前 Name: ギブソン   
私は、ジョンデンバーの”This Old Guiter"のJ50ではなく
67年のハミングバードです。
このギターと共に生きてきました。
私の人生も この曲 そのものです。

ジョンデンバーが生きていたらなー
そのことを考えるとさびしくなりますね。
[2006/03/22 07:33:15]

お名前 Name: 和田   
SUN SMILEさん

ご入社、誠におめでとうございます。

青春の真ん中でD28と共にすごされ事、素晴らしいことですね。
これからの何十年という一生の中で、そのギターを弾けば
青春の思い出を蘇らせてくれる人生のかけがえのない友達ですね。

(私の場合は38年前に買ったFG180ですが・・・・当時、半年間
 アルバイトして買った18,000円のギターでした。
 まだまだ現役で弾きまくっています。
 時代も違いますが、マーチンは憧れの又憧れ・・・)

ジョンデンバーの曲の中で”This Old Guiter" という曲があります。

  題名の通り、彼の愛する古いギターを使ったスリーフィンガリングでの弾き
 語り曲です。
  ナチュラルな歌い方の彼にしては珍しく、込み上げる気持ちを抑えての静かな
 歌い方です。

 「・・・この一本の古いギターは自分に人生を語ってくれる。一人ぽっちの夜
  でも今はもうすでにいない人々に会わせてくれる。最愛の女性にも知り合った。
  いにしえの美しいものを思い出す。
  この一本の古いギターより自分の人生をもらった・・・」

是非、お聞きください。何か自分のギターが可愛く、いとおしくなりますよ。
(彼のギターは、ギブソンJ50のようですが・・・・)

お互い楽しいギター人生を送りたいものですね。
良いメッセージ有難うございました。



 
[2006/03/20 21:45:18]

お名前 Name: SUN SMILE   
私も来月の4月から社会人となります。
D28は大学2年の時に買い、今でも大切に弾いています。
自分の成長とギターの成長が重なり、D28と過ごした日々を最近よく思い出します。
プロの方は様々な音を求めて何本もギターを所有すると思います、しかし、
私みたいなアマチュアは本当のお気に入りが一本あれば十分です。
なので、ずっとわたしの傍で育てていきたいと思っています。

D41を手放すときは相当な覚悟が必要だったと思います。
でも、手放したものは仕方ないじゃないですか。
今度はD45に愛情を注いであげてください。
D41を超えるパフォーマンスを発揮してくれたらいいですね。
ギターに対する愛情は変わりませんよ!!
[2006/03/20 13:15:20]

お名前 Name: 和田信雄   
企業の人事異動、そして学生さんの卒業、入学、入社。

さくらの咲くこの3月は、人との別れ、出会いが織りなす
せつなく、又希望に満ちた時期であります。

私事ですが、ギターの世界でもそのような気持ちになりました。
長年、親しんできましたD41を近くの友達にお譲りし
D45を買いました。

音は無論、それぞれのよさがあり甲乙つけがたいものがあります
が、新しいギターの入った喜びより、古いギターとの別れで
傷心の気持ちとなりました。

感情移入のしやすいものだけに、気持ちの整理は難しいものがあります。
ギターは手放すものではなく、ずっと育てるもの・・
なんて最近は思っています。

こよなくギターを愛する皆さんはいかがですか?
[2006/03/18 19:40:50]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る