記事タイトル:酷すぎる 〜 皆さん、どう思われます? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: プロM   
まいど♪

ありゃま〜 まだまだこういう事例を載せたサイトはあるんですなあ。

マーチン社はきっと
「NO〜NO〜! This paper is  original! 
not copy!」・・・と言うんやろなあ〜 

こっちも
「 I don’t think so、 this paper has
MARLBORO tabacco logo」 ・・・洒落にならんわ(爆!)


いくつも同様の事例がある、ちゅうことはその何十倍、何百倍もあっても
フシギじゃないでな。下の階のおっちゃんに言うときっと泣くわ。
[2007/12/22 01:20:06]

お名前 Name: 偽装   
まさに、清水寺の恒例の今年漢字「偽」そのものが当てはまりましたね。
どなたか、このサイト、マーチン社に転送出来ないですか〜??
本当に、本当にショックです・・・。
されど、マーチンなんでしょうか・・・(涙、涙)
このサイトは見ない方が幸せでした・・・。
[2007/12/21 23:27:04]

お名前 Name: 煮入る若者   
ほんとうだね。

我々はこの現実を受け入れないとね。
ま、マーチンだけじゃないんだけどね。

コリングス以外はみんな売ろうかな・・・。なんて思っちゃいました。
[2007/12/21 21:36:19]

お名前 Name: 標準仕様   
これがM社のネック調整のマニュアルのような気がしてきました。
[2007/12/20 10:41:19]

お名前 Name: Paper Shim   
他にも同様例が見つかっているようで…

http://www.zinguitars.com/REPAIR_item/Chaki/Chaki001.html
[2007/12/19 22:15:10]

お名前 Name: がっかり君   
年間一万数千個のダブテイルジョイントをこなすってことは、
1日50〜60個くらいでしょうか?

この部分専門の職人さんは何人かな?
5人くらい?
この内、1人がへたっぴで毎回紙はさんでたら2割は当たりってことに...


いやいや機械化されてますって言うのなら、(どの程度機械化してるか知らないけど)
ガタガタゆるゆるの加工しかできないマシンでマシンカットしてるとしたら
GEだろうがオーセンティックだろうが紙入りがあたりまえなんじゃないかしら...


こうなったらスタンダードシリーズもボルトジョイントにした方がいいと思う。
音もたいして変わらないと思うし、できないんだからしょうがないじゃないの。

ついでにボルトをシリアルナンバーを打った木製プレートで隠すのはやめて欲しい。
増し締めするんだから。


あぁ〜〜私、もうマーチンは買いません。
 
[2007/12/19 14:22:16]

お名前 Name: CoCo   
とるべきだったオーナーの行動としては、ネックはずした時点で、
写真を撮って、クレーム、返品ではないでしょうか。

人間の作るものだから細心の注意を払っても、時々問題のある製品ができます。
スペースシャトルみたいな手作り一点ものでも、タイル剥がれて丸焼けとか、
ジャンボの圧力隔壁の修理ミスって御巣鷹山の惨事とか。
この例はどちらも、米国人の仕事。アバウトが持ち味なのかな。

もちろん、許されるべきものでは無いので、クレームして
同じ問題が続発しないよう処置してもらうのが良いと思います。


マーティンが信頼できるメーカーかどうかは、クレームへの
対応や、どのぐらいの率で、不良品がユーザーにまで渡ってしまうか
が問題でしょう。もしクレームに対しての反応が悪いようなら、
消費者団体などを通じて連絡すると対応が変わったりします。

この件の様な明らかな不正作業なら簡単ですが、材のグレードが
基準以下だったりとか、ユーザーに分からない所での
手抜きや不正が心配です。
そういう意味では、新米の工員とかには任せないであろう、カスタムや
高額で本数の少ないモデルの方が幾分安心できるのでしょうか。
[2007/12/19 10:15:59]

お名前 Name: 古都   
BOM(b)さん

失礼いたしました。
[2007/12/18 21:31:20]

お名前 Name: BOM(b)    URL
スレ主です。
古都さん、プロMさん、私が立てたスレ趣旨と全く関係のないお話は、ここで終了して
下さいます様、よろしくお願いいたします。
駄スレではございますが、皆さんの貴重なご意見に必ず目を通すようにしております。
意味のない諍いを読むと、気が滅入ってしまいます。
意見の食い違いがあるだけで、お二方とも常識、知識共に豊富な方だとお見受けしております。
ご理解のほど、どうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[2007/12/18 08:19:37]

お名前 Name: 投稿削除   
投稿を削除しました。     2007.12.30   染村 哲也

お名前 Name: 投稿削除   
投稿を削除しました。     2007.12.30   染村 哲也

お名前 Name: 投稿削除   
投稿を削除しました。     2007.12.30   染村 哲也

お名前 Name: dick   
色々読ませて頂いていると、購入時よりも購入後のトラブルに適切な対処が出来る
リペアマンの存在が大きく感じます。

心配し出してもキリがないので「見た目と音」がOKなら、問題が起きた時に
「明日の事は明日に考えればいい!」
と割り切る作戦の方が賢明な気さえして来ます。

初めからちゃんと作ってくれていれば問題は無いのですが、現実問題として表から
見えない場所は沢山有りますものね・・・

話を蒸し返すようで申し訳ないのですがこんな事もある様です。
http://www.zinguitars.com/REPAIR_item/Chaki/Chaki001.html
http://www.zinguitars.com/REPAIR_item/LPjr_FADET/LPjr_FADET01.html

全てがこんな事では無いでしょうけど、やはりブランド名だけで信用は出来ないですね
[2007/12/16 23:15:30]

お名前 Name: ナット・ヤング   
まさに昨今の偽装の背景と同じですね。
もったいないともいえるし、だからといって、ねえ。

老舗だからこそ、しっかりして欲しいという。

おかしいというか、セツナイ思いの吐露ですねえ。
[2007/12/16 21:59:27]

お名前 Name: 古都   
>作業的には交換なんてロットの関係もあり、生産したネックを
無駄にしたくないんでしませんわ。
ジョイント部「ウッドシム」を挟んだり「接着剤に木の屑」を
混ぜて流し込み隙間を埋めるのは最も一般的で楽なやり方ですわ。
でも「紙」はあかんなあ〜♪

>昨日、楽器屋行ってしげしげとマーチン見てきましたけどな
やっぱりヘッドのロゴには歴史を創ってきた重みがありますわ。
ストレートにマーチンロゴはカッコええ〜と思いましたわ。
そんなブランドに泥を塗るようなマネだけはしてほしくはおまへんな。


なんか、おかしくないかい?
[2007/12/16 20:42:44]

お名前 Name: プロM   
まいど♪


にゃろんごはん、Sonny D は天才のみぞなせるワザですわ(笑)
ピカソやダリの絵画に通じるところがおます。

ご本人様は既に基本は完璧にマスタ〜して、そこから芸術の世界に
足を踏み入れた結果が・・・・・あの作品じゃないかと思いますわ(笑)
だってウクレレ教材キットを始めて組み立てた人より見た目が悪いのが
ザラに有るんですから。

ヘッドは首を右に傾け、ペグ穴も右下がり、ネックはセンターから
ずらし、ナット溝切りは1回でズバッと決め、フレット間隔も
ハイポジはその日の気分で、ボデイ側面はいびつ曲げ加工 
etc etc・・・・・・ほんまかいな? ・・・ほんまですわ(笑)

そやけど、その音の素晴らしさは・・・参りました♪ (脱。。帽)ですわ
最近は体調壊されて生産は・・・・・・なんで(昔。。昔)に創られた作品を
マジで探しているところでおます。


昨日、楽器屋行ってしげしげとマーチン見てきましたけどな
やっぱりヘッドのロゴには歴史を創ってきた重みがありますわ。
ストレートにマーチンロゴはカッコええ〜と思いましたわ。
そんなブランドに泥を塗るようなマネだけはしてほしくはおまへんな。
[2007/12/16 15:03:45]

お名前 Name: にゃろんご   
じきに Sonny D になるよ(笑い)
バラシテ 再組立すると 音いい
[2007/12/16 14:19:23]

お名前 Name: BOM(b)    URL
とうとうMartinの冠にも、今年の漢字である「偽」がつく…?(笑)
ギターに限らず、メーカー問わず、製造販売される全てに当てはまりますが
どうか、どうか嘘やごまかしは止めて頂きたいと、切に願います。
[2007/12/13 09:10:39]

お名前 Name: YAMAGUCHI   
>○○社の車の良さはトラブルの頻度ではなく、そこから生まれる走りなんですよね。
>トラブルの多さを差し引いてもやはり○○社の車の走りは○○社のものなんです。
>だから○○社から離れられないんですよ。

こういうクルマ乗ってました。フランス車。7年間くらい。
だからこの気持ち分からなくもないんですね。
うちのギブソンL5もネックが危なそうだったけど音に魅かれて買った楽器です。
さいわい購入後15年(新品時から40年)たってもセーフですが。

マーチンは音もいいと思いますが、もともと作りがいいのも売りだったし、
ギブソンと比較すれば、近年でも、ちゃんとした楽器を作ってると思っていたのですが...
こういうこともあるんですね。
[2007/12/13 02:44:16]

お名前 Name: 天邪鬼   
あ、崇拝するのも悪くないと思いますよ、
ヴィトンやグッチを崇拝してる人は幸せかもしれないし、
その対象がギターだとしても、、

崇拝、するのは、自由だ〜
[2007/12/13 00:01:47]

お名前 Name: 天邪鬼   
でも、E-GDBインプ さんの気持ちはすごく判りますけどね、、

せめて今回の件は例外中の例外なんだって思いたいし、、
ワタシも崇拝はしてないけど、マーチンの音、大好きです。
[2007/12/12 23:58:27]

お名前 Name: E-GDBインプ   
そうですね。
以後気をつけますね!
[2007/12/12 22:06:42]

お名前 Name: 古都   
>致命的な欠陥構造や製造と言うことではなく

今回の場合は致命的な欠陥構造や製造なので
そこに、あのようなコメントをはさんだ自体で誤解が生じているのですよ。

スレ趣旨を把握した上でレスしたほうが、自ずと誤解は解消するものと思います。
[2007/12/12 21:26:57]

お名前 Name: E-GDBインプ   
勘違いされては困るのですが、作りの悪さというのは、根本的な欠陥や製造不良のことを言っているのでは
有りません。
そのあたりは皆さん理解されていることと思いますが、たとえば、細かいチリが合っていないとか、ブレイ
シングなど国産高級機種では美しく磨き込まれているところが削りっぱなしと言うような状態など、影響として
出てこない範囲での作り込みです。

ですので同じ文章を車などに置き換えるようなこと自体当てはまりませんのでご理解下さいね。

一言で作り込みと言っても使う場所で大きく異なりますが、今回の私もコメントは、致命的な欠陥構造や製造
と言うことではなく、外観的な美しさの部分や細部の仕上げなどととらえていただくと有りがたいですね。

全体を見ればあの文章でも理解してくれると思い、細かい説明を割愛しましたが、細かくご説明をした方が
良いようですね。
[2007/12/12 20:08:09]

お名前 Name: マーチンも国産も持ってます   
>マーチンの良さは作り込みの良さではなく、そこから生み出されるサウンドなんですよね。
>作りの悪さを差し引いてもやはりマーチンのサウンドはマーチンなんです。
>だからマーチンから離れられないんですよ。

ギターを車に置き換えてみた。

○○社の車の良さはトラブルの頻度ではなく、そこから生まれる走りなんですよね。
トラブルの多さを差し引いてもやはり○○社の車の走りは○○社のものなんです。
だから○○社から離れられないんですよ。

死にまっせ。

言ってることがいかに可笑しいか。
いくら音が良かろうと、故障が多ければ話にならない。
音の良さは作りの良さが前提にあってこそ成り立つ話である。
[2007/12/12 18:21:53]

お名前 Name: 煮入る若者   
そのとおりですね。

私はマーチンもギブソンもその他のギターも持っていますが、
MとGの過去の偉業はもちろん認めます。
でも今の両者の新品はリスクがあるので知人に手放しでおすすめはできない。

Gの造りの悪さは以前から有名だけど、Mもここ数年の手抜きものはすごい。
ネック関係、指盤、ブレーシングはがれ、フレット浮き、
インレイやアイボロイド周辺の変形や塗装われ、接着剤によるトップの黄色変色等、
木材不足などという言い訳では説明できない新品の不具合をたくさんみてしまった。

今ならでも間に合うから、品質管理を改善してほしい。
へんな職人、社員がいますよ〜CFMさんでもDBさんでもいいからはやく気づいてね。
[2007/12/10 15:10:32]

お名前 Name: いろは   
私は、エレキギター派なのですが、
やはり、Martinブランドのギターには、
興味がありますので、色んな情報を得る為に
関連サイトを拝見しますが、構造の根本的な点に
問題がある場合、誰でも購入を考えた場合、躊躇
するのは、当たり前だと思います。

仮に、周りで初めて購入を検討している人が
いたら、こうゆう事例もあると当然伝えます。
その後の事は、当事者が検討する問題ですからね。

本当のファン、愛好家ならば、『なにも、問題おこらないでくれ』と
拝みたおすより、『俺の愛器は、大丈夫なんだろな』と突っ込み
入れるのが、本当じゃないですか?
まさか、Martinサウンドに必要な工法なのですとは、言ってこないと
思うんですが。
[2007/12/10 13:47:13]

お名前 Name: BOM(b)    URL
やはり…「その手」のご意見が出ましたねぇ(笑)。
そう言うご意見が少なくて、実はホッとしていたんですが。
Martin社が、無料で極上のギターを配る慈善事業主なら、「その手」のご意見もまた
アリなんでしょうけどね。

ギタリストが所望するのは
「特定の有名メーカーギターを所有する」事ではなく
「良い(音の)ギターで良い演奏を奏でる事」だと思います。
持ってるだけで良い、というのなら、(金があれば)私でさえ100本くらい買います(爆)。
イデオロギーなら人それぞれ、生い立ちや環境で様々な考えがあっても良いと思うんですが…
嗜好品であるギターに対して、盲目的な崇拝からの他者排除的な理念は、自分で自分の
可能性を狭めてしまっているようで…なんとも勿体ないギター人生ですね。
「この手」のご意見の方とは、恐らく死ぬまで平行線を辿るでしょうから、もう止めますね。

> 古都さん
> この程度は、私の比ではない。
会社でコッソリ(堂々と?w)見ているんですから、あんまり笑わせないで下さいよ(爆)。
もう〜コーヒー吹いた(爆)。
[2007/12/10 08:37:42]

お名前 Name: 古都   
>ちょっと嫌味なレスになりました。

この程度は、私の比ではない。
[2007/12/09 20:59:09]

お名前 Name: 近乱老   
ギターは楽器でありまして、弾いてナンボです。
どんなギターであれ、まず音楽として評価され、次にどんな楽器かが評価されます。
てな、当たり前のことを考えますと、、、己の音楽性と技術の未熟さに・・。

でも、好きでやっている分には結構楽しいのでありまして、私の場合はその相棒がギターです。

マーチン君も良し。他のものも良し。。。優劣つけてどうするの?

信仰ではなく、工業(芸)製品・楽器として冷静に付き合いたいですね。
自分にとって良いギターは誰がどう評価しようと良いじゃないですか。

「物を見極める自信の無い人がブランドを信用する」という見識もあながち外れていないと思うオヤジです。
骨董品や市場価値としてギターを扱える人は、金持ちか、金が無いのに金儲けしようと無駄な
努力をしている人かも。

ちょっと嫌味なレスになりました。やや反省です。
読み飛ばしてください。  言い過ぎたかな?? 酔ってます。。。
[2007/12/09 19:42:40]

お名前 Name: 太郎八   
たしかに、マーチンは楽器、ギターですね。
そのギターを用いて、人々からレヴァラントと尊敬の念をもって呼ばれる人もいま
すし、ゴスペル、セイクレッド・ソングといった宗教的音楽にもギターは密接に結
びついているように思います。
あるときは希望を生み出し、またあるときはこころをふかく鎮めてくれる・・
ギターって単なる楽器、道具ではなく、人のこころ、いのちの根底にまで響き、揺
り動かす力を秘めたすばらしいものじゃないかな、なんて、、言いすぎかな?

それだけに今回の件、かえすがえすも残念です。 マーチンさ〜ん!
[2007/12/08 15:53:12]

お名前 Name: 666   
先人が積み上げた物の上に胡座をかいた結果の典型ですね。
でもマーチンのことを本気で心配している人が思いの外多くて少し安心したような...
マーチンは楽器、ギターです宗教にはしたくないですね。
[2007/12/08 12:18:38]

お名前 Name: 古都   
>本当のマーチンファン・崇拝者

なるほど、さすが崇拝者ですな。
[2007/12/07 23:44:21]

お名前 Name: 若松荘   
盲目的ブランド崇拝こそ如何にも日本人的というか・・・残念ですね
[2007/12/07 22:41:44]

お名前 Name: マーチン崇拝   
…しかしアレだね
最近の日本を象徴しているというか如何にも日本人的というか…残念だね
どいつもこいつもマーチンを今の中国を攻撃するみたいに掌反して…

40年前なら犹爐未泙任棒献沺璽船鵑鮓てみたい瓩箸20年くらい前でも
爐△海れのマーチン瓩辰討舛腓辰伐山擇笋辰討訶曚覆藥廚辰討燭な…

やれコリングスだのヘッドだのと言ってる奴らはこの掲示板に来て欲しくないね
冒頭のアンフィニさんのコラムを見たからといって「もうマーチンはやめとく」みたいな
発想しかできない輩にはマーチンを持つ資格が元々ないんだよ

それとここに書き込んでいる人は「まぁオレのは80年代以前のモノだから
関係ないもんね〜(笑)」的がほとんど…
そりゃ自分らに関係ないから好き勝手言えるわな

この際似非マーチン派はどんどん減少して欲しいね
そして本当のマーチンファン・崇拝者だけが残ってくれたらいい…
[2007/12/07 21:27:07]

お名前 Name: まじですか!!   
なんか、CBSに買収後のFender社みたいになってきた。
96年以降の貝がラミネートされたときに製作が大量生産にむく変更がされている。
どんどん手間がかからない製作方法になり、見えない場所はこうなの?
クロサワ、怒らないと!!
[2007/12/06 23:42:54]

お名前 Name: E-GDBインプ   
あれ?
リロードしてしまいました。
すみません・・・
[2007/12/06 22:53:27]

お名前 Name: E-GDBインプ   
古都さん

そうですね、とらえ方によっては語弊があるかもしれませんね。
ただ言いたいことはわかってもらえるかな? と勝手に思っています。

表現は難しいです・・・ ご指摘痛み入ります。

多分こういった状態でも製造直後から有る程度の期間は何とか強度も保たれていたのかもしれません。
本当にこういった内側の作りはなかなかユーザーからは見つけられませんし、購入直後でもない限り
なかなかクレームとしても成立しないかもしれません。
販売元の入荷検品でもおそらくわからないでしょうね。

残念です・・・・

でもやっぱりマーチンが好きなんだよな〜
[2007/12/06 22:52:41]

お名前 Name: マーチン1周年   
 たぶん、Martin社は日本人のような繊細なターゲットを想定してないのでしょう。
アメリカ人だったら「あれ取れちゃったよ。保証で直して」で終わりなのではない
でしょうか?「繊細な奴はGE以上を買いなさい。不安な人はボルト止めのDMとかを
買いなさい」なのではないかと思います。
 現在の社長になってからの生産本数からして、そういうことは起きるでしょうし、
それでブランド信頼度が若干低下しても気にしないと言うことなのではないでしょ
うか?私のように特にそういうこともネックのねじれもなく2年目を迎えるD-28も
あるのですから。ベンツもシートのデキはかなり低下しましたが相変わらず売れて
ますし。
[2007/12/06 21:58:14]

お名前 Name: いろは   
はじめまして
ここで、話題になっている事
すでに、記事一覧の下の方の
【どーなるスタンダード】で以前から
原因が語られていますね。
非常に興味深いというか怖い内容でした。
[2007/12/06 11:12:40]

お名前 Name: BOM(b)    URL
皆さんの良識あるコメント、駄スレ主として重ねて御礼申し上げます。

今回(だけに留まればよいのですが…)の事に関して憂い、且つそれでもMartinサウンドが
魅力だと言ってくれるユーザがいる事を、Martin(黒澤も然り)は真摯に受け止めて、何かしらの
対応をして頂きたいものです┐('〜`;)┌
アンフィニさんでリペア中だったからまだいいようなものの、自分でロッド調整を…
ちょっといじったら“バキッ!!”なんてなったら、青褪める所ぢゃ済みませんものね(笑)。
[2007/12/06 09:44:18]

お名前 Name: 古都   
>でもやっぱりマーチンが好きなんだよな〜

解ります。

なので、あえて私も悪者となってでも苦言を言っているのです。
若かりしころに感じた、マーチンであって欲しいと心から思います。
[2007/12/06 00:58:16]

お名前 Name: E-GDBインプ   
古都さん

そうですね、とらえ方によっては語弊があるかもしれませんね。
ただ言いたいことはわかってもらえるかな? と勝手に思っています。

表現は難しいです・・・ ご指摘痛み入ります。

多分こういった状態でも製造直後から有る程度の期間は何とか強度も保たれていたのかもしれません。
本当にこういった内側の作りはなかなかユーザーからは見つけられませんし、購入直後でもない限り
なかなかクレームとしても成立しないかもしれません。
販売元の入荷検品でもおそらくわからないでしょうね。

残念です・・・・

でもやっぱりマーチンが好きなんだよな〜
[2007/12/06 00:49:29]

お名前 Name: 古都   
E-GDBインプさん 

>やはりマーチンのサウンドはマーチンなんです。

その通りなのです。、が
 >マーチンの良さは作り込みの良さではなく、そこから生み出されるサウンドなんですよね。

これは、以前削除スレにもなりましたが
楽器として耐久できるか?という問題とは又違うように感じます
今回の場合「作り込みの良さ」というレベルでしょうか?
この表現は、誤解を招く発言かと思います。

このような、ネック接合では先ず元起きは必須ですし
何より音のネックへのフィードバックがされていなく
過去スレでも言いましたが楽器として五体満足と言える常態化と思います。

繰り返しますがマーキス、GE、オーセンティックを語るような
作りこみとは、次元の違う問題だと思います。
[2007/12/06 00:10:40]

お名前 Name: 古都   
天邪鬼さん
きっと、彼も解ってくれている事でしょう。
彼の、書き方も確かに問題があったとも思います。
でも、もし憧れのマーチンを購入してこれでは・・・。

私の本当に言いたかったのはそこなのですが、削除スレの話はもうやめましょう。
貴方も、私が本当に言いたかったことを 時間がかかりましたが
解っていただいたようで、救いです。
[2007/12/05 23:38:13]

お名前 Name: tenten   
私は機械メーカーに居りますが、回転機械の軸キー溝とプーリーの嵌め合いと同じ
モノを感じました。嵌め合いに細心の注意と微調整が必要、しかしいったん嵌めてしまえば外からはどのようにくっついているのか全く分からない、という点で。

職人さんたちの中には何度言っても手を抜く人が居ます。なんといっても嵌めてしまえば分かりませんからね。しかし回転機械のいい加減な嵌めあいは必ず、後で問題が出ます。ギターなら製造直後から音質に出るでしょうし、影響が出なかったとしたらそれは問題ないとも言える訳です。しかし、機械は製作直後〜検査〜試運転の段階では分かりませんからね。繰り返し荷重を長期間受けているうちに、いずれ露見するわけです。
世の中のために、良い機械を出し続けてるんだ、という明確な誇り、目的意識を持たせないと、結局ノルマ、給料、査定だけの世界で管理できるものではありませんね。
[2007/12/05 22:52:01]

お名前 Name: レイン   
初書き込みのレインです。宜しくお願いします。
さて今回の件については対岸の火事として読んでいましたが、実際自分のマ○ティンについて
このような状態ではないと確認するスキルがない以上、人ごとではないのではないかとの疑念
が生じているのも事実です。
多分、確認する術がない方が大半だと思われます.あなたのマ○ティンは大丈夫でしょうか。
ただ、自分としては、音が気に入っていればそれでいいのかなとも思ってはいますが・・・。
[2007/12/05 21:05:16]

お名前 Name: 近乱老   
いつもながら、製作者さんのはしくれさんの書き込みにお人柄と経験を感じています。

「品質管理」という言葉を使う事自体が「管理」しなければ品質を保てないことを意味しています。
管理しなくても品質が維持できる=作っている人の品質が保たれているなら「品質管理」ということを
アピールする必要すらないのです。

納期+コスト+量産+非熟練工の組合せには「品質管理」不可欠です。

最近は国産のギターに良い物があって見直しています。でも量産品は同じかな・・・。
[2007/12/05 20:03:38]

お名前 Name: BOM(b)    URL
> E-GDBインプ さん
> あとはマーチンがこの思いを理解してくれることを願うばかりです。
仰る通り、正にこの一言に尽きますね。

> 太郎八さん
> 『手を抜けば 手がかかる』
コレ、私の仕事ぶりを言われているようで、どっきんこしましたよ(爆)。
[2007/12/05 13:34:15]

お名前 Name: E-GDBインプ   
確かに工業製品的にはきわめて精巧でかっちり作り上げられたギターはたくさんありますね。
しかしマーチンの良さは作り込みの良さではなく、そこから生み出されるサウンドなんですよね。
作りの悪さを差し引いてもやはりマーチンのサウンドはマーチンなんです。
だからマーチンから離れられないんですよ。
コリングスもメリルもヘッドウェイもキャッツアイもその他のメーカーにしろマーチンをめざしマーチンを追い
超そうとして、実質作りの上でもサウンドクオリティーでも上を行くと思える製品もあります。

でもマーチンの音じゃないんです。

ただそれだけ。

あとはマーチンがこの思いを理解してくれることを願うばかりです。
[2007/12/05 13:23:59]

お名前 Name: おいおい   
Martinオワタ
間違いなくギターに問題あり
前オーナーが紙を挟んだ?
理由がないじゃんか
しかもリペアマンにもわからないほどに精巧にネックをはずせるわけがない
ってかネックねじれだの指板はがれだのフレット浮きだの接着剤ビチャビチャだのって、マジ最悪
なんでMartin買おうとする連中がまだたくさんいるんだろうか
ほかのメーカーのほうがはるかにしっかり仕事してるのに
[2007/12/05 12:50:50]

お名前 Name: 制作者のはしくれ   
BOM(b)さん、こんにちは。
ギター・ファンの皆様、こんにちは。

皆様のご発言を拝見していたたまれなくなり、少々私の経験を書かせていただきます。

1970年代、私はある国産ギターメーカーに勤めていました。そこの社長のギター
に対する心意気にまだひよっこであった私は強く惹かれたものです。そして、そこで
初めて本物のマーティンギターを目にしました。それを熱心に研究する先輩たち、現
場には私を魅了するすばらしい活気があふれていたことを昨日のように思い出します。

ところが、会社がギターブームと代理店等のおかげで急成長する中、私にとっての大
きな事件が起こりました。70年代後半です。それは、徐々に社長の息子さんに実権
が移りつつある時でした。月産本数がすさまじい勢いで伸びる中、現場と会社の方針
に違いが生まれ、目の前の目標が「納期厳守」になり、そのために作業工程の一部に
合理化(塗装工程の短縮や社内工程の下請け移行等)の名を借りた実質手抜きのよう
な状況になりました。当時若かった私は、その後やりきれなさからまだ少なかった個
人製作家の元へ弟子入りしました。

マーティンギターの本質はとても素晴らしいものです。心からそう思います。
しかし、この時代の中で生き残っていくための多くの方法を取り込んでいっているの
も現実だと思います。あってほしくありませんが、「個人の理想」と「巨大組織のジ
レンマ」との間には彼岸ほどの距離があるのかもしれません。

とはいえ、今こそ思えるのですが、どんなに偉大なメーカーでも「その本質」を忘れ
てしまっては、いずれその存在感が失われていくことになります。多くのジレンマと
対峙しながらもマーティン社にはその魂を大切にしていってもらいたいものです。

少々私的感情での物言いになりましたことをお許し下さい。
[2007/12/05 08:14:25]

お名前 Name: 天邪鬼   
ああ、、、

以前、もう削除されてしまったスレですが
飾り物はいらないさんのスレを思いだしました。

Martinでトラブルが続いて怒ってらした、
もっとマシなギターはないですか?と、、、

あのとき、ワタシ 飾り物はいらないさんに
「楽器に愛情を注がないからトラブルがおきたんじゃないですか?」
などと、知った風な事を申し上げてしまいました。

すみません、飾り物はいらない さん
この場を借りてお詫びしたいです、、、
スレ主さま スレはずしすみません、、

古都さんが言ってたように、読解力なかったです、
今なら、飾り物はいらない、さんの気持ちが
判るような気がします、、、何で怒ってたのか、、

もし、初めて買った憧れのMartinがこれだったらと思うと
ホントに悲しくなりますね、、、

新人の職人さんが、バレたら怒られると
ひやひやしながら内緒で紙シムを挟んだ?、、
せめてそうだったんだ思い込みたいけど、、、、
買った方はたまりませんよね、、、

>オーナーにとって、アンフィニさんは救世主ですね
本当ですね、ワタシも強くそう思います。
[2007/12/05 00:04:22]

お名前 Name: AKY   
何かただ単に黒澤、日本自体が舐められてるだけだと思います。
[2007/12/04 23:57:08]

お名前 Name: 太郎八   
とっても残念で、オーナーであれば(オーナーでなくとも)決して見たくない、おぞま
しい事態ですね。

皆さんのコメントからも、これはメーカー側の問題なのでしょうね。でも、たとえ出
荷後のことであったとしても、接合部分に当初から異常があったことは充分窺えそう
ですね。

「モノづくりのこだわり」「職人の心意気」、そうしたものは、出来上がったものの
外見はもとより、それよりもむしろ、見えないところこそ手を抜かない、という信条
みたいなものだと思うんだけどなぁ。もっと誇りをもって仕事してほしいな、って思
います。

マーチンがまだ遠い存在で、ガラスケースの中のD-28をあこがれの眼で見ていた
遠い少年の日。そして、いつか、、きっと、、って思い続け、どれだけの辛苦の末に
手にしたのか、そしてそのときの感動たるやどれほどだったか。そんな人間がいった
いどれくらいいたか。そんなことにも少しは思いをめぐらせて欲しいな、生産ライン
に携わる人たちや検品担当者、そして社員教育にあたる人たちにも。あ、販売サイド
の人もね。

『手を抜けば 手がかかる』
これ、自分も気をつけなくっちゃ、って時々思い返すことばです。

今回のことは、当然、それだけでは済まされませんけど・・
[2007/12/04 23:28:45]

お名前 Name: 四番ファースト   
確かにひどいですね
でもこれ、クロサワ・カスタムですよね?

クロサワさんの関係者も見てると思いますが、黙っているのかしら?
自らの店名を冠したカスタムモデルでこれでは・・・

確かにクロサワさんがクレームを受けた訳ではないのでしょうし、
証拠が無いといえばそれまでなんでしょうけど、
売上比第2位の日本市場総代理店の力量に期待したいところです
「オーナーが後からやったのでしょう」とか、「勝手にネックを外した物は知らん」とか
マーチンに言われれば反論出来ないのかも知れませんが、
でも、工業製品である以上、合わせの寸法基準とかあるでしょう?
並行輸入品とかではなく、総代理店の正規カスタム品なのにねぇ・・・
(もちろん、正規品じゃなきゃどうでもいい、と言っている訳ではありませんので・・・)

なんか、どちらもザルですね〜
2万や3万の買い物じゃない訳ですからね
もし、もし、もしもマーチンの製造現場で行われた事だとすれば、
同社の企業理念には「一生モノと覚悟して買うかも知れないお客様」は存在していないのでしょうね

オーナーにとって、アンフィニさんは救世主ですね
[2007/12/04 22:08:20]

お名前 Name: 古都   
>じて祈りながら、また買ってしまいそうです。
やっぱりマーチン好きだから・・・

マーチンが本気(正気)を取り戻したのなら
スタンダード28も 他社の追随を許さない名器になると確信しています。
[2007/12/04 20:58:20]

お名前 Name: 古都   
>じて祈りながら、また買ってしまいそうです。
やっぱりマーチン好きだから・・・

マーチンが本気(正気)を取り戻したのなら
スタンダード28も 他社の追随を許さない名器になると確信しています。
[2007/12/04 20:54:10]

お名前 Name: E-GDBインプ   
残念ですね、今回のことだけで全部がそうだとは言い切れませんが、やはり感じる所はあります。

さてテイラーは現在マーチンを抜いてしまいましたが、私の聞いたところではテイラー社の考え方にその良さが
有るのではないかと思っています。
実際私が見てきたわけでは有りませんが、テイラーではいかに無駄になる材料を少なくするかという環境に
即した製造を行っているようです、ネックの木取りも出来るだけ貴重な木材を無駄にしないよう最小限の木材
を組み合わせて使用します、また皆さんご存じの独自のヘッドのジョイント部も試行錯誤の上取り入れられた
強度、美観とも比較的良いネックです、これはかのマーチンですらテイラーに教えを請いに言ったとされています。

ネックジョイントははずしてみるとわかりますが全モデル共通化することでかなり精度の高い加工がされていました。

あの精度が合ってこそシムの効果が生きてくるなあと感じました。
一度他のモデルのネックと入れ替えてみたことがありますが、ぴったりとはまります。
これはすごいですね。
この部分に関しては楽器と言うより、工業製品とも言える制度です。
(私の手元にある数本のテイラーギターを見ての感想です)
リセット費用も約6千円程度と破格な価格で出来ますね、この値段にはシムの費用なども含まれます。
ただ自分では出来ませんので代理店に依頼してください。

またテイラーでは工具制作部門なる物があり、ギター製作に必要となる工具、機器はテイラーの社内で設計し、
製作されます。

また一部は一般的に市販され多くの製作、リペア工房でも活用されています。

塗装に関してもUV塗装が有名ですが、薄く堅い皮膜が形成される UV塗装は、紫外線による硬化が可能なことで
塗りの回数を低減させ、飛散ミストを減らすことで作業員への健康的被害を防止すると共に、環境への配慮をし
なおかつ通常の分厚いポリ塗装と比べものにならない薄く均一できれいな塗装が出来ると言うことだそうです。

もちろんこれらは表面的に私の耳に入ってきた事柄でその背面には何があるかはわかりませんが、こういった
ことに敏感なアメリカ人には受け入れられたのではないでしょうか?

良いことばかり書いていきましたが、悪い部分も多分あるでしょう。
でも今回はよい部分のみと言うことで・・・・

マーチン社も全てがそうではないと信じて祈りながら、また買ってしまいそうです。
やっぱりマーチン好きだから・・・
[2007/12/04 11:23:26]

お名前 Name: BOM(b)    URL
みなさん、多数ご意見ありがとうございますm(_ _)m
私のBBSではありませんが(笑)、問題提起者として、それぞれのご意見に
コメントさせて頂きます。
長文になりますが、ご容赦下さいませm(_ _)m

> アコキング。さん
> 阪神大震災では折れた橋脚からコーラの缶が出てきたくらいですから。
D-28のサドル下から、ガムの包み紙とか出てこないでしょうね…?(笑)

> 製作家のはしくれ さん
> 一定の納期の中で一定量を生産しなければならないメーカーにおいては
> 現実として、こういったことも許容しているものと
> 思われます。
そこが一番の問題で、且つ腹立たしく悲しいです。
先の店主さんも
「商品の向こう側に、お客様の顔が見えているなら…残念な事です。」と。
激しく同意。

> プロM さん
> 臭いものにはフタをしろ ではありまへんが
> 開けてびっくり玉手箱は何度か経験してますわ。
ご存知でしたらお教え願いたいのですが、アメリカで地位を逆転したテイラーギターも
このようなずさんな作りがありましたか?
この逆転劇は「テイラーはボルトオンだから安心」という理由だけではないような気がしてきました(^^;y

> ドレッド好き さん
> 少なくともこの仕事をした従業員には
> 「このギターがマーチンという看板を背負っている」
> という誇りが無いのでしょうね。。。。
コピペしているだけで、悲しくなって来ました…(泣)。

> コピー さん
私は、現在所有するHD-28Vに大変満足していますが、HeadWayギターが
気になって仕方がないのも、また事実です(爆)。

> ビンゴ さん
> これならいっそボルトジョイントのほうがマシかもしれません。
既出ですが、この理由だけでテイラーに負けたのか、それとも…。

> 再燃中年 さん
> 憧れだったマーチンの購入を検討していたのですが
> ちょっと躊躇しますね
いえいえいえ、全ての個体が酷い訳ではない(と思うw)ですから…。
最悪の症例を提起しただけですので、どうぞご心配なさらづm(_ _)m

>古都 さん
そうこなくっちゃ!(^o^)/

> これでは、単なるパートだといわれても仕方ありません。
AGMのMartin特集を読んでいて
「えぇ〜っ!!こんなおばちゃんがネック仕込んだりナット溝切ったりしてんのぉ〜?!!
大体、この人達ギター弾ける(いい音が分る)のかしら?!」などと
感じませんでした?私は感じました(爆)。
[2007/12/04 09:18:07]

お名前 Name: 古都   
BOM(b)さん
>>渦中の人なので無視してください
>私にはできません(笑)。
>また鋭いご意見をお聞かせください。

では、お言葉に甘えて(笑)。

 私にとってもマーチンは憧れであったし所有もしています。
しかし、最近のものを弾くときメーカーという看板を度外視し試奏したとき
値段的に比較して「そうは大したこと無い」というのが本音ですね。

今回の件が、イレギュラーであったとしても残念です。
マホガニーのシムで調整されてあったとしても、残念ですね。
ネックがワンピースだとか耳付だとかセット角などという問題ではありませんから・・・。
最近ネックに関する内容は事あるごとに、書いてきましたが
材の確保の難しさとシーズニングの無理がたたったのだろう程度にかんだ得てきました。

各部位を専門に製作する職人さんならば精度は高くて当たり前とも感じていただけに本当に残念です。
これでは、単なるパートだといわれても仕方ありません。
更には、ネック以外も各部位の接着も大丈夫か?と疑いたくなってきます。

メーカーがこれを読んで正してくれると嬉しいのですが、私は期待薄だと感じます。
ならば、どうすればいいのか?

このような事態もあることを踏まえ、消費者が賢くなり
更に選ぶ目・耳を養う以外ないものだと思います。
確かに、試奏時解らない事もあるのでしょうが、自己責任ですね

それが、不条理だと考えるのなら不具合を証明するか、買わないかしかありません。
事実、良いメーカーは沢山あります。

どうしても、マーチンというのであれば・・・・。
[2007/12/03 22:30:00]

お名前 Name: 再燃中年   
憧れだったマーチンの購入を検討していたのですが
ちょっと躊躇しますね
ボルトオンのコリングスにしようかなあ
円高傾向でもあるし、Acoustic Music Worksにでも
メールしてみるかな
[2007/12/03 20:29:42]

お名前 Name: ビンゴ   
BOM(b)様こんにちは。

「クォリティー ビフォー カウンティティー」は、もう昔の話。

マーキスシリーズやGEシリーズ、そしてオーセンチックシリーズが
クォリティービフォーカウンティティーを体現しているのでしょうね。

材の質が変わるのは、木材が限りある天然資源であれば致し方ないと思いますが、
人の手による仕事の質を落とすのは・・・・。

これならいっそボルトジョイントのほうがマシかもしれません。
[2007/12/03 00:12:39]

お名前 Name: コピー   
今回のはひどいですが、素人の目にすら明らかにわかる異常を呈しているものも少なくないですね。
ネックねじれ・指板はがれ・接着剤はみ出しなど。1本や2本ではありません。

表立って発表しているわけではないかと思いますが、ヘッドウェイはネックの異常に関してはリペアを超格安で
受け付けているようですね。ボルトオンではなくダブテイルなのに、です。
無料で受け付けてくれたという話も聞いたことがあります。
それだけ自信があるのでしょう。私の持っているのも抜群の耐久力をまざまざと見せつけてくれています。

私はヘッドウェイ信者ですのでバイアスがかかった意見かもしれませんが。
[2007/12/02 23:02:00]

お名前 Name: ドレッド好き   
BOM(b)様、マーチンファンの皆様、こんばんは。

私も28ユーザーとして、ここでの書き込みを拝見させて頂きまして、
大変なショックを受けました。この2日間、ボーっとしてしまいました。

なぜにマーチンユーザーの一部が百瀬ヘッドウェイに流れるのか・・・ 
理由がよぉ〜く、、、分かりました。
「マーチンがそういうものだと理解しているから」なのでしょうね。。。
「マーチンが」と言うよりも「量産品の限界」を見抜いているのでしょう。 

それにしてもこの事例について私は、悪意があるようにしか感じられません。
「隙間があるという不良を、安易な修正で隠そうとしている」
量産品にしても酷過ぎです(泣)。 

少なくともこの仕事をした従業員には
「このギターがマーチンという看板を背負っている」
という誇りが無いのでしょうね。。。。

そんな人達が作ったギターを私は、、、宝物のように、、、(泣)

残念でなりません。
[2007/12/02 22:07:34]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

制作者のはしくれはんのおっしゃるとおりですね。
臭いものにはフタをしろ ではありまへんが
開けてびっくり玉手箱は何度か経験してますわ。

例:ロットの鳴きを調べるため指板剥がしてみたら
  チャンネルロッドの●棒にマスキングテープが
  上から下までぐるぐる巻き状態で入れてありましたわ。
  当時10万もしたモリヘイギタ〜でそのような事が
  許容範囲でまかりとおっていたんでしょうなあ〜
  マスキングテ〜プはビンテ〜ジにする物とはちゃうで♪


  
    
[2007/12/02 20:03:16]

お名前 Name: 制作者のはしくれ   
文に誤りがありましたので、訂正いたします。

(補正整方法として許容範囲いるところもあります)
         ↓
(補正方法として許容範囲としているところもあります)
[2007/12/02 08:27:20]

お名前 Name: 製作家のはしくれ   
BOM(b)さん、こんにちは。
ギター・ファンの皆様、こんにちは。

このことにつきましては、国外のギターを多くリペアされた経験がある方ならば、
それほど驚かれないと思います。ここで問題とされている事例は他にもあります。

今回の事例は、ギターの素質に悪影響を及ぼす内容ですが、これはメーカーによ
っては作業工程における補正整方法として許容範囲いるところもあります。
したがって、悪意はありません。

今のところ、同様の事例を国内産ギターでは目にしたことはありませんが、わが
国でギターメーカーが多く存在した1970年代頃に生産されたギターの中で、
現在もてはやされているものにも、これで良いのかと思える状態のものが存在し
ます。

ギターを製作することの本質を突き詰めていくと、製作段階でこのようなことは
本来ならば考えられません。しかし、一定の納期の中で一定量を生産しなければ
ならないメーカーにおいては現実として、こういったことも許容しているものと
思われます。
[2007/12/02 08:21:37]

お名前 Name: アコキング。   
名の知れた一流メーカー製の何千万もする住宅ですら、
見えない部分における手抜き施工はたびたび露見していますから、
出荷段階からそうであったことは十分考えられますね。
阪神大震災では折れた橋脚からコーラの缶が出てきたくらいですから。
法的にメーカーの責任を問うためには新品段階のうちに
被破壊検査機関に頼むしかないですね。
[2007/12/02 03:19:43]

お名前 Name: BOM(b)    URL
皆さん、ご意見ありがとうございますm(_ _)m

>プロMさん
>今回のそれは、100%近い確率で工場生産時における生産不良ですわ。
>品質管理言うてもこういうズルはなかなか見抜けませんもん。
出荷前のサウンドチェック(当然してますよね?w)で、同じ日の同じ機種と明らかに違うと
思うんですが、チェッカーもグル(失言、失礼)だったとか、笑えない話もアリでえすかね?

>もし今回の一件がわてのギタ〜やったら?・・・・
>そら〜 もう〜 ガンガン行かせてもらいますわ(”。。”)
激しく同意。
歪んだ正義を振り回す私ですから(爆)、刃傷沙汰はないにしても怒髪天必至。

>煮入る若者さん
>まーだいたい黙って売っちゃうみたいだけどね。わからないお客が多いから。
それがまた悲しいですよね(失笑)。
試奏した上で「個体差」って言われたら黙るしかないですけど、もしこのギターを通販で購入
したら…想像しただけで悪寒が…。

>古都さん
>渦中の人なので無視してください
私にはできません(笑)。
また鋭いご意見をお聞かせください。
[2007/12/01 03:15:22]

お名前 Name: 煮入る若者   
僕も残念ながらこれ真実だとおもうよ。

新品なのにネック関係がヘンな個体が多かった時期があったよ。
タチの悪い職人もいるんだよ。残念ながらね。

でもメーカーには代理店は何も言えないと思うよ。
売る前に気づいてもそのまま売っちゃうか、
自分達で直しちゃって中古扱い(あるいは新古と称して)で売りに出して損をかぶるか、
どっちかだね。

まーだいたい黙って売っちゃうみたいだけどね。わからないお客が多いから。

もちろんマーチンが全部そうじゃないよ。
ちゃんとしたいいのがほとんどだからね。誤解ないように。

マーチンはまだいいほうだって。
もっとひどいメーカーもあるから。
[2007/12/01 00:42:05]

お名前 Name: 近乱老   
> それをmartinが挟んだと書くようなアンフィニさんはかなり悪質ではないでしょうか。
> 徹底的な品質管理をしているmartinが紙を挟むとは到底思えません。

私はそうは思いません。何をもって徹底的な品質管理と言えるのかな?
メーカーが自分で言っているとすれば、なおさらです。

マーチンのファンサイトでこんな発言をしてはいけないのかもしれませんが、マーチンの愛好者としてお許しを。
良いものを作り続けて欲しいと切望しています。
[2007/12/01 00:31:58]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

極々稀に・・・・ほんまに稀に同様の信じられない事を平気で
わかっていてやるのがいますわ。
何千本と(検。。品)してきた経験の中で、これは意図的やな!
としか言えない酷い仕事をしたギタ〜を何本か見てきましたわ。
結果だけ言いますと・・(返。。品)しておしまい(*。。*)
あとは何も無かったのごとく今までどおりの取り引きが続きますぅ〜

今回のそれは、100%近い確立で工場生産時における生産不良ですわ。
品質管理言うてもこういうズルはなかなか見抜けませんもん。

メーカーの圧に屈するべきではおまへんが既に補修済み。
修理する前に徹底的に問い詰めるべきですわ。ただし、
たとえ不良品であってもお客はんがなにがしかの手を加えた
製品は一切面倒はみないが大原則というのを忘れずにな。
まして天下のマーチン・・・・絶対に否定しますわ。


作業的には交換なんてロットの関係もあり、生産したネックを
無駄にしたくないんでしませんわ。
ジョイント部「ウッドシム」を挟んだり「接着剤に木の屑」を
混ぜて流し込み隙間を埋めるのは最も一般的で楽なやり方ですわ。
でも「紙」はあかんなあ〜♪
スペックにも「paper」と正しく表示せな・・・これはBジョークやけどな。

もし今回の一件がわてのギタ〜やったら?・・・・
そら〜 もう〜 ガンガン行かせてもらいますわ(”。。”)
[2007/11/30 21:41:27]

お名前 Name: 古都   
渦中の人なので無視してください

木工製作(家具職人)気質のドイツ人から
世代交代で、だんだんと利益主義(効率主義)の商売人になったとしたのなら
ありえるのかもしれませんね。
[2007/11/30 21:07:05]

お名前 Name: BOM(b)    URL
追記です、申し訳ありませんm(_ _)m

> しょこたそ さん
> でも、BOM(b)さんのギターに対する情熱は大好きですよ(^−^)。
> たまにホームページ拝見させていただいてます。ではっ。
ありがとうございます!
こういう一言が、とてもとても励みになります(^o^)/
私のHP&ブログにも、どうぞお気軽にカキコしてください!
[2007/11/30 17:29:35]

お名前 Name: BOM(b)    URL
みなさん、ご意見ありがとうございますm(_ _)m
先にお断りしておきますが、私はこのBBSを荒らしたくありません。
先日までのような状態は、もうコリゴリです。
ですが、もしこの症例が出荷時からだったとしたら…、Martinフリークの気持ちを
踏みにじる行為なんじゃないでしょうか?
私もその一人として、他人事ながら腹が立って仕方ありません。
冷静な議論の後、事実上日本一のMartinフリークサイトとして、何らかのアクションがあっても
いいのではないかと思い、スレを立てました。
どうぞ、どうぞ冷静なご判断とご意見をお願いいたしますm(_ _)m

> 品質管理さん
> 何もmartinが挟んだという証拠はありません。
仰る通りです、ですがその逆もまた然り。
もしそうだと断定できるソースがあれば、是非お教えくださいm(_ _)m
後からこんな酷い小細工をされたのなら、何本もギターを見てきたリペアマンなら
分りそうなもんだとは思いますが。

> だるまおこぜさん
> 流れ作業の工程の中で、紙を挟んだり、
> 大量の接着剤を流し込むなんて、
> マーチンがそんな面倒くさいことをするのでしょうか。
> 他の部品と代えればよいことですね。
全員がCEO並みのリスクマネージメントを意識して作っているとは、到底思えないのですが。
行員の機嫌が悪かったり体調が優れなかったりで粗悪品が出ても、ある意味仕方のない事です。
一番大事なのは、例えばこの症例が出荷時からだったとして、Martinがどのように受け止め
対処するかなんじゃないでしょうか?
「天下のMartinが、こんな酷いギターを出す訳がない!」では、誰も納得しないかと。

> E-GDBインプさん
ここで公言はしませんが、アンフィニさんに伺いました。
どう取るかは、このスレを読んだ皆さんのご判断に委ねます。

> 若松荘さん
> こういう個体が存在すると言う事は事実なのでしょうね。
そうなんです!
出荷時なのかリペアマンとは呼べない誰かの仕業かは別として、確かに実在する
ギターです。
「オマエにとっちゃ対岸の火事だろうに…」と言われても仕方のない事ですが、やはり許せ真ません。

> しょこたそさん(しょこたそ、って…www)
HNで大笑いさせて頂きました、ありがとうございます(^o^)/
> アンフィニさんの腕を考えると、オリジナル、ネックリセット済み
> の判断をミスるようなことはほとんどないような気がします。
既出ですが、アンフィニさんに確認を取りました。

> しかし、ここは公共の場ですので、あまりお店の名前とかおおっぴらに
> だすのはいかがなものか、と思います。
この件に関しても、アンフィニさんに確認をとりました。

>G坊さん
> 何かというとすぐ”営業妨害”を持ち出して自由な情報のやりとりを押さえ込もう
> とする態度には、なんとなく薄ら寒いものを感じますねぇ。
もしこれが出荷時のものだったら、“営業”以前の深刻な問題ですしね(^^;y

重ねて申し上げますが、私はこのBBSを荒らしたくありません。
「こういうMartinが実際に存在する。」という問題提起ですので、くれぐれも
冷静なご判断、ご意見をお願いいたします。
かく言う私も気が短い方なので(^^;y、気をつけます。
[2007/11/30 17:24:16]

お名前 Name: G坊   
わかりにくい言い方をしてすんません、つまりはE-GDBインプさんの
おっしゃってることに賛成です。
[2007/11/30 15:00:26]

お名前 Name: G坊   
>見てもいない貴方が憶測で悪質と記載した事の方が営業妨害になりますよ。

そうですね。ネットでの問題視的がえてして火がつきやすいことは承知して
おり冷静な行動が求められることは抑えておきながらも、

何かというとすぐ”営業妨害”を持ち出して自由な情報のやりとりを押さえ込もう
とする態度には、なんとなく薄ら寒いものを感じますねぇ。
[2007/11/30 14:59:26]

お名前 Name: しょこたそ   
 BOM(b)さん、みなさんこんにちは。

 確かにひどいですねー。

 アンフィニさんの腕を考えると、オリジナル、ネックリセット済み

 の判断をミスるようなことはほとんどないような気がします。

 しかし、ここは公共の場ですので、あまりお店の名前とかおおっぴらに
 
 だすのはいかがなものか、と思います。

 でも、BOM(b)さんのギターに対する情熱は大好きですよ(^−^)。

 たまにホームページ拝見させていただいてます。ではっ。
[2007/11/30 14:08:39]

お名前 Name: 若松荘   
BOM(b)さま

画像を拝見してまいりました
いやいや・・・凄いですね
以前、他のリペアマン様のHPにて
新品購入ワンオーナー物のD-45の初ネックリセットの際
同じ様に紙が挟まれていた画像を拝見した事があります

こんなのよくある事とは決して思いませんが(思いたくない)
こういう個体が存在すると言う事は事実なのでしょうね
[2007/11/30 11:48:09]

お名前 Name: E-GDBインプ   
ではその考えをアンフィニさんに伝えてみては如何ですか?
貴方は現場を見ていないのでしょう?
あとで挟んだかどうかなんて見る人が見ればすぐに分かります。
もし購入後リペアで故意にネックを抜いたとすれば通常スチームを入れる穴を指板上に開けているはずでは?
写真では穴は空いていませんよね?
そうでなければかなり力ずくで壊す覚悟がない限りネックは外れません。
そう考えればオリジナル状態と考えられるのではありませんか?

見てもいない貴方が憶測で悪質と記載した事の方が営業妨害になりますよ。
[2007/11/30 10:17:27]

お名前 Name: だるまおこぜ   
Bombさま
ギターをなおしたご本人が、腹ををてるのは分かりますが、
流れ作業の工程の中で、紙を挟んだり、
大量の接着剤を流し込むなんて、
マーチンがそんな面倒くさいことをするのでしょうか。
他の部品と代えればよいことですね。
まずそのギターの前歴からたどらないと
真相は分からないでしょう。
伝聞の伝聞情報は、危険です。
[2007/11/30 10:12:22]

お名前 Name: 品質管理   
これは2つのパターンが考えられると思います。

martinが紙を挟んだ。
⊇于抔紂⊃敬僻稜筝紂中古販売後、以前のオーナさん等が紙を挟んだ。

何もmartinが挟んだという証拠はありません。
それをmartinが挟んだと書くようなアンフィニさんはかなり悪質ではないでしょうか。
徹底的な品質管理をしているmartinが紙を挟むとは到底思えません。
私は△硫椎柔の方が極めて高いとお思います。
このブログはmartinに対する営業妨害のほかなんでもありません。
クロサワから提訴されても仕方ないと思います。
[2007/11/30 09:30:11]

お名前 Name: BOM(b)    URL
敬愛するアンフィニさんのWork Reportコラムです。
http://blog.enfini-customworks.com/

自分のギターがこんな状態だったら…と、人事ながら涙が滲みましたよ。・(ノД`)・。
黒澤からMartinに報告入れさせた方がいいんじゃないか、くらいの酷さです。
それとも…こんなのよくある事…?
そんな訳ないですよね?ないですよね???
[2007/11/30 09:12:15]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る