[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:51
投稿者名:ふいごのマロウ
Eメール:
URL :http://www.geocities.co.jp/technopolis/1493
タイトル:
未来史の不整合点<ネタバレあり>
どーも、★ふいごのマロウ★です。
今回は、アシモヴィストの皆様に少し考えてもらいたい問題がありまして、ひさびさにここに書き込みさせていただきました。

わたしは今、自分のWebでアシモフ未来史の年表を作成しているのですが、いくつか困ったことがありました。

そこで、皆様に以下に記す問題についての意見を聞きたいと思った次第です。

<1>ベル・アーヴァーダン”妄言”

『宇宙の小石』262ページ

「・・・彼はシリウスやアルクトゥルスやアルファ・ケンタウリその他二十の惑星で五万年前の地層から発見された碑文とまったく同じ言語を話しているんです。・・・」

☆これが事実なら、江藤さんは何才なんだ?

<2>「三週間戦争」の年代確定。

★イライジャ・ベイリとダニールとの会話

『鋼鉄都市』86ページ

「・・・彼らは、千年も昔の事をたねに、まだ地球をいじめようという気なのか」

★ダニールに会いにいくベイリの回想。

『鋼鉄都市』30ページ

・・・地球側の時代遅れなロケット艦隊は、すでに遥かな昔、宇宙国家の武装宇宙艦に近づく事が自殺行為にほかならぬことを知っていた。・・・

・・・一世紀前、宇宙人が対地球戦に用いたサブ・エーテル式小型武器の恐ろしさを忘れるほど狂ってはいなかったのだ。・・・

☆例の『鋼鉄都市』60ページの”2002年問題”は、4602年だとして、地球とオーロラ間の「三週間戦争」の年代は『鋼鉄都市』の百五十年前〜千年前の間であると思われます。つまり、4452年〜3602年の間のいつか。
わたしは、ロボット工学がキャルビンの時代と比較して、さほど進歩していないように感じたので、「三週間戦争」は4452年と解釈しましたが、皆様はどう思われますか?

<3>ティラン帝国とトランター帝国の関係
『暗黒星雲の彼方に』に登場する”ティラン帝国”、これは”トランター帝国”、後の銀河帝国と関係あるのかないのか?

俗に『トランター・ノヴェル』と呼ばれる『暗黒星雲の彼方に』『宇宙気流』『宇宙の小石』の3作ですが、『暗黒星雲の彼方に』は未来史の中でちょっと”行儀の悪い”作品なんですよねえ。

『宇宙気流』112ページでは、”トランター共和国”がたった五つの世界でしかなかった時から、わずか五百年で全銀河系の半分を支配する”トランター帝国”になっています。

そうすると、ティラン帝国の創立年代はトランター共和国の創立年代とまったく一致せず、ティランはトランターと無関係という事になります。わたしは、”直接的な”関係はなかったと解釈しました。


以上、ちょっと長くなってしましましたが、この3点の問題を皆様、考えていただけないでしょうか?

もし、よろしければ、わたしのWebの年表も見てください。
(1999年07月28日 水曜日 02時34分28秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:54
投稿者名:徹夜城(第一発言者)
Eメール:
URL :
タイトル:
ティランは・・・?
>ふいごのマロウさん。
いやー、一気に怒涛のごとく(^^;)
僕もいくつか気づいていたものもありましたが、初めて知ったものも。これから確認してみようっと。

とりあえず「ティラン帝国」について。
前から僕もこの作品の位置づけには困っているんですよね。他作品とのリンクがまるでない(いちおう放射能のことは出てくるが)。正直言うと未来史シリーズから外れているような気もしてました。しかしなにせ「教祖」アシモフ様がシリーズ中にいれてしまいましたからね。しかも「宇宙気流」の後ろに入れるという謎の行動を(笑)。僕は完全に「宇宙気流」以前と思っておりましたが・・・何しろ王子様お姫様の世界ですからねぇ。でもああもハッキリいっている以上何か考えがあったんでしょう。
「ティラン」が「トランター」かどうかは正直いって疑問。まぁこの辺は皆さんも考えてみてくださいな。
(1999年07月30日 金曜日 17時24分47秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:57
投稿者名:エイジス6世
Eメール:
URL :
タイトル:
ティランについて。
ティラン帝国というように訳されていますが、この帝国の君主って、Emperorではなく、Khanなんですよね。それに対してトランター帝国の皇帝はEmperor。称号が違うということは、トランターとティランは別のものである、と考えた方がよいと思います。
アシモフ博士は同じ未来史に属するとおっしゃっているので、以下のように考えたらどうでしょう?
ティラン帝国とはトランター共和国が帝国に成長していく同時代の別の星区での封建国家。
そもそも、Khan(汗)ってモンゴル帝国の君主の称号ですよね。この称号に何かトランターとは異なる他民族のような雰囲気を感じますが。
(1999年09月07日 火曜日 22時51分56秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:58
投稿者名:徹夜城
Eメール:
URL :
タイトル:
そうでしたか!
>エイジス6世さん。
おおっ、そうだったんですか!なんか長年の疑問がちょっと氷解(笑)。
原書は読んでないので、この事実にはかなり驚きました。それにしてもKhanねぇ…モンゴル帝国のイメージであって、トランターのようなローマ帝国もどきではないということでしょうね。
「暗黒星雲のかなたに」の後の歴史は以下のようなものが考えられます。
1.星雲諸国が民主制(某国憲法を根拠に…)を掲げてティラン帝国を倒す。ところが結局トランターに吸収される

2.ティラン帝国がトランター帝国と激突、トランターが勝利し、星雲諸国は一応の民主的自治を得る形でトランターに吸収される。

…他にも考えられそうですが、まぁひとまずこのへんで。
(1999年09月07日 火曜日 23時32分16秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:59
投稿者名:ふいごのマロウ
Eメール:
URL :
タイトル:
トランター共和国
「宇宙気流」では、"トランター"が
元は"共和国"であったことが明記されています。
ひょっとしたら、星雲諸国の"反乱軍の星"の方が
後の"トランター"なのかもしれません。

ただ、あまりにも「暗黒星雲のかなたに」の未来史での年代が
「宇宙気流」「宇宙の小石」と離れすぎているんですよね。
「暗黒星雲のかなたに」はおそらく西暦5000年代。
「ロボットと帝国」からさほど時間があいてません。

トランターが銀河系の半分を征服するのに
たった五百年しかかかっていないので・・・
(1999年09月08日 水曜日 00時02分26秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 19:00
投稿者名:エイジス6世
Eメール:
URL :
タイトル:
英語は全くダメです。
実は僕も原書を読んだわけではありません。
下のサイトで見つけてKhanってこと知りました。かなり気合の入ったホームページです。http://home.interstat.net/~slawcio/foundation/cover2.html

投稿時間:2002/07/15(Mon) 19:01
投稿者名:だぁく・はんど
Eメール:
URL :
タイトル:
もしかすると
只の思い付きなんですが・・・

「暗黒星雲の彼方に」に出てくる星々は衰退しつつある、スペーサーワールズの一部なのでは?
(1999年12月14日 火曜日 16時52分25秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 18:55
投稿者名:ウェンデル.アース
Eメール:
URL :
タイトル:
三週間戦争
「千年も昔のことをたねに・・・」
我々だって、たかだか数年前の失敗を指摘されて「そんな百年前のことでぐだぐだいうな」とか言いますやね。
(1999年08月03日 火曜日 23時00分47秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 19:02
投稿者名:オナム・バー
Eメール:
URL :
タイトル:
3週間戦争の年代
イライジャ・ベイリの「千年も昔のことをたねに・・・」と「1世紀前のサブエーテル・・・」は矛盾しないと思います。なぜなら後者は「3週間戦争」の記述でしょうが、前者は地球による宇宙国家支配のことを指していると思われるからです。『母なる地球』の記述を見れば、地球は3週間戦争勃発前から宇宙国家に対する影響力がかなり失われていることが分かります。3週間戦争の敗北によって地球はトドメを刺されたわけで、以後地球はシティ化の道を歩むことになったのだと思われます。
ところで『鋼鉄都市』の記述によると、ベイリの時代にニューヨーク・シティは建設から3世紀を経過していて、旧ニューヨークシティは3千年の間存在したともあります。イギリスが英蘭戦争の勝利によりオランダからニューアムテルダムを獲得し、ニューヨークシティと改名したのは1664年。『鋼鉄都市』事件(サートン博士殺人事件)が発生した年は、単純に計算すれば、1664+3000+300=4964年となります。サブエーテルが使われた1世紀前が3週間戦争勃発の時期と考えると、4964−100=4864で4864年頃に「3週間戦争」が起こったと思われます。ちなみに2002年は明らかに時間的におかしいので無視しました。それにベイリがかみさんと初めて出会った年なんで、何年後に結婚したかが分からないと意味がない数字なんで・・・
(2000年07月17日 月曜日 21時04分30秒投稿)

投稿時間:2002/07/15(Mon) 19:03
投稿者名:オナム・バー
Eメール:
URL :
タイトル:
ただ・・・
1世紀前に「3週間戦争」があったとすると、ニューヨーク「シティ」建設の後ってことになるんですよね。まあ、地球の人口稠密化は「3週間戦争」前から進んでいたんでしょうが、『母なる地球』によれば、宇宙国家が地球からの移民制限を始めたのは「3週間戦争」の50年前ってことなんで、ちょっと無理があるかなぁ・・・
とりあえずシティ建設→移民制限→シティ化進行→3週間戦争→シティ化の極度の進行→宇宙市の建設→サートン氏殺害事件のように推測してみましたが、どんなもんでしょう?
(2000年07月17日 月曜日 21時29分44秒投稿)