記事タイトル:塗装の状態について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: 国産   
はじめまして。
関連する内容かなと思いまして、気になるブログがありましたので、
投稿させて、いただきました。下記が、そのアドレスです。
リペア・マンのブログの様です。
http://blog.enfini-customworks.com/?cid=13579
[2007/12/05 18:43:02]

お名前: レイ   
>TANNさん
レイです。いつも相談にのっていただきまして大変嬉しいです。今日店に行って来ました。
金太郎さんのページに投稿しましたのでよろしかったらそちらを覗いてみてください。
でも本当に高いギター程ナイーブっていうのはマーティンでも、ギブソンでも一般初心者
には理解できないことです。それでもできる限りの知識と知恵でコンディションを維持し
ているつもりですので、頼むから壊れないでくれ!・・って感じです。
これからもどうぞよろしく相談にのってくださいね。

お名前: TANN   
レイさん、こんにちは。
塗装の件、及びネック倒れの件、無償修理となるようにがんばってみてください。
私が伺っているかぎり、保管に問題がありそうなようにはかんじられません。
むしろ、私のギターたちよりも充分に良い状態のところにあったと思います。
この問題は、ユーザー側の保管状況の問題ではないと思います。
詳しくは23ヶ下の「塗装はがれについて・・・」のところのやりとりをご覧ください。
保証というからには、ユーザー側に保証できる範囲を明確に示してもらう必要があるし、
もしその条件が、「ばちっと決められた温度、湿度範囲で管理された状況でないとダメ」となると、
某正規代理店での倉庫や、流通での温度湿度管理、また販売店の店頭、倉庫での温度管理がちゃんと
なされていないと意味の無いことになりますね。 それでもユーザーサイドの管理責任ということを
言われるので有れば、エアコンが年中かかっている部屋をもってて、屋外では絶対に弾かないという
ユーザーにしか売らない!と公言してほしいものです。 天下のMartin売ってやってるんだから
細かいことで文句言うな!みたいなことだけは絶対に言ってほしくないですね。
ちょっと過激でしたか・・・・・ポリポリ・・・(ポリはきらいだー!)

お名前: へいちゃん   
レイさん、こんばんは。
ごめんなさい、ネックリセットの相場は私も存じません。
どなたかご存知の方いませんか?

修理に出されるそうで、一日も早く直ってくることをお祈り申し上げます。
私のヒール部に隙間があるように見える件はもう少し様子を見てみます。
(今の段階では明らかに隙間があると確信できないため)

お名前: レイ   
>へいちゃんさん
こんばんは。・・・ということなんですが、ノンシリコンのクロスに気づくのが遅かった
みたいです。しかし、ラッカー塗装のギターが多いのに、なぜシリコン系のクロスが出回
っているのか疑問に思います。まあ、僕の知識不足だったのでこれからギターライフを楽
しむ上で知ることができてよかったです。

ブリッジ下もなんか“キラキラ”きてますので厄介です。しかし音は抜群で6弦なんか凄
いですよ“ガツン!!”ではなくて“ドカン!!”ですからハートが痺れます。しかし耐
久性は思いっきりダメですね。(くやしぃー!!)

ショップに電話して聞いてみましたが、保証は難しくギリギリのところらしいので週末に
持っていくことにしました。やはり温度のギャップでしょうか?自分ではエアコンの除湿
をタイマーにして結構気を遣っていたんですが、それが裏目にでてしまったのかも・・・

なんか代理店によると、筆のようなもので穴埋めをするそうなんですが「仕上がりは期待
できないと思います。」と言ってました。値段は一万円前後だそうです。リセットの見積
はハッキリ答えてくれませんでしたが、だいたい相場ではおいくら位なんでしょうか?
知っていたら教えてください。

お名前: へいちゃん   
皆さんこんばんは。
レイさん、せっかく牛骨サドルにして喜んでおられたのにさどかし残念でしょう。
ポリッシュ&クロスに関しては、あくまでも私の場合であってこれが最良とは
限りませんが、私はシリコンクロスは使用しません。
ノンシリコンのクロス、(からぶきの場合はセーム皮を使用します)
ポリッシュは1週間に1回使うかどうかと言ったところでしょうか。

それと、湿度だけでなく、温度にやられた可能性もあると思います。
実は、レイさんの投稿を読ませてもらったあと、私の愛器を確認すると1台が熱であろうと
思われる原因でやられてしまいました。国産の安物ですが20年来の相棒だったのでショック
です。(実はこの1台だけスペースの都合で別の部屋においていたんです。)
それと、TANNさんご指摘のネック接合部の接着不良ですが、私のHD−28Vも1弦側の
ヒールと側板の接合部が気のせいか少し隙間ができているように見えます。
これも危険な状態なんでしょうか?ちなみに塗装面は特に問題をかんじてません。

お名前: レイ   
>TANNさん、ハルさん

きました!きました! もう、きまくりまくっていますよー!!シャレになりません。
レスポンスありがとうございます。思えば、シリコン系のクロスで拭いていた為なのか、
擦り傷が気になりだして、ポリッシュ・ワックスに拘ったのが一番の原因ではないか?
と思います。
TANNさんが言っているようにヒールが少し浮いている感じがしました。気になって
ポリッシュをかけてみたのですが、接合部分に染み込む感じがしました。なんか空しい
です。「ghsギターグロス」のせいなのか、まだわかりませんが、もう二度と使わな
いようにします。
気温・湿度の為と一概に言えないんですね。みなさんも同じ条件下ですから。同じ機種
でも1本1本音が違うように、耐久性も違うのでは?と思いました。

問題はこれからこのギター(HD−28)をどの様に使っていこうかな、というところ
です。とりあえず店で見てもらわなければニッチもサッチもいかないことはわかってま
すが・・・。

お名前: TANN   
レイさん、こんばんは。 
来ましたか・・・ほかの箇所も・・・・。
Maritnのヒールの箇所は接着不良のため、浮いてくる・・・みたいな
ことを聞いています。ネックが接合部で腰折れしたようになってきていませんか?
これは、ネックが曲がったのではなく、接着不良が原因のことが多いようです。
一度はずして再接着しかないようですね。リセットなんてのは別問題のようです。
塗装の浮きに関しては、どうしようもないというのが現状のようですね。
管理が悪いからなんてことはないと思いますよ。
浮いてこないギターは全くほったらかしでも浮いてこないですから・・・。

お名前: ハル   
ポリッシュは、基本的には使わない方が良いと思いますよ。
カラ拭きで充分。

お名前: レイ   
>TANNさん
本当にまいりました。他のところにも傷(クラック)がとうとう入りました。減滅です。
へんな膨らみの部分はまだ割れてませんが、ネック付け根のヒールとローズ(サイド)の
接続部分が短く深く3箇所程クラックが入ってました。がっかりして弾こうという気が薄
れました。

それにしてもギタースタンドの接触部分と違う個所ですから、原因は他にあるのでは?と
思いますが・・・

 ―个けるときにエアコンをタイマーにして部屋を密閉していたので、その間室内の室
  度上昇とエアコンの作動により急冷却とのギャップによりクラックが生じたのか?

 ⊃А垢淵櫂螢奪轡紂淵沺璽謄ン、フェルナンデス、荏の油と蜜蝋のワックス、ghs
  ギターグロス)などを弦交換の度に試したため化学変化が生じてラッカーに負担がか
  かっていたのか?

・・・などですが、特に“ghsギターグロス”は仕上がりがとても異様な程“ピカピカ”
になり、大満足してましたが、これを使ってからでは?と感じます。やはりマーティンには
「マーティンポリッシュ」が一番合っているのでしょうか?

お名前: TANN   
レイさん、こんにちは。
浮いていますか・・・・最近のMartinの欠陥なのかもしれないですね。
23ヶ下の「塗装のハガレについて・・・・」の金太郎さんの書かれている
内容を参照ください。 たぶん、このまま進行していくと、このようなケースに
発展していくのではないかと思います。 といって、どうすればおさまるか
という回答はありません。購入されたギターが正規代理店経由のものであれば
確か(?)3年保証(?)が付いていたとおもいますので、購入店にご相談
されたら良いのではないでしょうか?

お名前: レイ   
こんにちは。塗装の状態についてお聞きしたいと思いますが、僕はHD−28を持って
3ヶ月になりますが、新品で購入しました。今日ギターを弾き終わって気づいたんです
が、ボディーサイドのセルバインディングとローズの間あたりの塗装が“プクプク”と
浮き上がっていました。それが幾つか点在しているので気になります。
部屋では除湿してますが、湿度が下がっても50%くらいでギターには丁度良いのでは?
と思いますが、扇風機も廻して除湿の効率も上げています。何か他に原因がわかりませ
んが今のところクラックではありませんが、このままだと進行してしまい、クラックに
結びついてしまうのでは?と懸念しています。他の方の内容と重複する点があると思い
ますが、ぜひレスお願いします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る