記事タイトル:OO−18Vの仕様について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: ケアリー   
C氏さん
スペック教えて頂きありがとうございます。
良く判りました。

OHさん
ありがとう。
そうかもしれないな、第三者的に言われると。
詳しくは後述します。

ところで、昨夜、OO−18Vを弾かせてもらいました。
・・満足できませんでした、何がどうとコメントできないくらいに。
グッ!!ときませんでした。
やはりスペックでは計れないことを痛感しました。

そこで、結論。

40年代と30年代で探すことにし、しばらく貯金に励みます。
両方とも探せばいくつかありそうで、案外価格差が無いことも判ってきました。

30年代はエボニー指板・ブリッジということで音色も変わるでしょう。
バーフレットは演奏上気にならないかな??
まあ、ぼちぼち探してみます。

OHさん
ほとんど当たってますね、以下数点以外は。

>そこで、マーチン信者からの心強いコメントが欲しい!
情報を頂くのは嬉しいですが、それのみで判断することにはならんです。
性格がひねくれているのか、背中を押されると買えなくなりますね、私の場合。

>近いうちに必ず000−28だって手放すのだから、だったら今それを売って44年のOO−18を買うのが賢明。
>ケアリーはんがプレーヤーなら、安物を数本持つなより良いもの1本持つのが良いと思うが。
一般的には、その方が賢明でしょうね。でもOOO−28は手放せません。
思い入れがあるし、実際その個体は音が優れていると思っているので。

>これを安物買いの銭失いスパイラルっていうこと。
その傾向は否定できないですね。ただ、弾いて楽しむことと同様に、納得してGETすることも楽しんでいる以上、自分のちゃらんぽらんさからそういう状況になることも仕方ないと思います。
良く言えば欲張り、悪く言えば一途でない、というところか。

>価値の無い手持ちのギターを処分して、本当に気に入ったビンテージ00−18を手に入れるべし。
価値はあります、世間の価値でなく自身の価値として。
これって決してヒネた気持ちでなく正直な話。

>※00も当然良いがビンテージ0−18は00より深いサウンドだよ。
うーん、これはまだコメントできないなあ。時間を置いて弾く限りは体感できず。
個体差もあるだろうし。
今度交互に弾いてみます。
ただ、こういうのは所有して弾きこんで初めてわかるでしょうね。
OHさん、ここのところ、もうちょっとコメントしてもらえません?







私としては今回の探訪で、好みの音色が把握できたことが収穫です。
ありがとうございました。
[2005/08/03 15:50:36]

お名前 Name: OH   
ケアリーはん

>こう言うと語弊があるでしょうが、自分の耳にも自信があります。
>耳だけで決められない&予算がある、という状況

耳には自信があるが、耳だけでは決められない&予算があるって?
なんか支離滅裂&矛盾した話やだなぁ。
しんのしんたろうはんの、ビンテージの薦めには満足してない様子をみると、
結局は質問以前に結論が出ているのではないのか?

☆貴方の内心は☆
本当は00−18ビンテージが欲しい!
しかし現実には金が無いからビンテージは所詮無理な話。
仕方ないので、良く似たOO−18Vでも良いから何とか手に入れたい。
ほとんどOO−18Vを購入の方向に気持ちが動いているのだが・・・
耳に自信がある自分の感想では、ビンテージとはエライ音の差だなぁと心底思う。
そこで、マーチン信者からの心強いコメントが欲しい!
ここの掲示板なら、マーチンの事は絶対に悪く言わないし、
これまででも、どんなにモッサリしたギターが話題になった時でも、優しく肯定的なコメントを出してくれる人がいた。
たぶん↓のようなコメントを出してくれるのを期待してスレを立てよう!

--------------------------------------------------------------------------------
ケアリーさんこんにちは。
000−28に続いて、今度はOO−18Vですかぁ。
やはり歌の伴奏でフィンガーで優しく弾くのなら、マホギターの音色は最適ですし良い選択だと思いますよ。
私も先日某聖地楽器店にて弾いてきました。
トップはアディロンではないですけど、さすがに良い鳴りしてました。
ローズ系の迫力こそ有りませんが、マホ特有のブライトでレスポンスのよい音でしたよ。
そして、抜群に音抜けが良いのはスキャロップの恩恵でしょう!
確かに40年代のギターは良い楽器が多いのも事実ですが、コンディションその他で大きく異なります。
はっきり申し上げて、全く価格に見合わない固体も多く見かけます。
しかし、OO−18Vなら新作を色々選択できますから、そこから出来の良い個体を探せばいいでしょう。
Vシリーズは全て評判が良いですし、弾き込む事でより良く育っていきます。
コレクションならともかく、弾いて楽しむなら新作ギターの方がメリットも沢山あります。
がんばって良いギターを見つけてください。
--------------------------------------------------------------------------------

こんな感じのレスで気分を良くして購入!
↓
で、またここで報告スレたて!
↓
みんなに褒められてより満足!

こんなパターンの人って、この掲示板には多いなぁ。
しかし、最近ギターを買ったばかりにも関わらず別のギターの物色を始めて、
予算オーバーなビンテージまで探してしまう貴方の性格なら、
結局は妥協してギターを買っても満足は最初だけ。
何れは必ずビンテージが欲しくなるに決まってるよ。
そして又、質問スレたて&金策に走るだろうね。
これを安物買いの銭失いスパイラルっていうこと。
だったら、初めから気に入ったギターを買った方が良いのではないのかなぁ。
近いうちに必ず000−28だって手放すのだから、だったら今それを売って44年のOO−18を買うのが賢明。
ケアリーはんがプレーヤーなら、安物を数本持つなより良いもの1本持つのが良いと思うが。

わしの結論は、価値の無い手持ちのギターを処分して、本当に気に入ったビンテージ00−18を手に入れるべし。

※00も当然良いがビンテージ0−18は00より深いサウンドだよ。
[2005/08/02 23:07:11]

お名前 Name: C氏   
スペック上の

TOP BRACES:	Scalloped 1/4''

はブレーシング(力木)の幅が1/4インチであって、上部がスキャロップしてあります。
という意味で、スキャロップの具合を表示しているものではありません。
ですからD-18VのScalloped 5/16''の場合だと00-18Vよりも厚みのあるブレーシング
が使われていることになります。

FINISH TOP:	Polished Gloss/ Aging Toner

これは単純に経年変化したような色合いに着色してあるという意味です。
[2005/08/02 18:52:37]

お名前 Name: ケアリー   
>40年代〜60年代と計3台弾き比べましたが、前提知識を取り去ってもその順番で並びましたから。
あくまで、自分の嗜好の順番です。
芯はそこそこあれば良く、
一番のポイントは1、2弦の5〜12フレットあたりの丸いクリスピーな音色ですかね。

でも、OO−18Vにそこまでは求めておりません。
そういった感じの音が出て、その音で自分が癒されるか否かで判断しようと思ってます。

勧めてくださった中でコリングスは弾いてみましたが、私には音が立ち過ぎました。
良いギターと思いますが嗜好が違ってます、すみません。
[2005/08/02 18:03:57]

お名前 Name: ケアリー   
しんのしんたろうさん、ありがとう御座います。
勉強になります。

私、20台くらいは試奏してビンテージと現代ものとの違いは判っているつもりです。
こう言うと語弊があるでしょうが、自分の耳にも自信があります。
やはり良いもの(例えば’44年もの)は良いです。
40年代〜60年代と計3台弾き比べましたが、前提知識を取り去ってもその順番で並びましたから。

・・・・が、しかし自分が満足できればビンテージでなくとも良いとも思います。
だから迷うのです。
そして残念ながら、耳だけで決められない&予算がある、という状況があるので、
現行のスペックを知り、その上で判断したいのであります。
甘かろうがなんだろうが、納得して決めたい、そう思ってます。
[2005/08/02 17:54:13]

お名前 Name: しんのしんたろう   
>OO−18Vって、
>アディロンダック・トップじゃないけど、スキャロップですよね。
>だから’44年ものに近づけるのでないかと。

甘い!
40年代のマーチンと現代のマーチンとでは、天と地ほど違いがあるよ。

カタログで能書きを眺めて共通の事項を見つけては喜んでるんだろうが、
仮に同じ材料名で同じ設計であったとしても、当時とは材料のグレードや最も大事な作り込みが大きく全く違う。
したがって楽器にとって、仕様・スペックなど殆ど意味をもたないさ。

はっきり言って、昔のマーチンは小量で高品質な楽器を作っていた良識あるメーカー。
現代のマーチンは薄利多売の大量生産メーカー。
まったく種が異なるギターだと思っておいた方がいいぞ。
したがって楽器にとって、仕様・スペックなど語っても殆ど意味をもたないさ。

30年代>アコースティックギター史上最高のギター
40年代>とても良いギター
50年代>まぁまぁ良いギター
※マーチンはここで終わり

60年代>普通のギター
70年代>金だす価値のないギター
80年から現在>糞ギター
(まともに弾く人ならタダでも使わないギター)
こんなの買う奴は、昔の刷り込みでマーチン以外は眼中にない連中。
陰気な歌の伴奏に使うくらいだから、音の良し悪しは関係ないのだろう。

現代のギターを選ぶなら、安いのが欲しいなら国産。
高品質が欲しければコリングス・メリル・グレーベンなど選ぶのが賢明。
[2005/08/02 17:00:05]

お名前 Name: ケアリー   
1958年生まれの46歳です。
OOサイズが一番扱いやすいと感じるようになってきました。
んでもって、’44年物00−18ビンテージを弾いてきました・・・・最高でした。
でも予算が・・・

OO−18Vって、
アディロンダック・トップじゃないけど、スキャロップですよね。
だから’44年ものに近づけるのでないかと。

OO−18Vの仕様を確認中です。
試奏の前に以下3点を詳しくしておきたく、お尋ねします。
(過去ログ見ましたが判定できませんでした)

.好ャロップの1/4”とは?
 (スキャロップの弧の大きさを示すのか、サイズなのか?)
他のスキャロップの数的表示と何がどう違うのか?
AgingTonerとは何?
 (OOO−28ECのトップのビンテージ風塗装のことを言うと思っていたら
  カタログ見ると、OOO−28ECのトップは
    「AgingToner+Vintage」
  の表記になっている。
  では単にAgingTonerとは何のこと?)


最終的に新品OO−18Vと’44のものを弾き比べて決めようと思います。
 <プリウォー期のOO−18が段違いによければ貯金に方針変更します>
その決定の前に、仕様を仕入れておきたいです。

教えて君ですみません。
マーチン2本目として真剣に考えていますので・・・宜しくお願いします。

あ、皆さんから「プリウォー期のOO−18にしとけ」と言われそう。
そうなんだよねーーーーー、ふう。
[2005/08/02 10:01:19]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail(入力必須) URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る