記事タイトル:1957年D28 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: KOOL   
上手く言えませんが、ギターミュージックならばどんな音楽でも
ビンテージは合うのではないでしょうか。
一生のうちに自分のものにできる、出会える楽器は一般の人なら
たがが知れている気がします。
楽器選びで楽しめて、プレイで楽しめて、ギターはやはりいろんな楽しみ方が
ありますね。自分はずっとやっててよかったと思います。
ギターやめてたら今頃ただのオッサンでしたから。
[2008/12/07 12:30:37]

お名前 Name: KOOL   
上手く言えませんが、ギターミュージックならばどんな音楽でも
ビンテージは合うのではないでしょうか。
一生のうちに自分のものにできる、出会える楽器は一般の人なら
たがが知れている気がします。
楽器選びで楽しめて、プレイで楽しめて、ギターはやはりいろんな楽しみ方が
ありますね。自分はずっとやっててよかったと思います。
ギターやめてたら今頃ただのオッサンでしたから。
[2008/12/07 12:30:31]

お名前 Name: mk   
古都さんが書かれていた、ビンテージが合う音楽。
僕はまさしく最近のノーマン・ブレイクだと思います。
最近の彼の録音をおききになられていますか?
若い頃の演奏も素晴らしいですが、僕は最近の演奏が大好きです。
どんなギターで弾いても彼の出す音や音楽が良い事に変わりはないんでしょうけど、
最近の彼の音楽では古いギターが実に活き活きとしていると思います。
[2008/12/06 20:04:01]

お名前 Name: 太郎八   
連投、失礼。

YAMAGUCHI さん

お聴きくださり、恐縮してます。
でも、、いい音でしょ。。
そうなんですよ、まさに色気があるんですよ、コレ。
こいつとは30年来の付き合いになるけど、未だにもてあそばれています。
で、これから先も、そうであり続けると思います。
[2008/12/05 11:47:50]

お名前 Name: 太郎八   
こんにちは、みなさん

手もとの '56 D-28 ですが、気付きを少々。

太郎八が MySound にUPしている曲は、ほぼ次の3機種で弾いています。
・D-28 1956
・Lakewood M-46c/w 1996
・Headway HF-422 2004

これらの音を、CoolEdit の Spectral View や SoundEngine のスペアナで較べてみ
ると、ある程度の特徴が読み取れそうです。

■ D-28 1956
70〜500Hz あたりに大きな山があり、3kHz 4.5kHz 8kHz あたりにピーク的なところ
が見られるかな。
下(低域)は 50Hz 以下まで、上(高域)は 10kHz 以上もかなりのレベルで出ていて、
収録マイクの限界と思える 16kHz まで充分出ていて、倍音成分が多いことが解りま
す。

■ Lakewood M-46c/w 1996
深胴OMタイプとはいえ、さすがにボトムは D-28 より少しレベルが低いようです。
500〜2kHz あたりは、D-28 よりもバランス的に高いレベルで出ているかな。最高域
は D-28 ほどは出ていないようで、やはり、Lakewood の中高域の太い感じの音が、
画面からも頷けそうです。

■ Headway HF-422 2004
やはり、一番新しい機種だけあって、途上の音のようです。
4kHz あたりのレベルは意外と高いようですが、これも000タイプゆえ、ボトムは
D-28 よりも控えめながらも、スペアナとかを見る限り、D-28 に近い感じのように
も見えそうです。倍音の乗り方も、なんとなくマーチン的なところがありそうです。

だいたいこんなところですが、これ、あくまでも太郎八の主観によるものですので。
みなさんも、お手持ちの音源を編集ソフトなどでビジュアル的に見てみると、それぞ
れの機種の特徴が見れて面白いですよ。

p.s.
古都 さん
太郎八の場合、ビンテージを買った、というより、かつて新品とオールド(当時はビン
テージなんて呼んでいませんでした)が、ほぼ同価格の頃に求めた(かなり無理はしま
したが)ものなんで、それこそビンテージなんていう感覚は自分の中にはないんですよ。
[2008/12/05 11:36:12]

お名前 Name: ビンゴ   
古都さん、こんにちは。

「ビンテージ」って括って考えずに、「お古」にも「おニュー」にも良いのがあるって
考えたら良いじゃないかと思います。芯の弱い音のギターは新作でもビンテージでも
いわゆる「遠達性」は弱いと思います。そして、タッチによって「芯」を出せたり、つ
ぶしてしまったり・・・という要素もあります。
[2008/12/04 23:04:03]

お名前 Name: 古都   
太郎八さん
>スカスカの音
この表現は、よくありませんでしたね。

もっぱら私はギターを表現の道具としていますので
何本かある中でのビンテージは音の個性として欲しいですね
でも、たまたま主観が赴かない
というか?
価格ほどの音を感じないことや使う状況を想定したとき、
私にはあまり縁がなさそうなのが 正直なところでしょうか?
ビンテージでしか出せない しかも年代まで限定して購入する人って
どんな音楽をしているのだろうと思ったしだいです。

ビンテージ自体はそれ程興味は無いのですが
そんな人の弾く音楽に凄く興味があったのです。

研究、という意味では今回は(も?)邪魔な意見でした。
[2008/12/04 22:19:18]

お名前 Name: YAMAGUCHI   
>太郎八さん

いい音ですねえ。乾いた感じと色気があって。
だけどこれだけ聴いて「50年代のD-28」って当てるのは私には絶対不可能。
皆さんは分かるんでしょうか?
それって鉄弦の音をしらなすぎる?
[2008/12/04 18:13:40]

お名前 Name: 太郎八   
こんにちは、みなさん

下の なみgこぞう さんのスレに投稿したんですが、趣旨が趣旨なんで、こちら
にも投稿させてもらいますね。二重投稿、お許しくだされ。

          ***            ***           *** 

自分の音源のなかに、'56 D-28 のものがありました。
音だけなので、MySound にUPしました。
7年くらい前に安っすいワンポイントステレオマイクで一発録りしたものです。
自分で言うのもなんですが、スカスカの音ではないと思うんだけど、、。
ご参考まで。

■ Pu'uanahulu
http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=219851

これ、タロパッチ(Open G)で弾いてます。
この、ちょっぴり甘くて張りのある音、手もとの若い機種ではなかなか出ません。
同じ曲を YouTube にもUPしてますが、そっちは若いピチピチのギターなんで。
あ、演奏自体の云々は棚上げさせてくださいね。
(YouTubeの“トカちゃんの散歩”も同じ D-28 なんだけど、ちょっと酔いが...)

フラットピックでの音は、いずれまた時間が取れたときにでもチャレンジしてみ
ますね。では!

          ***            ***           *** 

ちなみに、
'50年代の 00-18 0-18 、何台か弾かせてもらったことがあるのですが、残念ながら、
(幸いにも?)「これだっ!!」っていうモノにはまだ遭遇しておりません。
[2008/12/04 17:10:32]

お名前 Name: 911   
スレ外し申し訳ありません

ビンゴさま

>アレ、お弾きになったのですね!?
21ということもあって、値段もまあ大台乗ってませんでしたし、弾かせてもらいました(笑
あの楽器は911にとっても当たりでしたが、ピック弾きはちょっと辛いですね。。。
ライ・クーダーさんの最近のメインギターですもので!(今はもう違うのでしょうか?

>新しめの、少し鈍くても瑞々しい「ブラン・ニュー」なギターの良さに再び目覚めた
私はまだよく分かってないのかもしれませんが、感じるものがあります。
新めのD-28を弾いていると、反応はよくないんですけど、弾いていて『しっくりくる』というか、
よく弾けてあげられている感じというか、等身大な感じがして変に愛着が沸いてしまう時があります。
やはり、(下手なりに)『しっかり弾いてあげようと努力すると、しっかりとそれについてくる。』
というのが私にとってはとても重要で、古い楽器にもそういうところを求めていますね。。。

まあ、もともとレスポンスの速い楽器が苦手な事もあるんですが、
どんな小さな入力にも過敏に反応する楽器は、やはり私には弾きにくいです(笑


YAMAGUCHIさま

>あれ、まだまだイけるでしょ。
当時、ドレッドノートを買うのはもう決まっちゃっていたので、ドレッドノートから探したわけです。
年代関係なしに予算内で弾いていって、『上手く聞こえる』と思ったのがたまたまこれだったんです。
この62年製について言いますと、1,2弦はすでに弦鳴りしなくなりつつありますが、
まだまだ、『ブルン』っていう5,6弦の音が出ますので911の中では現役です(笑

>特に私は50年代の000-18や00-18によくそれを感じます。
54年製000-18は弾かせて貰ってませんが、『元気な音』はよく分かります(笑
50年代の000-18や00-18はどれもウッディかつ、カリンコリンの良く響く楽器が多く、
跳ね返りがいい(敏感、反応が速い)ので、弾いていて楽しくなる楽器ばかりという印象です。
ローズやハカのものよりマホのほうが個体差が少ないということもあるのかもしれませんが、
D-18ですと、うなっちゃってるものが多かったりして(それはそれで身悶えるほど魅力ですが)
跳ね返りがいいという感じがしませんので、『オールドの良いところ』という印象が薄いです。
[2008/12/04 16:10:53]

お名前 Name: ビンゴ   
トシさん、皆さん、こんにちは。

911さん、論理的な文章もすんばらしいのに、音色を言語化する感覚的な表現力も
シャッポを脱いでしまいます・・・・!アレ、お弾きになったのですね!?
YAMAGUCHIさんも表現力がすごいなあ・・・。おっしゃる通りです。

911さんのパワーピッキングに堪えうるギターは、あまり軽くてはダメな気がします。

私が「ビンテージ」もしくは「オールド」を手放したのは、音が「出来上がっちゃってる感」
が自分の中で大きくなってしまったからなんです。そして、新しめの、少し鈍くても瑞々しい「ブラン・ニュー」なギターの良さに再び目覚めたというわけです。
ですから、そういう新しめの要素が残されたお古ギターが中心になるわけですネ・・・。

先日、お茶の水で、00018オーセンチックを試奏するチャンスがありました。
ブラン・ニューの瑞々しい魅力と、太くて力強い音色に、魅力を感じました。
価格は既に「圏外」ですから、お店の人には申し訳なかったのですが、よく「歌う」
ギターでした。やはり、マーチン、たいしたもんです。
[2008/12/04 14:54:53]

お名前 Name: YAMAGUCHI   
ちょと脱線失礼。
911さんもアレ弾いたのね!

>’くはっきりとした鮮やかな輪郭(金属音)と、
  エアー感のある『コン』というアタック(薄い板っぽい)
   が、ステレオというか、立体的に響く。

そうそうそうそう。「立体感」がこの個体の特徴だよね。
私が割りと重視するのが「薄い板っぽい」という奴で、これが木の倍音の特徴だと思うんです。
で、オールドのいい楽器はこれが聴こえるのが割りとあるけど、
この個体のようにステレオリバーブっぽく聴こえるのは珍しいと思います。

>▲優奪から伝わってくる振動がすごい。
>H娠が早く、敏感で、ちょっと触っただけなのにえらい音がする。
>こ擺錣軽い。

この辺はいわゆるよいオールド楽器の特徴ですね。

>イ舛腓辰販呂鯑れたカッティングとかではエビの剥き身のような弾力というか、
> ちょっと木材が湿っているような『ウォン』という生々しい音が出ない。
>ξ呂鯑れて弾くとアタックが弱い。線が細く芯が弱い。中音域が出てない気がする。

これもよく分かる。敏感な楽器のトレードオフだと思います。
私の要求する耐入力(フィンガー主体)は十分だけど、911さんのフルピッキングは
受け止められないでしょう。(000-21だと新品時でもそうだったかもね)

>ヴィンテージは小さい楽器のほうが魅力を発揮しやすいような気もしますね。。。

あ、だけど911さんの1962 D-28 も私からみたら十分ビンテージなわけ。
元の話に戻ってもし件の境界線が存在したとして、911さんなら「以後」を選びそうな気がします。

>特に私は50年代の000-18や00-18によくそれを感じます。

50年代の000-18や00-18は結構ひいたけど、傾向は「元気な音」かなと思いました。
代表は同店にあった、1954 000-18 これは弾いてみましたか?
60〜70年代はもう少しウッディでしみじみ味わい深い感じかなあ。
こっちの代表は渋谷のK澤に1968 00-18 があったけど、もう売れちゃったみたいですね。

>逆に、ドレッドノートはあまり古いと用途に合わないということも。。。

古くてすばらしい楽器、がんがん使ってるじゃないですか!
あれ、まだまだイけるでしょ。
[2008/12/04 13:07:54]

お名前 Name: 911   
GT3RSさま

 質感がよい
 鳴りがよい
 音質がよい
 心地よい

 これらの言葉の意味が分からないのです。
 もう少し具体的ですと、『その通りだ!』とか『いや違う!』とか
 より盛り上がると思うのですが。。。


ビンゴさま

 私も大久保の000-21にオールドの魅力を感じました(笑
 言葉にしてみると、
  ’くはっきりとした鮮やかな輪郭(金属音)と、
   エアー感のある『コン』というアタック(薄い板っぽい)
   が、ステレオというか、立体的に響く。
  ▲優奪から伝わってくる振動がすごい。
  H娠が早く、敏感で、ちょっと触っただけなのにえらい音がする。
  こ擺錣軽い。
 という感じでしょうか。。。ボキャブラリーが貧困でアレですが。。。
 
 反面、やっぱり
  イ舛腓辰販呂鯑れたカッティングとかではエビの剥き身のような弾力というか、
   ちょっと木材が湿っているような『ウォン』という生々しい音が出ない。
  ξ呂鯑れて弾くとアタックが弱い。線が細く芯が弱い。中音域が出てない気がする。
 という感じもします。

 ヴィンテージは小さい楽器のほうが魅力を発揮しやすいような気もしますね。。。
 特に私は50年代の000-18や00-18によくそれを感じます。
 逆に、ドレッドノートはあまり古いと用途に合わないということも。。。



古都さま

 私も80年製アイバニーズAW-90を当時15万ぐらいで買いまして、
 3年ぐらいサブギターとして路上用に弾いてましたが、頑丈であると言う事や
 弾きやすいということや、環境などで音質が変わらないという点などからも
 素晴らしい楽器だと思います。
[2008/12/04 10:59:39]

お名前 Name: ビンゴ   
トシさん、こんにちは。
私は「57-58境界線」についてはよく分からないのですが、55年製D18(80年
代半ば頃・三鷹フォークカウンティー)、56年製0018(同時期・同店)、52年
製D28(今年・新大久保中古楽器)、56年製00021(今年・同店)は、どれもが共通する音色特性を持った、かなり私好みの「超お古ギター」でした。

つまり、どれも57年境界線以前ですね・・・・。しかし、これも「たまたま」ですか
ら、「境界線」の実在証明にはなりませんね。

古いギターは良い音のものも、まあこんなもんでしょのものも、う〜ん(???)古い
ってだけ〜?のものも、たしかに「枯れ」た音がして、これは新作では絶対に出せない
味になってます。全体的にレスポンスが良く、倍音が多い。これで、一つの評価が出ち
ゃうんだと思います、「ビンテージってスゴ〜イ!」と。

良いタッチで音を十全に出され続けたギターというのは、実に音楽的な楽器に「育」ち
ます。そういう楽器は、吊しの新作から「当たり」を探し出すのと同じか、それ以上に
難しいと感じています。それは、特にマーチンという「オールド」とか「ビンテージ」
と呼ばれて、「物語」が付加されたりスペックや材種や工場拡張・製造ライン変更・仕様変更・従業員合理化・人気・取引価格など様々な「面白い要素」が、そのまま、楽器
選びの上では「ノイズ」になってしまうことが期せずしてあるからです。

ですから、KOOLさんの楽器選びは、鮮やかで、本当にお見事ですね〜!
やはりしっかりと試奏して、あとは「出会い」ですね。

テーマから外れますが、古都さんの演奏、イバニーズを丁寧に弾いていらして、私は
いい音させていると思います。せっかくのOM18GEですから、1回ご自分のスタ
イルというか、弾き方が「壊れ」ても(イバとお転婆娘とではかなりタッチの要求ハ
ードルの高さが違いますネ)、OM18GE使いとしてUPなさると、気に障るよう
な書き込みも無くなってくると思います。その上でイバニーズで「心にしみる」1曲
を披露なされば、イバニーズの良さも理解されるでしょう。(誰もイバニーズがマー
チンより良いなんて言ってないのにネ・・・。)
[2008/12/03 23:09:09]

お名前 Name: KOOL   
laidback さん
自分もアコギマガジンなどや、ネットのお話など頭にあって、
前日たぶんこれをもってかえるんだろうと思っていたところ
意外な選択だったんです。
もちろんみなさんおっしゃる様な個体差はあるとは思いますが
自分の感覚、主観が一番正しいと思いますね。
廉価なギターが良い方はそれでいいし
情報に惑わされず自分の感覚で選べばよいと思います。
趣味の世界ですから。
[2008/12/03 22:14:48]

お名前 Name: がんこおやじ   
1万2万のギターが本当にいい音ならば、マーチンは買う人がいないと思います
それでも高額なギターが売れるということは、わかる人は分かるということでしょうね
わからない人は、それはそれでよいのではないでしょうか
[2008/12/03 19:28:37]

お名前 Name: サボリーマン   
ビンテージの音はなんともいえない響きをもっていたりしますが個体差も大きいですね。
音色に惚れてしまったら所有するしかないのではないでしょうか。

スレから外れますが個人的に使いやすいと思うのはスキャロップしていない現行のレギュラーシリーズです。
弾き込まれていないと微妙な弦鳴りもしますがこれが唄の伴奏とかではいい味でると感じています。
完璧なボディ鳴りはしていなくても音楽的には十分使えると感じています。
スキャロップした個体の音も嫌いではないのですが最近はレギュラーの音に惹かれます。人間心境の変化があると変わるのでこれからどうなるかわかりませんが。

安いギターは機会があると色々試しますがマーチンほどの分離性能を持った物はなかなかないように思います。
マーチンの凄い所は生音を録音してみると感じます。
マーチンほど音楽的な音色と響きを出せるギターは少ないのではないでしょうか。
[2008/12/03 17:39:59]

お名前 Name: 古都   
すみません
本題の「1957年D28」から外れてしましました

関係の無い書き込み申し訳在りません

本題に戻してください。 
[2008/12/03 17:02:26]

お名前 Name: 古都   
スレ主さん スレ外しもうしわけない

がんこ爺さん
そうですね
今は、エレアコしか無いです。
しかし数年前までは本アコもアートウッドシリーズとして作っていました
ここ最近は中国製ですが
本元となるジャパン生産のギターを中古ででも見つけたときに
是非触ってみてください。
音に関しては主観ですので、これ以上はいえません。

PS
提灯持ちの「G坊」さん
何という機種を触られましたか?
私の主観では、実は触ることすらしていないように感じます。
違ったならごめんなさい。
[2008/12/03 16:28:21]

お名前 Name: G坊   
オイラもアイバネーズ一回試したけれどね、
だめだった。最初は音がきらびやかでいいなと
思ったんだけれど、

すぐに飽きちゃったよ。
[2008/12/03 15:27:59]

お名前 Name: がんこ爺   
おみゃーはまだアイバネーズに拘っとるのか
OM使った方がええと思うなあ
わしが試した2本はエロアコのせいか両方ともだめだったぞ
ペックアップのねえのはええのがあるか知らんが大抵やすもんは無駄な音さですぎっべ
無駄な倍音ビンビンの安ゲターでヘボタッチをカバーしても進歩はねえぞお
ベンテージでも何でもゲターは芯がでえじだ

それともあれか100本いや1000本に1本の超当たり安物を持っとるのか?
ええギターをわかっとる人も納得の安物ギターみてみてえもんだ
デー28の当たりより見っけるのむんずかしいぞ
都市伝説さなるようなすんばらしい安物ギター見っけた人はぜひ聞かせて欲しいもんだ
[2008/12/03 00:06:15]

お名前 Name: laidback   
KOOLさんのギター選びの体験、素晴らしいですね。
純粋に自分の耳で選ぼうとしたところがGOOD。
私の手元にも、価格だけなら100万円超のギターが何本かありますが、
100%自分の耳だけで決めたとは言えません。
どうしても世間の評判や、もしも手放したときの価格等がギター選びの
邪魔をします。
いつかKOOLさんと、同じような体験をしたいと今思っています。
[2008/12/02 23:55:51]

お名前 Name: 古都   
荒らすつもりは無いが
ひとつだけ

>もしもわかっていたらイバニーズで満足できるとは思えない

これは、貴方がイバニーズを知らないことを物語っている。
[2008/12/02 23:17:04]

お名前 Name: CoCo   
YAMAGUCHIさんの古都さんへの批判は理解できます。
GT3RSさんが音も希少性も同時に追求している事は事実でしょう。
しかし、問題点は年代とスペックで「断定」して論じている所です。

GT3RSさんの発言から特定できる「事実」は
・'57年以前の製造で満足できる良い音の個体を見たことがある。
・'58年以降の製造で前項の個体より良い音の個体に出会わなかった。
の2点だけで、「全ての19xx年製は」あるいは「19xx年製の傾向は」
と言える根拠、論理性が皆無な事です。

ここに集う人が常識として理解できる
・新品でも個体差がある事、
・経歴で大きな個体差が出来る事
という簡単な2つの「事実」を無視してGT3RSさんが
この話題を取り上げ続ける限り
売買の価格に関連する利害関係があるか、全く音が分からないコレクターと
みなされるのは当然の事でしょう。

その点を突いて、古都さんは「希少性だけ」と言われたのだと理解しますが。
[2008/12/02 21:28:47]

お名前 Name: KOOL   
古いギターがいい音がすることを言葉ではなかなか表現できませんね。
経験や体験するしか分からない人はわからないとおもいます。
自分も初めて何十本も弾き比べてはじめて納得できました。
いま思えばとても幸せな経験でしたね。
[2008/12/02 21:10:41]

お名前 Name: 古都   
全く 皆さんのおっしゃるとおりです。
興味ない話に 首突っ込んで申し訳ありませんでした。

「希少性」が、やたら気になったものですから・・・。
[2008/12/02 20:24:53]

お名前 Name: KOOL   
みなさまこんにちわ。自分は岡崎倫典さんのようなスタイルが大好きな者ですが、
自分の初マーチンの話をさせてください。
3年前ですがD28を買うぞ、予算は100万くらいならOKと気合を入れて
楽器屋に行きました。
当然その日は28を持ってかえるだろうと思っていました。
4時間くらいお店に居て、ブースの中で30本くらいのマーチン系のギターを弾いて、
気に入ったギターを2、3本手元において次のギターを持ってきてもらうといった事を
繰り返し、目をつぶって自分の感覚で音を聞いたりあまり価格も気にせず
一番気に入ったギターを買って帰るつもりでした。気がついたら4時間くらい経っていて
結局買ったのが、ボロボロな66年のD18でした。
D28も50年代のものはありませんでしたが、60年代の初期はあったと思いますが、
自分の感性には響きませんでした。
いまもそのD18は愛用してますが、音が大きく温かみ甘みがあり、人前で自分が弾くと本当に昔聞いたレコードの音がすると言われます。
予算も安くすみましたが、徹底的に試奏し自分で感じて決めたのがあまりきれいでない
D18だったんです。
その日はコリングスあたりか、60年代の28あたりをを買って帰るのだろうと自分では思っていたので予想外の自分の決断に自分でも以外でした。

GT3RS様はビンテージをたくさん経験されておられるようでいつも興味深く読ませて
いただいております。ずいぶんと手の届かない物もありますが、価格だけではない良さがビンテージにはやはりあり、偏見や固定観念抜きで皆様もいろいろ試されたらよいのになあと思います。トシさん関係ない話になり申し訳ありませんでした。
[2008/12/02 19:17:27]

お名前 Name: YAMAGUCHI   
>古都さん

>貴方の本質は音ではなく「希少性があり、」に集約できそうな気がします。

私はそうは思いません。
GT3RSさんは、音もけっこう気にする人じゃないかと思います。
非常にコレクタブルな(希少価値の高い)楽器(個体)について何度も厳しい評価(音からみて)してますから。
コレクターとプレイヤーの中間的な感じ。

古い楽器はやはり新しい楽器にはない音があると思います。
それが好きかどうかは人それぞれだと思うけど、私は好きですね。
うちの楽器でも絶対自信のある3本は35年以上たってます。
もちろん古いだけでたいしたことない楽器も持ってますが...

>GT3RSさん

今までかかわりのあった個別の個体に関する具体的で主観的な感想を
お聞かせ願えないでしょうか?(最終的にこれしかないと思うんですよね。)
印象に残った数本だけでも結構面白い話になるんじゃないかなあ。

57/58 境界線は歴史ロマンとして、とても面白いと思います。
(インドローズ/ハカランダ境界線の木材ロマンと似てます。)
youtubeで検索すると、ビンテージ楽器のビデオもかなりの数ありますが、
この仮説を検証するのは難しいでしょう。年代別にそろっているわけでもなし、
試料がそろったとしても個体差に埋もれて検出が難しそうです。
しかし「ハカランダを聞き分ける」ことができるのであれば、
「微妙な仕様差を聞き分ける」ことも可能かもしれません。
[2008/12/02 18:41:29]

お名前 Name: ↓   
君は遠達性というのがどういう事か感じた事はあるのか?
もしもわかっていたらイバニーズで満足できるとは思えない
脳内でわかっているつもりではだめだ
ビンテージは高くて触るのが恐いようでは情けないぞ
試したかったら高い楽器でも試すのがギターマニアだ
今の所君が脳内スペックマニアだというのが良くわかった
ビンテージも現行品も安ギターもすべて試してから議論しようぜ
それでもイバニーズがいいならそれは君の感性だ!
[2008/12/02 17:52:05]

お名前 Name: 古都   
古都節を出したついでなのですが

ビンテージは 新品とは又違う面持ちを持っていることは否定しませんし
それがすきでも個人の感性でしょう。
が、ある意見では
クラシック奏者に良く聞く遠達性は悪く、甘さなどがなくスカスカの
鉄弦だから許せるようなものの とても使えない音に思えることが 私には多いです。

クリア感はあるものの逆に粘りや暖かさが無い。

その個性を好む人は良いのですが
決して、万人にビンテージが優れていると思われません。

ぜひ、ビンテージならではの音を他者の演奏でも良いので聴いてみたいです

ノーマン(彼もビンテージフリーク)は さんざん聴きましたが 
別にビンテージでなくとも素晴らしい音を出してくれていました。
[2008/12/02 16:13:15]

お名前 Name: 古都   
私もたまに楽器屋めぐりしますが
なかなかその様な年代に出会えません
よしんば出会えても、価格が価格なだけにおいそれと試奏はできません。
多分、良い音なのでしょう。

ならば、是非聴いてみたいものです。
お願いできないでしょうか?

私が思うに、そんな些細なことより
音楽を楽しむが、前に来てたまたま50年代だった
って方が リアルなのですが
どんな、弾き方でそのギターの本質を引き出せているのか
凄く興味があります。

ちなみにGT3RSさんの方向性は理解しているつもりですけど
>始めから、D-28の1934年から1939年頃のD-28を探したり選んだりする人は、いないとおもいます。
私も、もしも、価格が安くて、とてもよい音がして、弾き易く、希少性があり、
質感も高く、1本持てば、十分満足できる新品のD-28があれば、いいなと思います。

貴方の本質は音ではなく「希少性があり、」に集約できそうな気がします。
出てくる音とは、全く無縁の感じです。
[2008/12/02 15:57:17]

お名前 Name: 28好き   
どうも繰りかえされるこの種のテーマ。スレッドは変わっても、
また、ハンドルネームは違っても、
ナントナク同じ人がキャッチボールしているみたい。
持ち物自慢なのか、薀蓄自慢なのか。
共通するのは具体的な内容のないこと。

最大の興味は
1957モデルと1958モデルを
個体差を無視できるほど、 国内で沢山の楽器を弾き比べられる
幸福なひとって、どんなひと?








 
[2008/12/02 13:12:35]

お名前 Name: GT3RS   
皆様、こんにちわ
ほとんどの方、私もそうですが、
D-28に興味をもたれると、とりあえず1本欲しくなります。
そのときにいろいろ聞いたり、考えたり、本で調べたり、インターネツトで検索したりして、
少しづつ知識を身に付けていきます。
それで、そのときの自分のもつ情報、予算、気分なんかで、D-28を選ぶわけですが、
始めから、D-28の1934年から1939年頃のD-28を探したり選んだりする人は、いないとおもいます。
私も、もしも、価格が安くて、とてもよい音がして、弾き易く、希少性があり、
質感も高く、1本持てば、十分満足できる新品のD-28があれば、いいなと思います。
もしあれば、誰もがそれを買い求めると思うわけですが、それはありえません。
実際は、予算が許せば、新品でたどり着くのは、D-28GEでそれを求めてしまうわけです。
最近では、オーセンチックD-28かもしれません。
新品のギターは、音が新しく、それがヴィンテージギターとの差を生んでいるとおもいますが、
新品の最高級品とは、違うさらにその上のサウンドを求めるとヴィンテージギターを探すしかないと、いろんなギターに触れてみると、そのうち気が付くわけです。
ヴィンテージギター市場は、玉石混合の市場ですから、弾き比べして、いいものを自分で見つけ
ていくしか、よいものを手に入れる方法は、基本的には、ないわけです。
D-28の34年から60年代のギターを探して、買い求められる方は、
かなりの経験と知識をお持ちの方と思いますが、
ビンテージマーティンも1本、1本違いますから、何らかの情報があるほうが、
時間も予算も含めて効率よく、目的のギターにたどり着くと思っています。
ここの、皆さんで、年代も限らず、お持ちのいろんな年代のD-28の経験、知識や想いについ
て、お聞かせさせていただければ、それは、とても価値のあることだと思います。
人により、経験や知識に差がありますし、私も未熟なものですから、間違えも犯しますし、
失言もいたします。
最近のD-28も含めて自身のギターと他のギターを比べ、比較のお話は、とても貴重な資料になると思います。
ここに書かれた、経験や知識のことを信じるか信じないかは、
読んだ方にゆだねるしかないことだと思っています。
[2008/11/30 17:43:20]

お名前 Name: マーチン2周年   
 スペックによる音質論と、2008年時点での1957年製の
音論がごっちゃになっているから話がこんがらがるので
しょう。
 正確に言うには1957年のシリアルナンバー○○はこういう
音であり、他の1957年のシリアルナンバー○○はこういう音
でありというものの集約によるものでしかないでしょう。少
なくとも新品時の音ではないわけですから。
 アコギはあまり古いモデルだと音が良くなくなるという話
もありますので2058年には2008年モデルの方が「良い音」で、
「伝説がほしい人は1957年、音で選ぶなら21世紀前後が狙い
目」なんて評価になっているかもしれません。
 新品時の1957年モデルがどの程度かは今となっては分かり
ませんから。
[2008/11/30 17:23:25]

お名前 Name: 30歳のサザエ   
こんにちは
私も57年以前と58年以降の違いについて興味を持っています。
そこで少し調べましたところ
染村さんの記事も掲載されているザ・マーチンサウンドと言う本に
58年頃にヘッド形状の変化があることが記述されているのを見つけました。
ネットの情報でも57年以前はスモールストレートヘッドであるとの記述もありました。
58年頃に仕様変更があった様です。
そこから考えますと仕様変更が他にも簡単には見えないところで行われている可能性あるのではないか....。
CoCoさんの書かれました結論には全く私も同意いたしますが
好き嫌いは別としてD-28は仕様の変化が音の傾向の変化、違いになっているのは事実ですので
このサイトのタイトルであるD-28徹底研究のテーマとしておもしろい課題になるのではと思います。
私もどなたかそんな比較ができる環境にある人にもっと詳しく調べていただきたいと思うのですが...
[2008/11/30 12:19:48]

お名前 Name: Mr Q   
僕も年式の古い楽器程、経年変化の差の方が大きい気がします。
保管状況や弾き方の違いでもサウンドはかなり変わるでしょう。
43年57年58年65年75年98年08年で一番違うのは価格でしょうね。
出音はプレイヤーの資質だと思います。
私は個人的にピッチの正確なギターが好きです。
[2008/11/30 12:06:28]

お名前 Name: maho   
911さん レスありがとうございました。こちらこそお世話になっております。

GT3RSさんはここ数ヶ月で1957年までのD-28についての書き込みを数回はされて
おられると記憶しています。従ってGT3RSの中では58年以降とは決定的に違う何
かを感じておられるのは事実だと思っております。

私の経験からD-18GEとD-18AUTHENTICを同時に所有して弾き比べましたが音が
全然違います。スペックが多少違いますが基本的には同じような材料で製作され
ておりますが、あそこまで音が違うのは何なのかな?と思っております。

音がどう違うのか?といいますと音量はあまり変わらないと思いますが表現が
難しいですが、音の指向性がGEは狭くAUTHENTICは広いような気がします。
音の広がりが違いますし色の艶(色気のある音です)がAUTHENの方が断然
あるように思います。戦前のオリジナルD-18を所有されている方のご意見は
音に関してはAUTHENTICはかなり戦前ものに近いというご意見でした。

しかし、このような説明をしても実際体験しないとなかなか判らないと
思いますが、但しこの意見については私の知っている方も私と違うギターで
比較して同じようなご意見を持たれておりましたので傾向的にはそうゆう
事があるのかな?と思っております。

今のところGT3RSさんと同じご意見の人が出てきておりませんので、
そのへんがGT3RSさんが弾かれたギターにたまたま大きな違いがあったのか?
他のギターでもそうゆう決定的な違いがあるのか?大いに興味のあるところ
です。

このスレに対して私も含め複数の方が興味を持たれておりますので、他の
方も申しておられますように是非GT3RSさんの詳細な解説を書いて頂けると
ありがたいと思っております。
[2008/11/30 11:06:08]

お名前 Name: CoCo   
・2008年製のD-28を10本も比べてみりゃアタリハズレがある事は簡単に確認できる。
・下の方で1941年製#77778、#77779の連番で倍以上値段の違うものが売られている件。

結論:
年代でヴィンテージを論じるのはコレクター、楽器商であり音は関係無い。
「良い音」を捜し求めるなら、目を閉じて年代も、機種もメーカーも材質も構造も無関係に
最上の音が出る楽器を探すべきでしょう。
スペックと年代からしかヴィンテージを判断できないのなら手を出すのは危険でしょう。
[2008/11/30 01:04:26]

お名前 Name: 匿名希望   
この話題については、やはりGT3RSさんに詳しい弾き比べのレポートをしていただく
しかないように思います。

残念ながら、私たちの大半はGT3RSさんのように1957年と1958のD-28を同じ環境で
長時間にわたって弾き比べることはできません。
運よく複数の楽器店でその年代のギターがあったとしても、環境も違えば長時間弾く
こともできませんし、弾いた時期が違うと、音の記憶も曖昧になってしまいます。

そのような弾き比べが可能なGT3RSさんが「○○だ」と言えば、「そうなのかな…」と
思うしかないわけです。

mahoさんがおっしゃっているように、
>GT3RSさんが所有?されている(いた?)'57と'58のD-28の徹底的な比較を
>詳細に書かれたら宜しいのではと素直に思います。

私も、そのことを切に願っております。
[2008/11/29 09:07:57]

お名前 Name: 911   
mahoさま

お世話になっております。
確かに、楽器の『良し悪し』は個々の主観が何かとの相対的な比較において勝手に感じる類のものですし、
その基準も嗜好や経験をはじめ、そのときの精神状態などによっても左右される非常に曖昧なものかと思います。

     『ギブソンよりマーチンのほうが良い音がします。』

というような意見の『良い』は『好き』という意味でしょうし、これはどれだけ並べても不毛な感じがします。
仰るとおりです。


しかし、音質に差があると感じる主観がある以上、それはどんな些細なものでも研究に値するとも思います。
我等の主観は本来、もっとバラバラで良かったはずなのに、なぜかここ(D−28)に集中してしまっているのです。
音質のクオリアを持つ主観のみが、自分の(そのときの)感性に対して純粋な価値を決定できるのですから、
『主観』は価値の根源とも言い換えることができますし、あだやおろそかにできるものではありません(笑

ただ、徹底研究という名の下に行われるべきは、『よい』『わるい』を判断する善悪二元論ではなく、
いろんな要素で括ってみたときに、それら『質的データ』をそれぞれをできるだけ『量的データ』にしたうえで、
『両年10本の統計を取ると数本の例外を除き、57は58より○○において、若干大きい』
というような、要素要素における差異(印象)を数多くあげていくことがイメージの抽出に役立つかなあと思います。
第三者にその『良さ』を伝えるためにも。
[2008/11/29 03:25:18]

お名前 Name: maho   
GT3RSさん こんばんは(^^)

私も常に本音で書き込んでおります。ただ他人を中傷したり非難したりは
絶対にいたしません。

それから基本的に他人のご意見は尊重いたします。その上で自分の意見は
意見で本音にて言っております。

ですからGT3RSさんのご意見ももっともなご意見だと尊重しております。
自分の経験や思っていることをどんなにこの掲示板で書き込んでも同じ
ような体験や思いを持っている人でないとなかなか理解できないことも
多々あるかと思います。

それですぐに他人の意見などが理解できない、または受け入れできないと
すぐに非難・中傷する人が出てきているのも事実です。

しかし、自分が本当にそう思っているなら千人が万人が反対意見を言おうと
へこむこともないし持論を曲げることもないと思っております。

私が前回の書き込みで述べた意見は飽くまでも私の体験から来る意見ですので
当然あなたとは違うと思います。基本的にアコギの音を判断するのは難しいと
思っております。

同じギターでも湿度で音が変わりますし、弾き手でもずいぶん違います。また
ある期間を弾くにしても鳴らし方を知らない人が弾くのと、知っている方が
弾くのではずいぶん違ってくると思います。当然メンテナンスの意味合いを
理解してある程度やっている方とそうでない方では違いが出てきます。

私の意見は'57と'58を比較する上でそのへんも考慮した上で判断しないと
少しの仕様の違いだけでは一面しか見て判断しないことになりはしないかと
そうゆう意見を言いたかっただけなのです。GT3RSさんの体験談を具体的に
書いて頂くと読んでいる人はもっと理解できるのではと思った次第です。

GT3RSさんが所有?されている(いた?)'57と'58のD-28の徹底的な比較を
詳細に書かれたら宜しいのではと素直に思います。
[2008/11/29 01:39:34]

お名前 Name: GT3RS   
本音と建前があるとおもいますが、少なくとも私は、ここでは、本音で、書き込みしています。
[2008/11/28 23:51:54]

お名前 Name: maho   
皆さん こんばんは(^^)

皆様のご意見はもっともだと思います。それは主観的なものですからその人に
とってはそうに違いありません。

それで僕の主観的な意見を述べさせて頂きます。一応D-28のハカランダ物の所有暦は
今は持っていませんが'45、48、56、68でした。その中で凄い鳴りは'56でしたが
TOPの材質が何だったかは当時興味がなく覚えておりませんがTOPの色の記憶から
アディロンかジャーマンではないかと思っております。
※'56が一番弾きこまれておりTOPに数箇所のピッキングによる板のえぐれが
 ありました。

材質やペグやブリッジなどの仕様がそれぞれ違いますので、当然音にも多少の
影響はあるかと思いますが、それでも厳密に言うと出来た時の個体差が1本
1本違いますし、それ以上にその後にどのような弾き手がどのように弾き込んだ
かやメンテをどのようにして来たかの方が音に影響が出るかと思われます。

僕の場合の4本はそれぞれに音が違っていてそれぞれに良かったと思っております。
僕は残念ながら'57と'58を弾いたことはありませんので比較できませんがGT3RSさん
の中では明らかに違いを感じられる何かがあったのでしょうね。

出来たら現物をプロに見せて徹底的な比較をしてもらい何が違うのか?個体差が
どこから来ているのかを検証したら面白いと思っております。

仕様の違いか?弾き込み方の違いなのか?それとも違う理由なのか?一例でも
二例でも積み重ねていけばある程度の傾向が出てくるかも知れませんが、その
ような事を誰がするか?誰が出来るか?問題ですね(爆)

やって下さる方がおられるならお願いします。
[2008/11/28 23:19:52]

お名前 Name: k2   
57年を、境に音が変るなんて、言ってるのはGT3RSという、バカだけですよ。
こいつは、全然判ってない奴なので、本気にしない方が、いいですよ。
[2008/11/28 17:56:03]

お名前 Name: 911   
トシさま

まず、こういうお話の前提としてですが。。。
50年代製ともなると、その音質は製作当時の素材に左右されるというよりも、
コンディションやメンテナンスの質などにより多く左右されると思います。

ダメージが少なく程度の良いキレイな個体も、ナットやサドルやフレットに問題のあるものが多かったり
弾かれていなかったためか『木材が湿っている』ような抜けの悪い音だったりという問題もありますし、
それなら弾き込まれたボロボロの外観なら良いかというと、今度はスカスカの音の個体だったりと、
音質の判別基準になるような外観上の特徴は存在しないという印象です。

それらを踏まえたうえで57と58に差があるかどうかを考えてまいりますと
(50年代前半製のものは予算の問題からも試奏した経験が少ないので何ともいえませんが)
少なくとも私は57年製と58年製になにかのボーダーがあるようには感じませんでした。
もっと言いますと、私も最近まで『ロングサドルのほうが音がすっきりする』とか『輪郭がはっきり出る』
などと思っておりましたが、これも勘違いだった可能性が高く、64と65年製の差も微々たる物でしょう。
何より、私の耳が悪いのか同年製ですら印象はバラバラでしたので。。。

ただ、音質はよくわからなくとも、65より、64。58より57が高いのは明確な事実でしょうから、
今後、後悔なされないように57以前を入手されるのも良いかと思いますし、
弾く目的なら65以降でも実用的な差異はほとんどないかと(私は)思います。

ちなみに62年製(シトカ)を所有しておりますが、少しレスポンスが速すぎて、
正直言うと、もう少し遅めのレスポンスのほうが好みといえば好みです。
その点、57or62アディロンダックの『溜めて、出す』感じに憧れはありますが、
これもブルーグラスを弾く分にはよくてもフォークとかにはちょっと。。。

まあ、私のように一本しか所有しない人の意見は参考にならないかもしれませんが、
一本しかないので、楽器に自分を合わせる努力というストイックな発想が生まれまして。。。
音質を考えたらもっとサドルを上げ、もっとピッキング角度をフラットにするべきでしょうし、
音量を考えたらもっとゲージを上げ、もっとピックも厚くするべきでしょうし、
要は気に入るネックの握りと、気に入るレスポンスがあればいいと思っております。
[2008/11/28 12:05:00]

お名前 Name: GT3RS   
50年代のD-28の価格高騰する前は、
エボニーロッドからTバーロッドに変更の後の
1947頃からの1957年までのD-28が、音質もなりもよいものが多く実際に演奏する上で
ベストの選択ように感じておりました。私もそこから、よい個体を探しておりました。
実際、50年代のD-28をお持ちの方は、音質でも質感もかなりよいものが多いので、
宝物にされている方がほとんどだと思います。
アディロンのトツプは、音がふくよかになる傾向があり、音質は、アディロンのほうが、心地よく感じます。確かに、50年代は、ブレーシングシトカかもしれませんね。
1958年から1964年頃までのD-28も音が素晴らしいですが、少し音が硬くなります。
1964年までのロングサドルの時期までは、かなり人気あります。
[2008/11/28 09:53:14]

お名前 Name: トシ   
過去にも議論されていましたが1957年を境にサウンドに変化があるとの事
でした。1958年以降どちらを選ぶかは好みの問題でしょう。ある製作家か
ら聞いた話では49年〜57年までプレイシングパターンが一定で58年から
微妙な変更あったらしいです。それから確かに50年代にもアディロンは存在
していたようですが、プレシーングはシトカ?だったとか。この場合音質的に
はどうなんでしょうかねぇ。57年58年議論の別れる所ですが、実際引き比
べられた方客観的にどう思われましたか。個体差がおおいにあるとは思います
が両方弾かれた方貴重なご意見お聞かせ下さい。
[2008/11/28 07:25:23]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る