☆SF・ファンタジー・特撮映画☆
映画のトップページに戻る
ごあいさつ


 「SF映画」って純然たる意味で限定すれば映画史においては決して多くの本数は存在しないんですよね。製作に費用がかかる、ストーリーが難解、一般受けしにくい、などなど興行的には不利な点が多いためです。しかし振り返ってみれば「2001年宇宙の旅」「スター・ウォーズ」「ジュラシック・パーク」など映画史を語る上で欠かせない作品がそろうジャンルでもあります。そもそも映画はその誕生以来「非現実を映像の上で実現する」という性格を強くもっていて、もともとSFとの相性はいいんですよね。これはファンタジー作品にも言える…ということでこれもここにゴッチャに入れちゃいます。それといわゆる「怪獣特撮映画」の系譜もこっちに入れちゃいます。