記事タイトル:GEは鳴って当たり前の構造 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: jonny   
コーピー様
確かにゴールデンエラはなって当たり前の構造になっております。
.屮譟璽轡鵐阿フォーワードシフテッド
▲好ャロップがしてあるブレーシング
スキャロップがゴールデンエラは特別な削り方がされている(よりトップがなるように削られている。)

最初に45GEを弾いたときは驚きましたが、確かにハカランダ特有の音質特性を持っていますし、音がポンポンと前に出てくるのです。
しかし、時間が経つにつれて、OMのような特性の音(サスティーン)になってくるかと思われます。
またフォーワードシフト(シフテッド?)のブレーシングは十分な強度が保てないような気がします。
トップの膨らみ等のトラブルになりやすいような気がしますがどうでしょうか?
20年後にまた音が聞けたらと思います。
[2006/04/21 22:24:20]

お名前 Name: HANA   
GEのシリーズは私も好きです。
>GEは鳴って当たり前の構造だから・・。
という事は、当然オーナーに聞かれているのですよね
でしたら、こんなお返事いただいたのですけれども
みなさん、どうお考えでしょうかと?

そんな風に尋ねられる方がみなさん答えやすいし
ある意味、礼儀かと思います。
[2006/02/12 22:57:03]

お名前 Name: tenten   
トップ材の強度に対する厚みの追い込み、ブレーシングのスキャロップ加工のこと等を
言っているのだと思います。
鳴って当たり前の構造に仕上げていくのが名器の条件だと思うのですが、この国では
どうも、
1.鳴りにくい構造のモノを弾き込みと年月で鳴るようにしたのが本物の音
2.アジャストの出来ないスクェアネックが不便な代わりに「骨の」ある音
3.最初から鳴りやすい楽器は、結局薄っぺらい深みの無い音で、その後育たない
・・・・

と言った調子なんで、そういうマゾヒスティックな方々には、「最初はなかなか鳴らな
いけど、その後もしかしたら鳴るようになるかもしんないギター」の方をせっせとお買
い上げ頂くしか無いようです。
強度を落とせば、板を薄くすれば当然良く鳴りますし。強度を上げれば、最初鳴りにく
ければ、最初鳴らずに、その後鳴るようになる事もあるでしょう。でもそれは、単純に
木工製作と音質との兼ね合いの問題で、鳴って当たり前の構造に追い込めたGEはやっぱりエライと申せましょう。
[2006/02/12 10:58:30]

お名前 Name: DDIPOCKET   
DDIPOCKET;KYOCERA/AH-K3001V/1.4.1.67.000000/0.1/C100さん。
いろいろなHNでいつもごくろうさま
[2006/02/11 20:30:21]

お名前 Name: あのう   
>そのオーナーに聞けば?という「荒し」には一切対応しませんのでよろしくです。

貴方の質問を読んだ人の全てが思う素直な疑問を伺いたいです。
何故そのオーナーに聞かないのでしょうか?
[2006/02/11 18:13:13]

お名前 Name: コーピー   
 先日あるショップのオーナーに「GEは鳴って当たり前の構造だから・・。」と言われ疑問に思いました。
鳴って当たり前の構造ってどんな構造なのでしょうか?
わかる方教えてください。
そのオーナーに聞けば?という「荒し」には一切対応しませんのでよろしくです。
[2006/02/11 14:30:41]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail(入力必須) URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る