記事タイトル:ヴィンテージ(再) 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: ハル   
私は、先に述べた理由により効果があろうがなかろうが無意味と思います。

ただし、効果があるかどうかは興味津々ですのでこのスレに関してはROMモード。
[2006/05/13 22:58:38]

お名前 Name: MASAKI   
スレ主です。

プロMさまの
>>ちょっとネットで見た程度の薀蓄だけで結論じみた批評はまずいんでないでっか?
>>まずは試してからコメントするのが筋ちゅうもんやないやろか?
>>誰かトライしてから◎○△▲×の5段階評価すりゃええんとちゃいまっか?
が正論・正解かと思いますが・・・。

その5段階評価を見て、俺も買ってみようかとか、ほらやおおあり効果ない・・・とか判断するのは
各自の勝手ということで。

ネタ提供の前に、自分で買ってから投稿すべきでしたかな。
というわけで、当方も、このスレに関してはROMモードで・・・(笑)
[2006/05/13 22:10:14]

お名前 Name: やす   
なんだかね様
私、N先生のファンでして…。爛ターの音瓩紡个垢覽震笋法⊃靭に対峙している
姿勢に尊敬の念を抱いております。で、N先生のことについては、判官びいきになり
ます。しかし、メーカーに対しては全く何の思い入れもございません。
また、なんだかね様のロジックも真正なものであると思います。
そして、なんだかね様の冷静な態度(利の有無)にも納得できます。

で、私の態度ですが、しばらくの間、ROMモード突入でございます。
[2006/05/13 19:46:04]

お名前 Name: なんだかね   
修正
>名段が安から「まぁ、いいや」
名段→値段


>ちょっとネットで見た程度の薀蓄だけで結論じみた批評
仮説、実験の上での 書き込みです。
[2006/05/13 19:24:26]

お名前 Name: なんだかね   
プロMさん やすさん  

>価格も相応ですので、物騒なことは、なしで良いのかと思います。
もちろん、控訴上、こちらに有利あるいは、利益あってのことです。

>使うた事ないのに、これだけ批判的且つ断定的コメントが出てくるとほっとけませんわ。
ですので、仮説実験をしたまでで、これから現物を調達し分析、実験します。

>価格も相応ですので
これには、大いに、異論ありです、名段が安から「まぁ、いいや」は、明らかに
本国民の悪い習性のようです、
細胞、水分率を調節し、明らかに細胞結晶化するかのごとく
唄われている以上、事実と相違する可能性があると いうことです。
ですので この商品は、「擬似部レーシングにより、音響を補正し、高める」
というくらいなら、問題は無いのですが
「細胞、水分率を調節し、細胞結晶化」していないのであれば
詐欺、と言うことです。

まして、新案特許も申請していないのに
申請中、などというのは、虚実ほか無いもので、ネット上でも詐欺と言うことです。
[2006/05/13 19:11:18]

お名前 Name: やす   
なんだかね様
老婆心で仰っていること、よく分かりますが、そもそもこのパッチ、この掲示板に集う
皆さん(マーチンオーナー)にはほとんど関係がない商品だと思います。
N先生も、弦鳴り感が強い国産ギターにお勧め程度のことを述べています。
また、私の愛読のAGMでソモジ氏が、表板のブレイスはギターの強度を高めると
言う目的よりも、音質を決定する要素の割合が高い、と言う主旨の主張をしていた
と思います。
以上のことから、擬似ブレイスとしての効果を認めますが、価格も相応ですので、
物騒なことは、なしで良いのかと思います。
[2006/05/13 17:34:17]

お名前 Name: プロM   
まいど〜!
わてもこの商品は気になってましたが、使うた事ないんでずっと
ノーコメントを通してきました。そやけどだれも使うた事ないのに
これだけ批判的且つ断定的コメントが出てくるとほっとけませんわ。
ちょっとネットで見た程度の薀蓄だけで結論じみた批評はまずいん
でないでっか?まずは試してからコメントするのが筋ちゅうもんや
ないやろか?誰かトライしてから◎○△▲×の5段階評価すりゃええんと
ちゃいまっか?
[2006/05/13 17:33:55]

お名前 Name: なんだかね      
特許申請も、出されてないみたいですね。
ますます、怪しい。
リンク先の、ギター先生、かなり馬鹿!
すらべれば、分かることに販売代理店に鳴るなんて。
[2006/05/13 17:13:31]

お名前 Name: なんだかね   
実験して見ました
私の見識は、擬似ブレーシングです、細胞云々、結晶化云々は、不可能だとの
見識での実験です。
先ず、釣り道具屋で、錘用の、鉛板を入手しました
振動を、局部的に抑える、あるいは擬似ブレーシングの役目をする
と言った反応からは、質量の高い物質が一番、反応を判断できると思ったからです。
0.5ミリ幅にきった鉛板に両面テープを貼り付けてでの実験です。
 結果は、皆さん自分で試してください。
結論は、思ったとおり擬似ブレーシングです 音は変化します
特にサイド・バックのようにブレーシングの品疎なところに敏感なようです
相対的にバランスは、変わりますので高音寄り、低音寄り、調節は
可能なようです。
 このように、音の変化は確認しましたが
販売会社が、ビンテージ云々、あるいは、細胞の水分率を云々は
はっきり言って、詐欺同様と考えます。
よって、手段を(私に、利点があるならば)考えれば、説明文書からして
告訴可能な物品と判断いたします。
商品を分析したいので、今後、ひとつ購入してみます
判断の後、私に部(有利)が在れば、告訴してもいいものだと思います
私は、その道の研究者ですから。
[2006/05/13 16:15:54]

お名前 Name: ハル   
私もそう思います。
何等かの物を貼り付ければ音色は変化するとは思います。
しかし、貼り付けただけでいきなり低音が「ドカ〜ン!!」と鳴り出すわきゃない。
絶対にそうなるのであれば、理由に関係なく返金保障でも付けるべきでしょう。
[2006/05/13 00:10:01]

お名前 Name: 専門外ですが   
素材屋さま

私は物理屋でも材料屋でも化学屋でもないので、これ以上は詳しくは語れませんので
ご勘弁を。
[2006/05/13 00:06:53]

お名前 Name: なんだかね   
ここ久しい、話題に似たようなものがありました

超電動を利用した、電磁水 水の分子をクラスタ化し
まろやかな、ものにする技術ですが(確かマドラーもあったような?)
自動車、ディーゼル燃料にも応用されています
液体の分子配列の調整ですら、この様なのに、固体の気の細胞配列の
変形などは、(まして、あのようなテープライクなもので)眉唾ですね。

ただし、振動を局部的に抑える 俗に言うテーピング的(擬似ブレーシング)
な考えでの音の変化は、ありえるでしょう。
[2006/05/12 15:09:51]

お名前 Name: エイジングサン   
MASAKIさん素材屋さんハルさんbinさん

ヴィンテージパッチのHPを拝見して音は変わるそうですが楽器自体は
育っていない為弾き手は時間が有ればギターをかわいがる努力が必要だと思います。

難しい事はわかりませんが構造となると貼り続けて数年後の状態が怖い
印象があります。
振動を調整するだけなら安心して買われる方もいたかも知れませんね。

これだけ不安材料が有る中メーカーは○澤などの店頭で販売できるよう
努力が必要だと思います。
購入を考えてる方は理論等クリアになってからの方が良いかもしれません。
[2006/05/12 09:37:33]

お名前 Name: bin   
ハルさんご紹介のページに以下の情報が載っていました。

********************************************************
ストラディバリウスやグァルネリなどの世界的な名器から、なぜあのような美しい音色が生まれ
てくるのでしょうか。その秘密は、振動(共鳴、共振、反響)の美しさにあります。
名器と呼ばれている楽器はすべて、楽器の材質やさまざまな部材、部品の振動が、つねに
美しく調和するようチューニングされています。
********************************************************
ということは、例えばGEなんかは、単にハカランダだから価値があるというよりも、
各部にベストな素材を利用し、なお且つ、TOP,ネック、ナット、サドル、Pガード、ペグ等
の全部分が全体としていうまく調和するようにチューニングされているということに
なるのでしょうね。
とすれば、ある部分だけを改良しようというのは、その調和を壊すことになるかもしれませんね。

先日、28Marquisのピックガードを張り替えたのですが、ついでに、弾き方の癖で右手小指が
TOPに触れる個所もガードしようと、少し面積を大きくしました。調和を崩してしまったのでは
ないかとちょっと心配です。
[2006/05/12 08:40:04]

お名前 Name: 素材屋   
すみませんスルーしてました。

 専門外ですが 様

私としては何かを要因として、立体構造、もしくは水和様式が変わり超構造が変化したのではないか?
ということを言いたかったのですが、超格子を引っぱって来たのは少々ずれた考えでしたか?

宜しければもう少し詳しくお聞かせ下さい<(__)>
[2006/05/12 07:19:15]

お名前 Name: ハル   
>誤解されていませんか?
いえ、理解さえしてません(^^;

>似たような木種なら例えばローズをハカランダ並みの硬さにする事も不可能ではない
うそっぽ〜
[2006/05/12 05:51:04]

お名前 Name: 素材屋   
ちょっとラボの方にメールで聞いてみましたが、「技術的な事に関してはトップシークレット」
という回答を頂きました。まぁ、当たり前ですかね。(^_^;

頂いた回答文によれば、パッチは材質そのものの強度を強めるものであるとの事です。
なので、似たような木種なら例えばローズをハカランダ並みの硬さにする事も不可能ではない
らしいです。

ん〜、理屈は分かりますがどうなんでしょうか?誰かサイドバックに貼った人いません?
[2006/05/12 01:18:30]

お名前 Name: 専門外ですが   
素材屋さま、ハルさま

失礼ですが、超格子まで出てくるとはあまりに飛躍しすぎた議論ではないでしょうか。
超格子は異なる原子が原子炭層〜数層づつ規則正しく並んだものだったと思います。
分子、原子、(分子)構造などなど、誤解されていませんか?

ヴィンテージパッチのHPも見ましたが、パッチの働く原理がさっぱり
わかりません。
特許出願中とあったので是非とも特許公開番号を知りたいものです。まだ公開
されてないのかな。
[2006/05/12 00:55:52]

お名前 Name: ハル   
なるほど、つまり超格子構造を意識的に起こさせるのがビンテージパッチではないか?
という推測ですか〜
マテリアリストとギター好きが重なればありそうな話ではありますね。

>重さで壁や機器の振動を制振するもの
そうです。
あ、そうか、振動を抑えちゃいけないんですね(^^;
[2006/05/11 23:22:44]

お名前 Name: 素材屋   
>年代を経て弾き込んで音が良くなるから価値があるのだと思います。

ごもっともです。でも某バイオリン等の様に桁違いの値段が着くのはちょっと理解できないですが(^^;

>だとすると「パッチを貼り付けたら板自体が変化する」という事でしょうか?

そうです。分子自体は変わりませんが構造(存在のしかた)が変化するのではないか?ということです。

↓ちょっと難しいですが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E6%A0%BC%E5%AD%90

これは金属の分子説明に重点を置いてますが、この格子が変化するというのは
ヴィンテージになるためには重要な要素と言われている様です。

>そうなっちゃうと「うっわ、この音やだ!」と思ってパッチを剥がしても戻らないという
>可能性が出てきますね。

ここでイマイチ分からないのが、剥がせば元に戻るという事です。
戻らない可能性もありますが、元に戻るという現象がある限り何かそこに理由があるような気がします。
マドラーの方は酸化させるとの事ですので、還元させる事が出来るなら元に戻す事も出来なくは
なさそうです。
でも木はどうなんでしょうか?元に戻す為の理論があるのでしょうか?やっぱり謎です。

>私の推測は、単に振動モードを変えているだけと思います。
振動モードが変わるという事は硬さか重さが変わるという事ですけど、ヴィンテージパッチは
補強又は振動を抑えるほど重い物ではない様ですよね・・・。

ハルさんご紹介のグッズは私も存じていますが、あれは重さで壁や機器の振動を制振するもの
だと思うのですが、どうでしょうか?

ん〜考えてみましたけど、ちょっと分かりません(笑)
[2006/05/11 13:31:28]

お名前 Name: ハル    URL
何かを貼り付けて音が良くなったとしても別にうれしくはありません。
年代を経て弾き込んで音が良くなるから価値があるのだと思います。

ただし、野次馬的な興味はあります(^^;
>素材屋さん
>分子間力の結合調整を行うもの?と私は推測しますが、
だとすると「パッチを貼り付けたら板自体が変化する」という事でしょうか?
そうなっちゃうと「うっわ、この音やだ!」と思ってパッチを剥がしても戻らないという
可能性が出てきますね。
私の推測は、単に振動モードを変えているだけと思います。
オーディオ関係では、かなり以前から何かを貼り付けて音を変化させる製品は発売されて
いました(一例のHP↑)
それを少々いじっただけのような気がします。
[2006/05/11 03:25:38]

お名前 Name: 素材屋   
ヴィンテージパッチは確かにギター弾きとしては興味をそそるものではありますね。

パッチもマドラーもどちらも恐らくは分子間力の結合調整を行うもの?と私は推測しますが、真実は如何に・・・
もしそうなら、その辺りの物質と度合いがノウハウということなのでしょうね。

分子間の結合調整等はおいそれと出来るものではないのですが、この6年という研究期間が妙に引っかかります。
理論さえあれば材料調整にそれほど時間が掛かるとは思えないのですが、
これだけ時間を掛けたのは実験量の多さでしょうか(?_?)
それとも材料自体が生成困難?謎は深まります。

私は試したことはないですが、もしこれが本当に分子に何らかの影響を与えるものであるなら
ギターの音が変化することは理論上ありえる話だと思います。

でもブレーシングやトップの材が他の木種になるわけではないでしょうし(出来たら錬金術w)
ましてやブレーシングの位置が変わるものでもないでしょうから、サドルやナットの素材を変えて
異質な素材の音でキャラクターを変えるよりも、ずっとそのギターに忠実な音調整になりそうっちゃなりそうね・・・(だからヴィンテージパッチ?)

いずれにしろ試してみなければ確実な事は言えませんので、断定は控えときます(汗)
[2006/05/10 18:33:36]

お名前 Name: MASAKI   
エイジングサンさま、プロMさま
興味そそる情報提供とともに駄スレを盛り上げていただき、ありがとうございます。

ところで・・・
“ヴィンテージ・パッチ”についてのご意見が出ないようですが・・・。
単なる怪しげな商品として無視でしょうか?(笑)
[2006/05/09 22:53:05]

お名前 Name: まっきん   
エイジングサン様、プロM様
レスありがとうございます!
大変参考になりました。
チャレンジしてみたいと思います!!
(品切れが少し心配です。)
[2006/05/09 19:53:11]

お名前 Name: エイジングサン   
プロMさんありがとうございます。

休日に東急ハンズで物色したいと思います(笑)
使っている方からの意見は長短合わせて素直に聞けます。

今から楽しみです。
[2006/05/09 19:32:43]

お名前 Name: プロM   
エイジングサンはん、まいど〜!

粘着テープは使わんとも大丈夫でっせ。前にも述べたように
トップと弦の間に差し込んでトップに若干でも圧がかかれば
それでOK。神経質なお方は他の幅広硬質材に貼りつけて、
それを間に挟めばほとんど傷はつきまへんわ。
わてはセミの営業マンか!?(爆)
[2006/05/09 18:52:59]

お名前 Name: プロM   
まっきんはん、まいど!

セミは「薄べったい空飛ぶ円盤型」で裏に1円玉弱程度の丸型両面粘着
テープを張る箇所がありますわ。材質はなんやろ?軟質プラスチック??
あまり気にせんと使うてますわ。注意すべきは付属の両面テープが強力でな、
わてはシールを剥がさず使うとります。ボデイにある程度の圧が掛かれば
充分振動が伝わりますやさかい。一番効率ええんはボデイの裏に直接貼付け
やけど塗装傷めるからお奨めしまへん。でも、共振した弦がブルンブルン震
えて鳴ってくれるのは快感やで〜。カポ付けるとまた違った音になるしな。
わては知人の結婚式に、これを安物アコギのボデイ裏に張ってギターCDを
流してそれに合わせてデュエット弾きなんちゅう必殺芸を披露した事もおます。
見てる人はなんでギターから音楽が流れてるんかわからんし・・・遊べますわ!

正直、セミの件は隠しておきたかったけどな・・・根が正直なもんで。
[2006/05/09 18:27:34]

お名前 Name: エイジングサン   
まっきんさん

皆さんが話されている物が有っているなら↓を見たほうが分り易いと思います。
http://www.ms-n.com/~zen/kore/cemi.htm

粘着テープと言うのが不安を誘います。
[2006/05/09 18:05:48]

お名前 Name: まっきん   
みなさんこんばんは!
写真を見ました。貴重な情報ありがとうございます!
一点おしえてください!
ギターのトップに触れる面はどのような素材でできているのでしょうか?
堅いセラミックでしょうか?それとも傷が付かない粘着(?)素材でしょうか?
お忙しいところ恐縮ですが、ご教授のほどよろしくお願いいたします。
[2006/05/08 22:42:57]

お名前 Name: エイジングサン   
プロMさん&GT3RSさん

お話に出ている物はこれですか↓
http://www.syaini.ne.jp/semi4.htm

ぜひ試してみたいものです。
[2006/05/08 22:03:26]

お名前 Name: GT3RS   
プロMさん、こんにちは。実は、私も同じことしています。
最初は、新品にばかり、約1週間を目安に1日中弦の間に挟んで鳴らしていましたが、
オールド、ヴィンテージにも効果があることが判り、すべてのギターで、
同じセラミックスピーカーで、1日中鳴らしています。家族には、電気代、電池代がもったいないと不評ですが、程度の差こそあれ、いずれもよく鳴るように鳴りました。 
特に低音がよく響くようになったと感じます。
[2006/05/08 15:43:47]

お名前 Name: プロM   
まいど〜!
わてはセラミック密着型スピーカーをトップ板と弦の間に挟んで
弾かないときはスピーカー代わりにして鳴らしてますわ。
アコギの材によって音がそれぞれ違うからおもろいし、やっぱり
普通に弾いて鳴るギターの方がスピーカーとしても鳴りますわ。
梅雨時なんかは大変重宝しますで。安っすいけど非常に便利やで。
スピーカーの前の置くよりずっと効果的で短時間で慣らしが出来まっせ。
知らん人には絶対お奨め。これでマーチンプレイヤーのCDを聴くと
あんさんのマーチンがその音(それに近い)で鳴ってくれますわ。
商品名:セミ 
取扱店:ハンズ その他マニアック電気店
値段 :確か¥9000前後           ほな!
[2006/05/08 12:20:46]

お名前 Name: TK   
僕も、弾かない時はウーハーの前に立てかけていたときがあります。
おもしろいことに、ウーハーに共鳴して弦がひとりでに鳴るのです。
OOO-45の鳴りが悪かったので1年間これを試してみました。
今ではご機嫌に鳴っております。スピーカーやスタジオにおいて置く
のは確かに効果?があるみたいですよ。
[2006/05/08 10:15:56]

お名前 Name: エイジングサン   
私はヤフーのモノを見てからスピーカの前にギターを立てています。
家に帰ってから床に着くまでの弾かない時間を使っていますが
少し慣らし時間が減ったように感じますよ。

一番良いのは弾き込む事だと思いますが時間が少ない為補助として
なら良いかもしれませんね。
[2006/05/07 23:21:39]

お名前 Name: MASAKI   
自己レスです。

昨年でしたか、ネットオークションで、スピーカーの上にアコギを乗せて、数時間 音楽だかホワイトノイズを聴かせるだけで
鳴りがよくなる、とかいう道具が出品されていましたね。
最近は見かけませんが・・・。

理屈は理解できますが、実際に購入された方、効果のほどは如何でしたか?

九州の某蔵元の焼酎は、貯蔵蔵の樽ひとつひとつにスピーカーを搭載して、
クラシック音楽を聴かせながら焼酎を寝かせています。
確かに、微振動によりアルコールの分子和合が促進されますので、まろやかな飲み口になるようです。
[2006/05/07 22:31:18]

お名前 Name: MASAKI   
先般、ヴィンテージネタでワインやウイスキーを引き合いに出して、一部の方から喜んでいただきましたので、
気をよくして、新ネタを探してきました(笑)

★ギターを一瞬にしてヴィンテージサウンドに変えるシール
  http://sirdlaboratory.web.fc2.com/vintage_pach.html

★ワインを一瞬にして飲み頃に熟成させるマドラー
  http://www.wineac.co.jp/shopping/change/clefduvin.html

前者は、秋田の新岡先生のお墨付き。
後者は、日経新聞やテレビで紹介され、ワイン愛好家の間で人気急上昇中です。

当方はどちらも使ったことはありませんが、世の中の“趣味人”、“酔狂な研究者”というのは
みな同じようなことを考えてるんですね(笑)
[2006/05/07 20:32:15]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る