Web Forum
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2002/07/15(Mon) 23:23
投稿者にょん
Eメール
URL
タイトル多様性(新三部作と、エンディミオン、ネタばれあり)

みなさま、こんにちは。初めましてです。
最初のトピ、、第一 vs 第2からはずれますが、ガイアのことが出てきたので。

最近、「エンディミオン2部作」と「勝利」の両方を入手して、読み終わったのですが・・・

「エンディミオン・・」を読んだあと、何だか「ガイア」の概念と似ているなあ、、結局人類の進化する方向ってこうなのだろうか、と思ってしまいました。
「エンディ・・」は、素晴らしい未来、といったとらえ方ですが、わたしは、ゴラン・トレヴァイズ様と同様、なんだかゾッとしてしまいました。
 
そのあと「勝利」を読んだのですが、ダニールもやはり、ガイア以外にないと思っているようですね、「人類のために」。でも、セルダン大先生は、最後の最後に、人類の多様性、混沌社会の可能性について述べておられます。私も、やっぱりそう思うな〜、2002年の人類として。
エンディミオンの世界とは少し違うかも知れませんが、ガイアのようにみんなの意識や考えが同じで対立しないのは、どうもアブない気がします。

テロ以降のアメリカ見ると、最近ますますヤバいって感じがしますもん。(急にゲンジツ的な話になってすみません)エンディミオンだって、共感作用があるとすると、テロリストに対しての報復感情とか、みんなが共有してしまうのかしらん。あっ、でも、攻撃される側への共感もあるし、もともと、イデオロギーの対立なんてないのかなぁ。

ゲンジツと考えあわせると何だかますます分からなくなってきてしまいましたが、やっぱり世の中、色々な考え方の人達がいて、お互いウンウン言いながら、何とかかんとかいい方法を見つけていくのが人間らしい気がいたしまする。

第一、「スペーサー」でなく「地球人」を支持したダニールとジスカルドの根拠は、多くの短命な人間の持つ発展性、可能性だったはずです。単一のガイアは、それに反する存在では・・・?安定はするけど、発展性は無し。これでは、スペーサーワールドと同じになってしまうよー。

それから第二Fの方々も、頭もいいし、確固たる信念も理想もあるけど、下々の気持ちや暮らしをあまりに知らないために、大勢の、何も知らぬ人類を導くのに失敗しそうな気がします。人類でなく、自分達の信念を第一に考えそうです。歴史心理学者なのに、庶民の気持ちを理解してくれそうにない?(笑)

「勝利」まで読むと、色々な党派の人々?が入り組み過ぎてややこしくなるのですが、最後のセルダン先生のように、困難を乗り越えるバイタリティと、多様性こそが人間だぁ、と思ってしまいます。

ですので、予想にも何もなっていないのですが、個人的に、そしてちょっとずるいかも知れませんが、新三部作まで持ち出して、わたしも、第一F、もしくはそれに相当する人々にがんばってほしいのでありました。

まとまらず、長くなってすみません。
(2002年01月31日 木曜日 16時14分47秒投稿)


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール 非表示
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -