記事タイトル:カスタムオーダーを考えております。 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前 Name: マーチン党   
ドレッド好き様 

6つ下のご自身のカキコで

「先日2007年製のD−18を見たのですが、ネック材の質感がこれまでのマホガニ
ーとは明らかに違うものでした。D−16GTで一時使用されていたスパニッシュシ
ダーだったのではないでしょうか。憶測でしかありませんが。。。」
↑
とありますが、そのギターをご覧になったときにペグヘッドの裏側は確認されましたか?
ワンピースかもしくはスリーピース(両端が違う材になっているかと思います)
今、マーチンでもハカはおろかマホも出ししぶらざるを得ない状況に
なっているため、
セレクトなるワケのわからない「いい方」になっているようですが
もしワンピースであったら、マホの可能性は少ないですね。
スリーピースの場合の方が、ワンピースではないにしても、
ネック本体はマホであるかもしれません。
[2007/09/27 23:22:47]

お名前 Name: あおいそめ   
ドレッド好きさん
わたしはこういう試み大好きです。否定的な意味ではないのです。
ただカスタムとオーダーは違います。
テーラーでスーツを作るのがオーダーで、仮縫いなど途中で調整ができます。
カスタムはいわゆるイージーオーダーで、
既製品を基本に部分の小変更を受け付けるってことで
ユーザーの意思を直接伝える、伝わるのは難しい。
今日の明日って話じゃないんですから、いっそのこと、
マーチンに手紙を書いて、こんなカスタム・オーダーはできますか?って、
技術面、予想される音質などたずねてみたら、どんな返事が来るか面白そう。
またその間夢が膨らんで、しばらく楽しめますぞ。
[2007/09/27 06:21:30]

お名前 Name: 太郎八   
↓、訂正です、すんません。

 チェックしていただき ⇒ 眼を光らせ
[2007/09/27 00:32:27]

お名前 Name: 太郎八   
マーチン党(党首) 様

私はしがない一介の党員であります。
党首様には、デンとかまえて大局的に情勢を見極めつつ、党員の言動に粗相がないか、
チェックしていただき、適宜、声明を表明していただければ幸いに存じます。
横レス、失礼いたしました。
[2007/09/27 00:26:31]

お名前 Name: 煮入る若者   
プロMさんが正解だよ。
個人のマーチンカスタムオーダーはリスク高いよ。
造りもかえって悪くなってるのが多いよ。接着とかネックとかね。
K澤カスタムみたいなSHOPオーダーと違って明らかに手ぬきだよ。
手に取って見れる、つるしで売ってるものから良い物を選ぶのが正解。
[2007/09/26 21:57:26]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

黒澤楽器はんと対等に話が出来る事より、その辺の吊るし物を見極める目を
養う事の方が遥かに重要でっせ。黒澤楽器はんが製作する訳ではおまへんの
やから・・・・・ご自分で材の吟味が出来ない限りカスタムは他人の意図に
ゆだねるしかないのが現実ですわ。ご希望のギタ〜をカスタムでオーダー
しても通常のロット組みに入れて工程管理費+材セレクト料+カスタム料で
ごっそり請求されるのがおちですぅ〜 ・・・・いち個人の意見としてレス♪
[2007/09/26 21:23:11]

お名前 Name: ドレッド好き   
皆様、様々なご意見を頂き、本当にありがとうございますm(_ _)m。

○あおいそめ様

「壮大な失敗作」、、、確かに可能性としては大いにあります(笑)。
1979年生まれの私が言うのも可笑しいですが、60年代後期から80年代後期
にかけて、D−28のブリッジプレートはローズだったわけですよね?
私の「HD−515W」と「L−10」共にノンスキャロップでプレートはローズ
ですので、その点はあまり心配はしていないのですが、、、問題は「アルパインと
の相性」ですかね。

皆さまのご意見を参考にし、もっと経験と知恵を磨こうと思います。今後もし着
手までこぎ着けることができましたら、必ずリポートさせていただきます。


○プロM様

いつもプロM様のコメントを楽しく拝見しておりました。お声をかけて頂いて光栄
です。私も「ギターに音楽を聞かせれば鳴りが良くなる」と信じて疑わない者の一
人です。

ご忠告ありがとうございます。その通りでございます。「思い立ったが吉日」で行
動を起こし(購入し)、失敗したギターが過去に7本。。。どれも安価なギター(2万
〜5万)で、専らオークションでの取引だったので売却損も出ませんでしたが、プロ
M様の言う通り、もう少し慎重に考えてみようと思います。


○太郎八様

コメントの随所に、私の気を削がぬよう太郎八様のご配慮が伺えます。大変なお時
間を要したことと思います。本当にありがとうございます。

なるほど「製作サイドが指図書の真意を図りかねる」こともあり得ますよね。その
点、私が考えているプレートの変更は「無茶」な部類に属するかも知れません。
マーチン社の製品仕様の詳細を見ても、ブリッジプレートの項目そのものが無いん
ですよ(笑)。

オーダーする際は、「末永く付き合っていける相棒(愛器)」になり得る様、もっと
経験と知恵を身に付けようと思います。


○マーチン党様

マーチン党様と太郎八様は仲良しなのですね(笑)。
皆さまのご意見を参考にし、「冒険」はもう少し慎重に行わせて頂きます。


しかし焦ってしまう理由もあるのです(笑)。「Select Hardwood」です(笑)。
先日2007年製のD−18を見たのですが、ネック材の質感がこれまでのマホガニ
ーとは明らかに違うものでした。D−16GTで一時使用されていたスパニッシュシ
ダーだったのではないでしょうか。憶測でしかありませんが。。。

私のHD−28は、かろうじてマホガニーネックですが、今後あと数年もすれば、
「マホガニーネックは無くなってしまうのではないか」
「そうなる前に自分だけの1本を作っておかなくては」
となってしまうわけなのです(笑)。


皆様のご忠告は真摯に受け止め、もう少し様子を見ようと思います。
本当にありがとうございました。
[2007/09/26 21:12:42]

お名前 Name: マーチン党   
改革には、常にリスクが伴うものです。
けれど、失敗なくして前進なし、
幹事長の心意気に頼もしく思う
アホな党首でございます。
[2007/09/26 19:42:30]

お名前 Name: 太郎八   
けしかけたようなことになっては申し訳ないので、書き込みます。

このスレッドがたちあがった時、おそらくこういった展開になることはある程度予想
していました。(こういった言い方は語弊があるかもしれませんが・・)

実際に手にとって確認できないものを発注するのですから、良く言えば冒険、言葉を
かえれば博打、ですよね。
オーダーシートっていう媒体を介しての発注でもあり、製品の仕上がりや音が自分の
イメージしていたものと違っていたとしても、まったくの製造ミスでないかぎり、受
け容れざるを得ないわけです。
また、場合によっては製作サイドが指図書の真意を図りかねる、ってこともあるかも
しれませんね。

その意味で、プロM さんのコメントや、あおいそめ さんのコメントの前段は、大切
なことと思います。

しかし、そんなリスクを負いつつも、やはりマイ・カスタム、いつかはオーダーして
みたい、と思う自分がいます。
どうでしょうか、「お店とわたり合うための智恵」ではなく、末永く付き合っていけ
る相棒(愛器)としての「資質を見抜く智恵」を、スレ主さん、お互い磨いていきませ
んか、、。
それには、お店といかに付き合っていくかも重要と思います。その点、文面から信頼
できる店員さんもいらっしゃるようですから・・

あ、それと、『ノンスキャロップ=硬めの音』っていう風に観念を固定しない方が楽
しいかも知れませんよ。

経験を積むなかで、いろんな事が見えてくるでしょうし、少しずつ構想を暖めながら、
自分の中でGo!サインが出る日を待ちませんか?
[2007/09/26 15:19:39]

お名前 Name: プロM   
まいど♪

その程度の仕様変更をカスタムオーダーで注文してごっつう高い金払うのは
バカバカしいでっせ。もっと時間をかけて吟味されてから仕様は決められた
方が今のスレを読む限り(正。。解)かと思いますわ♪
[2007/09/26 12:02:52]

お名前 Name: あおいそめ   
ドレッド好きさん
自分の好きにカスタムオーダーするって、誰もが思うことなんですが、
それだけのファクターを一緒に盛り込んだら、どのような成果がでるのでしょうか。
とてつもない名器か、それとも壮大な失敗作か。
どちらにしても、誰に頼むが、大問題です。
個人作家に頼むしかないでしょうから。
製作段階になったら、その進行状況を、リポートしてください。
空想と現実の狭間を埋める、面白い読み物になりそうです。
[2007/09/26 06:54:05]

お名前 Name: 太郎八   
えっ!?

ワタシも言われて、今確認しました。
D-35 、なんと 1/4" ブレイスなんですね!

先ほどの書き込みの
>D のボディに1/4"のブレイスではおそらくもたないんじゃないか、
>なんてシロートのワタシには思えます。

この部分、取り消させていただきます。
ドレッド好き さん、おおきに、でした!
[2007/09/24 20:33:19]

お名前 Name: ドレッド好き   
○太郎八様 マーチン党様

ご回答及び、激励のお言葉をいただきありがとうございます。

なるほど!「ブレイスの幅」だったのですね!
「28」と「35」。音の差の理由はここにもあったのですね!
ガッテン!ガッテン!です。

「フルシックネス・ネック」については過去にも論議されておりましたm(_ _)m。
なんでも、「丸太のよう」だとか、、、。
70年代中期の「Morris W−50」を所有したこともありますので、おおよ
その見当はつきます。今回のオーダーではパスしようと思います(笑)。

確かにHD−28のネックは薄めです。「ロープロファイル」というのですね。勉強
なりました。この薄さではちょっと心もとないので、オーダーする時はもう少し太め
でお願いしようと思います。

非常に参考になりました。ありがとうございましたm(_ _)m。
[2007/09/24 19:58:49]

お名前 Name: 太郎八   
えっ? エッ? えぇ〜〜っ!?
本日、某党の三役人事、と思いきや、
マーチン党の幹事長!?
それはさておき、、。

ドレッド好き さん
もう少しいいですか?

いろんな用語の意味を知っていくのも、ギター好きの楽しみのひとつですよね。
スペックを通して想像をたくましくしてそのモデルの実相を思い浮べてみたり、
そのモデルの目指している方向とか用途がなんとなく見えてきたり、とか。

ご自身の求めておられる音とルックス、それにプレイアビリティ、高い次元で実
現できればいいですね。
ただ、ブレイスの幅といったいわば末端の部分は、概要を詰めていく時点でおの
ずと決まってくると思いますよ。D のボディに1/4"のブレイスではおそらくもた
ないんじゃないか、なんてシロートのワタシには思えます。
      ・・・オーダーしたことのないワタシが言うのも変ですけど・・・
[2007/09/24 16:29:58]

お名前 Name: マーチン党   
ドレッド好き様

何も知らない、ただ祭り上げられただけの無能な党首でございます。
けれど、有能な幹事長の太郎八様(失敬ながら勝手に人事させていただきました) の
ご進言は、ここばかりでなく
いろいろなスレッドでみなさんから感謝されているので
ぜひ、ご一考の価値はあると存じます。
ドレッド好き様の夢が実現できるといいですね。
[2007/09/24 16:05:26]

お名前 Name: 太郎八   
ドレッド好き さん、こんにちは

>分数
ワタシも算数に弱いんで・・
でもブレイスでいうところの分数
 5/16(インチ)=約7.9mm
 1/4 (インチ)=約6.4mm
これらは、ブレイス材の幅のようですね。

>フルシックネス・ネック
いったいいつ頃からこういった呼び方をするようになったんでしょうかね?
要は、しっかり厚めのネックってことですよね。
自分なんか、マーチンっていったら厚めのVネックくらいに思ってましたもんで。

アジャスタブルになって、ロープロファイルとかモディファイドVでしたっけ、
いろんなかたちのものが出てきて、そこであらためて名付けたんでしょうかね。
また、同じフルシックネスっていっても、かつてのTバーとSQでは違うみたい
ですし、Tバーでも年代や機種によって違うようですし、、。
指板の幅がわずか違ってもまた握った感触がかわりますよね。

正直、お持ちの4機種のネックについてもわたしゃよく知りません。
なので、はっきりしたことは言えませんが、
HD-28はたしかロープロファイルだったと、、、ちょっくら薄めでしょ?
可能性とすれば、ヘッドウェイの2機種でしょうけど・・・

残りの2問については、、、パスしかないです。すんません!

ちなみに、「音」でいえば、同じ一本の木から製材したものでも、「違う」と思い
ます。おしなべたところでの「傾向」的なものはあるかもしれませんが。
よく、「**特有の」っていう言い方はセールストークとして耳(目)にしますけど。
では!
[2007/09/24 15:03:46]

お名前 Name: ドレッド好き   
「こちらが試験問題でも出されてるようで引いちゃうんだよねぇ・・・」

さようでございましたか。大変な失礼を致しました。

また出直して参ります。
[2007/09/24 13:13:03]

お名前 Name: ノンカスタム   
それだけのご執着がおありならば、
もはや楽器店の方と、対等に話せますよ。
なんだか、こちらが試験問題でも出されてるようで
引いちゃうんだよねぇ・・・
だったら、入ってくるなって・・・スミマセン
[2007/09/24 10:05:07]

お名前 Name: 18   
すみません。楽器店で、直接質問したほうが、間違いないとおもいます。個人的には
[2007/09/23 07:50:00]

お名前 Name: ドレッド好き   
染村様、諸先輩方、いつも楽しく、また非常に興味深く拝見させて頂いております。
まだ若輩者ではございますが、初めて投稿させていただきました。
どうぞお手柔らかにお願い致します。

私も昨年、HD−28にてマーチンデビューさせていただきました。
黒澤楽器新大久保本店にて新品で購入しました。購入後の対応等も非常に良く、
○山様には心から感謝しております。

音は予想以上に素晴らしかったのですが、それ以上、否、同等に感激したのが
「経年変化の著しさ」です。新品時よりも明らかに音量、音の深みが増して行
くのです。「なるほど、これがマーチンギターの醍醐味の一つか」と感銘を受
けた次第でございます。

さて本題です。
まだ先のことになるとは思いますが、人生初のカスタムオーダーを考えており
ます。その時に黒澤楽器様と対等に話しができるよう、先輩方のお知恵を貸し
て頂きたく、思い切って書き込ませて頂きました。先輩方のご意見を元に、さ
らに勉強させていただきます。

私が今、構想しているカスタムの内容は、「レギュラーのD−28をベースに、
トップとブリッジプレートの材を変えてみよう」というものです。
同じインディアンローズであっても、HD−28とは「別のキャラ」にしたい
わけです。前述の通り、HD−28は素晴らしいのですが、もっと弾き語りに
しっくり合うような、ノンスキャロップ特有の硬めの音に仕上げたいのです。

過去の書き込みを参考にし、トップは「ヨーロピアン・アルパイン」という材
にしようかと考えております。ただそうすると、低音が太く硬くなり過ぎる恐
れがあるので、ブリッジプレートを現行のメイプルから、インディアンローズ
か最近話題のマダガスカルローズにしようと思うのです。

そこで先輩方に質問です。主観で結構ですのでご意見を伺わせて下さい。

 屮茵璽蹈團▲鵐▲襯僖ぅ鵝廚函屮ぅ織螢▲鵐▲襯僖ぅ鵝廖産地が違うだけ
 で同じ木、と認識しているのですが、音の違いはあるのでしょうか?

▲屮螢奪献廛譟璽箸鬟瓮ぅ廛襪らローズに変えると「綺麗で爽やかな音」に
 なると認識しているのですが、概ね相違無いでしょうか?

ブレーシング構造の「分数」の意味がわかりません。5/16、1/4等。
 「Xの交点の位置」なのでしょうか?「スキャロップの深さ」なのでしょう
 か?

ぁ屮侫襯轡奪ネスネック」とはどのようなネックのことでしょうか?
 私の所有ギターを記します。どのギターに一番近いかご教授下さい。

以上4点です。宜しくお願い致します。

私の所有ギターは、、、

Martin HD−28
HEADWAY D−CUSTOM
HEADWAY HD−515W
YAMYAHA L−10(初期)

以上の4本です。宜しくお願い致します。
[2007/09/23 02:11:36]

このテーマについての発言をどうぞ。Write about this theme.
氏名:Name
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
改行は自動では行われません。適当な位置で改行をお願いします。
書き込みボタンは1回だけクリックしてください。2回クリックすると2重投稿になります。
記事一覧に戻る