Web Forum
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2002/07/15(Mon) 23:20
投稿者たくと
Eメール
URL
タイトル第一Fに頑張って欲しい!(^0^)/

Q型さん、(^0^)/
たくとです。はじめまして。よろしくおねがいします。
「二人のライバル的人間」とは誰か?うーん、おもしろいですね。Q型さんは、第一・第
二F両者のトップ二人がそうだろうというご意見ですね。
仮に、『彼方』のトレヴィズが存在せず、存在しても何らの決定をも下さなかったとし
たら…。僕は第二F内部の第一発言者とそのライバル(第二発言者なり新進気鋭の若手な
り)が“決定権者”になるのではないかと思います。
第二Fが存在する限り、第一Fの最有力者がいかに権力絶大に見えても、結局セルダン
プランの枠組みを逸脱する事はできないと思うからです。セルダンプランに照らして「逸
脱」と思われる決定は全て第二Fによって変更されてしまうんじゃないでしょうか?「銀
河系を握る」事が、未来の方向性を定める力を有する事とするなら、やはり第二Fの誰か
が究極的な決定権を持っていくと思います。
第二Fが“指導”する第二銀河帝国は、起こりうる未来の可能性を予見して人類全体に
とって最も望ましい発展を選択しうる点で第一銀河帝国よりも優れている、とセルダン(
及びアシモフ)は設定しました。半永久的な平和と繁栄は、第二Fの指導によってのみ保
障する事ができるんだ!とまで例のジェンディバルは言っています。
数学理論である「プラン」は、正しく未来を予見し、適切な判断を下し、人類に幸福を
もたらす結果を実現できる、というのが第二Fの人々の主張です。でも私個人としては、
この議論に疑問を感じます。
@アシモフ自身が「プラン」の“予知能力”の限界を見せてくれたましたよね。(^_^)
A何に注目するのか?:第二Fの“指導力”は、判断レベルではもっと怪しいと思います。
心理歴史学は、数学的に導き得る全ての未来の可能性を教えてくれると思います。でも、
それは単なる数字か数式です。そこからどんな問題を発見し取り上げるかは個々の発言
者の資質と、何を重要と考えるのかという主観性に左右されるんじゃないでしょうか?
ミュールの危険性を正しく評価できなかった発言者達。第一Fの科学技術発展速度の計
算結果が意味する事を測り損ねた発言者達。トレヴィズ問題の重要性を見抜けなかった
発言者達…。
Bいかなる方法を採り、どんな結果を望ましいものとするか?:『序曲』『誕生』を読んだ
後に『第二ファウンデーション』を読むと、第二Fのあり方はますます疑問です。
トランターが大略奪を受けた時、第二Fは帝国図書館だけを保存し、他は略奪される
に任せました。セルダン時代の四百億よりは人口が減少していたとは言え、彼等は数百
憶の仲間を見殺しにした計算です。
「プラン」を守る為、その保存者である自分達を目立たなくする為に、それは不可欠だ
ったし、心理歴史学の計算結果からそれは不可避の出来事だったと彼等は主張するかも
しれません。ベストがなかったからベターを選んだんだ!と言うかもしれません。
でも、ミュールによる「プラン」の逸脱を修正できたのなら、トランターの人々が安
全に他の世界へ(徐々にでも)移住できる様に取計ってから、それによって生じた逸
脱を修正しても良かったんじゃないでしょうか?惑星トランターだけを廃虚にしてし
まえば、無視される存在として生き長らえる事もできたのではないでしょうか?
極論すれば、全銀河系の99.9%の人々が疫病や戦争などで死滅しても、心理歴
史学によるとそれを放置した方が人類全体の為になる、という結果が出ているからそ
うしよう!という判断・方法・結果へと彼等が導かれる可能性さえありません?
Cより良い未来が何かを決め、どんな方法を採り、どんな結果を許容するかを決定する
権限を一部の集団が独占する事の是非を問わないとしても、第二Fの打ち出す方向性
が、内部・外部の人々の願いと乖離していく可能性が排除できないと思います。トラ
ンター陥落の時もそうだと思いますが、多くの人にとって不本意な結果も甘受せねば
ならず、決して逆らえません。「プラン」的な基準からは理想的な帝国が営々と続くか
もしれませんが、それ以外の未来への道は完全に閉ざされてしまうんでしょうね。“永
遠人”達が、それぞれの時代の貴重で素晴らしい発明や文化を“永遠”に抹殺してい
ったように。第二F内の誰かが、「あらかじめ定まったコースを歩むばかりでつまらな
い!」なんて思ってくれたら面白いなぁ。(^_^)
こちらのサイトでは、ガイア(ゲイア)の人気はいまいちですね。僕も、ガイアの全体主
義的な側面は恐いんですが、一方で決定への参加権が万人(いや、万物ですね)に保障さ
れている所はむしろ第二Fよりも好感を抱いてしまいます。
第一Fの主導する未来も、僕は第二Fのそれよりいいと感じてます。ノヴィは、第一Fの
主導する未来は第一銀河帝国の再来だ!と一蹴しています。でも、力による支配の不安定
性はあっても、セルダンほどの人物なら第一F主導の第二銀河帝国が、第一帝国の失敗を
踏まえてそれを超える体制を創造していけるような道筋を立てていたはずじゃないか?と
思ったりします。そこには必ず何らかの発展があったはずです。

超絶長くなって済みません。m(..)m。それと、第二F支持の皆さん、生意気言ってすみま
せんでした。ご批判・反論等ございましたら、どしどし教えて下さい。(^_^)
それでは、これで失礼します。(^_^) /~~~~
(1999年12月19日 日曜日 06時47分40秒投稿)


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール 非表示
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -