記事タイトル:D-45について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: ブルー   
お初です。私もD-45に憧れた世代でいつかは自分のものにしたいと思っていますが、D-45は標準がミディアムゲージだと聞いていますが、その辺はどうなのでしょうか?みなさんミディアムゲージで弾いてらっしゃるのでしょうか?ライトゲージに交換しても大丈夫なのでしょうか?
[2006/02/21 09:13:05]

お名前 Name: 三年寝太郎   
いつか買えるといいですね、Acousticさん。わはは、よくわかる。
なんだかんだ言っても、D-45、あこがれですもんね。
私も欲しいです。約30年来のあこがれです。
でも、D-28も可愛がりましょう。
ああ、しょうもない音フェチなわしら、ではないですか。
通りすがりに笑ってしまったもんで、つい亀レスしてしまいました。
[2003/05/11 02:26:23]

お名前 Name: Acoustic   
おはようございます。
私にとってD-45は、
「毎朝の通勤の道すがら、いつもすれ違っていて、ちょっと気になるのに、
なかなか声をかけられない女性」なのです。
去年もお茶の水のクロサワに行って、その勇姿を拝見したのに、なかなか
「弾かせて下さい」って言い出せなかった。
でも、いつか買ってしまうんだろうな。あ、私のD-28がすねてる。すまん。
[2003/03/15 08:38:34]

お名前 Name: セブン   
みなみさんD45V購入おめでとう!
私のレギュラー45も2年経ってようやく音が出だしたような気がします。
みなみさんの45Vも高価なギターだからと言ってケースにしまったままや飾ってるだけに終わらずに
普段の練習でもチョイ弾きでもいいですから45を常に弾いてやって育ててあげてください。
きっと「前にも増してやっぱり45は凄いんだ!」と思える日が来るでしょう。
[2003/03/10 11:34:03]

お名前 Name: アコキング。   
>みなみ様

良かったですね。D−45Vは「D−45GEのローズ版」みたいなものなので、賢い選択だ
ったかも知れません。定価は確か120万ですから買値は…。

ところで余談ですが、D−45のスレと言うことでお許しを。

色々な年代のD−45の「MARTINロゴ」を見ていた気が付いたことがあります。

・年々「M」の位置がヘッド先端に近づいている(特にここ2〜3年は顕著)
・年々「MARTIN」の6文字の文字間が狭くなっている
・従って年々全体的にロゴが「寸詰まり」になって来ている

今度楽器店に行って見比べるチャンスがあったら見てみて下さい。特に1970年代ものと2
000年以降のものは、違いが顕著です。だからどうだと言う訳ではないですが…。
[2003/03/08 02:07:24]

お名前 Name: みなみ   
みなさん、有難う御座いました。
本日買ってしまいました。D−45后
比較したのは、41が2本、42が2本、45が2本、45垢任后
ノーマルの45と比べて低音の出方と一音一音の出方、ハイポジでの音が全然違い、
45垢砲靴泙靴拭
木目に関しても文句なし。傷ひとつ無い(当たり前)最高のものでした。
そのあと、知り合いのライプ喫茶に行き、閉店後マーチン通のマスターに
弾いてもらい、絶賛でした。確かに凄い音してました。
後はこのギターに負けないように腕を磨かなくては。
やっぱり凄いものです。マーチン。
[2003/03/08 01:10:16]

お名前 Name: たかぎ   
マスコミの影響ってありますよねぇ・・
スキャロップかそうじゃないかって、音の好みだと思います。
徹底的にこだわるのなら、力木の高さ、幅、材質、面取りの心の入れよう
まで気になってくるなぁ・・・
[2003/03/07 01:23:38]

お名前 Name: アコキング。   
>BLUES BOY様

私も同感です。「ある本」は私も所有していますが「仕様変更を市場は支持した」というのは、
私の解釈では「戦前仕様への変更」が支持されたのであって、決して「音の変化を支持した」
という意味ではないと思っています。

プリウォー品が激鳴りするのは、経年変化による木の乾燥、上質な材の使用などの総合的なも
のから来るものであって、決して「スキャロップだから」というただそれだけの理由ではない
ような気がします。

スキャロップにするとトップの強度が弱くなるのは否めないので、「耐久性」という点では不
利になるかと思います。逆にノンスキャだと、トップがスムーズに振動するようになるまで時
間がかかるとも考えられ「育て甲斐」があると言えます。

スキャロップは「最初からある程度鳴る」「毎日引き続けると少しずつ音が良くなっていく」、
ノンスキャは「最初はあまり鳴らない」「毎日引き続けると加速度的に音が良くなっていく」
のではないでしょうか。
[2003/03/06 12:37:00]

お名前 Name: BLUESBOY   
私は79年もの所有で、最近のスキャロップ仕様D45は試したことありません。この仕様
変更によりD45の音は激変したといわれますがみなさんはどうお考えでしょうか。ある本
は「この仕様変更を市場は大いに支持した」と書いていますがほんとにそうでしょうか。
ある専門家に言わせると、プリウォーのスキャロップと最初から鳴るギターをコンセプトに
している最近のそれは全く性質が異なるらしいのです。
それはともかく、「育てがい」があるのはノンスキャロップ仕様であることは間違いないで
しょう。
[2003/03/06 07:40:49]

お名前 Name: アコキング。   
>みなみ様

ビンテージシリーズとは本来「プリウォーの復刻」として企画されたはずなのですが、ゴール
デンエラが登場して以来、すっかり影が薄くなってしまいました。ラインナップもコンセプト
からすると疑問のようなモデルも含まれています。

ナット幅が1・3/4インチ(レギュラーは1・11/16インチ)だったり、Vシェイプネ
ックだったり、45の指板インレイがヘキサゴンでなかったりと、細かい部分での仕様が結構
違いますので、詳細はマーチン社のサイトで比較されたら良いかと思います。

http://www.martinguitar.com/guitars/choosing/index.html
[2003/03/06 00:37:15]

お名前 Name: しんじ   
みなみさん、こんにちは。
98年の、D45VRを愛器としていますが、45が欲しいのなら思い切って購入して
良いとおもいますよ。45の満足度は45でしか得られないと思います。
上をみれば、GEとかD50とかありますが、Vはもちろん、スタンダードでも魅力的です。
Vとスタンダードでは、ネックのグリップがだいぶ違うので、好みの方で良いと思います。
[2003/03/06 00:17:07]

お名前 Name: ピグモン   
ヴィンテージシリーズはすでにおわかりだと思いますが。
すべてを実際に手にして弾かれることが最良の方法かと存じます。
楽器との出会いを一期一会考え、フィーリングの会う楽物と出会われることを
お祈りいたします。
[2003/03/05 08:12:26]

お名前 Name: みなみ   
昨日お店からD−45后平敬福砲鯑荷したと連絡がありました。
そこでお聞きしたいのですが、45垢箸呂いがな物かと?
あまり話しに出てきませんので、教えて下さい。
あまり定価がノーマルの45と変わらないから。
[2003/03/05 07:16:23]

お名前 Name: りんご   
93年の28、96年の45、どちらもスタンダードD、AJ所有です。

私的に、アップライトピアノ=28、グランドピアノ=45....といった感じでしょうか。
例えが、イマイチカナァ...。
[2003/03/05 00:15:44]

お名前 Name: セブン   
2年ほど前にD45買ったセブンと申します。
28番42番と買って最後に45番になりました。
D42板にもかきましたけれど、随分遠回りした気がします。

ところで”みなみ”さんは「45番は新品買う予定です。」とありましたが、私も2年前に
新品で購入し、その後自宅のリビングにギタースタンドで立てたまま、すぐに手に取れるように
常に置いてます。勿論弦は張ったままで!だから毎日手にとってピックでもフィンガーでも
とりあえず弾いてます。
とにかく5分でも毎日弾くようにしているので毎度チューニングしていると余計にギターに悪い影響が
ある気がして張りっぱなしにしているのですが・・

今のところ弦を張ったままに伴ったネックの不都合は無いようです。
とにかく自宅では練習もチョロ弾きも気にせずに毎日アコギなら全てD45で弾くようにして折、
特にストロークをガンガンするようになってから音も変わってきた気もします。
人によっては「D45が可哀想・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね、しかし
自分では相当大事にはしているつもりですが、やはりd45とはいえ一本のギターでしか無いので
常に手にして弾いてやるのが賢明だと思ってそうしています。
(たとえ5分でも毎日弾くようにしているので、毎度チューニングしていると余計に
ギターに悪い影響がある気がして張りっぱなしにしているのですが・・)
そのせいか2年経ちこのごろ音量と倍音が以前より増して出てきたような気がしています。

取り急ぎ45について書いてみました。また思いついたら書き込みに来ます。
[2003/03/04 07:40:11]

お名前 Name: たかぎ   
昔、「いつかはクラウン」というフレーズがありました。
時代の変遷により、クラウンマジェスタというのが登場し、セルシオというのも登場
してきました・・
最近、中古車を見ながら「腐ってもクラウン」というフレーズが聞かれます(笑)

私はどちらかといえば「いつかはZ」ってな方なので上記のような事はあまり気に
ならない方ですが、やはりスタンダードのD−45は気になります。

おっさんです!(笑)
[2003/03/04 02:10:54]

お名前 Name: アコキング。   
こんなふう↓に思うのは、「45入手はゴールではなく新たなスタートの始まり」になってし
まった私の経験からです。

「90%は憧れ」で70年代D−45を買い、これでギター探しの旅も卒業と思ったのですが、
気が付くとビンテージ楽器店でプリウォーだのGEだのリミテッドだのを試奏し「これも欲し
い、あれも欲しい…」と思っている自分に気が付いたからです。つまりちっとも45はゴール
になっておらず、相変わらず別のギターが欲しくなるのです。

それとスタイル45に手を出すと、もう一つ問題点があります。例えば現行品を70万で購入し、他のギターが欲しくなったために委託に出したとします。その場合店舗によって多少の増
減はあるにしても、購入価格の70万円程度でしか委託を受け付けてくれません。そして売れ
た場合20%程度の手数料を取られるので、手取りは56万円となり14万円の損となります。
これが30万円で購入したギターだと、6万円の損で済みます。

つまり高額のギターであればあるほど、手放した時の実損が大きいということです。45のよ
うな高額のギターを購入する場合は、この辺も加味して購入を検討する必要があると思います。
もちろん「一生モノ」にするのであればそんなことは気にしなくて良いのですが、決してゴー
ルにはならないと思ったほうがよいですよ。
[2003/03/04 00:16:57]

お名前 Name: アコキング。   
スタンダードシリーズしか無かった時代にギターを始めた私にとって、スタイル45は上がり、
ゴールであり、45を購入・所有することが究極の目標でした。ところが現在は、45にもV
だのGEだのシグネチャーだのとバリエーションが増え、マーチン社に於ける位置づけにおい
ても価格においても「究極のマーチン」とは必ずしも言えなくなってしまいました。

確かに41や42に比べると破格ですが、楽器としての質においては特に「現行品」は価格ほ
どの開きがあるとは思えません。スタンダードシリーズしか無かった時代は最高の材料で最高
の職人が製作していたであろうと思いますが、価格的にスタンダード45の上を行くモデルが
何機種も存在する現在ではもはや「最高峰」とは言えず、「若い頃の憧れ」が特に無い世代の
人が無理をして買うモデルではないと思います。
[2003/03/03 23:47:31]

お名前 Name: みなみ   
「D-42ってどうなの?」というスレッドでお世話になった者です。
その節は有難うございました。
なんどもスレッド立てて申し訳ありません。
「D-42ってどうなの?」というスレッドで皆さんのご意見を聞かせて頂き、購入の選択
範囲をD−45まで広げましたが、、この45という物について皆さんの本音のご意見をお聞かせ下さい。
宜しくお願いします。
[2003/03/03 23:20:45]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る