BACK_HOMEトップのページ   BACK世界史のページ   年表1年表1に戻る

日本の旧石器時代遺跡


 1949年に、群馬県の岩宿遺跡が発見され、日本にも旧石器時代の遺跡があることが確認された。


【旧石器時代の主な遺跡】

岩宿T遺跡(群馬県)
 約2万4千年前よりも古いとみられ、硬質頁岩製の楕円形石器(=握斧、ハンドアックス)、削器(サイドスクレイパー)、縦長剥片などの旧石器が出土した。

岩宿U遺跡(群馬県)
 岩宿T遺跡の上層部分。
 瑪瑙(めのう)や黒曜石でつくられた切出型のナイフ形石器をはじめ、尖頭器(ポイント)や削器など、比較的小型の旧石器類が出土した。




【旧石器のねつ造】
 東北旧石器文化研究所の副理事長であった藤村新一氏は、東北地方を中心とする日本各地の遺跡で旧石器を次々と発掘して「神の手」と呼ばれるほどであったが、石器を自ら埋めるなどしてねつ造を行っていたことが、2000年11月に発覚した。
LINK 毎日新聞旧石器発掘をねつ造 上高森遺跡調査団長の藤村氏 自ら埋める (2000.11.5)

 2000年11月に、文化庁は、東北旧石器文化研究所と藤村新一氏が調査に関与した遺跡は186か所に上り、うち33か所で実際に発掘を行なっていると発表した。この33の遺跡は、下の一覧のとおり。
LINK 毎日新聞藤村氏関与は186遺跡 文化庁調査 (2000.11.10)

 その後の調査の結果で、発掘を行っていた遺跡だけでなく、調査に関与した遺跡でもねつ造が行われていたことが判明した。
 2001年10月には、藤村氏自信が42か所でのねつ造を認めているほか、調査を行った日本考古学協会は、2002年5月までに調査を終了した30の遺跡すべてについて「学術資料として扱うことは不可能」とする見解を公表した。その後に、不自然との認定された遺跡もある。座散乱木遺跡も史跡の指定を解除されることとなった。
LINK 毎日新聞全30遺跡、無価値と断定−−考古学協会委が総括報告 (2002.5.27)


 東北旧石器文化研究所と藤村新一氏が発掘を行った33の遺跡は、次のとおり。
  総進不動坂遺跡(北海道新十津川町)
  瓢箪穴遺跡  (岩手県岩泉町)
  座散乱木遺跡 (宮城県岩出山町)
  馬場壇A遺跡 (宮城県古川市)
  鹿原D遺跡  (宮城県小野田町)
  大原B遺跡  (宮城県色麻町)
  中島山遺跡  ( 〃 )
  青葉山B遺跡 (宮城県仙台市)
  青葉山E遺跡 ( 〃 )
  住吉遺跡   ( 〃 )
  山田上ノ台遺跡( 〃 )
  富沢遺跡   ( 〃 )
  北前遺跡   ( 〃 )
  小泉東山遺跡 (宮城県村田町)
  志引遺跡   (宮城県多賀城市)
  柏木遺跡   ( 〃 )
  中峯C遺跡  (宮城県大和町)
  高森遺跡   (宮城県築館町)
  上高森遺跡  ( 〃 )
  袖原3遺跡  (山形県尾花沢市)
  上ミ野A遺跡 (山形県新庄市)
  一斗内松葉山遺跡(福島県安達町)
  竹ノ森遺跡  (福島県福島市)
  原セ笠張遺跡 (福島県二本松市)
  箕輪宮坂遺跡 ( 〃 )
  大平遺跡   (福島県西郷村)
  桐原遺跡   (群馬県大間々町)
  下川田入沢遺跡(群馬県沼田市)
  長尾根遺跡  (埼玉県秩父市)
  長尾根南遺跡 ( 〃 )
  長尾根北遺跡 ( 〃 )
  小鹿坂遺跡  ( 〃 )
  多摩ニュータウンNO.471―B遺跡(東京都稲城市)



【LINK】
LINK 座散乱木遺跡発掘調査団公式ホームページ





参考文献
毎日新聞
「日本の歴史1 日本史誕生」佐々木高明著、集英社、1991年


更新 2003/3/23

  <広告>


 BACK_HOMEトップのページ   BACK世界史のページ   年表1年表1に戻る