[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:40
投稿者名:マグニフィコ
Eメール:
URL :
タイトル:
マグニフィコについて
 「くだらねー」とか「そんな事はもう気がついていたよ」とか言われそうですが、
一応、私見を。
 マグニフィコと言う名前は、アシモフお得意のしゃれでは。
すなわち、英語のmagnificent(スペル合ってるかな?)と引っ掛けているのでは?ということです。
magnificentには「すばらしい」とか「荘厳な」とかいう意味がありますから、マグニフィコに似つかわしくないようで、その実、とってもピッタリの名前と云えます。
いかがでしょう? ご意見待ってます。
(1999年07月15日 木曜日 13時53分26秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:41
投稿者名:まこと
Eメール:
URL :
タイトル:
マグニフィコの綴り
はじめまして
調べてみたらマグニフィコのフルネームはMagnifico Giganticusでした。セカンドネームのGigantも巨人のことですから、マグニフィコも、おっしゃるとおり掛けているのだと思います。ものすごく大層な名前です。マグニフィコは外見とは全く裏腹な名前を付けられてしまった可哀相な道化として登場してくるわけです。
(1999年07月16日 金曜日 14時37分29秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:42
投稿者名:マグニフィコ
Eメール:
URL :
タイトル:
感謝<ややネタバレ>
調べて頂き、どうも有難うございました。
なるほど、セカンドネームも掛けていたんですね。さすが、アシモフ様。
肉体的には虚弱、精神的には偉大、という彼は僕にとって非常に興味深いキャラクターです。
ハリ・セルダンや第一発言者にいいように操られている登場人物が多い中、彼は敗れたとはいえ、最も個性を輝かせていました。
Magnifico Giganticus、彼はその名にふさわしい人物だと思います。
(1999年07月17日 土曜日 00時26分52秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:44
投稿者名:徹夜城(第一発言者)
Eメール:
URL :
タイトル:
「彼方へ」読みましょう!
マグニフィコさん。
そんな「彼」のファンならば「ファウンデーションの彼方へ」をまず読みましょう。
ネタバレとしりつつ、このぐらいはばらしてもいいだろうと書きます。
「彼方へ」では「彼」の過去について新事実が判明するのです!「彼」の人間形成について考察に深みが加わると思いますよ。
まだお読みでないようですから、まず「彼方へ」から読むといいんじゃないかな、と思いまして、書かせていただきました。
(1999年07月17日 土曜日 09時25分44秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:45
投稿者名:ふいごのマロウ
Eメール:
URL :
タイトル:
たしかに・・・
確かに、「彼方へ」には「彼」のエピソードがでてきますが・・・
うーん、わたしはあのエピソードは
「蛇足」な気がしました。
「突然変異体」として「彼」は正常な
幼年時代をおくれなかったはずですが、
もし、あの「エルスホエア」出身であれば
問題なく幸せだったのではないかと・・・
うーん。でも初期3部作読んでいる
なら、「彼方へ」は正統な続編ですからねえ。
まあ、よっぽどわたしみたいな”まずい”
読み方しなければだいじょうぶだと
思います。
(1999年07月17日 土曜日 12時37分25秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:47
投稿者名:マグニフィコ
Eメール:
URL :
タイトル:
謝罪
ちょっと読み返してみたら、Magnifico
Giganticusの名前については「たいそうな名前」とちゃんと本文で言及がありました。僕はこの名前が本名なのかな、と勝手に思いこんでいたんですけど、元々、意図的にシャレとして作られた偽名だったんですね。僕は記憶力が驚異的に弱く、しばらくすると本の内容はあらすじ以外忘れちゃうんですよ。本当に申し訳ありません。
何はともあれ、シャレ・皮肉としてつけられた名前と思いきや、実は彼の本質を表していた、というオチは、見事としか言いようがありません。こういった伏線張りのうまさはミステリ的な技巧が得意なアシモフならではですね。(しかし、純然たるミステリである「黒後家」より「われはロボット」や「ファウンデーション」の方が僕には面白かったです。なぜでしょう?)
あと、「どれから読むか」論争が展開してますね。うーむ。どうなんでしょうね。出版年順に読むのが無難なのでしょうか。
(1999年07月17日 土曜日 16時16分33秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:43
投稿者名:ふいごのマロウ
Eメール:
URL :
タイトル:
さすがです。
・・・あああ、せっかく先輩面しようと
思って、Web探索してマグニフィコの綴り調べてきたのに・・・
さすが、素早いっす、まこと様。

ふむ、まだ修行がたらないな・・・(なんの?)
(1999年07月16日 金曜日 16時48分23秒投稿)