記事タイトル:ピックはセル派?ベッコウ派 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: sirokuma   
わたしも、鼈甲ピックを使用しています。
昨年、デビッド・グレアさんとお話したときアメリカでは、鼈甲はワシントン条約で一切禁止だそうです。所持してても違反で逮捕されるそうです。鼈甲は一部のミュージシャンが許可を得て所持できるそうです。ですから、アメリカに行くときは気をつけたほうがよいそうです。日本はその点ゆるい。
[2003/11/18 22:08:21]

お名前 Name: 木更津こうじ   
ハルさん、私もほぼ同様の考えです。

「Martinの音の追求」の陰に「命を捧げてくれた動植物がいる」このことを
Kazooさん、魔法蟹さんのコメントから受け止めました。

このスレッドのスタートは、ピックの材質と音色との関係について皆さんがどう考え
どう取り組んでいるか、その意見交換が目的でした。
しかし、今のところの私の結論は「音色の追求は命を捧げてくれた動植物への感謝の
気持ちを忘れずに」です。
あと「希少価値は人間が創り出したもの」ですか、絶滅寸前の種を大金を出して
求める、このことへの警鐘が Kazooさん、魔法蟹さんの訴えたいことなのかと
感じています。

何事もバランスよく考え行動すべき、でしょうか。音色の追求のあまり、絶滅の危機
に瀕している動植物を高額な金額で求める、これはバランスを崩した考え方かと
思います。

これも繰り返しですが、今手元にお持ちの、象牙・鼈甲・ハカランダ等が素材のもの
は、大切に使い続けることが命を捧げてくれた動植物への恩返しではないでしょうか。
[2003/09/23 09:54:37]

お名前 Name: ハル   
まあ、人間が生きていくだけで毎日何等かの生物を殺しているわけですよね。
ベジタリアンにしても動物は殺してはいけないけど植物を殺すのは良いってのも変な理屈
です。
希少な動物を殺すのはだめだけどいっぱいいれば殺しても良いってのも変ですね。
養殖していれば殺しても良いけど自然に生きているのは殺してはだめ?
バファローにしても昔は沢山いたらしいけどアメリカ人が殺しまくった為に絶滅に瀕して
いる。

だからって私が答えを持っているわけではないのですが。
[2003/09/23 02:03:19]

お名前 Name: 魔法蟹   
私の言い方が足りなくて一部誤解があったようです。

苦痛を感じる動物のただ一部分の利用のために
殺戮することに抵抗があったのでつい書き込み
ました。ここでのピック考証を鼈甲や象牙に
こだわらず広い知識で更に進化していくつもりで
新しい材料にチャレンジして行く方向性が
見出せたらという思いもありました。

『蛇足』
ところで、Kazooさん、私の飼ってた6匹のホシ亀
で作ってたら私のマーチンは美しいピックガードに
なってたでしょうね。もちろん作ってませーん!
(亀好きの友人のとこで元気にしてます。)
[2003/09/20 21:21:15]

お名前 Name: kazoo   
魔法蟹さん、木更津こうじさん
私のたわいない一言(一書き?)にわざわざレスして頂き恐縮です。

書き込んでから、「ひょっとしたら波紋があるかなぁ?」って思ってしまったのも事実です。

若干書き加えて頂きます。
まず私はヴェジタリアンではありません。
牛肉も食べれば、マグロも食べます。
管理捕鯨されていて、密漁は無いだろうと思ってクジラベーコンだって食べています。
ミンクの毛皮を酷いとも思いません。

もし象や鼈甲になる亀が養殖されて、適切に象牙や鼈甲が入手出来るのならもちろん使うかもしれません。
養殖以前に、別に何の条約にも引っかからなくて、ただ単に狩りや漁で捕っていいのなら別に何も気にし
ません。

禁止されている物を欲しがる人が増えると密漁に繋がると思っています。
世界中で誰も象牙を欲しがらなければ、だれも象の密猟もしないと信じてます。
たまに「ワシントン条約に問題無いものです」と書いている店もありますが、どうやって調べる事が出来る
のでしょうか?

ちなみに日本のペットショップで売られている「ホシガメ」は日本へ持ち込もうとすると税関で掴まります
が、一度税関を通ってしまえば日本国内で売ろうが買おうがペットにしてもお咎めなしです。
つまり日本のペットショップで売っている外国の亀の殆どは密漁なのです。
何故か?
欲しい人がいるからです。
、
と、固い事ばかり書いてしまいましたが、もちろん私もギターが好きですし、マーティンを愛してます。
でも、D−50という最高の素材を使っているギターにも、鼈甲ピックガードと象牙ブリッジ・ナットを
マーティンは使ってはいないのではないでしょうか?
[2003/09/20 18:58:15]

お名前 Name: 木更津こうじ   
kazooさん、魔法蟹さん、ご指摘いたみいります。
考えさせられました。おっしゃられることごもっともです。

しかし、考えた結果若干反論もさせて頂きます。

命を奪われているのは、象や亀(タイマイ)だけではありません。
ギターを形成しているのは木材です。スプルースもローズウッドも生命をもっています。
その命を奪ってギターは成り立っています。
象やタイマイは絶滅に瀕しているから使ってはならない、ハカランダも同様でしょうか?
豊富に存在している種は使ってもよい。これは矛盾では。

ピックだけでなく、ここで音についてのウンチクを傾けるにおいて、他の種の生命を
奪ってギターは(いや多くの楽器はでしょうか)できあがっている、ということを
心に刻んで「音」を追求することが必要なのだな、と強く感じました。

縁があって今私の手元にあるギターやその周辺の品物を、あだやおろそかに使用しては
命を捧げてくれた動植物に申し訳がありません。一生大切に使っていこうと思います。

このことは食べ物についても同様でしょう。
他の命を食することなくして人間は自己の生命を維持できません。
どこどこのなになにが絶品だ、ということだけでなくそこで命を捧げてくれた生物に
「ありがとう」の気持ちを同じくらい強くもたねばならないと思います。

屁理屈、と非難されるかもしれませんが、考えた末に心に刻んだことです。
[2003/09/20 18:27:43]

お名前 Name: 魔法蟹   
Kazooさん
あなたの意見は大変もっともです。
ここのマーチンファンにはめずらしい?
みんな自分の嗜好と都合だけで
やってるような人が多い中で、結構世の中広く見ている
常識的な人がおられたので少し安心しました。
象や鼈甲がどういう風に殺されているか
より、そのピックでの音の違いにウンチクを傾けてる
ほうが大事なのでしょうか。
以前、仕事で米国に少し滞在してたとき
ギター同好会にたまに顔出ししてました。
その時、たしか象牙、べっこうはやはりご法度でしたね。
メンバーは真鍮、マイカルタ、牛骨、マストドン、
カーボングラファイト、アイアンウッド、その他を色々
試しているようでした。
探せばもっといいものがあると思います。
[2003/09/19 21:22:53]

お名前 Name: ひろもと   
初めて書き込みします。
今年1月に憧れのD-28を手に入れて以来、もともとドラマーだったはずが、
すっかりにわかギタリストに変身してしまいました。

私も、これまでヤマハとモーリスを弾いている間は、やはりべっこうが一番だと思っていましたが、
D-28で試してみると、しょうさんや木更津さんが書いておられるように、
ストロークしたとき、ピックが弦に当たる音が耳につくように感じました。

ただ、厚さにかかわらずセルピックの弾き心地が好きではないので、べっこうで弾き倒しているうちに、
カチャカチャ音もだんだん気にならなくなってきました。
慣れてきたのか、あるいは知らず知らずのうちに気にならないような弾き方をしているのかも知れません。
[2003/09/19 10:43:06]

お名前 Name: kazoo   
セル派の象牙否定派です。
亀と象が養殖されているのなら使いますけど。
それに自分の知識の中でワシントン条約というものをハッキリ分からない状態ですから、
無難に人工物を使ってます。
それと亀が好きなので、スッポンも食べません。(笑)
[2003/09/18 19:03:51]

お名前 Name: 木更津こうじ   
早速のご意見ありがとうございます。
私自身の考えももう少し書き加えさせて頂きます。

。帖檻械気砲弔い
  ベッコウのピックを使用した時、フラットピックは弦とピックのあたる音が
  邪魔に感じ、サムピックは低音が出すぎてバランスが悪く感じました。
  結果、ベッコウ製は10年程オクラ入りになりました。

■錬錬蓮檻横犬砲弔い
  フラットピックはD−35と同様の感じがしてセル製を使っています。
  一方、フィンガーピッキングではセル製では低音不足に感じ、ベッコウ製に
  持ち替えたところ、低音の厚みが増しバランスがとてもよい感じになりました。

D−45について
  購入時にフラットピック、サムピックとも両方を試し、今現在は両方とも
  ベッコウ製が音の出方がよいと感じています。

個々のギターの持つパフォーマンスとピックの材質との相性かな、と思っています。
皆さんはいかがでしょうか?

使用している弦との関係もあるでしょうか?

私は現在 D−45にMartinのフォスファー(SP)、
     D−35とOOO−28にはMartinのブロンズ 
 を使用しています。
[2003/09/18 10:33:00]

お名前 Name: SUG   
基本は鼈甲です。ティアドロップ型の丸い方を使っています。この方が太い音がするので、
ブルーグラスやオールドタイムなどにはぴったりです。あと三角のほうもやすりで
角を落として使っています。
ただ、軽いストロークのときなどはセルのミディアムやもっと薄いの使うときもありますけど。
サムピックは加工のしやすからセルですね。
[2003/09/18 09:37:11]

お名前 Name: しょう   
 三角おにぎり型べつこうピック持ってますが、ストロークの時、カチャカチャ弦に当る
音がいやに耳につくのですが、弾き方が悪いのでしょうか。それと厚みはミディアム位
ですが、堅さはハードですよね。堅さもミディアム位のってあるんですか?
 僕のは行き付けの楽器屋さんで1枚500円で売ってたものです。安いでしょ、でも
本べっこうです。
[2003/09/18 08:38:47]

お名前 Name: アコキング。   
木更津こうじ様

私も同年代です。私の場合はピックはすべて「鼈甲」を使用しております。その理由ですが、

・ギターを弾き始めたキッカケとなった、尊敬するポール・サイモンがそうだったから。
・鼈甲製のものは、ギターを弾き始めた頃は高価で買えなかったが、買える年齢になったから。

それ以外の理由は全くありません。

なおフラットピックには「正三角形型」と「涙滴型」がありますが、アコギ弾きには前者、
エレキ弾きには後者が多いような気がします。私はアコギ専門なので前者です。
[2003/09/18 01:32:27]

お名前 Name: Iijima   
自分は、フラットピックもサムピックもベッコウ派です。
30年前も、20年間ギターから離れて復活した今もベッコウ派です。
理由は、 々發いら失くしにくいから・・・
     弾く時の感触が好きだから・・・ です。
[2003/09/17 22:24:44]

お名前 Name: 木更津こうじ   
はじめまして。
今日、「弦はブロンズ派?フォスファー派?」と「調弦はメーター派?ハーモニクス?」に書込み、このタイトルについて皆さんのご意見を伺いたく投稿させて頂きました。

私は D−28は所有しておりません(いつかは・・と思っておりますが)。
現在所有しているのは
   ‘90年製 D−35AJ (‘90/12月購入)
   ‘95年製 OOO−28 (‘03/7月購入)
   ‘95年製 D−45SQ (‘03/9月購入)  です。
ギター歴は30年になります。

フラットピックとサムピックを常用しております。D−35のみの時はセル派でしたが
OOO−28にはサムピックはベッコウ、フラットピックはセルが合うと思いました。
D−45にはサムピック、フラットピックともにベッコウが合うかな、と思ってます。

ここ3ヶ月の間に2本のMartinを購入し(妻との激闘の末・・・)、30年目に
して色々と目覚め始めた45歳です。好み・嗜好の比重が大きいとは思いますが、
ここでの様々なやり取りが実に楽しく、仲間に入れてもらいたいと思っています。
宜しくお願いいたします。
[2003/09/17 16:26:42]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail(入力必須) URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
E-mailアドレスを必ず入力して下さい。
記事一覧に戻る