Web Forum
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2014/04/07(Mon) 23:23
投稿者Ken
Eメール
URL
タイトルRaces and People (1)

アジモフが著した教養書を少しずつ紹介してゆきましょう。私も多くを読んだわけではありませんが、どれをとっても読み易いし、理解し易い。実に、学校で使用される教科書が、こういうものばかりだったら、勉強嫌いの少年少女がどれだけ減ることかと、思われてなりません。

惜しむらくは、アジモフの小説と違って、教養書は、邦訳されてる作品が、多くないように思われます。ウィキペディアのアジモフの日本語記事で、どの作品が邦訳されてるかをチェックしていますが、膨大な著作量と比べて、日本語化された作品は、あまりにも少ない。ただし、以前に紹介した「Understanding Physics」のように、無いと思っていた邦訳が、実はあった、というケースもあるのですが。

ともあれ、邦訳がなければ原書を読むしかないわけですが、小説と比べれば、教養書は、英語自体は易しいのではないでしょうか? 少なくとも「ファウンデーション」や「鋼鉄都市」を読む人なら、アジモフのノンフィクションに挑戦してみるのもよいように思われます。

今回、初めに紹介するのは、1955年にW. C. Boydとの共著で発表された「Races and People」です。なんと「人種」の話です。当時のアメリカの社会状況を考えれば、容易に語れるテーマでもなかったでしょうが。アジモフたちが、「人種とはなにか」を科学的に究明しながら、いわゆる人種主義に戦いを挑んだ一作、ともいえるでしょう。

それでは、本書の内容を紹介してゆきましょう。本書は10章から成りますが、第1章では、絶対の存在と考えられていた「人種」が、実は大変に曖昧なものだということを示すために、北イタリアを起点にして、旅をしてみようといっています。

北イタリアの人は多くが金髪で青い目の、典型的な白人です。そこから、イタリア半島を南へ下ってゆくと、髪も目も黒い人が多くなります。海を渡ってシシリー島まで来ると、人々の肌の色がだいぶ濃くなります。さらに地中海を越えて、エジプトのカイロへ来ると、シシリーよりもっと濃い色の肌が増えますが、それでもまだ、いわゆる「黒人」とは違う。さらにナイル川を遡ってスーダンまで来ると、ますます肌の色が濃くなる。スーダンの人が「白人」だと思う人はいないでしょう。それでも、北イタリアからスーダンまでの間で、どこまでが「白人」で、どこから「黒人」になるのか、はっきりとした境界線はありません。人種とはかくも曖昧なものなのです。

第2章では、人種にまつわる誤解を解いています。いわゆる「民族性」が先天的なものだと考える人がいます。特に2つの世界大戦を経験した後では、ドイツ人が元来好戦的な性質をもってるという考えが、すっかり広まりました。しかし、もっと長い目で歴史を見れば、ナポレオンの時代にはフランスが、百年戦争の時にはイギリスが、カール12世の時にはスウェーデンが、どこよりも好戦的な国だったのです。一方で、例えばナポレオン時代のドイツなどは、哲学者と音楽家の国だと思われてました。民族性などは変わるものだし、人種とは何の関係もないのだ、とアジモフは言います。

人種にまつわるもう1つの誤解に「純粋性」があります。ナチスはドイツ人の純粋性を守ることに大きな価値を置きましたが、人類史を通じて、世界の人類は混ざり合ってきたのだし、純粋な人種や民族などこにもないのです。アジモフはそれを示す1例として、なんと日本人を挙げ、日本人はアラブの遺伝を受けているのだ、と言います。一体どういうことでしょうか?

それは、歴史の中の壮大な物語なのです。7世紀にアラブ人が北アフリカを征服し、ベルベル人をイスラムに改宗し、今度はそのベルベル人がスペインを征服し、800年も統治しました。その過程でアラブ人とベルベル人、ベルベル人とスペイン人の混血が大量に発生したはずです。つまりスペイン人には、ベルベル人を介して、アラブの血が混ざっているのです。さて16世紀にはイギリス征服を試みたスペインが艦隊を派遣しますが、戦いに敗れ、将兵の一部はアイルランドに逃れます。ここでも混血が行われたでしょう。19世紀になると、アイルランドからアメリカへ大量の移民が渡り、アイリッシュはアメリカの中で重要な位置を占めます。そして第2次大戦後に、アメリカ軍が日本を占領統治し、将兵と日本人の間に生まれた子供が多くいます。こうして、アラブの遺伝子が、ベルベル人、スペイン人、アイルランド人、アメリカ人を介して、日本人に伝わっているのです。

もちろん、これは1つの例に過ぎませんが、世界で最も「純粋」と思われている日本人でも、こんなことが起こるなら、たしかに純粋民族など存在しませんね。

続く


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール 非表示
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -