記事タイトル:ギターと映画 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: ねずみどし   
ttmhs 様。
やはり大学のサークル、減ってるんですね。
関西も壊滅状態ですか・・・。ううむ。現役でない私が憂えてもなんですが。
バンジョーやフラマンも売れないでしょうね。アコギはともかく・・・。

マーチン党様。
千葉大は生きてるんですね。教授もブルーグラッサーだったとはうらやましい。
こういうおしゃべりのなかで、マーチン党さまがラグビー部だった、なんて
ことがわかると、楽しいですね。

ばると様。
おおっ、「帰郷」ですね。これは絶対見ます!
このラインナップをみただけで興奮します。ストーリーも興味あります、戦争反対!!

皆様。
映画をネタに、ギターのお話が出来て楽しかったです。
ありがとうございました。
このスレもだんだん下に下がってきましたが、今後もギターと映画にまつわる
楽しい話題がありましたら書き込んでくださいませ。

最後に一枚のサウンドトラックを紹介させていただきます。
映画の題名は「アイ・アム・サム」。
知的しょう害のある父親役がショーン・ペン。大のビートルズ好き!
スターバックスでアルバイトをしながら娘を育てています。
しょう害者に子育ては無理と、二人は引き裂かれそうになるのですが、
そんな状況の中、女の子が「愛こそすべて!!!」と叫ぶシーンは、
涙なくしては見られません。
で、全編にわたってビートルズのナンバーが流れます。これが素晴らしいのです。
さまざまなアーティストが、アコースティックなアレンジで歌っています。
ビートルズを弾き語るのにも、お手本になりそう。
みなさまも是非どうぞ・・・。

ショーン・ペンといえば、「ギター弾きの恋」と言う映画ではジプシー・ジャズ・ギタリスト
役をやってました。
ジプシー・ジャズといえば「ショコラ」という映画では、ジョニー・デップが
「マイナー・スウィング」だったかな?を弾いてます。

あ、こんなのがあった。
http://www.holiday.yamaha.co.jp/concierge/cinema/007/index.html
[2007/11/23 22:16:05]

お名前 Name: ばると   
ねずみどしさん、こんばんは。

このスレ素晴らしいですね。
いろんな方のいろんなお話、大変楽しく読ませていただいてます。

「真夜中のカウボーイ」ではニルソンの「うわさの男」がとても効果的に使われてましたね。
主演のジョン・ヴォイトがジェーン・フォンダと共演した「帰郷」というベトナム帰還兵がテーマの映画がありま
したが、このサウンドトラックは凄かったですよ。

ビートルズ、ストーンズ、ボブ・ディラン、バッファロー・スプリングフィールド、ジェファーソン・エアプレイン、
リッチー・ヘブンス、ジミヘン、ステッペンウルフ、ジャニス・ジョプリン、そしてサイモンとガーファンクルなどなど。

初めて劇場で観た時、S&Gの「ブックエンドのテーマ」がとても印象的でした。

TSUTAYAには必ず置いてあると思いますので、もしご覧になってなければ是非。
映画そのものも大変素晴らしいです。
[2007/11/21 22:21:51]

お名前 Name: マーチン党   
私は、だいぶレベルが落ちるんですけどいちおう駅弁国立・千葉大に通っていたころ、研究室の担当・教授がブルーグラス系サークルの顧問みたいなことしていて、数年前の学士会館での退官記念パーティーでは、かなり年代物と思われるマーチン弾きながら、古OBと盛り上がってました。まだ、存続してるみたいですよ、そのサークルも。
当時の私は体育会ラグビー部だったので、よくはわかりませんが・・・
余談としては、我部の「偉大なる後輩」に、花園伝説のプレーヤーとして知る人ぞ知る
伏見工業・初優勝時のメンバーだった栗林さんがおられます。有名な青春TVドラマ「スクール・ウォーズ」のクライマックスに登場した栗原くんのモデルといわれている人物です。
アリャリャ、完全に話が脱線してしまいました。
失礼しました。
[2007/11/21 21:46:45]

お名前 Name: ttmhs   
ねずみどし さま
>今のBG界のことは全くわからないのですが、現役の学生バンドはあるのかなあ
現役の学生バンドは、北大、東北大、名古屋大、神戸大、にぐらいしかありません。
しかもどの大学もみなウマい!!本当に上手です。
あと九大に1つ生まれつつあります。なぜか全て国立大ばかり(笑)
[2007/11/21 21:18:14]

お名前 Name: ねずみどし   
マーチン党様。
私が最初に「もう一度」を聞いたときは「いちご白書」が映画のことだとは
知りませんでしたから。でもあの時代には誰でも知ってる、ポピュラーな
映画だったのでしょうか。
プログラム、だいじに手元に置いて置いてください・・・。

太郎八様。
>映画に関係なくてすみません。
いえいえ、こうして話題が発展して行くのが楽しいですよ。
やはり同じギター好き、音楽好き同士じゃないと、こういう広がり方はしないですよね。
「笑うギター」、わたしも同じ感想持ちました。ローランドのほうが好きだけど・・・。

ttmhs 様。
ガゼット、デビューの時代ですか。
やっぱりお会いしてるかも知れませんです。
今のBG界のことは全くわからないのですが、現役の学生バンドはあるのかなあ。
各大学のBGサークル、生き長らえているのでしょうか。私のいたサークルも新人
が入ってこなくて、卒業後数年で消滅してしまいました・・・。

たろう様。
「真夜中のカウボーイ」学生の頃、みました。あの頃は小さな映画館がたくさんあって
ロードショー以外にもいい作品に出会うチャンスがありました。いまは
TSUTAYAがあるけれど・・・。「ダスティン・ホフマンになれなかったよ。」

マルティネス様。
・・・全然わからないです。英語のサイト見ましたが、日本に来たという記憶もないです。
マルティネス様は、リアルタイムで日本でご覧になったのでしょうか。

PS3様。
このスレッドがきっかけになって、あらたな楽しみに出会えていただけて
うれしいです!7.1チャンネルのスピーカーに囲まれてD-28を弾いている
お姿を想像し、私まで幸せな気持ちです。ありがとうございます。

四番ファースト様。
「ダブリンの街角で」ご覧になりましたか。ぜひピックガードに小指のあとが
凹むくらいに弾き込んでください。
まさか、ピアノを贈っちゃうとは思いませんでした。
「青空のルーレット」でも、主人公がであった聾唖の女性に白いギターを
贈るんですよ。あ、ネタばらしちゃった・・・。耳は聞こえないのですが
ボディの振動で音を感じるのです。彼女や、子どもたちがギターのボディーに
耳を押し付けて感じてるシーン、心洗われるシーンです。

あ、ありがとうございます、「ピノキオ」ですか。こおろぎですか。
よし、今度はピノキオの話題でアタックだ!
[2007/11/21 11:37:57]

お名前 Name: 四番ファースト   
こんにちは
投稿する前にスレが随分伸びてるので、今更なのですが・・・

ねすみどしさん、
「ダブリンの街角で」は私も先月観ました
あのタカミネ、サウンドホールが2つあるんですけど・・・
指弾きの時にPG部に小指を固定する私としては、あのギターでは困りますね(笑)
でも、あれ位弾き倒してもらえたら、ギターも本望ではないかと・・・

「星に願いを」はピノキオですね
で、歌っているのはピノキオ本人ではなくて、こおろぎだったと思います
すみません、余計な指摘で・・・

スイングガールズで渡辺弘美が弾いてる赤いエレキは「グレコ」
DVDのスペシャルエディションを買うと、
特典ディスクに、あの兄弟デュオの歌がフルコーラスで入っています(+更に別のもう1曲あり)
使用ギターは、確かモーリスかヤイリだったと思います
[2007/11/20 19:50:23]

お名前 Name: PS3   
ねずみどしさま、
みなさま、こんばんは。

このスレッドは貴重です。
何か映画を見るときに紹介された曲をクレジットからチャックする楽しみができました。

たろうさま、
寝る前に小さな恋のメロディのエンディング聞いてみましょう。
明日の朝は、In the Morningのオープニングでしょうか。

ttmhs さま、
和田 さま、

アリソン・クラウスのDVD!アマ損?から昨夜8時には着いていました。

和田さまのおっしゃるとおり、素晴らしい録音でした。D社の3930を当家のO社製安物ドル
ビーデジタルの5.1チャンネルと2チャンネルのステレオに繋げて7.1チャンネル?で堪
能しました。
ケンタッキーのルイビルのゆったりした時間の流れのなかにまったりと浸かりました。
音楽っていいですね。ダナ・ボジョアのDと古強者のD−28、そのPGは確かに50年代に
見えます。
キーのE♭でビデオ見ながら適当にコピーを始めました。D−28最高です!
自己満足で楽しいです。自分のギターに合わせて歌ってくれるアリソンの歌声は☆☆☆☆+です!
[2007/11/19 22:26:13]

お名前 Name: マルティネス   
めちゃマニアックですが・・・。
70年代の映画に "Harold And Maude" (「ハロルドとモード」)というのがあります。
邦題は確か、「少年は虹をわたる」でしたか。
日本ではビデオ、DVD等発売されていませんが、アメリカではかなりコアなファンがいます。
その映画では、全編キャット・スティーブンスの曲が流れます。
残念ながら、サントラも発売されていませんが・・・。
[2007/11/19 18:35:31]

お名前 Name: たろう   
映画「いちご白書」のサントラ盤を探し出しました
バフィー・セントメリーの「サークルゲーム」が強烈に印象に
残っていますが、CSN&Yも多くの曲をこの映画に提供しているのですね。

CSN&Yといえば小さな恋のメロディーのエンディングで流れる
「ティーチユアチルドレン」は大好きです。

後、「真夜中のカウボーイ」で印象的なギターで始まる
「エブリバディトーキン」この曲もとても好きです。

ダスティン・ホフマン いい映画に出ていますね。
[2007/11/19 10:33:47]

お名前 Name: ttmhs   
PS3 さま 
>アリソン・クラウスは特にいいですね。
全くその通りです!!
彼女はキースと同じキー(Eb)で唄ってるんですよね。
そのことが凄いかどうかは別にして、そこにも感激しちゃったりして。

和田さま
大変素晴らしいDVD評、拝読させていただきました。
何度観ても飽きない物ってそうは無いのですが、このDVDだけは観なけりゃ損するぞっ!
って言いたい位の感動を覚えたのをつい昨日のことのように。

ブージー さま  
>ずぶ濡れボーイズが歌う"I am a man of Constant Sorrow"がすごく良かったです。
>鳥肌モノでした。
上記のDVDはご覧になりましたか?この中の「I am a man 〜」もスゴイです。
ジェリー・ダグラスの間奏で思わず鳥肌!!
映像と分かっていながらスタンディングオベーション!
難しいフレーズではないのですが、この、この突っ込みです!!
って、俺の記憶って合ってんのかしらん。

ねずみどし さま
>ttmhs様は、現役ですか?
はっ、恥ずかしながら今だ現役でやっております(汗)
銀座のRトップ等に出ておりますが、誰とやってるか、イニシアルトークで書いても
分かる人には分かってしますので、やめときます(笑)
実はカントリーも唄ってるんですが・・・
ところが大好きな「When you say〜」を唄えるバンドが無いのです。クヤシ〜!
弾き語りでいいじゃないって? それだけのギターの腕が無い(胸を張って自慢)

太郎八 さま   ねずみどし さま
私のちょっと先輩はカントリー・ジェントルマン、で私が現役の時にガゼットが
衝撃的なデビュー。それ以来みなガゼット。次のレコード(CDではありません)が
出るのが待ち遠しくて、レコードの溝が無くなるのでは、っていうぐらい聞きました。
[2007/11/19 07:06:18]

お名前 Name: 太郎八   
ねずみどし さま

>カントリー・ガゼットのライブ盤で弾いていたローランド・ホワイト

反応してしまいました。
あとでいろいろ出てきたクラレンスの音源を聴くと、どうやらお兄さん、
Laughing Guitar なんか、弟さんのフレーズ、そっくりですね。
自分もガゼットのアルバムでは、『ライブ盤』がスキです。
リードでは、Red,White & Blue(grass)の Grant Boatwright のガチャガチャ
したリードや オールドタイミーですが、The Spark Gap Wonder Boys の
George Nelson のプレイは忘れられません。

ジュディ・コリンズもエレクトラ盤を中心によく聴いていました。スキでした。

映画に関係なくてすみません。
[2007/11/18 23:55:38]

お名前 Name: マーチン党   
ギックリ腰になりそうにながら、
押入れの奥の重たいダンボール箱を
引っ張り出してきました。
もう一度の前の
最初の一歩の「いちご白書」上映のプログラム。

キャストを見てみるとサイモン&リンダの物語だった・・・
ウーン、これを眺めていると
たしかに少しずつ記憶が蘇ってきた。

でも、スタッフの音楽担当は
イアン・フリーベアン・スミスって記されているけど
こいつはいったい何ものだ?

知ってる人います?

監督はスチュアート・ハグマン
これも知らないなぁ。

オッとMUSICのところには
たしかにTHE CIRCLE GAME(Vanguard Records)って
いうクレジットが入ってるけど、
どこを見てもバフィ・セントマリのバの字も書いてない。

まぁ、こうしてみると
いかに私が映画に薄い人間かということが
よくわかったけど、
そんな人間が実際に、最初に観てるのが不思議。
もしかしたら、あとから「もう一度」で
初めて観た人の方が詳しいかも・・・

このプログム、オークションかけたら
欲しがる人いるのかなぁ。
[2007/11/18 23:03:19]

お名前 Name: ねずみどし   
ばると様。
「いちご白書」はサークルゲームでしたか。アグネスも歌ってましたね。
アグネスといえば、ギターを弾いてると、つい「草原の輝き」をフィンガースタイルで
やってる自分に気がつきます。中学生の頃聞いていた音楽は、しっかり染み付いているんだな
と・・・。押尾コータローなんて、楽譜見ても覚えられないのに。その前に弾けないけど。

ジョニ・ミッチェル、ジュディ・コリンズ、CSN&Y・・・。
いいですねぇ、こういう話が出来る人、私の周りにはいません。
やっぱりここの掲示板、楽しいですね。
「卒業」は映画より先にサントラから入った私ですが、ミセス・ロビンソンのエンディングは
聞いただけで、映像が想像できました。

 ttmhs 様。
わおっ、スタンレーの頃からとは、大先輩ですね。
ブルーグラスのコンサートは録音、オッケー!?でしたね。
デル・マッカリーとかいらっしゃいましたか?もしかしてお会いしてるかも・・・。
カーター・スタンレーもどうやってギター弾いてるのかわかりませんでしたが
いい時代です、YouTubeで見られるんですね。発見したときはビックリしました。
スタンレーのリズムギターに特徴がない、その通りですね。でも、ジョージ・シャフラー
のクロスピッキングが好きでした。公言は出来なかったけれど。だって、まわりは
クラレンスだ、トニーだ、でしたから。
ブルーグラスのリードギターで一番すきなのは、カントリー・ガゼットのライブ盤で
弾いていたローランド・ホワイトです、って、やっぱり私は変わり者?
いやあ、大学卒業してからブルーグラスはやってませんが、お話できて楽しいです。
ttmhs様は、現役ですか?

PS3様。
心に届きましたか。いい出会いですね。
私もうれしいです。
ほんとだ、アリソン・クラウス、いいわぁ。

メロディ・フェア。高校の文化祭で弾き語りしました。無謀でした。ひとりであの
コーラス、どうやって歌うねんっ!?ですよね、まったく。

marquis様。
実年齢と関係なく、タイムトラベルできるのが、映画や音楽の素敵なところですね。
「大砂塵」ですね、メモメモ。っと。

ブージー様。
ずぶ濡れボーイズ見つけました。
映画を見ていていきなりあの歌が流れてきたら・・・想像するだけで鳥肌モノです。
いいですね。

和田様。
はい、染村さんと同じ頃東京でブルーグラスやってました。
(染ちゃん、元気?って、誰だかわからないよね。下宿
((じゃないか、、マンションの一室で))古いマーチン、弾かせてくれたね・・・。
その節はありがとう)
今はすっかり足を洗って?しまいましたが。
でも、ギターは弾きつづけています。
そのおかげで色々な人や音楽との出会いがあり、こうして何とか生きてます。
許すも何も、またたのしいお話きかせてください。
[2007/11/18 21:24:29]

お名前 Name: 和田   
ねずみどしさん(同い年かもしれませんね)

こんばんは。
いいタイトルと私のこのサイトのお友達が登場しておられますので
誘われるように出てきました。

ttmhsさん
>「When you say Nothing at all」つい先日知人の結婚式で唄わせていただきました。
 ・・かっこいいですね。すごくいい歌なので私も大好きです。
   これからトライしてみます。

PS3さん
>アリソン・クラウスは特にいいですね。
彼女の歌うWhen you say nothing at allも素晴らしい歌声で心に届いてしまいました。
バックのUnionStationの2台のギター、ドブロの哀しい音色にもはまって、2枚組DVDを注文しました。
・・実は今年、私もある人から教えてもらいこのDVDから彼女の大ファンになってしまっ  た幸せな一人です。

下記に、このDVDと出会い感想を書いた拙いメモがありましたので、
ご紹介します。

           記

Alison Krauss/アリソン・クラウスのDVDが今日、
午後に届きました。会社からもって帰ってきた仕事も終えて早速、
じっくりと鑑賞、拝聴させていただきました。私が気がついた感想
を少し述べさせていただきます。
(かなり感覚的で、独善的なところはお許しを・・・)

DVDの全体イメージ
 ・とてもゆっくりとした時間を(間)を取ってあり、ライブのDVD
 にありがちな細切れ編集をしてない。その為に自分も実際の
  会場にで聞いている雰囲気に見ている間中、浸ることが
  出来る。
 ・コンサート会場がアメリカの中部ケンタッキーのルイーズビル
  という落ち着いた日本にはない古城の雰囲気を持っている会場
  で、彼女のアコーティックの演奏に最適な場所の設定。
 ・カメラ動作が落ち着いている。がさがさしない。
 ・色合いがナチュラル。ライティングも素直。
音質(音響)
 ・音が柔らかい。(ライブの生音に近い)
 ・特に低音が良く入って、やわらかくて気持ちがいい。
  (難しいウッドベースの生音の録音が見事)
 ・ホールトーンが見事に入っている。(ドルビーのせいか臨場感
  抜群。画面があるので特にそうかもしれないが、音の奥行きが
  素晴らしい。会場の観客の動きが感じられる。)
 ・ミキシングとマイクの設定が上手い。音のセパレーション
  がはっきりとしてい、音が一つに固まらない。
  (楽器や声ハーモニーもセパレーションがしっかりとしている
  ので、重なって聞こえない。)
演奏
 ・アリソンの素晴らしい歌声が中心のバンドであるが、彼女は
  カントリーにありがちな張り上げて声を出す一方的な歌い方
  ではなく、落ち着いたそしてしっかりとした発声で歌い
  こなす円熟した歌い方。
 ・ダンの声はリードでも充分こなせるが、女性をメインに、
  自分は上のパートを上手くこなし、アシストするハーモニー
  テクニックはさすが。
 ・演奏は、すべて完璧だが、バリーのベースが最高。その影響も
  あってこのバンドはリズムが大変しっかりとして落ち着いた
  大人の演奏となっている。
 ・ジェリーのドブロは抜群の演奏テクニックもさることながら、
  曲にすっかりなじんだアレンジで曲の雰囲気を壊さず楽器演奏
  をリードし盛り上げている。
 ・ダンのギターはおそらくマーチン28の50年ものだと思われるが
  上手くリズムを取りながらマーチンの切れ味の良い音を出し
  ている。
 ・ロンはこれまたギター、バンジョーのリードの名手。
  特にギターはボジョアーというアメリカのマーチンと肩を並べ
  るくらい綺麗な柔らかい音のする手工品の楽器で、
  ジェリーのドブロ楽器と上手い掛け合いで演奏を盛り上げてい
  る。(私もこのギターを最近まで持っていました。)
 ・ドラムも目立たぬくらい入っていますが、個人的にはいらなく
  てもいいのではないかと思います。
  (ベースとギターのリズムがしっかりしているので)
 ・アリソンのバイオリンはそんなに上手くはないですが、
  楽器演奏のときは、とても綺麗な音を出していますね。
以上が感想です。

お互いにこんな素敵な音楽との出会いがあるなんて人生捨てたものではないですね。

少しタイトルと違いましたが、ねずみどしさん、干支が同じよしみでお許しください。
[2007/11/18 18:41:36]

お名前 Name: ブージー   
「オー・ブラザー!」
ストーリーはそこそこなんですが、ずぶ濡れボーイズが歌う"I am a man of Constant
Sorrow"がすごく良かったです。鳥肌モノでした。
[2007/11/18 17:50:06]

お名前 Name: marquis   
年代により映画も音楽も様々ですね。

ちょっと実年齢より背伸びしますが、『大砂塵』のジャニー・ギターもはずしたくないです。
結構いろいろカバーされていると思います。古典といえるでしょう。
[2007/11/18 17:28:06]

お名前 Name: PS3   
ttmhsさま、
情報ありがとうございます。
アリソン・クラウスは特にいいですね。
彼女の歌うWhen you say nothing at allも素晴らしい歌声で心に届いてしまいました。
バックのUnionStationの2台のギター、ドブロの哀しい音色にもはまって、2枚組DVDを注文
しました。
何も言わないがゆえに伝えられる心もあるんですね。

ねずみどしさま、
映画を見てもTV見てもいい音楽があるものは記憶に残りますね。
ギターの音が入っていると耳が「反応」してしまいます。
1971年の「Melody:小さな恋のメロディー」のビージーズやCSN&Yもそう
です。
[2007/11/18 16:17:12]

お名前 Name: ttmhs   
ねずみどし さま
キースはスタンレーの頃からの大ファンで文京公会堂のライブ音源(自家録)は
私のコレクションの中で一番の「お宝」です。
J.D.クロウ(厚生年金小ホール)の時にはSHE'S GONE, GONE, GONE確かに唄って
ましたよ。
私は、スタンレーから派生しているボーカリストはリズムギターにさほど特徴が無いと
思っております。でも歌そのものにドライブ感があるような気が・・・

Bluegrassのリズムギターならばレスター・フラット、それをより進化させた
トニー・ライスの右に出るものはいないのではないでしょうか。
この二人は明らかにバンドのリズムを引っ張って行ってます。

ありゃりゃ、「ギターと映画」のスレからどんどん離れて行くよーな。
[2007/11/18 15:27:02]

お名前 Name: ばると   
「いちご白書」の主題歌はバフィ・セントマリ(セントメリー)の「サークルゲーム」でしたね。

私は日本デビュー前の香港版のアグネス・チャンのLPに入ってるバージョンが好きでした(笑)
オリジナルはご存知ジョニ・ミッチェルです。

ジョニと言えば何と言っても「青春の光と影」ですが、これも映画の主題歌で、
この時歌ってたのはジュディ・コリンズでした。。
映画は殆どヒットしませんでした(大昔に観ましたが、主題歌以外あまり印象はありません)が、
この歌は何故か大ヒットし、ジョニの名前も有名になりました。

この歌はカナダの大学の一年後輩だったニール・ヤングの旅立ちのはなむけにジョニが贈った歌だ
という逸話があります。
バフィもカナダ人ですから、ジョニを中心したカナダ人会の輪ですね(笑)

ジュディ・コリンズといえばCSN&Yの「青い目のジュディ」はスティーヴン・スティルスがジュディ
のために作った歌というのはあまりにも有名な話です。

「卒業」ではベンジャミンの車がガス欠でだんだん止まって行くときの「ミセス・ロビンソン」の
ポールのギターがとても印象的でした。

一本の映画から、またその挿入歌や主題歌からいろんなエピソードが膨らんで行くのは楽しいですね。
[2007/11/18 12:42:29]

お名前 Name: ねずみどし   
kin様。
おはようございます。わたしはとんでもない過ちをおかしてしまいました。
ムーン・リバーを歌うシーン、覚えております。
しかし、わたしは↓下でそれを、「星に願いを」と書いてしまったのです。
ああ、勘違い!
ここだけの勘違いなら、まあ”お恥ずかしい!!”ですむのですが。
実は、ある女性と話しているときに、「ティファニーで朝食を」の
そのシーンに話がおよび、たまたまギターを抱えていた私は、
たぶん「星に願いを」を爪弾いたのではないか、と、今!!!思い至ったのです。
その二曲を混同していました。
彼女が去って行った理由がわかりました。知ったかぶりはいけません。

マーチン党様。
Let it beを同時代に見ていらっしゃるんですか。
プログラムもお持ちとのこと、貴重ですね。
「いちご白書」も「もう一度」の前に見ているんですね。
あの歌は、その映画を知っているかどうかで、全然意味が違って来ますよね。
私はユーミンの歌を聴いて数年後、見る機会がありました。
それまではバンバンの歌いかたが余り好きじゃなかったけど、
映画をみてからは自分でも口ずさむようになりました。
権力に弾圧される学生の話でしたね。音楽はかすかな記憶があります。
アコギが鳴ってましたね。

ttmhs 様。
書き込んでいただいてありがとうございます。
貴重な情報をたくさん得ることが出来て、スレッドをたててよかったな、
と思っています。
ttmhs 様は、カントリー系がお好きですか。
お嬢様もその曲に気づくとはかなりの通ですね。
キース・ウィットリー、私はそれほどコアなファンではありませんが、
J.D.クロウと出したアルバムが好きでした。SHE'S GONE, GONE, GONE
はステージでも歌いましたっけ。お恥ずかしい。
彼、歌うまいですよね。ギターも。あのアルバムではブルーグラスなのにGランを
弾いてない、たぶん。でもメリハリがある。リズムギターのかがみです。
[2007/11/18 10:07:03]

お名前 Name: ttmhs   
久しぶりに楽しい話題に出くわしたんで、私も一言。

遠方者さま   
>スティーブン・セガールの「沈黙」シリーズで多分マーチンだと思いますが
>アコギシーン出てきます。どの「沈黙」でしたが忘れましたが…
>セガール本人もマーチンでカントリーを弾いてます。

セガールのカントリー好きは結構有名です。
それとカントリー歌手のランディー・トラビスが出演してましたが(悪役で)
彼が歌っていたかどうかの記憶が定かではないです。

Tommy さま  
>「パームスプリングの週末」ではデビュー当時のモダンフォークカルテットの生演奏
>が観れます。

中学生の頃地元の映画館で「パームスプリングの週末」と「フロリダ万歳」の2本立てを
観て、それがアメリカの文化に憧れた最初でした。
「フロリダ万歳」は、もう一度観てみたいがDVD化されてないようで、ザンネン。

PS3 さま  
>2000年ころ:Ronan Keatingの”When you say Nothing at all”
>ノッティングヒルの恋人に使われましたラブソングです。
>Ronanはアイリッシュ系、なんとも哀しくも美しいメロディーつくりますね。

「When you say Nothing at all」つい先日知人の結婚式で唄わせていただきました。
確か作曲はポール・オーバーストリートと言うカントリー系のソングライターで
自身は何枚もCD出してます(今はさほど勢いがありませんが)
私はキース・ウィットリーが大好きで、彼が死んだ後のトリビュートアルバムで
アリソン・クラウスがこの曲を歌い賞を取ったと記憶してます。
「誰かがキース・ウィットリーのWhen you say〜 を映画の中で唄っていた」
と娘から聞いて、それで映画を見に行きました(笑)
[2007/11/18 03:12:29]

お名前 Name: マーチン党   
意外と盲点だったんだけど、
BEATLES のLet it beは、
同名の映画上映もされたんだよね。
あの屋上で演った、非常識&近所迷惑(実際苦情がきたらしい)
なライブシーンのドキュメンタリー。
今でも、ウチの押入れの奥には
当時観にいったときに買ったそのプログラムが眠っている。
あと「いちご白書」←ユーミン作の歌のことじゃなくて、
ホントにそういう題名の映画があったんだから。
このプログラムもなぜかあるなぁ。
たしかに観に行ったんだけど、
ストーリーはほとんど覚えてない。
でも、主演女優のキム・ダービーは、けっこう好みのタイプだった。
サントラのテーマ曲は、フォーク調だったから
ギター入ってたんじゃないと思います。
[2007/11/18 00:38:00]

お名前 Name: kin   
「ティファニーで朝食を」で、オードリーがMoon Riverをギターの弾き語りで
歌ってませんでしたっけ?
[2007/11/18 00:32:14]

お名前 Name: ねずみどし   
みなさま、引き続きの情報ありがとうございます。

ばると様。
うわぁ、感動しました。アーロ、若っ!
アーロのヌードまで見られるとは思いませんでした。
映画のストーリーはわかりませんが、断片的な映像だけでも伝わってきますね。
いつかきっと見られように、アンテナはっときます、ありがとうございます。

ビンゴさま。
そうですそうです、「ロマンス」ですよね。
「鉄道員」も、大昔、ギターライフという雑誌にスコアが載っていて、練習しました。
その後、NHKで放送された映画を見て、感動しました。
ムーミンを見ていた頃は、ギターとは出会っておらず、スナフキンの雰囲気だけは好きでした。
そうですか、小室さんが弾いていたんですか。聴いてみたいなあ、ビデオとかあるんでしょうか。
小室さんといえば、アコースティック・ギター・マガジンにインタビューが載ってますね。
その中で印象に残った個所です。
「あの頃僕らは、わりと青臭く、世の中が変えられるかもしれない、なんて思ってたのに、
気がついたら髪の毛切って会社人間になってさ。
ある意味では自分の気持ちをどこか押さえて生きてきたと思うんですよ。
そういういろんな経験を越えて今があるわけですよね。
その何十年の経験は、ものすごい財産だと僕は思うんです。
あの日青春時代に一緒にギターを弾き合った時の自分とは、また違う自分がいる。
何かそういう思いを持ってギターと向き合えば、あの日には見えなかった
何かが見えるかもしれない。過去に戻るんじゃなくて、
今に引き上げて今から明日へ、みたいな感じでギターを弾いたり歌ったり
出来たらいいなと思いますね。」
・・・長文引用失礼しました。

Tommy 様。
貴重な情報ありがとうございます。
ジョニー・キャッシュの伝記映画はみましたが、本物が動くのは見たことないです。
ジェフ・ベックも映画に出てるんですね。

来空打様。
ライ・クーダーのギターって、レコードで聞くより、BGM風に使われてるものに
感じるところがあります。何かのコマーシャルで、本人がスライド弾いてるのがありましたね。
あれって、なんのコマーシャルだったんでしょう、ウィスキーでしたっけ?
ああいうのを弾きたいなあ。
「ロングライダース」も見てみますね。

マーチン党様。
友人に「卒業」のアルバムを録音してもらって、なんかやたらと台詞のおおいレコード
だなあ、と思ったお馬鹿な私です。これがサウンドトラックだと知らなかった。
私は姉の持っていたベスト盤でS&Gを知り、友人にオリジナルアルバムを
録音してもらい、それから映画「卒業」をみました。

ATR様。
私も最近DVDを借りて見ました。
音楽は聴いたことあったけど、ストーリーがね、こんなに深いとは知りませんでした。
いやあ、いい映画ですね。音楽の素晴らしさをあらためて教えられます。

ブージー様。
動くジョン・デンバーに偶然出会ってしまったんですね。そのコーフンの感じ、
すごくわかります。そうですよね、あの頃は外国のミュージシャンが動く姿なんて
みられませんでしたものね。
私の場合は、何故だかミシシッピ・ジョン・ハートが夢に出てきてギターを弾いてくれた
ことがありまして、コーフンしました。もうとっくの昔に亡くなっているんだし、動く
姿なんて見られるわけないと思ってましたから、その夢の記憶を大事にとっておきました。
そしたらなんと、昔のブルースマンの映像が続々とリリースされる時代が来るとは。

マーチン一周年様。
私らの世代だと、加山雄三やプレスリーはちょっとずれてるみたいで、聞いたことない
という人が多いんですけど、または逆に今更・・・みたいな・・・。でも、先入観なく
聞いてみると、結構いいですよね、その映画も見てみます。

PS3様。
「ノッティングヒルの恋人」が出てくると思いませんでした。私も見たときにいい曲だな
とは思いましたが、Ronan Keatingの名前は失念しておりました。ありがとうございます。


まーくん様。
弦が切れる音、良く表れていますね、脱帽・・・。
オードリーがギターでぶん殴るんですか?それは知りませんでした。
ギターは無事だったのでしょうか?
「星に願いを」くらいしか知らないのですが、彼女の映画にも
ギターは良く出てくるのでしょうか、オードリーファンのかた、教えてくださいませ。

ドレッドノート様。
そうか、そうですよね、古い映画には古いギターが古くなる前の状態で
写ってるんですね。
古い時代を描いた新しい映画には、古い時代にはありえない新しいギター
が写ってたりしちゃうんですよね、バック・トゥー・ザ・フューチャーみたいに。
コーヒーに浸したドーナツのお味はいかがでしたか?
映画をみて、そのシーンを真似て、己の器を広げる!
映画って、ほんとにいいもんですね。
[2007/11/17 22:40:18]

お名前 Name: ドレッドノート   
「或る夜の出来事」という古い映画を2・3回観たことがあります。とても面白い映画
で、確か1933年か34年頃の作品です。クラーク・ゲーブルと女優さんは誰だった
かな。二人がバスに乗ってニューヨークへ(?)向かう、そのバスの中のシーンで、
乗客の一人がギターを出して歌い始めるのです。そのギターは、000サイズのボディ
小さめのピックガード、14フレットジョイント、そしてバンジョーペグ、皆さんなら
お分かりですね。新品のマーチンOM18か28。映画が製作された年代から推察する
に間違いないと思うのですが。ギター好きにはこういう楽しみもあるのですね。
 また、その映画では、スクランブル・エッグにドーナツの朝食というシーンがあり
、おまけにドーナツをコーヒーに浸して食べるシーンもあって、当然私は全部真似しま
した。
[2007/11/17 22:21:07]

お名前 Name: まーくん   
ねずみどし様、はじめまして。

ビンゴさんもおっしゃっていた「鉄道員」は私も記憶に残っております。
あとは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の三作目でキースが弾くギターですかねw
怒りで弦を「バチッ!ブリギヨン!!」って音を立てて切れるとこなんて耳に残って
離れませんw
音とはまったく関係ないですが、「ローマの休日」でヘップバーンがギターでぶん殴る
シーンは古典的ではありますが、記憶に残っております。
脱線してしまい申し訳ありませんでした(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
[2007/11/17 20:48:20]

お名前 Name: PS3   
1964年:卒業のS&Gは言い尽くされていますが(ギターを始めたきっかけ)

2000年ころ:Ronan Keatingの”When you say Nothing at all”
ノッティングヒルの恋人に使われましたラブソングです。
Ronanはアイリッシュ系、なんとも哀しくも美しいメロディーつくりますね。

http://www.youtube.com/watch?v=AuJrEBtmM1Q&feature=related
[2007/11/17 15:38:54]

お名前 Name: マーチン一周年   
 マーチンでなくて恐縮ですが、ブランド名のないfホールのピック・ギター
を加山雄三が使って歌う場面のある「ハワイの若大将」とプレスリーがGIBSON
のJ-200で「フランクフルト・スペシャル」を歌う「G.I.BLUES」です。
[2007/11/17 15:28:29]

お名前 Name: ブージー   
「刑事コロンボ」の後番組「警部マクロード」に、ジョン・デンバーが保安官助手の役
で出演したことがありました。保安官事務所の宿直当番中(という設定)に古いfホー
ルのギブソンで「彼はコロラドにいるだろう」を弾き語るシーンがあって、当時、彼の
大ファンだった私はものすごくコーフンした覚えがあります(確か”動くジョン・デン
バー”を見たのは、それが初めてだったんじゃないかと思います)。
30年以上も前、ビデオなど夢の装置だった頃の話です。
[2007/11/17 15:02:11]

お名前 Name: ATR   
「サウンド オブ ミュージック」
ジュリー・アンドリュースとクリストファ・プラマーの
「エーデルワイス」。
素朴なギターの音色と歌声は心打たれました。
[2007/11/16 22:43:11]

お名前 Name: マーチン党   
一番肝心なのを忘れてました。
「卒業」
説明するまでもありませんよね。
[2007/11/16 16:41:57]

お名前 Name: 来空打   
結構昔の映画ですが「ロングライダース」という西部劇(?)があります。

全体に流れる ライクーダ のスライドギターが良い感じです。
[2007/11/16 16:40:39]

お名前 Name: Tommy   
刑事コロンボの「白鳥の歌」でジョニーキャッシュが黒のマーチンを弾いています。
シュワルツェネッガー「ツインズ」の酒場のシーンで演奏してるのはジェフベックです。
「パームスプリングの週末」ではデビュー当時のモダンフォークカルテットの生演奏が観れます。
[2007/11/16 00:10:21]

お名前 Name: ビンゴ   
禁じられた遊び・・・実は曲名ではなく映画の題名だったんですよね〜(再確認しました)
白黒映画の「鉄道員」(ぽっぽ屋ではなく・・・)もギターが効果的でした。

映画ではないのですが、初代アニメ版ムーミンのスナフキンのギターが忘られません。
あり得ない形のギターですが、当てレコは小室等さん(だったと思います)の名演奏
で、画面を前に耳コピにチャレンジしたものです。ビデオも音源もなく、放映の一発
勝負でした。放映が終わってからようやく「らしく」なったのがお慰みでした。
[2007/11/15 23:22:59]

お名前 Name: ばると   
ねずみどしさん、こんばんは。
映画「アリスのレストラン」のTrailer(予告編)がここにありました。

http://jp.youtube.com/watch?v=smuGx0RJbJU&feature=related


そして40年後のアーロのライブでの「アリスのレストラン」です。
http://jp.youtube.com/watch?v=b8DtpdXZi0M&feature=related
[2007/11/15 23:13:05]

お名前 Name: ねずみどし   
rabio様。
なるほど、よく気が付かれましたね。
ギターに注目して時代考証するのも楽しいかも知れないですね。
ちょっとマニアックな見方ができそうです。


マーチン党様。
「禁じられた遊び」、そうですね、忘れてました。
映画音楽+ギターといえばこれでしたよね。
あの曲は、楽譜通りに弾くのは何とかできるけど、それでは全然ダメなんですよね。
出回ってる楽譜はイエペソさんの演奏とは全く別物だと思います。
あの、揺らぎ、というかなんというか・・・。深いです。
「若大将シリーズ」はみたことないんです。でも、加山雄三のコピーはしたことあります。
コード進行が斬新でしたね。
「スイング・ガールズ」、泣けました・・・。いや、あの兄弟デュオじゃなくてラストの
”A列車”の演奏です。
高校生といえば「リンダ・リンダ・リンダ」もありました。

kin様。
「ルシアンの青春」は知りませんでした。でも、ジャンゴが流れてるっていうだけで
雰囲気がありそうです。ぜひ観たいと思います。

遠方者様、アコキング。様。
情報ありがとうございます。
農民が弾いてるのがD−45ですか???
偏見かもしれませんがそれはちょっと・・・。じゃないですか?
それともセガール専用のギターなのかな。

Koaのマーチン様。
マーチンのケースでバズーカですか?どこでやられたのでしょう。
誰の前で?
まさか、ひとりでこっそりと、じゃないですよね!

Mr.Marquis様。
そう、私もなんとなく恥ずかしいような気がして見にいけなかった映画です。
でも、Mr.Marquis様の書き込みを拝見して、ぜひ見たいと思いました。
ありがとうございます。

天邪鬼様。
スティーブ・ヴァイってすごいんだな、と思ったら、ここにもすごい人がいました。
http://jp.youtube.com/watch?v=98y0Q7nLGWk&mode=related&search=
私のような人間はすごい演奏を見たり聞いたりしても、素直に感動できないで、
おれには出来ないよ、とため息が出てしまう。悲しいかな・・・。

ばると様。
「アリスのレストラン」、見たいと思ってるのですが、なかなか出会えずにいます。
アーロ・ガスリーは大好きなんですが、映画もいいんですね。ますます見たいです!

皆様、ありがとうございます。
映画館を出てくると、まるで主人公になったような気になって、街の景色がいつもと
違って見えることってありますよね。
私は、映画のなかのギターやギター弾きに影響されて、自分のギターやギターを弾いている
自分が、ちょっといいかも・・・っておもえるのが好きです。
また、いい映画がありましたら教えてください。よろしくおねがいいたします。
[2007/11/15 22:55:08]

お名前 Name: ばると   
映画の中のギターで印象的だったのは、アーロ・ガスリーの「アリスのレストラン」ですね。
あのアーサー・ペンが「俺たちに明日はない」の次に撮った映画です。
もちろん主人公はアーロ。
今でもアメリカン・ニューシネマの佳作ではないかと思ってます。

劇中彼が弾いていたのはたぶん、D-18だと思います(定かではありません)。
あの不思議なイントロが弾きたくて、必死に耳コピした記憶があります。
[2007/11/15 16:39:33]

お名前 Name: 天邪鬼   
ねずみどしさん 皆さん こんにちは

>「クロスロード」は、
>でも、あのギターの音は誰の演奏なのでしょう。ライ・クーダーですか?
>クラシックの演奏シーンに唖然としました。

ラストのギターバトルでパガニーニのカプリスを弾いているのは
多分スティーブ・ヴァイだと思います。実際出演してるし、、、
悪魔のギタリスト役がハマッてて大笑いした覚えがあります。

何とかコピーしようとしましたが、とても、無理
半分のテンポでも弾けませんでした、才能ですかねえ、、ふう
[2007/11/15 12:39:25]

お名前 Name: Mr.Marquis   
自分の年齢を考えると少し気恥ずかしい気もしますが、昨年公開(DVDも発売済み)の
「タイヨウのうた」(YUI主演)は、とても好きです。

難病(今年3月に難病指定を受けたXPという病気)の主人公にとって、アコギ一本で夜のみ
ストリートライブをする事が生き甲斐の一つであり、映画の中でYUIが弾き語る曲は、どこか
切なくて、年代を飛び越えて(懐かしさもあり)思わず泣けてしまう映画でした。
本物のシンガーソングライターが主人公を演じ(演技力については賛否両論あるようですが)、
本当に弾き語っているリアルさが良く出ています。
[2007/11/15 10:52:04]

お名前 Name: Koaのマーチン   
笑っちゃったのがアントニオ・バンデラス主演「デスペラード」です。

映画がクライマックスになるとバンデラスが二人の仲間を呼び寄せるのですが、彼らの
手には1人がギターケース2コ、もう片方は1コ持って現れるが、それぞれ2コ持っているのがマシンガン。1コ持っているのが、なんとバズーカ砲が仕込んであって、殺し
屋たちに立ち向かってゆく。
言うまでもなく、お調子者の自分は、ギターケースを肩に背負ってバズーカやりました。撃つときのポーズが印象に残ったもので。
[2007/11/15 03:16:39]

お名前 Name: アコキング。   
↓「沈黙の要塞」だと思います。農民との野外パーティみたいなシーンで、
ヘキサゴンインレイがハッキリと見て取れましたからD−45でしょう。
[2007/11/15 02:27:11]

お名前 Name: 遠方者   
スティーブン・セガールの「沈黙」シリーズで多分マーチンだと思いますが
アコギシーン出てきます。どの「沈黙」でしたが忘れましたが…
セガール本人もマーチンでカントリーを弾いてます。
その映画で農民が弾いているのは、多分、古いマーチンではないでしょうか…
カリンカリンの乾いたいい音してましたね…
[2007/11/15 01:51:37]

お名前 Name: kin   
「ルシアンの青春」 ジャンゴ・ラインハルトの音楽が全編に流れます。
[2007/11/15 01:08:57]

お名前 Name: マーチン党   
まぁ「禁じられた遊び」だとかは
ありきたりすぎるというか古すぎるけど・・・
あとは、やっぱり加山雄三の「若大将シリーズ」かな
コレもふるいなぁ・・・
新しいのじゃ、どうもコレといって思い浮かばない。
楽器が電子楽器主体になってきてるからかも・・・
あえていえば「スイングガールズ」かも
現代の高校生がギター(エレキ&アコギ)弾いているシーンがありましたね。
[2007/11/15 00:09:47]

お名前 Name: rabio   
だれかが書き込む前に 「バック トゥ ザ フューチャー」

ただし1955年にGIBSON ESー345はまだありませんが・・・・。
[2007/11/14 23:27:32]

お名前 Name: ねずみどし   
ビンゴさま。

早速のレス、ありがとうございます。
「クロスロード」は、サウンドトラックと言うやつをはじめて買った映画でした。
スクリーンにかじりついて(んなわけない・・・)みましたね。
でも、あのギターの音は誰の演奏なのでしょう。ライ・クーダーですか?
クラシックの演奏シーンに唖然としました。あんな超絶技巧、はじめてみましたから。
でも、演技であれだけ指が動くラルフ・マッチオ(でしたっけ?)も信じられないです。

「歌えロレッタ、愛のために」、おお、懐かしい。学生の頃かな、オールナイトで見た
記憶が蘇ってきました。
たしか、音楽の映画3本立てでした。あとは「すいかずらの花のように」と
「ウディ・ガスリー我が祖国」だったような気がします。かれこれ二十数年前・・・。
ロレッタが弾いていた小さなギターはどこのだったのでしょうね、気になります。
ビデオとかあるのでしょうか、調べてみます。

マーチン党様。

それは「ねずみ」つながりで紹介してくれたのでしょうか(笑)。
じつは、こどもに観にいこうよって言って断られた映画です・・・(涙)。
そうですか、ビデオになってるんですね。借りてきます。ひとりで観ます。
淋しいです。ねずみどしも4回転すると、こどもも離れていきます・・・。
[2007/11/14 23:00:30]

お名前 Name: マーチン党   
ねずみどし様

最近観た映画ですが、
ギターが入っていたのかどうかわからないんですけど
子供にせがまれて観にいって意外と楽しめたのは
「レミーの美味しいレストラン」(ピクサー)
でした。
グルメなねずみが大活躍していました。
もうDVD出ますから、よろしければご一見下さい。
[2007/11/14 22:31:48]

お名前 Name: ビンゴ   
ねずみどし様、楽しいスレッドですね!

「歌えロレッタ、愛のために」だったかな・・・ギターはあまり強調されていませんが
とても良い映画でした。
「クロスロード」はギター好き必見です。音楽監督がライクーダーでしたから・・・!
[2007/11/14 22:13:12]

お名前 Name: ねずみどし   
みなさま今晩は。
最近立てつづけて映画をみて来ました。
よい映画でしたので皆さんにもお薦めしたくてスレッドを立てさせていただきます。

一本は「Once ダブリンの街角で」
http://www.oncethemovie.jp/

もう一本は「青空のルーレット」
http://www.aozoraroulette.com/

どちらもデビューを夢見るミュージシャンの話です。
どちらもギターが重要なアイテムとして登場します。
片方はTakamine、他方はYAMAHAです。
とりわけTakamineのルックスにやられてしまいました。
あんなふうに弾き込みたい。でも絶対出来ない・・・。
そういえばウィリー・ネルソンのギターもあんな感じでしたね。

見終わって、歌いたくなる映画です。

みなさんもギタリスト、ギター、ギター音楽がフューチャーされた映画をご存知でしたら
教えてください。お願いいたします。
[2007/11/14 22:02:31]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る