記事タイトル:ウェバリー4060へのペグ交換 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: グリコ(その後)   
今日、D18V(2002年製)に付いている純正ペグの、裏のビスを2つ外し、
試しにウェーバリーペグ本体を差し込んだところ、ぴったりシャフトが入り、
また、2箇所のビス位置もぴったり。ブッシュもそのまま。
と言うことで、全くの互換性を持って、難なく交換できてしまいました。
現在流通している、マーチィンのヴィンテージシリーズ(D18V、
そして恐らくHD28V、D45Vも)に使われている、GOTOHペグは、
ウェーバリー4060に完全互換のようですね。知りませんでした。
体験者様、さむさま、色々ありがとうございました。結果オーライです。
ウェーバリーはしっとりした操作性でよいですね。チューニングもばっちりだし。
何より音がクリアになった感じです。高いのが困りものですが。ありがとうござい
ました。
[2006/02/04 17:20:57]

お名前 Name: グリコ   
さむさん
ありがとうございます。これからじっくり拝見します。
今、帰宅したらウェーバリーが届いてました。
さて、どう料理するか。。。
[2006/01/31 20:48:43]

お名前 Name: さむ    URL
グリコさん

ペグを交換した時の写真がありますので、
もし宜しかったらご覧下さいませ。
[2006/01/29 23:31:09]

お名前 Name: 体験者   
マーティンのVシリーズ交換用のブッシュは残念ながら聞いたことありません。
グローバーのロトマチックチューナーからウェーバリーへの交換用ブッシュならありますね。
あちらは穴の径がオープンバックタイプぺグが付いたギターに比べかなり大きいですからね。

あと穴の径を広げるといってもVシリーズの場合はほんとに0.2〜0.3ミリ程度なので
加工したといえばそうなのですが、ほとんど無加工といっても過言ではありません。
もしオリジナルがオープンバックでなかったらもっと色々と加工する必要があります。
自分はオリジナルぺグがオープンバックでよかったなぁぐらいに思ってあまり気になさらないことです。
[2006/01/29 22:23:04]

お名前 Name: グリコ   
ありがとうございます。
今確認したところ、小生のギター(D18V:2002年)は
オリジナルでワッシャー付でした。
塗装を傷つけないようにつけないように「小さいドライバーでコツッ」
と外した上で、小さいリーマで穴を広げる感じですね。がんばります。
(グリコ)
[2006/01/29 22:20:12]

お名前 Name: 体験者   
一つ言い忘れました。
オリジナルでワッシャーが付いていた場合には、
.錺奪轡磧爾漏阿靴読佞韻覆ぁ
▲錺奪轡磧爾瞭盞造鬟ΕА璽丱蝓爾離屮奪轡紊通るようになるまで金属用ヤスリで削る。
のどちらか選ぶ必要があります。
前者は簡単ですがヘッドにワッシャーの跡が残るかもしれません。
後者は上の心配はありませんが小さなワッシャーの内径を削るのは結構大変です。
また、いずれにしてもワッシャーを外す際にはヘッドの塗装も一緒に剥がしてしまわぬように
気を付ける必要があります。
だからといって穴の径を広げる際に一緒にワッシャーの内径も広げるというのは難しいでしょう。
[2006/01/29 21:59:56]

お名前 Name: グリコ   
体験者様
ご丁寧にありがとうございました。
今までの色々な情報の中で一番現実的なご説明で納得がいきました。
どうしてもウェーバリーに変えたくて、先ほどネットで注文しました。
ヘッドを多少削らなければならないのは、ちょっと残念ですが、
それ以上の効果があると期待しています。
あ、それから、もしかして交換用のブッシュを販売しているということは
ありませんでしょうか? ご存知でなければ結構です。
ご教授ありがとうございました。
(グリコ)
[2006/01/29 21:49:57]

お名前 Name: 体験者   
ビス穴はそのままでOKです。
しかしながらブッシュは元の穴の径だと完全に奥まで入りません。
よほど荒っぽく叩いて押し込みでもしない限り隙間が出来るはずです。
しかしながら無理やり叩いて押し込むとヘッドが割れる危険があります。
だからといって元から付いてたオリジナルのゴトーのブッシュだと
ウェーバリーぺグは通らないのです。

私の場合はブッシュが85%くらいしか入っていなくても機能上はあまり
問題なさそうでしたのでしばらくはそのままにしていました。
しかし見た目中途半端な気がしてならなかったため、
円柱型の鉄ヤスリに中目か細目のサンドペーパーを巻きつけてほんのわずかに削りました。
削る際は、少し削ってはブッシュをはめてみることを何度も繰り返したほうが、
削り過ぎてしまうことの防止になります。もし削りすぎるとブッシュがガタつきます。
また削る際には塗装をはがしてしまったり、その他の場所に傷をつけないよう
気をつけて作業する必要があります。
私に説明できるのはこれくらいでしたが、お役に立てたでしょうか。
[2006/01/29 21:35:16]

お名前 Name: グリコ   
はじめまして。いつも愉しく拝見させて頂いています。

ずばり教えてください。
現行の「HD28V、D18V(ビンテージシリーズ)」のペグ
(オープンバックタイプ)を、「ウェバリー4060」に無加工で交換
できますでしょうか?

過去レス等ひっくり返して見ましたがどうもよく分からず。
一回ペグを外して寸法を精確に確認すればスペックで分かるのでしょうが、
まずはご経験のある方が居られたらと思いスレ立てます。よろしくお願いします。
[2006/01/29 17:34:22]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail(入力必須) URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る