Web Forum
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2015/10/25(Sun) 23:08
投稿者Ken
Eメール
URL
タイトルマルコによる福音書

『マルコによる福音書』

 四つの福音書の中で最も早く書かれたのがマルコの福音書というのは、ほぼ研究者の間で合意がある。イエスが苦難に耐えた話を伝え、迫害に苦しむ初期のキリスト教徒に勇気を与えようとしたことが想像される。キリスト教徒への最初の迫害は、六四年にローマ皇帝ネロが起こしたが、マルコの福音書はそれに続く時代に書かれたらしい。イエスがエルサレムの破壊を予言していると解される部分があるので、ユダヤ人が反乱を起こした六六年もしくはローマが第二神殿を破壊した七〇年よりも後であろうが、マタイとルカがマルコから流用した部分が多いので、あまり後の時代とは思われない。対象読者としてはユダヤ人が想定されているが、マタイの福音書のように、旧約聖書の知識を豊かに持っていないと読めないというものではない。

 二世紀のキリスト教の司教パピアスが、マルコという人物がシモン・ペトロから聞いた話を福音書に書いたと述べている。事実、ペトロの書簡に、彼にはマルコスという名の若年の仲間がいたという記述がある。

ペトロの手紙一5章13節:教会は挨拶を送る、わが子マルコスとともに

 また、マルコというラテン語の名は、ユダヤ名に加えられた通称らしい。

使徒言行録12章12節:ペトロはマルコと呼ばれたヨハネの母マリアを訪れた

 ヨハネ・マルコの名は福音書のどこにも登場しないので、イエスが十字架に掛けられたときでも、まだ若すぎたのだろう。

 マルコの福音書は、イエスが処女から生まれたとも、ダビデの家系であるとも、ベツレヘムで生まれたとも書いていない。彼の書を読む限り、イエスはナザレの地でガリラヤ人の貧家に、普通の生まれ方をしたとしか思えないのである。だがこれでは、イエスは救世主のはずがないという、祭司たちの主張の裏付けにしかならないから、マタイは彼自身の福音書を書いたのだろう。

 マルコの福音書にイエスが登場するのは、彼が洗礼を受けた時である。

マルコによる福音書1章9節:イエスはナザレから来て、ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けた

 マタイの福音書と異なるのは、洗礼者ヨハネは、自分は真の救世主の前駆者と自覚しながらも、イエスを見た瞬間に、彼がその救世主とは思わないことだ。

 洗礼の後、イエスは悪魔に誘われるが、マルコの記述はマタイのように詳細でもないし、旧約聖書を引用してもいない。この後、イエスは四人の弟子を得て布教を始めるが、マルコはイエスが病を治す話をとくに重視している。

マルコによる福音書1章23節:シナゴーグに穢れた霊に憑かれた男がいた
マルコによる福音書1章24節:穢れた霊は言った、お前を相手に何ができよう、ナザレのイエスよ、私はお前が聖なる神の子だと知っている
マルコによる福音書1章25節:イエスは言った、この男から出よ
マルコによる福音書1章26節:穢れた霊は彼から出た

 穢れた霊が言った「ナザレのイエス」はイエスの呼称として定着し、彼がベツレヘムで生まれたとする他の福音書でも使用されている。

 マルコも、イエスが徴税吏を弟子に加える場面を記する。

マルコによる福音書2章14節:イエスが通りかかった時、アルファイの子レビが税を集めているのを見て言った、ついてきなさいと。彼は立って従った

 同じ場面はマタイも記述しているが、こちらは徴税吏の名がマタイになっているし、アルファイの子とも言わない。

 イエスが唱えた教義、彼が神に代わって罪を許すという宣言、そして安息日についての柔軟すぎる考え方が、宗教指導者たちと衝突する様をマルコも描くが、必要なら律法に反してもよいと主張するのに、イエスはダビデの例を挙げている。サウルから逃れるダビデが飢えに苦しんだ時、ノブの祭司長が、祭司しか食してはいけない種類のパンをかれに食べさせたというのである。

マルコによる福音書2章26節:アビアタルが祭司長だったとき、ダビデは神の家に入り、祭祀のためのパンを食した

 イエスの生涯と死についてのマルコの記述はマタイと変わらないが、違いがあるのは、他の福音書と同様にギリシャ語で書きながら、アラム語の影響が強く見られることである。例えば、イエスが少女を死から甦らせた場面で、アラム語を使っている。

マルコによる福音書5章41節:イエスは少女の手をとって言った、タリタ・クミ、と。これは、娘よ起きるがよい、という意味である

 ゲッセマネでの祈りでも、我が父と呼びかけるのに、初めにアラム語でアバと言っている。

マルコによる福音書14章36節:イエスは言った、アバよ、父よ、あなたにできないことはない、この杯を私から除きたまえ、


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール 非表示
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -