記事タイトル:ハカランダの見分け方 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: 太郎八   
家具屋さん、ありがとうございました。
アフリカン・ブラックウッドの件、ワタシの思い違いのようです。
ところで、先の書き込みにありました ↓
>Jacarandá mimoso=私が連想するジャカランダがこれ、キリモドキ

最近、ワタシのお気に入り、松田美緒ちゃんの歌にも登場するジャカランダ、
(過去スレにも登場の、街路樹として植えられ、桐のような花が咲く樹木で、
 ギター用の材にあらず)
ってのはこれのことなんでしょうかね?

この機に、あらためてハカランダに関する過去ログをあたってみましたが、
実に多くの方が、多岐にわたる書き込みをされていて、とても興味深く読ま
せてもらいました。
それだけ、思い入れや関心度が高いってことなんでしょうね。
失礼しました。
[2007/04/05 23:24:05]

お名前 Name: 家具屋   
Hoxy様

お買い上げいただきありがとうございます。と、申し上げたいところですが、
こちらの掲示板を営利目的に使うと出入禁止になるかも。。。
それはとても寂しく思いますので、またの機会にお願いいたします。
”世界のローズウッド尽くし(但し突き板)”の洋箪笥でも如何でしょう?(笑)

太郎八様

コアとアフリカンブラックウッドはまるで似ていません。(笑)
確かコアはアカシアの仲間ですから、別種でよく似たものがあるのでしょうね。
蛇足ですが、ボンベイブラックウッドはインドローズです。
他のローズがJacarandáと呼ばれるか?ということですが、私もよく知りません。
マダガスカル産のローズも3種程あるようですので、さて、現地では何と呼ばれているやら?
[2007/04/05 21:21:56]

お名前 Name: 太郎八   
家具屋 さま
はずかしながら、ついでに便乗質問させてください。

最近よく出てくるホンジュラス・ローズやマダガスカル・ローズ、
これらは Jacarandá ×××× って言い方はないのでしょうか?
[2007/04/05 01:44:26]

お名前 Name: 太郎八   
家具屋 さま
>Jacarandá africano=アフリカンブラックウッドですね。

そうなんですか、初めて知りました。脱帽です。
タスマニアン・ブラックウッドやオーストラリアン・ブラックウッドなどは
とてもハワイアン・コアに近い種だと聞いたことがあるもので、てっきり、
アフリカン・ブラックウッドもそうなのかな、と思っていました。
(写真でしか知りませんけど、木目はコアっぽいように見えましたけど)
また、私の好きなコアウッドについても、種々あるようですね。
最近は、なんとかアカシア(名前が思い出せません)をコアって表示している
ものもある、なんてことも何かで目にしましたけど。

余談ですが、
>bahia と聞くと、おもわずクララ・ヌネスのことが偲ばれるワタシです。
また、スレをはずしてしまいましたね、スレ主さまお許しを。
[2007/04/05 01:20:46]

お名前 Name: Hoxy   
あら〜、そうだったんだ。ありがとうございます!家具屋さん。
こんどタンスでも買わせていただきますね〜。

Jacarandá ga nanbonomonja =ブラジリアントオモエバブラジリアン ですかね(笑)
[2007/04/05 01:04:56]

お名前 Name: 結局   
みんな分からないって事でおk?
[2007/04/05 00:57:06]

お名前 Name: 家具屋   
こんにちは。

Jacarandá da bahia=ご存知、ブラジリアンローズウッド。
Jacarandá do Pará=こちらがアマゾンローズウッド
Jacarandá amarelo=サントスローズウッドだった、かな?
Jacarandá africano=アフリカンブラックウッドですね。
Jacarandá mimoso=私が連想するジャカランダがこれ、キリモドキ。(学名もJacaranda mimosaefolia)

ですから、Hoxy様、ご心配には及びません。アマゾンローズも紛れも無くJacarandáであります。(笑)
[2007/04/05 00:35:44]

お名前 Name: Hoxy   
たとえば↓のギターが20年後とか30年後に市場に出たとした場合、見た目だけで
材を正確に識別できる人は何人いるのでしょうね。

http://www.woodman.co.jp/st/view_detail.cgi?did=070220003

「これハカランダですよ」と言われればワタシは信じてしまうでしょうね。
ま、もっとも30年後は死んでると思うので関係ないけど…(笑)
[2007/04/04 23:54:09]

お名前 Name: KIYAMA   
ちなみに 話がずれますが
アディロン・ブラジリアンなどを当時採用した一番のきっかけは
原木として一番手に入りやすかったという記述もあります

なので、マーチンがもしドイツにいたら おそらく材も又変わっていたのかもしれません
[2007/04/04 12:48:07]

お名前 Name: でんでん   
違いの分からない♂氏ね
[2007/04/04 10:04:28]

お名前 Name: tenten   
>違いの分からない♂  さん

もうちょっと私の文章をちゃんと読んでくださいよ、
そんな事は一言も書いておりませんが。
書きませんでしたが、しかし、やはりハカランダと普通のローズの音の差はあるようには感じてます。
[2007/04/03 05:34:47]

お名前 Name: KIYAMA   
修正
>70後半
70年代

もっともブラジリアンが当たり前だった戦前ものなどは柾目が主流です、
しかし木目自体渦巻いているような部分もぞんざいしますので・・。
[2007/04/02 22:51:50]

お名前 Name: KIYAMA   
TANNさん
基本的には、音 云々より、材の変化を考え板目は避けたいと思います
しかし、最近のブラジリアンでは家具屋や、デッドストックからの購入で
不可能、と言って過言ではないと思います。
では、70後半のローズで板目が存在するのは
当時のマーチンは、トップ材は基よりネック材も原木として購入していた時期があり
それだけ、贅沢にギター用として選択されていたと思います
そういった木取りで 板目的な部分もあったのでしょう
現在は、製材された木を購入していますのでそれもなくなって来たと思います
全ては、環境保護と、合理化の一つの答えだと思っています。
良い、悪いは 別にしてね。
[2007/04/02 22:37:49]

お名前 Name: TANN   
ハカランダ=板目、ローズ=柾目では、簡単には割り切れないとは思いますが、
柾目のハカランダはほぼ無いに等しいと思いますが、板目のローズ材はなぜあまり使われない
のでしょうか? 70年以降でのD-28において、板目の物をもっておられる方がいますので、Martin社は採用していたと思いますが、なぜ積極的に採用されていないのでしょう?
[2007/04/01 15:12:38]

お名前 Name: 違いの分からない♂   
tentenさんも音の違いがわかるみたいですよ。

>まして音色はまったくと言っていいほど分かりません。

ならば、わざわざ不当に高い値段をつけて売られているハカランダモデルを追っかける
必要は無いのでは・・?あれに大金を出す人というのは、
ハカランダでないと代用が利かない(と思っている)人達ですよ。


是非違いの分かる男に会ってみたいですねぇ。。。
出て来いやぁぁぁ!!
[2007/04/01 14:01:33]

お名前 Name: プロM   
空極のD−28はん・・・じゃのうて、究極のD−28はんや〜
ここのパソコンはコピー貼り付けが出来まへんのや。かんにんや♪
[2007/03/31 20:24:46]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

空極のD−28はん、その後出てきませんな〜!わて待ってるんでっせ。
写真10枚送って9枚当てる自信あるんでっしゃろ? 10人が各自で
こらわからんだろう?ちゅう1枚を送りつけるんですわ。違った場合は
どないします?違ったら大嘘つきになりますけど・・・・ええでっか〜?

弾いたら95%当てる自信が・・・・ほなら塗りつぶしでもええんでっか?
100本弾いたら95本当てるんでっせ!脅威でっせ、マジ!この前リペア〜
30年以上のキャリアを持つお方にその話をしたら(=。。=)まゆつばや!
話でなくて落語の噺に近いな、と言われましたわ。そこまで言われたら御登場
いただかないとあかんやろ。

実際、それぞれの木の音の特徴はあっても各パーツ異なる木が組み合わさると
そら〜えらい難しい事でっせ。わてとしては、さらっと次のレスへ流せるもん
じゃおまへんで(▽。。▽)・・・・かと言うて大切なギターを送りつける訳
にはいきまへんしな(*。。*)どっかの楽器店貸しきって”空極のD−28
はんのギタークリニック”でもやりまへんか?コアなファンも多いこのサイト
の登場人物がこぞって見にいきますわ。どや、プロM節全開や♪
[2007/03/31 20:20:27]

お名前 Name: jonny   
ハカランダの柾目と板目の区別はつきますが「良質の・・・」となった場合はどの辺で区別がつくのでしょうか?
また70年代頭のローズは良質の物が使われているのでしょうか?
音を聞かなくても材のグレードって分かる物ですかね?除くメイプル材
[2007/03/28 20:08:35]

お名前 Name: nigra   
単純に面積で比較はできないと思いますが一本分いくらくらいでしょうね。

http://wood.shop-pro.jp/?pid=2320257

現在はワシントン条約で輸出禁止になっている銘木、ハカランダ (ブラジリアンローズウッド) の天然木突き板
ツキ板の厚みは0.6mm
幅は16cmで、長さは2m40cmまで一枚もので可能
単価は、長さ10cmあたり600円 (無塗装・無着色)
[2007/03/27 15:02:20]

お名前 Name: ゼク   
私もアコキングさんと全く同じ考えです。
1969年以前はギターといえばブラジリアンローズかマホガニーが普通に使われて
いましたので間違いなくブラジリアンを購入したいのであれば’69以前の物を買うに
限ります。
逆に特にブラジリアンローズが高騰してきた近年は、怪しい木も見かけます。
僕は見た目では判断できないので自信ないですがやはり60年代のものは間違いないと
思っています。
[2007/03/27 15:01:02]

お名前 Name: アコキング。   
現行品でハカランダと称するものに対し100%の確証が得られないのであれば、
69年以前のものを買うしかないですね。
当時はローズウッドと言えばブラジリアンローズウッド=ハカランダだった訳ですから、
100%ハカランダであると言い切れると思います。
[2007/03/27 13:44:50]

お名前 Name: 夜勤者   
いやいや、

>友達にに言うために、ハカを購入されるのですか・・?

別に煽りを入れたつもりではないのですが、誤解を招いてしまいスミマセン。

ただ、店の人が言った言葉を鵜呑みにして、ハカランダと思い込んで
実は違うのに、つい買ってしまった・・・なんて事はないのかなぁ?と思って書きました。

そんなことにならないために、皆さんは理解して
ハカランダ購入しているのかなぁ?と思ってしまいました。

友達の為に買うわけじゃないけど、普通ギター買ったら友達に報告して
演奏してみたりしないでしょうか?
[2007/03/27 02:18:54]

お名前 Name: ゼク   
jonny様、私も木を見て判断は出来ません。ましてや音で判断はもっと出来ません。
ショップでもハカランダ(ジャカランダ)と言うのはブラジリアンローズやココボロ
アマゾンローズ、コーラルローズ、等の総称でニューハカランダもハカランダの一部と
言うところもあります。ですから表記的にはハカランダではなくて○○○ローズと
いう風な呼び方がはっきりしていいらしいです。

後、僕の聞いた話では木材はカットした状態で輸入されたくさんのローズウッドの中に
ブラジリアンを1枚入れたりとかして密輸するみたいです。

僕は最初に書かれている
「ハカランダのギターを音色や見た目で見分ける方法」はなかなか難しいと思います。
特に音色は材による違いより、ブレージングやTOPの厚み等での影響の方が大きい
と思っているのですが。ほんとに難しい問題ですね。
[2007/03/26 23:54:01]

お名前 Name: ハカスペシャル   
.魯ランダとインディアンローズを音で表現すると
ハカ→ドスン、カラーン
ローズ→ボヨン、ドヨ〜ン
▲魯ランダとインディアンローズを魚で表現すると
ハカ→天然もの、身がぷりぷり
ローズ→養殖もの、身はふにゃふにゃ

ハカはシャキッとしてるのに対し、
ローズはどうもぶよぶよした感じがします
[2007/03/26 23:39:57]

お名前 Name: jonny   
少し横道にそれるかもしれませんが、スレ主様ご勘弁を。
仮にゼク様の書かれているような判別不能に近いギターがあった場合、
税関は無事に通過できるのでしょうか?
またマーティンはシリアルを調べれば分ると思いますが、
海外の個人の方の作品は購入時にサイテスの書類やハカランダ証明書的な書類は
付いてくる物なのでしょうか?

私個人としてはあまり木の見分けが付きませんが、皆さんすごいですね!
[2007/03/26 02:48:09]

お名前 Name: こっこ   
夜勤者様
あなたは、友達にに言うために、ハカを購入されるのですか・・?
自分自身が分かっていれば良いと思うのですが・・。
[2007/03/25 23:19:14]

お名前 Name: ゼク   
GT3RS 様の言ってることを大阪の有名なショップでも聞きました。
メーカーのもの(MARTIN、GIBSON、YAMAHA、MORRIS・・・)
は比較的ハカランダと言ったらハカランダで間違いないようですが、問題はルシアー物
です。これはそのルシアーの言うことを聞くしかないそうです。

先日、大阪のあるルシアーにリペアーを頼んだのですがそのときにそのルシアーの方が
造ったギターがありました。僕はどうみてもハカランダに見てたので、「そのハカは
いい木目ですね?」と聞きました。
すると「これはどうみてもハカランダですが、実はアマゾンローズです。」
と答えました。僕は、「これハカじゃないんですか?」ともう一度聞きました。
すると、さらに「私が木材を購入して作製したから間違いないです。アマゾンローズ
です。」と言いました。
よく聞くと、ルシアーによってはハカランダで売るらしいです。
どうみてもハカランダに見えてのですが、この場合製作者がはっきり言っていますので
間違いないです。

結局、その方の言うには、市場ではハカと言いながらハカでないものも少なからず
出回ってるそうです。しかしその木をハカと誰もが疑わないならそれはハカなのかも
しれませんが・・・。
[2007/03/25 23:06:38]

お名前 Name: GT3RS   
皆様こんにちは、
ハカランダのギターは、ハカランダを気に入った人、そのギターの音を気に入った人が、買うので、
多少、購入価格が高くても問題ないですね。マーティンは、明白にわかりますが。
ソモギ、グレーベンを含めて、ルシアー物のハカランダを見分けるのは、困難です。
ラミレスなどの呼び名の南米ローズもたぶん、ルシアー物では、ハカランダで流通している可能性が高いと思っています。
[2007/03/25 22:45:10]

お名前 Name: 夜勤者   
店で「これハカランダモデルですよ」と言われて
音聞いて、気に入って、高いお金出して買って。

自宅に持ち帰って、友達に「ハカランダのギター買ったよ」
と、胸張って言えるのですか?
[2007/03/25 22:18:59]

お名前 Name: あおいそめ   
ノンジャカランダのD28と他社アディロントップでジャカランダという触れ込み
(発売時は120万もふんだくられた)のドレッドノート・タイプのを、普段使ってますが、一向にその音の違いを表現なぞデキマセン。
もっとも、音がでかいのが、Dモデルを使う理由という、不謹慎な私です。
世の中には音で聞いて、写真を見て95%も判別できる人がいるなんて、驚きです。
一度私のも見てください。
[2007/03/25 19:25:48]

お名前 Name: 鑑定士   
たくさん見るしかないでしょうね。
しかしハカランダかどうかは最近のモデルも古いものも調べれば
年代、モデルによってはっきりしていますのでマーチン、ギブソン、コリングス等の
有名メーカーであれば別に木目を見て悩み苦しむ必要は私は全く無いのですが・・・。
ルシアー物等で怪しいと思ったら手を出さないことです。
[2007/03/25 17:37:48]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

難しい質問やね〜・・・そうすねえ〜・・・まず原木を切った状態を見て
頭に叩きこんでおく必要がおますわ。それから塗装後の状態の奴を頭に
叩き込んでおく。塗装前と塗装後の似た木を比較しておく必要もおます。
さらに柾目と板目の塗装前後の違い等・・・・・などなどを経験しても
わかりずらいですわなあ〜・・・・メーカーも手を変え品を変え類似木
をさも○○ちゅうて使うてきますやさかい。
わてもメーカーにおって色々見てきた(作ってもきた)けど??の一人ですわ。

弾けば95%の判定できるお方がいらっしゃるそうなので見てもろたら
ええですわ。・・・凄いなあ〜 でも100%でないと意味ないな(@。。x)
[2007/03/25 16:01:39]

お名前 Name: tenten   
>まして音色はまったくと言っていいほど分かりません。

ならば、わざわざ不当に高い値段をつけて売られているハカランダモデルを追っかける
必要は無いのでは・・?あれに大金を出す人というのは、ハカランダでないと代用が利かない(と思っている)人達ですよ。

見た目は私の場合、柾目だとほとんど分かりません。塗装面から見ると金褐色がかっている感じはします。
板目だと、樹脂分の多い所が黒い筋となって出てくるのですが、その筋の現われ方がハッキリしている割に境界部はモヤッとしていて特徴のある感じがします。
あと、匂いは例外なく上品な香りがしますが、インドローズの香りとどう違うのかと言われると、言葉では難しいですね。
見た目では良く分からないですが、自分にとってイイ音がどうかは実に良く分かるので、私はそれだけで判断します。
[2007/03/25 10:58:32]

お名前 Name: 究極のD-28   
みなさん、こんにちは!
ズバリ経験がすべてです。
自慢ではないですが、
1.インディアン
2.ブラジリアン
3.ジリコーテ
4.ボコテ
5.ココボロ
6.アマゾン
7.ホンジュラス
8.マダガスカル
以上の8種であれば弾けば、95%判定できます。
画像判定も悪い写真でなければ90%以上の確立で見分けられます。
もし、画像を送って頂けましたら判定しますよ。(保証は付きませんが・・笑)
[2007/03/25 05:44:57]

お名前 Name: ギターふぁん      
書き忘れましたが、私がショップで聞いたのは
黒ごまが吹いたような模様しているのがハカランダと聞きました。

そういう特徴もありますか?
[2007/03/25 03:28:46]

お名前 Name: ギターふぁん   
何度も語られてきたハカランダについて聞きたいです。

ハカランダモデルは各社それぞれ出てますが、正直見た目では
ローズかハカランダか分からないのが正直なトコです。
まして音色はまったくと言っていいほど分かりません。

ココでは音色については表現のしようがないのでどうでもいいですが
見た目の見分け方・特徴について聞きたいので、
よろしければ教えてください。

よろしくお願いします。
[2007/03/25 03:24:55]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る