記事タイトル:あの世へもって行きたい1本 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: マーチン党   
みなさま
なおも、このようなネガティブなスレッドに対して
熱心な書き込みをしていただいていることに感謝いたします。

理想をいえば、我がからその子孫へと
代々大切に受け継がれていくのが一番の道かと思います。

ですが、子には子の価値観があり、
自分のそれをムリに押し付けるわけにも行きません。
もし、ギターの価値観を理解していない子に
それを引き継がせても、
親が死んだとたんに都合のいいように
売り払ってしまうでしょうし、
されをあの世で悔やんでももはや手遅れ。
だから私は、ギターを弾いているときの
自分の姿を、子供らに対して、少しでもカッコよく見せられるように
今はまだ、鍛錬の途上であります。
鍛錬というと、なんかストイックな響きに聞こえるけど
まぁ、とにかく自分が生きている限り
自分自身がギターを思う存分、思い残すことなく
楽しみ続けることがなによりだという結論に達しました。
[2007/12/05 02:44:04]

お名前 Name: 古都   
私はあの世で、所有するギターより
聴いていてくれる人が多い方が嬉しいけどなぁ。

あの世では、とんでもない人も沢山居てますよね・・・。

そんな中、「良いね!」と言ってくれる人に出会いたいですね。
[2007/12/04 20:35:14]

お名前 Name: 和田   
皆さん

こんにちわ。
最後にちょっとだけお話、お許しください。

人間の死亡率は100%。
自分なりの生と死をどう考えるのか?

知人、肉親の死に直面して死を考えることが多くなりました。
そしてよい音を奏でる愛器を横で見ながら生きることの素晴らしさを
つくづく感じる年頃となりました。

このサイトに興味を示して積極的に入っていくのも
自分の"死”"人生の締めくくり"を感じてマンネリの生活を人生の
新しいステージに行きたいと思っているのかもしれません。

豊かな人生を愛器と過ごすには

ー衒す気持ちを持つ
 ギターではなく、過去の業績、肩書き。

許しと和解
 10本のギターを愛しているその気持ちと同じ気持ちで身近な方にも。

4脅佞竜せち
 ギターへ、友人へ、両親へ、会社へ素直に"ありがとう”と言えるように。

い気茲覆蕕鮃陲欧
 きっちりと自分の気持ちを伝える勇気。

ゥター(財産)を渡す人への遺言
 今から、しっかりとその人を捕まえておくこと。

自分の最後のシュミレーション
 
これは、私が考えたことではなく"死の哲学”を書いたアルフォン・デーケン
と言う方のコメントです。
(すこし自分なりにアレンジしましたが・・・)

私の場合は,らつまずいています。

マーチン党さん、よいテーマありがとうございます。


 
 
 
[2007/12/04 18:49:04]

お名前 Name: bin   
古都さんの素晴らしい答えでシメですね。
但し、アコギは歴史がまだ新しいので、昇天した名器がどれだけあるか、難しいところ
です。が、あの世で待ち受けておいて早い者勝ちでゲットすることもできるでしょう。
但し、弦とかの付属品は現在のほうが進歩しているはずなので、自分と一緒に持って
行くのが良いでしょうね。
[2007/12/04 14:02:06]

お名前 Name: 古都   
PS
もし、そうだとすれば す〜んごい
ビンテージ(バロック時代のような)がゴロゴロしているかもしれません
現世のうちに現代楽器を弾いていたほうが良いかもしれません。
[2007/12/04 00:50:41]

お名前 Name: 古都   
もし、あの世というものがあるのだとしたら
私は、なんでもいいな。
ギターが一本あれば
この世のギターを灰にしなくとも
あの世があるのだとしたら
世を全うしたギターもあるはずだろうから・・・。

あの世まで、道連れにはしたくないですね。
[2007/12/04 00:11:59]

お名前 Name: CoCo   
皆さんに同感って気持ちもある一方、
新品で買って、愛用のものだったら、死後には誰にも触られたくないとも思う。
別に焼いて、灰を骨壷に入れてもらおうかな。
[2007/11/30 00:41:41]

お名前 Name: Sasuke   
radioさんに同感!
街も、ものも、ギターも人よりずっと長生きですね。
ギターは実際いれられない。分かっての話題ですよね。それに、ギターにはそれぞれ人格ではなくギター格があるのでしょうし。もしかして、今手元にいるヴィンテージはある人の人生とともにあったギターだったかもしれないし。だから、大切にしてやらないと。
現実的にはアコキング。と同じく、親しい友人に譲る!ですけど、気持ち的には棺桶にいれたいはわかります。伴侶だったわけだしね。でも、ま、しっかりその後のギター生を全うして!ですね。
私はギターケースに気に入った画家のポストカードを入れています。それは、棺桶に入れてほしいかな?と思います。
[2007/11/29 18:53:53]

お名前 Name: マーチン党   
みなさま、このような辛気臭いスレッドに対して
真摯にまたウィットに富んだレスをいただき
ありがとうございます。
それぞれにごもっともな思いを感じさせていただきましたが
なかでもradio様の「ギターは人間よりも長生きなんだな」
とのおことばに共感いたしました。
そうですよね、自分が死んでしまうからといって
まだ生きているギターを道連れにするなんて、
無理心中みたいなことはするへきではないと思いました。
[2007/11/29 01:38:49]

お名前 Name: PS3   
私のバヤイ
いちおう伝えてありますよ。
ギターは私の形見だが、値打ちがあるので私が先に死んで困ったとき処分して食いつなげ。
私が好きなギターはどれかわかっているだろうからこれだけは最後までとっておいてくれ。
(その前に減らして・・・て言われてますね、汗、、)

コフィンケースの形の棺おけに入りたいな。
死んだら、気の合う皆さんと会っているのでは(笑)
私はGreat Dream From Heaven弾けるようになって歌ってます。
たんば てつろう さんのイメージです。
[2007/11/29 00:35:11]

お名前 Name: decopon   
なんか、しんみりとした展開になりましたね(笑)。
私の場合は、家族がギターに興味ないので、ギターケースのポケットにギターの
だいたいの価値(時価)と購入価格、処分する場合に相談すべきショップの情報
などを記載したメモを入れています。
このメモ、3ヶ月に一度更新してます。これで自分がいつ突然死しても大丈夫な
ようになってます(ほんまかいな)。
スレはずしですみません。
[2007/11/28 23:22:04]

お名前 Name: ぱぱたか   
まあ、みなさん否定的なレスが多いようですが、
実際に棺おけにギターは入れられないと思いますので、
(燃えないもの、燃やすと有害ガスが発生するものは法律的に入れられなかったはずです)
なので、
『一緒に棺おけに入れて欲しいと思うくらい好きな一本は?』
と解釈して、今のところD−45になりますかね。
ただ、価値を知っている友人には上げられません。
理由は逆の立場で考えれば明白です。
いくら友人の遺品でも扱いに困ってしまいます。
親しければ親しいほどです。
友人の魂のこもったギターなんておいそれと私は弾くことができないし、弾けないギターは欲しくありません。

私は妻にどこそこのお店に相談しなさい的なことは言ってあります。
妻が覚えているうちにそれが役に立つようなことにならなければいいのですが・・・
[2007/11/28 22:37:46]

お名前 Name: 鉄弦太郎   
 すでにあの世にいるジョージ・Hと多分先に行ってるであろうクラプトンと一緒にジャムることを想定して俺はヤマハのグリーンラベルFG-160を持って行くぞ・・・ハハハ 
[2007/11/28 21:50:54]

お名前 Name: ビンゴ   
マーチン党様、黄昏っぽいスレですね〜。

あの世へは肉体すら持って行けませんから、私はさんざんギターをつま弾いた思い出だけ
を持っていきます。仲の良いショップに売るよう遺言しますか・・・。

出来ることなら死のその時まで抱えていたいナ〜。どのギターを抱えているだろ・・・?
[2007/11/28 19:25:54]

お名前 Name: 蟻型迷惑   
>>価値を知っている親しい友人に全部引き取ってもらいます
[2007/11/28 12:51:38]

お名前 Name: たんば てつろう   
あの世には  この世の欲  は 全てもっていけません。
お金 自分の 所有 するもの全て

でも自分と同じ考え方をする人同じ趣味の人が集まるといわれています。
ギターが欲しいと思えばギターも弾けるとの事

全てインピレーションで通じるそうです。
これをもっていきたいと思っていればマーチンでもギブソンでも
自分の弾きたいものが表れててくるそうです。

たんば てつろう談を信じている人です。

バカなスレだと思ったら流してください&無視してください。
[2007/11/28 10:04:53]

お名前 Name: アコキング。   
棺桶に入れて焼却など僕には到底出来ません。
価値を知っている親しい友人に全部引き取ってもらいます。
[2007/11/28 02:54:38]

お名前 Name: rabio   
人生50年も過ぎると、マーチン党様のおっしゃっているようなことを考えるようで
すね。かくいう私も同様です。
20数本のギターを前に同じようなことを考えてしまいます。しかし、行き着く結論は
ギターは人間よりも長生きなんだなーということです。
最近、思うのはギターはどんなにお金を払って手に入れても所詮「お預かり」している
ものかもしれないな、ということです。
自分がいなくなって、その痕跡さえなくなっても「ギター」として存在していて欲しい
なと思います。今、所有しているものの中にはおそらくファーストユーザーがすでに亡
くなっていると思われるものが数本あります。ですが良い音で鳴っていますし、まだ
「ギター」として生き続けてます。手持ちのものすべてが、そうであって欲しいという
のは「願い」のような本心です。
人間の命なんてそんなに長いもんじゃないのかもしれないですね。
このところエレキに持ち替えてゴリゴリ弾き始めたジョン・マクラフリンの気持ちがな
んとなくわかる様な気がします。
[2007/11/28 00:47:18]

お名前 Name: マーチン党   
私も、そろそろ人生のカウントダウンに入ったため、
ふと考えることがあります。
何本かのギターを愛してきましたが
最後、死に際にいっしょに棺桶の中に入れたいのは
どの1本か?
もちろん全部いっしょに持って行きたいのはヤマヤマだけど
棺桶の中には、せいぜい1本かもしくは追加でウクレレ1本じゃないかなぁ
とりとめのない話になってきましたが
だったら、何も持って行かない。
これが私なりに自問自答した結論ですが
みなさまは、いかがですか?
[2007/11/27 23:46:14]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る