記事タイトル:D−41について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: エド   
1969年のD41を持っている方いますか??
自分は41が大好きなんです〜
[2006/02/27 22:16:13]

お名前 Name: こおおり   
僕も先日新品のD−41を買いました。D−45、28、18、ヴィンテージも含めていろいろ引き比べた結果で選びました。深くて豊かで・・・しかも切なく。下取りに出したギブソンのギターもすごくいいギターだったんですがD−41には敵いませんでした。どんどん弾いて育てていきたいと思います。
[2004/11/08 12:42:12]

お名前 Name: hatabo   
おやじ真っ盛りさんに引き続き・・・です。

ずーっとD−41は気になっていたのですが、つい先日クロサワお茶の水
店で、170thカスタムのD−41買いました。1ヶ月悩んだ末です。
悩んだのには訳がありまして。
いろんなスレッドを読んで決心はしていたのです。来年45歳になる私が
3本目のマーティンとして、次に一生モノのマーティンを買うとするなら、
やはりはD−45だと・・・

今手元にあるD−41。懐が深く、アルペジオでも、ソロでも、ストローク
でも私が感じるにすごくいい音がしてます。"小さなオーケストラ"そのもの
に感じます。いやあ、買って良かった!弾いているときは至福です。


ここから下は、買うことになった経緯ですが、単に私の感性からの勝手talk
です。

出張の空き時間のお茶の水。行き着く場所はやはり、、、目指すはマーティン。
マーティンと言えばクロサワ楽器ですね。(お店の回し者ではないです。)
お茶の水店の2階、こっちを背にして試奏しているギターのなんともいい音色
(ねいろ)。
しばらくじっと聞き入っていましたが、いかにもマーティンの音色で、後ろから
見て明らかにドレッドノート。
D−何!?っと思い前に廻ってみると、見るからに初期D−41でしが・・・
(ええっと、とりあえずヘキサゴンの数でわかります。)
ん? ここに中古は無かった? いやあった? でもきれいなD−41。

私 「それ、D−41ですよね。」と聞けば、
フロア長 「ええ、でも、クロサワカスタムです。170周年の。」
新品なんだぁ!新品でその音なんだぁ!と言葉を失った一瞬の間。
フロア長 「弾いて見ます?」
私 「えっ!? あ、いや、今日は見てるだけで。爪も長いし・・・」
フロア長 「爪切りありますよ。はい!」
ということで、予期せぬ試奏をすることに。
いやあ、これがまた・・・演奏が上手くなったと思えるほどのいい音でした。
しかも、ネックが、、、太いにもかかわらず握りやすい。
私 「・・・」
フロア長 「今ならこのお値段で。」と電卓をパチパチ。
私 「!!! (えっ!? I think "買えそう"。でも wife に何と!?)」
ひとしきりいろいろと話しをした後で、とりあえず御取りおきに。

家に帰って、頃あいをみてwifeに話すと、「でも、欲しかったのはD−45
でしょ! どうせ買うならもうちょっとお金を貯めて来年の誕生日に45
を買うのがBESTと思わない?」ということで、よーく考えて、2週間後に
ふたたび、出張のついでにお茶の水に。
いえ、わざわざ出張の予定を組んだわけではありま・・・

フロア長に「やっぱD−45します!」と伝えて、D−45、D−45Vを
試奏させてもらうと・・・
私 「・・・」
フロア長 「どうですか? 御取り置きの方弾いてみます?」
私 「あ、はい。お願いします。」

なぜか、D−41カスタムの音色が、私にはとても良い音(というか好み)
に聞こえました。それと、FullThicknessのネックの持ちやすさ。
私 「でも、やっぱD−45に未練があるんですが・・・」
フロア長 「このD−41が気に入ったとして、それでもD−45が欲しい
のなら、お客さんの場合D−45のカスタムにするべきです。およそ160
万で作れますよ。」
私「いやあ、、、そこまでは。。。」

ということで、もう一度頭を冷やすことになり、その1週間後の台風前日。
私 「今日決めようと思ったんですが、この雨じゃあねえ、ハハハッ。」
フロア長 「じゃ、宅急便で送りましょうか!?」
私 「えっ!?」
一瞬の迷いのあと、クレジットカードを渡していました。

2日後の10月1日。以外と小さなダンボール(中味は宙吊りというか真空
パック風というか)をペリカン便がたいそう丁重に届けてくれました。


いやあ、やっぱ、"縦ロゴ"にはずーっとあこがれがありましたので、、、
それとヘキサゴンインレイと、アバロンパール・・・
考えたあげくのD−41でしたが、、、音もルックスもすごく気に入ってます。
でも、たぶん、また将来、D-45を買わされることになるでしょう。
すでに、わたしも症候群かと。

将来D−45を手に入れることになったとしても、今、深層心理の中で、、、
D−28を持っていない私は、やはりD−28の洗礼を受けなければならない
日がきっと来ると、そう思えてなりません。

尊敬させていただく染村さんっ! 
マーティンを語るにはD−28を持っていなければならないのでしょうかっ!?

将来D−28はたぶん買うと思いますが、これ、回り道してるのでしょうか?
[2004/10/15 01:50:06]

お名前 Name: おやじ真っ盛り   
セナさん

もう昔のスレッドですから見てないかもしれませんね。
実は私もD−45が欲しかったのですが、あまりにも高価なので
D−41を購入しました。
正直な理由がセナさんと同じで、収入の中から生活費を引くと
そうそう趣味にお金をかけられなかったことです。
ただ、貧乏人のひがみかもしれませんがD−41にしてそうそう後悔しておりません。
その理由は
1.最終目標(夢?)は最後までとって置くのもいい。
2.比較しなければ、そんなに悪い音ではない。
3.D−45を買うお金があったら他に12弦を買ってもお釣りがくる。
ということです。

要は自分が楽しいと思えれば良いのですから。

PS.な訳で、私はD−41とD−12−28を所有しております(^_^;
[2004/10/01 20:23:24]

お名前 Name: セナ   
皆様、いろいろ貴重なご意見本当にありがとうございます。
これほどたくさんのご意見を聞かせて頂きさらに悩んでいる今日です。
確かにそれぞれの方が言われる事は十分?分かるような気がします。
いろいろなサイトでいろいろな方のご意見も読みました。
けれど最終的には自分が全てですよね。当たり前の事ですが。
当方はあまり裕福(貧乏です)ではありません。
1サラリーマンであり可愛い愛妻と愛娘2人がいます。
やはりほしいものはほしいですが、ある程度のところで我慢しなくてはなりません。
GE、45、OLD魅力的です。確かに・・・・・。
20年前にアルバイトをしてギターを買いました。OVATION LEGEND。
実はD28が欲しかったのですが高くて買えませんでした。
今、歳をとりあの時買えなかったMARTINを・・・という思いにカラレ浜松のとある楽器屋さんに行きました(当方は名古屋在住)。その時に一目惚れをしたのがD41だったのです。
ただその時は買えるわけがないと思い、眺めて帰りました。(一時間ほど)
その帰り道、愛妻が気持ちを察してくれたらしく「欲しいんでしょ、いいよ」
と言ってくれたのです。涙が出ました。
とは言っても安いものでは無く、いざ真剣に考えると本当にいいのかと・・・・
本当のところ予算なんてはじめからありません。全て愛妻の気持ちだけです。
貯めて買えるのなら我慢してでも28GE買うでしょう。
でも予算なんてないんです。今の愛妻の気持ちが予算なのです。
もう少し?高いのなんてとても言えません。
当方にとって多分最初で最後のMARTINになると思います。(宝くじでも当たれば別)
明日再度お店に行って悩んできます。
本当に皆様いろいろなご意見ありがとうございました。感謝致します。
また購入したらカキコさせて頂きます。
[2003/02/08 15:48:43]

お名前 Name: P助   
セナさん、本当に欲しいギターがD45ならば、皆さんもおっしゃっているように
D41で手を打つと必ず後悔する気がします。

実は、私は現在D41を所有しておりますが購入の動機は、たまたま気に入ったギターが
D41だったという理由です。

もちろん、D45には憧れがあります。また、恥ずかしながら光物に弱いらしく
あの超ピカピカのラミネートのインレイも大好きです。
しかし、何台かカスタム物やGEを中心に45を試奏しましたが
音が自分の感性には合わなかったようで、インレイだけでは触手が動きませんでした。

セナさんもD45と41を中心にできれば28も範囲を広げて、自分の好きな音を出してくれる
ギターを根気良く探されたらいかがでしょうか。それをゲットできたときに初めて
だれにも気後れすることなく、自分の好きな機種はマーティンXXと胸を張って
自慢しましょうよ。きっと、チョイスしたギターとセナさんが一番喜べると思います。
[2003/02/08 15:16:53]

お名前 Name: まー   
>みなさん、音で選ぶの?インレイで選ぶの?

人それぞれでしょう???
私は見た目も音も、両方考えて選びます。
[2003/02/08 14:38:53]

お名前 Name: 半ちゃん   
以前、74年式のD−41を某ショップから送ってもらいましたが、サウンド面で不満
(状態はNMで惹かれたのですが、あまりに新品っぽかったのとトップがジャーマン出
なかったことから)がのこり、購入を見合わせたことがありました。

私がセレクトする際の優先順位は、次の通りです。
1.まず、欲しい機種であること(年式、仕様:ペグ、ドップ、インレイ等)
2.自分のイメージしてた音と合っているか
3.その機種に出せる金額の範囲か

一般的には、2を優先すると3がクリア出来なかったりすることが多いのですが、経験
から言わせてもらえば、出会いを大切にした方が後で後悔することが少ないと思います
よ。

セナさん、現物に触れて、うんと悩んで答えを出されることを希望いたします。
[2003/02/08 12:57:09]

お名前 Name: へいちゃん   
このスレッドを読んでいて思ったことを一点だけ。

みなさん、音で選ぶの?インレイで選ぶの?
[2003/02/08 11:07:48]

お名前 Name: まぁまぁ   
かんたろくん
キミは単なる文句言いだね
以上
[2003/02/07 23:32:41]

お名前 Name: かんたろ   
今のD45なんて、30万以下の音。以上。
[2003/02/07 19:03:51]

お名前 Name: ROMEO   
現在ヤフーオークションにD-41が出展されていますよ。
\339,000 です。
私はD-28,D-18ファンなので詳しいことわかりませんが、ご参考に・・・
[2003/02/07 09:13:03]

お名前 Name: ダン   
P助さんとやらはラミネートのインレイがお好きのようじゃな。ひょっとしてお若いお方
かの〜。わしらのよに70年代を謳歌した世代にとってはあーいうイミテイションのような
ものは受け入れ難いことじゃて。なんか偽者掴まされてるような気がしての〜。   
[2003/02/07 07:38:06]

お名前 Name: いちのすけ   
私も、D-45が欲しいのなら、D-41を買うべきではないと思います。
D-41のストローク時のイメージはD-45に似ていますが、単音での音の出方は
良い悪いは別にして、私には明らかに違って聞こえます。
フィンガーピッキングが好きな場合、あとで後悔すると思います。
[2003/02/06 22:44:16]

お名前 Name: アコキング。   
D28命様の言うとおりなのですが一つ問題があります。新品なら「予算が貯まるまで待つ」
ことが可能です。貯まった時点での新品を買いに行けば良い訳ですから。しかし70年までの
いわゆるビンテージ品だとそうはいきません。

5年ほど前、高校生の時に垂涎の的だった「70年代D−45」を買いに行った時のことですが、
そのビンテージ楽器店には79年のシトカと73年のジャーマンがありました。ルックスも音
もすべてジャーマンのほうが気に入ったのですが、予算は目一杯でも100万だったのでジャ
ーマンはとても買えず、仕方なく第一志望のジャーマンは諦めて第二志望のシトカを買いまし
た。でも結局「この1本」にはならず、半年も経たないうちに手放してしまいました。そして
そのジャーマンも数日後には売れてしまいました。

そして現在に至る5年間でジャーマンの45はわずか3本しかお目にかかっていません。3本
とも弾いてみましたがあの時のジャーマンほど気に入った音はせず、この3本も数日で売れて
しまいました。

という訳で、41や45のビンテージ品はすべて「1点モノ」に等しく、欲しいものが出た時
には資金が無く、やっと資金が貯まったら今度はなかなか欲しいモノが出て来ずにいつ買える
のかわからない、という状態に陥ります。これはもの凄いストレスとなります

結局私は70年代のジャーマンの45と同予算でシトカの45とジャーマンの41を買ったこ
とになりますが、マホとローズならともかく同系統のギターが2本あっても仕方無いので、無
駄使いをしたと思っています。

こういう点から考えると、現行品で良いのであれば資金を貯めて45を買う方がベターだと思
います。
[2003/02/06 22:35:25]

お名前 Name: D-28命   
おせっかいかもしれませんが・・・
45が欲しいのなら45にしましょう(^o^)丿
41が欲しいなら41にしましょう(^^ゞ
予算(~_~メ)貯まるまで我慢です。♪ V(=∩_∩=)
[2003/02/06 20:46:03]

お名前 Name: P助   
D41をお考えならば、最近のスキャロップのものと70年代のノンスキャロップものの
両方を試奏されることを、ぜひ、お勧めいたします。音の出方や響き等でまったく別物です。
どちらが良いかは、もちろんどちらも素晴らしいギターですので、お好みのしだいですね。

インレイに関しましていろいろとお好みが分かれているようですね。私個人的には最近の
輝きの素晴らしいラミネートが好きです。
[2003/02/06 18:57:12]

お名前 Name: アコキング。   
ウルトラセブン様の意見に賛同します。私は74年のD−41を所有していますが、79年ま
でのD−41のおよその相場は以下の通りです(ちなみに当時の定価は48万です)。

。僑糠(初年度・ハカランダサイド&バック)…150〜160万。レアもいいとこです。
■沓闇(ジャーマントップ)…55〜60万。これもレアです。ヘッドロゴが手彫りです。
71〜74年前期(ジャーマントップ)…45〜55万
ぃ沓看後期〜79年(シトカトップ)…35〜45万

私は黄色っぽいジャーマンが好きなので最初は当然45を狙いましたが、ジャーマン期の45
は130万以上するのに対しシトカ期のものは80万程度から存在し、約2倍弱の価格差があ
ります。特に79年後期にペグがシャーラーに変わったものはもっと安いです。これに対し4
1の場合は、ジャーマンとシトカで10万程度しか価格差がありません。

ただ「ヘッドロゴ」については、95年以降のものは41も45も「ラミネート」で同仕様で
すが、70年代モノは45はソリッドアバロン・パールですが、41はマザー・オブ・パール
(白蝶貝)で、白っぽい単色です。並べて見比べればすぐに違いが解ります。

またこの年代のD−41の音については「28に近いものと45に近いもの」の二種類がある
と良く言われますが、ジャーマン期のものはすべて45に近いような気がします。10万程度
の価格的でしたら、私はジャーマン期の41をお勧めします。ただジャーマン期のものは41
にせよ45にせよ流通量が少ないので、根気よく探すしかないと思いますが…。
[2003/02/06 11:03:55]

お名前 Name: モロボシ・ダン   
D41にしろD45にしろ新品はヤメた方がよい。D41〜をチョイスする理由は結局インレイ
(飾り)の魅力に取り付かれているわけでしょ。であれば本物アバロンでなければね。下の
スレッドでさんざん言ってるけど最近のはラミネートで安っぽい。特にD41なんかの
お買い得バージョンになると最低ランクのラミネートを使っている。D41ならオールドでも
そう高くないので70年代のいいものを選ぶべし。
[2003/02/06 07:47:42]

お名前 Name: ともぞう   
はじめまして。

私は↓でD-41を買ってしまいました。

*******ある楽器店の謳い文句*******
アバロンクラス(40品番以上)とヘリンボーンのギターは
すべてスキャロップ・ブレーシングなので、マーチン本来の心地良い音がします。
(D-41は)一見D-45にそっくり!
貝の飾りが少ないだけでD-45の半額近い価格が魅力。音も申し分なし。
************************

実はD-45が欲しかったんだけど確かにお値段がきついです。
1サラリーマンの私にはD-41が限度です。
28系もあるんですが、D-45に似た風貌の41に決めました。
音もなかなかいいですよ。
[2003/02/06 02:19:31]

お名前 Name: セナ   
D-41を考えてます。
私の場合、ストロークよりフィンガーピッキングの方が好きで
本当は45がほしいのですが・・・・・予算が・・・・・・・
みなさんの意見をお聞かせください。
[2003/02/05 22:22:46]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る