記事タイトル:3ピースバック 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: aya−yu   
ごめんなさい。前回の私の投稿、後で読んだら文章がちぐはぐで
解りにくい印象がありましたので少しだけ補足させて下さい。

マイケルカーシャ博士の言っている事の中に、ブレイシングで小さく間仕切りをすると
高音が強調され、振動の範囲を大きくとると低音が強調されるという理屈があります。
その為カーシャブレイシングでは、高域を担当するスポットに
「振動の範囲を制限するバー」がつけられており、
また、高域ではスポットを狭める為に背が高く短いバーを使っています。
そのスポットでの固有振動数の特徴が関わるようですが、
これはバックについても言えることであるようです。
スピーカーのウーハーとツイーターの関係にも似ていますし、
管楽器のピッコロ等、小さな楽器が高域が得意なのとも通じる理屈と考えています。
また、クラインギターが異様なほど大きいのは、スチーヴ・クラインが豊かな低域を好むから、
と言われますが、トップ、バックともに低域を充分広いスポットで振動させることができる
スペースがとれるようにして低音の基音を支えているということのようです。

D35の歴史的な由来については詳しく調べたことがないですが、
与えられた条件の中での当時の職人さんたちのがんばりには敬意を持っています。

今回の投稿、より解りにくくなってしまったかもしれませんね。申し訳ないです。
[2005/09/23 07:32:51]

お名前 Name: aya−yu    URL
単に3ピースということだけであれば、2ピースと音に違いがないと思いますが、
バックブレイス以外にも
結果的にセンターストリップにより2分割されていたバックが3分割された為に
より低域が抑えられて中高音が強められたのだろうとカーシャの理論から予想しています。
勿論、ブレイスの微妙な細さ等含め、それに合わせた音作りがされているのだと思いますが。

余談ですが、バックにXブレイスを採用する製作家は、逆にバック全体の振動を一体化して
遠達性を高め、低域を強調するのをねらっているらしいと伺ったことがあります。
[2005/09/22 23:11:00]

お名前 Name: 木更津こうじ   
shirabe様
 
 ご指摘ごもっとも、と思います。なんの気なしに鵜呑みにしてました。
 もう一度本の記述を再確認いたしますが、経理系の方がコスト低減案として、もしくは
 管理系の方が増産対応案として提案した、という方が時代的にも自然な気がします。

 この件はこのくらいで終わりにさせてください。

スレ主様

 アコースティックギターの音はバック材だけで決まるわけではないのではないでしょうか。
 あと、電気製品・機械製品と異なり同一機種でのバラツキはあってしかるべきかと
 思います。それが個体差で、私のD-35は他のD-35に比べて(35だけではないですが)
 トップがやけに色黒です。
 そんなこんなでD-35の中ではドンシャリ感が強いのでしょう。
 私のギターもマーチンでは「想定の範囲内」なのではないでしょうか。

付けたしでスレはずしですが、前述の「THE MARTIN SOUND 〜」なる本の中の
染村さんの「究極のD-28をつくる」とても興味深く読ませて頂きました。
引用させて頂いたこともあり紹介させて頂きました。
[2005/09/13 09:06:00]

お名前 Name: もつお   
皆さん、ご意見有難うございました。 なかなかレスが集まらないので、3Pバックに
就いて、詳しい方はいらっしゃらないのかと思っていたところです。そもそも3Pバック
の量産はマーチン社が最初なのでしょうか? 「節約」精神でいろいろ試作したところ
偶々3ピースバックが出来上がり、なかなか良い音してたもんだから、スタイル35
というラインを構成した。 という事にしときましょう。  でも構造的なことを考えると、
3ピースバックではどうしても無理が出るような気がします。 
フォークソングの伴奏、弾き語りに打ってつけだとも言われ、その優しい音色のコンビ
ネーションはフィンガーピッキングに最適ともいわれます。 そのくせ、木更津こうじさん
のD-35のようにドン・シャリってのもあるようです。 3ピースバックは、出来上がりが
予想できないような物なのでしょうか。 私もビルダーのご意見をお聞きしたい。
[2005/09/13 08:22:26]

お名前 Name: shirabe   
ちょっと疑問を感じました。

>い暴颪い浸邵遒砲弔い徳綾匕綣圓遼椶涼罎法■Pバックを提案した
>のは職人さんや技術屋さんではなく、コンピュータ部門の方だったとありました。

とのくだりですが、D−35が製品になったのは1965年はまだ真空管全盛の時代で、
コンピューターと言う用語さえあったかどうか?そんな時代にコンピューター部門とは
かなり不自然に感じました。
[2005/09/12 19:50:53]

お名前 Name: 木更津こうじ   
みなさん今晩は、ご無沙汰致しております。
9ヶ月ぶりの書き込みです。

D-35は「ハカランダの小片」で造られた、というのは過去スレでも話題になっていました
「マーティンD-28という伝説」の対談からのご認識でしょうか?
D-35が1stマーチンの私もこれには???です・・・。

「2000年版アコースティックギターカタログ」や先日たまたま購入した
「THE MARTIN SOUND マーティン・ドレッドノートで綴るディスコグラフィー」の
D-35に関する記事からの私の理解は、年度の詳細は正確ではありませんが以下の通りです。
 1960年代ブラジル政府はハカランダの「原木の輸出」を禁止した。
 1960年代モダンフォークの隆盛によりギターの需要が急増した。
 マーチン社は原木を購入し自社内で製材することに拘りハカランダのストックが
  減少した。
 ぃPバックには使用できない大きさの板材の活用の目的で3Pバックを試作した。
 セ邵遒侶覯D-28とは趣の異なるギターが誕生した。
 1965年正式にラインナップに加えられた。
 1970年代フォークブームの中D-35は人気が上昇し出荷がD-28を上回る年もあった。
 ┛聞漾屮好織ぅ35」はラインナップの一角を担うこととなった。

というところです。い暴颪い浸邵遒砲弔い徳綾匕綣圓遼椶涼罎法■Pバックを提案した
のは職人さんや技術屋さんではなく、コンピュータ部門の方だったとありました。職人
さんたちは猛反対したそうですが試作は行われたわけです(上層部の方が決めたのでしょう)。

試作の結果、2Pバックと3Pバックとは異なる性格のギターであること、またそれが
マーチンの商品として「十分な性能がある」と認識されたといことでしょう。
3Pバックが商品としての力がなければ、インディアンローズへ切り替えた後は廃盤に
なっていたはずでしょう。
最初に猛反対したのは職人さんたちが伝統を尊重していたからでしょう。3Pバックは
「節約」の精神が生んだ「技術革新」だったのかもしれません。

先ほどのほんの受け売りですが、3PバックのD-35は2PバックのD-28に比べ低音が抑えられ
フォークソングの伴奏に向いた音質だった、とあります。これも狙って造ったというよりは
先に述べた通り「ある意味偶然の産物」といえるのではないでしょうか。

ただ一概には言えません。私のD-35はドンシャリ系だと思います。試奏してフラット
ピッキング時により歯切れのよい方を選びましたから・・・

スレ主さま、構造的な事に触れられず申し訳ございません。
[2005/09/12 18:34:48]

お名前 Name: kid   
誰か、ビルダーの方の意見が欲しいっスね〜
『昔から○ピースがスタンダード』という考えは、音の好み的に説得力が無いし・・・
ラウンドマンドリンにも複数ピースバックがありますよね。
私も35の音が大好きです。一番最初に触れて感動したMartinなので。
私見ですが、2ピースよりも低域がおとなしく・・・というよりも高低域のバランスが
良く、ソロ向きのような気がします。
そう言えば、1ピースって、オベイションくらい??
[2005/09/11 18:10:27]

お名前 Name: みつる   
大きい材料が取れない場合、3ピースにするという話を私もきいたことがあります。

適切な接着、補強がなされていれば、3ピースだから、構造的に弱いとか音が悪いと
かいったことは無いとおもいますよ。

余談ですが、LXM Little Martinをまじまじと眺めて、このギターはトップもバックも
1ピースだと気が付きました。でもこのギターは木じゃないですね(笑)
[2005/09/10 06:51:53]

お名前 Name: もつお   
最近某社のOMサイズのギターを購入しました。 3Pバック構造になっており、私はその
優しい鳴りに思わずゲットしてしまいました。 3Pバックはマーチン35タイプが有名で
すが、マーチンとしてはハカランダが枯渇した際に、3Pバックにする事により、ハカラ
ンダの小片で何とかギターを作ったということが、まことしやかに言われております。

とすると、本来ギターのバック構造は、1ピースもしくは2ピースが良いのでしょうか。
バック構造を除いて、他の条件が一緒であるとすると、1P、2P、3Pは音にどのような
影響を与えるものでしょうか。  単純に考えれば、ピースが増える事により、音の反
射が複雑になり、あまり良くなるようには思えませんが、何か逆に良いことがあるよう
な気もします。 本人がその音を気に入っていればそれで良いのでしょうが、構造的に
説明していただける方いらっしゃいますか?
[2005/09/09 10:48:02]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail(入力必須) URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る