記事タイトル:弦は緩める派?張りっ放し派? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: hashimoto   
弦楽器の、弦を緩めるか緩めないかですが、

毎日のように使っている人は、もちろん 緩める必要は、ありません。

理由は、(経験上からも) 

まずは、弦を何度も、緩めたり張ったりしていると、 

2 3回で、弦が死んでくるのが(鈍い感じに)わかります。 

ネックの張りと、弦の張りで、保っていたものを、 

何度も何度も、緩めたり張ったりしてネックを、 

動かしていると、ネック自身が、弱ってきます。 




これは、楽器店の店員さんも、結構、勘違いなさって、 

いる方も、いらっしゃる様ですので、注意したほうが、 

よろしい様です。 

また、2 3ヶ月とか、長い間、使わないようでしたら、 

半音、または1音下げたぐらいにしたほうが、 

無難だと、思います。 

弦を、完全に緩めたり、はずしたりしますと、 

ネックの変形に、つながり、 

久しぶりに、弦を、張ったときには、元の状態には、 

なかなか戻りません、 

ネックは、弦を、張ってバランスとっています。 

アジャスターロッドも、入っていますので、 

ギター、ベースなど、特にネックの弱い楽器は、 

心配りが、大切です” 

特にギター屋さんでは"みせる"為に使用している
照明の関係で熱で狂わない様、弦を緩めてしまう店もあります。
熱の伴なわない照明もあるし、見せ方によっては少し暗くても”あら”が見えくなっていいと思います
楽器の為には過剰な照明はいらないと思います
楽器屋さんで弦を緩めている事が多いので、どうやらここら辺りから弦を緩めると勘違いが始まっているようだ
ちょっとぼやきが入りました。
[2005/05/30 21:18:48]

お名前 Name: 木更津こうじ   
匿名希望さん、私はこれまでギターについて「探求する」という姿勢はありません
でした。「長く持っていた」のではなく「長い間弾いてきた」というだけです。
私はどちらかというと「Guitarist」ではなく
「Singer」のですので、自分の歌を表現する上でのギターを考えてます。
まあ、D−45を手に入れて、「もう少し勉強しようかな」とは思ってますが。

私が持っているのは「知識」ではなく「経験」です。
その経験からこの掲示板のあちこちに、「参考になれば幸いです」という気持ちで
書き込んでいます。

匿名希望さんの忠告は素直に受け止めますが・・・。
Going My Way でこれからも行きます。
これからも「私の経験」「私の入手した情報」をもとに書き込んで行きます。

みなさん
ご指摘・忠告、これからも宜しくお願いします。
[2003/10/01 13:23:32]

お名前 Name: 匿名希望   
木更津こうじさん かなり長い間ギターをお持ちのようですが
ギターに関する知識は少し不足しているようですね。

>?ネックはチューニングされた状態で若干順反りするようになっている
   これがないとハイポジでの弦高が適切にならない

これは当然のことなのですが反り具合のチェック方法としては

http://www.j-guitar.com/ha/yom/yom_03.html

このような方法もあります。
>?トップはブリッジ付近で1〜2mm盛り上がるように造られている
   最初からすこ〜し膨らんだ状態にされている、とのことです
これについてはすべてのアコーステックギターがそうだとはいえません。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~somemura/bbs1/969061455995874.html

お暇な時に過去スレッドをお読みになればかなりの部分が理解出来ると思いますが
すべてが正しい書き込みだとは限りませんので ご自身で取捨選択なさってください。
[2003/10/01 12:55:42]

お名前 Name: 木更津こうじ   
バナナコーラさん、ありがとうございます。

緩める派に転向して5日目、経過報告とでも申しましょうか・・・

転向初日はまず会社から帰宅の途中で、閉店時間を過ぎたいつものShopへTEL
し、予備の弦を3セット購入させてもらいました(マスター申し訳ない)。
D−45は朝緩めてありました。D−35、OOO−28もその晩緩めてケースへ
入れました。緩め方は前に書いたとおり、D−45:ペグ2回転半、
D−35、OOO−28:ペグ1回転半、です。
私はチューニングが「音叉派」ですので、弾こうとする前に音叉で合わせてます。
3弦を巻き上げる時は毎回ドキドキしてます(切れっかな、大丈夫かな、でね)

ここまでで気が付いたことですが、弦交換後一週間を経過していたD−45ですが
弾こうと思ってチューニングしたあと、2〜3回は合わせ直さないと、弦が伸びて
音が下がりました。「まだ伸びるのか」と再認識です。ここまで毎回です。
もちろん、まだ弦の新しいD−35、OOO−28は伸び続けてます。
3弦がどのくらいで切れるか、各ギター毎にデータを取ろうかと思います。

※PS「新しく得た情報(知識)」
 .優奪はチューニングされた状態で若干順反りするようになっている
   これがないとハイポジでの弦高が適切にならない
 ▲肇奪廚魯屮螢奪孤婉瓩韮院腺横蹌軅垢蠑紊るように造られている
   最初からすこ〜し膨らんだ状態にされている、とのことです
 いずれも私がよく行くShopのマスター及び常連さんからのものです。
 特に△呂海裡咤茖錚陲板鷏箸気譴討い襯襯轡◆爾気鵑里話だそうです。

参考になれば幸いです。
[2003/10/01 10:19:55]

お名前 Name: バナナコーラ   
木更津さんはじめまして。
自分は、近年物の28と親父から貰ったボロ45所有しているものです。
45はスクエアネックなんで曲がるかなと思ってたんですが、
自分的には適当に張りっぱなしであまり変化はないと思いました。
28は自分で買って、大事にしてたんで、毎日弾いた後緩めてましたが
若干順ぞりですね。。AJネックはどうも曲がりやすい気が・・。
自分なりに分析してみたんですが、どうも緩めたり閉めたりすると
若干ネックにダメージがあるのかなって気がするんです。
28は再度ペグ閉める度に日に日に沿ってる気がするんです。
ピキピキっって、耳を澄ますとネックから僅かに音がすると言うか・・。
あっ、何となくそう感じてるだけなんで・・木更津さんのスタイルを通して
下さいね。45・・ネックずっと無事だと良いですね(^^)
[2003/09/29 22:34:54]

お名前 Name: 木更津こうじ   
たくさんのご意見・ご指摘・アドバイス、本当にありがとうございました。
「張りっ放し派」から「緩める派」へ転向します。

今月購入した D−45SQ へどちらで対応するか迷いが生じたのがこのスレッドを
スタートしたきかっけでした。ネックだけでなくトップへの影響を認識させられ、
「心がわり」いたしました。今朝、D−45は弦を緩めてケースにしまいました。

SQネックであること、既に弦交換からほぼ一週間を経過し弦が安定したこと、から
緩めることにしました。昨日今日と湿度が高いのも要因です。
また、今日早朝、北海道南東沖で大きな地震が発生したのも決心を促しました。
私が「張りっ放し派」になったのは25年ほど前です。YAMAKI F180を
弾いていました。3弦が頻繁に切れ、そのころ井上○之さんのインタビュー記事に
「緩めたり張ったりを繰り返すのはネックに良くないと思う」という発言があり、
(エレキについてかアコースティックについてか・・・ですが)「なるほど」と
思い、「万一反ってもトラスロッドを締めればいいんだから」と考えました。

今後こうしようと思っています。
 仝垢鯆ヂ悗─△修慮垢凌びが止まったら弦は緩めてからケースにしまう
   張替えから3〜4日は弦は伸びます(経験値)その間は弦を安定させる
   ために張っておく。
 弦が安定したら6本の弦全部を緩める(ペグ2回転半位)
   これも経験値ですが、このくらい緩めると触感ではほぼテンションを感じ
   なくなります。
 3弦が切れたら弦は全交換する
   
D−45についてはこれで決意しましたが、残るD−35、OOO−28にはまだ
迷いがあります。

D−35は新品を購入して13年、これまでのやり方でトラブルが出ていません。
AJネックを調整したこともありません。トップも異常なしです。

OOO−28は、今年7月に95年製を中古で購入しました。AJネックが既に調整
経験があるかどうかは不明です。

やっぱり緩めましょう。でもD−45よりはテンションを残すようにしよう。

あと12弦(Ovation)・・・。だめです、チューニングのことを考えたら
緩めないにします。チューニングが面倒で弾かなくなってしまいそうだから・・・。
これもAJネックだから、反ったら調整に出そう。
トップが膨らんだら修理に出そう・・・。
[2003/09/26 11:37:03]

お名前 Name: 丸狆   
失礼致しました。
改行するのを怠りました。
お見苦しいスレッドになってしまって、ごめんなさい。m(__)m
[2003/09/25 23:34:34]

お名前 Name: 丸狆   
はじめまして!
僕はここ数年は「オベーション・1997コレクターズエディション」を愛用してましたが、最近「マーチン・000C−16SGTNE」を手に入れてエレガットにちょっとはまってます。
弦を緩めるか否かは永年僕も悩み続けてきましたが、どういう訳かスロテッドヘッドが好きなので、見た目何となく緩めないと心配な気はするんですが、実際はどうなんでしょう・・・?
ほとんど毎日、二台とも弾くのであまり気にしないようにはなりましたが・・・。
でも本当のところは、チューニングが面倒と言うより、怖いのです(弦がミリリ。
[2003/09/25 23:28:08]

お名前 Name: みつる   
受け売り(パクリ?)で申し訳ないですが、参考までに・・・
染村さんも出版に深くかかわってあり、このHPでも紹介されている
『丸ごと一冊マーティンD−28』の
「リペアマンに学ぶ・・・保管について‐弦は緩めた方が良いのか?」には

(以下、同書からの引用ですが、著作権上問題があれば削除して下さい)

弦の張力によるトラブルを最小限にくい止めるには、どうしたらいいのか?
答えは「弾かない時は、必ず弦を緩めること」である。
それでは、どのくらい緩めたらいいのだろうか?

〇湿度の高い時期は、各部の接着剤も柔らかくなり、表板もふくらんだ状態に
なりやすい。特に、新しいギターは変化が大きいので、弦は完全にゆるめた方が
いいだろう。

〇湿度の低い時期は、表板は沈み、ネックは逆ゾリになる傾向にあるので、
多少の抵抗がかかっていた方が良いと思われる。各弦を1音位下げておけば十分だろう。
弦を頻繁に張ったりゆるめたりすることの影響も無くはないが、張りっぱなしによる
影響に比べたら微々たるものである。

いずれも、ギターの置かれている環境や、ギターそのものの状態によって
当てはまらないこともある。
今までの自分なりのやり方でギターが良い状態を保ち続けているならば、
あえて変える必要はないと思う。
[2003/09/25 19:05:02]

お名前 Name: bob   
こんにちわ!
ギターを弾いた後、「弦を緩める」か、
「張りっぱなし」かについての皆さんの
お考えを楽しく拝見させていただきました。

私の場合は、演奏後には必ず弦を緩めます。
で、次に演奏する時に新しい弦を張るよう
にしています。1日に40分程度の演奏が
2回であれば、1セットの弦で持ちますが、
3ステージ以上になると、1回張り替えち
ゃいます。

弦がまだ新しい時期に張りっぱなしにする
事には、そんなに神経質にはなりませんが、
弦が演奏で伸びきった状態ではチューニン
グが合いにくくなるし、演奏中に弦が切れ
るのは怖いので・・・。

弦が伸びきった状態で、その弦を張りっぱ
なしにするのは、ネックと表板が心配です。

科学的な裏づけは全くありませんが、経験
からもうこれ以上伸びないなと思ったら弦
は緩めた方が良いように思います。
[2003/09/25 18:06:59]

お名前 Name: 匿名で   
私も、基本的にはライトゲージの場合は緩めません。

ただ、時々ギターが「つかれたな…」と訴えかけているように感じる
ときがあります。

音なのか弾いたときのテンション感なのかはわかりませんが、
そんなことを感じます。

そうなると、弦はテンションのかからない程度まで1日だけですが、
緩めています。

月に1回程度かと思いますが、私はそうしてます。

ちなみに、関東では地震の心配が必要な感じですので、もうしばらくすると、
弾かないときは弦を緩めてケースにしまうようにしようと思っています。
[2003/09/25 18:04:47]

お名前 Name: 匿名希望   
誤解があるといけないので
AJロッドは弦を張ったときに ネックの反りが適正になるよう微調整するためにあるも
ので SQネックの場合はネックの形状で適正な反りになるよう成形してあると思いま
す。ですのでMartinの場合は弦高が高くなったからといっていきなりロッドを調整する
のではなくほかの原因を探ったのち 反りが適正でないときに微調整するものだと認識
しています。よってAJロッドを回したとしても1/8〜1/4回転程度だと思います。
それ以上回さないと適正な反りにならないのであれば明らかに他に要因があると思います。
ロッドにテンションを掛けて弦を緩めて保管すれば逆反りする可能性は無いとはいえな
いですが 弦を張った状態とではどちら側により多く負荷がかかるか考えれば答えは出
ると思いますが。

ケース内に入れる湿度調整剤ですが楽器用のものは普通のシリカゲルではなくB型シリカ
ゲルとよばれるもので湿度を50%前後に保つものです。食品用の乾燥剤は過乾燥のトラブ
ルを招きますので止めた方がよいです。
[2003/09/25 15:47:52]

お名前 Name: 自分で調整   
木更津さん
>あれ、そうするとAJネックのものは順反りの修正にトラスロッドを締めたら、
>テンションを下げると逆反りを起こしませんか?
当然逆反りしますよ。弦を緩めて調整する時に如何ほどに修正するかを目で見ながら
やるでしょう?順反りがひどかったら逆反り方向に調整してチューニングしますよね。
ちなみに持っている塩崎ギターのSQタイプは弦を緩めると少し逆反りしています。
ライトゲージでほぼ真っ直ぐになります。毎日弾くので張りっ放しです。
[2003/09/25 14:58:03]

お名前 Name: 木更津こうじ   
匿名希望さん、ありがとうございました。
マーティンクラブジャパンで確認しました。なるほど・・・
その通りの文章でした。

ただ、じっくり読むと「張りっ放しでも長時間ネックコンディションは良好を保つが
【念のため】弦のテンションを下げネックへの負担を軽くすれば【安心】です」と読め
ますので、Martin社はやはり自己責任のもと自己管理せよ、といっているの
でしょうね。
弦を緩めないとネックは反りますよ、とは断言していないところが悩ましい。

前に書いた緩め方の ◆銑ぁ,呂匹海の誰かが考えた自分なりの分析・解釈による
方法なのでしょうかね?

あと、私のYAMAKIはトラスロッドを締めてあったかどうか、んー記憶が定かでは
ありませんが、購入して一年後くらいに少し順反りが出て少し締めたかなあ〜。
もう手放してしまったので解りませんが・・・
あれ、そうするとAJネックのものは順反りの修正にトラスロッドを締めたら、
テンションを下げると逆反りを起こしませんか?
[2003/09/25 13:58:24]

お名前 Name: macmax   
ゆるめる派。
毎日チューニングし、毎日1音ゆるめる。
以前はゆるめない派たったがD35のネックをリセットしてから
ゆるめる派に転向。
もう一本の35はリセットついでにAJを仕込んでしまった。
これもゆるめている。
[2003/09/25 12:57:13]

お名前 Name: 匿名希望   
下記の記事はこれの抜粋です。

http://www.martinclubjp.com/set_maintenance.html

それと ロッドを締め込んであるギターを弦を張らずに保管したら逆ぞりするのは当た
り前です。
MartinのSQネックは元々テンションはかかっていません。AJに変わったからといって
テンションがかかっているわけではないです。自分でロッドを回してテンションをかけ
たのであれば別ですが。
[2003/09/25 12:43:57]

お名前 Name: 木更津こうじ   
shirabeさん、おっしゃるとおり12弦ギターはとても緩める気には
なりません、同感です。私の12弦は Ovation Elite 1858
エレアコです。ネックも太いし丈夫そうなので「カンベンして」って感じです。

「自己責任で自分なりの管理」は、まあごもっともなんですけど、アコキングさんが
言われている「何十年に渡る議論の対象」なのでどのくらい考え方があるか、聴いて
みようと思いこのスレッドをスタートしました。

匿名希望さん、Martin社の関係者の方ですか?内容が内部の方の様に思えまし
て・・・。実は「張りっ放し」はあまり突っ込みようがないのですが、「緩める派」
の方々には伺いたいことがあるのです。「緩め方」です。
今まで、下記のような見解をきいています。
  仝垢たるむまで(匿名希望さんから伺ったのが初めてです)
  一定回転数緩める(ペグ1回転半とか2回転とか)
  0貭蠅硫残まで下げる(2音か3音)
  ぃ蓋垢硲憾垢鯆イ蠅段しで他を緩める

  △蓮⊆,縫船紂璽縫鵐阿垢觧一定回転巻き上げれば元に戻せるから
  は、ギターは弦のテンションに耐えるよう造られているのである程度の
   テンションは残し、しかも正規チューニングのバランスにしておかないと
   ネックがねじれ方向に曲がる可能性がある
  い蓮■蓋垢切れやすいので比較的テンションの低い3弦4弦を張りっ放し
   にし、他を緩めてしまう。3弦だけ張りっ放しだとねじれ方向にテンション
   が出るので、その線対称の4弦も張っておく

△呂匹Δな?と思いますが、とい呂覆襪曚鼻△隼廚θ震緬榲に有効なの?と
思いますし、,錬帖檻械気鮃愼しそれまで使用していたYAMAKI F180
の弦をはずして保管していましたらネックが逆反りしてしました。
弦の張られていない状態で2〜3年ケースに入れてしまっていました。
テンションがない状態だとネックは逆反りする、と考えてます。ですから、緩めた
状態はネックがそれまでのテンションをささえた反作用を起こすのかな、とも考え
てます。トップやブリッジにはこの反作用はでないのでしょうか?
私のYAMAKIはトップ、ブリッジにはゆがみは出ませんでした。

そんなこんなで「緩めるべきか張りっ放しにすべきか」迷うのです。
このたび、SQネックのD−45を購入しこの迷いが大きくなりました。
D−35、OOO−28ともにAJネックなので、反っても調整はOKだな
と思ってましたが、SQだとちょっと・・・と不安に思っているのが本音です。
今は毎日必ずD−45は何分かでも弾いています。35・28は弾かなくとも
45だけは必ず毎日音を出すようにしてます。それで緩めてないのですが・・・
[2003/09/25 11:20:30]

お名前 Name: shirabe   
いちいちチューニングするのが面倒くさいので、ライトゲージなら緩めません。
たかがギターです、故障しても多くは修理可能でしょうし、どうしても直らなかったら
買いかえればいいんじゃないでしょうか?
12弦ギターなんて、毎回緩めてたら演奏できるまでに時間がかかって・・・(^^ゞ

すべて自己責任で好きなように管理すれば良いんじゃないですか?
スキャロップ&シフトフォワードに機種も、95年、96年からライトゲージを張りっぱなし
ですが、ブリッジ剥がれをを1回修理しただけで、以後異常はありません。
一通り修理すれば、一定期間は大丈夫なのかも・・・・?
私は、弾く方優先で、壊れたら修理に出すタイプです。
[2003/09/25 00:49:15]

お名前 Name: 自分で調整   
私は10分でも毎日弾きますので弦は張りっ放しです。
オールドも新品も安いのも高いのも張りっ放しです。
さすがに1週間以上弾かないときはダヨンダヨンに緩めます。
弦高とネックは自分にあった調整に全て手を入れています。
ミディアムゲージで調整していますのでさすがにEXライトゲージ
に替えるとビリ付きますのでAJロッドで順反りに調整します。
やり方を覚えると簡単に調整できます。回し過ぎは禁物です。
[2003/09/25 00:20:58]

お名前 Name: 匿名希望   
" マーティンギターには伝統的なスティールバー埋め込み式のスクエアロッドネックモ
デル(SQモデル)と、ボディ側で調整可能なアジャスタブルロッドネックモデル(AJモ
デル)の2タイプがあります。SQモデルはネック内の鉄心によって、ソリの調整は出来ま
せん。昔ながらの製作方法であり、欠点ではありません。工作精度も完璧に近い状態を
求められる為、加工にも多くの時間が費やされます。ネックの素材であるマホガニー材
の選定には充分な配慮をもってのぞんでいますので、長時間に渡って安定したネックコ
ンディションをお約束します。
 しかし、念のため演奏後は、弦がたるむぐらいまで弦のテンションを下げて、ネック
に大きな負担がかからないようにしておけば安心です。通常の弦を張った状態での、若
干の順反り傾向については、弦高が適正であれば全く問題はありません。万が一極度の
ネック反りが発生した場合には(SQモデル・AJモデル問わず)お早めにお近くのマーティ
ンギター取り扱い楽器店にご相談ください。くれぐれもご自分で調整されることは避け
てください。"
[2003/09/24 23:23:51]

お名前 Name: 不思議   
ミディアムゲージ以下を使えって書いてくれるなら、弾かないときは弦を
緩めろって一緒に書いてくれてもいいのにね。どこかに書いてあるんだろ
うか?
マーチン社は弾かないときは弦を緩めるのが当たり前として書いてないん
だろうか?
[2003/09/24 22:36:17]

お名前 Name: 500/1   
私は買ってから30年以経っているのも在りますが
緩めないで張りっぱなしです〜
トラブルもラッキーな事に今の所ほとんどくありません
逆ゾリが一回あった位です

大量生産品(M社含む)ではその部分が結構いい加減な接着がされている物も
見受けられるので、剥がれたらリペアマンにしっかりブリッジやブレーシングを
修理してもらう方がなんとなく安心感があります

緩める緩めないに関わらず
時間が経てば接着剤もゆるくなってくるでしょう

他の部分も人間と同じで年を取れば悪い所も出てくるでしょう
ですから悪い所がでたら直せば良いのではないでしょか?

緩める緩めないは、人それぞれですね
[2003/09/24 21:42:34]

お名前 Name: アコキング。   
この問題は、何十年も前から喧々囂々/侃々諤々様々な議論がなされていますね。そしてまた
リペアマン、プロのプレイヤー、ベテラン店員、などの中でも様々に見解が分かれています。

ただ一つの判断基準として言えることは、マーチン社が80年代中期にブレイシングをノンス
キャからスキャに仕様変更して以降、「ミディアムゲージ以下の弦を使用せよ」(英文)とい
う注意書き(caution stamp)をボディ内に刻印し始めたということです。

メーカーがわざわざ注意を喚起しているのですから、やはりスキャロップはノンスキャに比べ
て強度の面では劣るということなのでしょう。ですからたとえゲージが何であろうと、弦は緩
めたほうがトップやネックの保護という観点から言えば正しい処置なのだろうと思います。

しかし一方では、毎日弾く人にとっては弾くたびに弦を緩めたり張ったりするのは煩わしいし、
また張りっぱなしの時に比べて弦が切れやすくなる(特に3弦)、などの欠点があることもま
た経験的な事実です。

私の場合は「長期に渡って弾かない時は緩める、毎日弾く予定がある時は緩めない」という自
主ルールに従っています。この場合も「長期」というのが一週間なのか一ヶ月なのか、迷うと
ころですが。

他人から借りたギターならともかく自分のギターなのですから、弦を張りっぱなしにしておい
てトップが浮き上がってしまったり、ブリッジが剥がれてしまったりしたら、「シマッタ!」
と反省して次回からは緩めるようにするなど、人それぞれで良いのではないかと思います。
[2003/09/24 17:54:12]

お名前 Name: トニー・ごはん   
私の94年製のD28は買ってから弦はほぼ張りっぱなしですが、ネックは一度ロッドで順反りを
直しただけでトップの浮き上がりもほとんどありません。ほぼ10年使って大きなトラブルがない
のは当たりのギターなのでしょうか。サウンド重視なのでピックキズなんか気にせずガンガンやっ
ております。2本目のマーチンにHD28Jを買ってしまいましたが、こちらはプレーシングやトップ
の厚みもちがうので今のところ弾いたあとは1音程度おとしています。こちらもガンガン行きたい
のですが、やっぱりスキャロップドの場合は皆さん弦は緩めておられるのでしょうか。自分的には
あまり神経質になるのもちょっと抵抗があるのですが。いかがでしょうか。
[2003/09/24 16:25:13]

お名前 Name: 匿名希望   
弦を張りっぱなし派の理由の ネックに対して良く無いとの根拠ですが
ロッドが金属疲労を起こすというのがあります。
はっきりいって弦のテンションごときの繰り返し負荷で金属疲労を起こすほどの屈曲の
負荷はロッドは負ってません。それよりも弦を張りっぱなしにした場合のトラブルのほ
うがはるかに多いです。
スキャロップド、フォワードシフトブレーシングはMartin自体が強度が足りないので長
い間使用を控えていたのですが 弦を張りっぱなしにすればノンスキャ、ノンフォワー
ドと比べトップが浮きやすいのは明白でしょう。弾いてもいないのにわざわざ弦高を高
くするようなことはばかばかしいと思いませんか?
また ギターを倒した場合どちらがヘッドを折りやすいですか?
ブリッジの剥がれは 何故起きるのですか?
ブレーシングの剥がれは何故起きるのですか?

ギターにとって弦を張りっぱなしで保管するメリットなど無いのです。
[2003/09/24 15:06:34]

お名前 Name: 木更津こうじ   
2年半前にも違ったタイトル似た内容がありますが、皆さんはどちらでしょうか?

私は基本的に張りっ放し派です。
基本的にというのは、出張等で2週間以上弾けないことがはっきりしている時は
緩めます。そうでなければ緩めません。

理由は、毎日張ったり緩めたりするのはネックに対してよくない、という記事を
ずいぶん昔に読み、なるほどと思ったからです。

ただ、自主規制として(オーバーかな)以下のことを課してます。
 .押璽犬魯薀ぅ肇押璽鍵焚次淵薀ぅ肇押璽犬靴使っていませんが)
 一ヶ月に一度弦は新品に全交換
 ケースに夏場は防湿処置として乾燥剤(のり等に入っているもの)を入れる
  ※家庭の事情ですが、私が家にいない時は必ずケースに保管してます

90年にD−35を購入し、このやり方でやってきて反りは出ていません。
このギターのネックは、ロープロファイルのAJタイプです。
だから大丈夫かな、と思っていますが絶対の自信があるわけではありません。

迷いがあるからこのような書込みをするんですよね・・・
皆さんのご意見をきかせてください。
[2003/09/24 13:40:41]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail(入力必須) URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
E-mailアドレスを必ず入力して下さい。
記事一覧に戻る