[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2017/06/22(Thu) 23:05
投稿者名:志らとり
Eメール:
URL :
タイトル:
ルパン・エチュード〈1〉刊行
昨年より雑誌に連載されて居た「ルパン・エチュード」(1)が刊行されました。秋田書店、本体429円です。
内容は、Op1.からOp.4迄ですが、Op3.が「強盗紳士」の「アンペール夫人の金庫」に拠っている他は、岩崎陽子さんのオリヂナルですが、岩崎版のルパンの出自を一応辿っています。
次巻はOp.5からだろうと思いますが、Op5.からは「カリオストロ伯爵夫人」の予定です。ルパンを若い年代から辿ると確かにそうなのですが、原作者は「虚ろの針」や「ルパンの二つの生活」「ルパンの三つの罪」「クリスタルの栓」等でルパンを一旦紹介してから、ルパンの年代記を辿っているのですが、「VSルパン」に続いて岩崎版もこの作を取り上げるようです。

投稿時間:2017/06/29(Thu) 12:36
投稿者名:みあ
URL :
タイトル:
Re: ルパン・エチュード〈1〉刊行
> 昨年より雑誌に連載されて居た「ルパン・エチュード」(1)が刊行されました。秋田書店、本体429円です。
> 内容は、Op1.からOp.4迄ですが、Op3.が「強盗紳士」の「アンペール夫人の金庫」に拠っている他は、岩崎陽子さんのオリヂナルですが、岩崎版のルパンの出自を一応辿っています。
> 次巻はOp.5からだろうと思いますが、Op5.からは「カリオストロ伯爵夫人」の予定です。ルパンを若い年代から辿ると確かにそうなのですが、原作者は「虚ろの針」や「ルパンの二つの生活」「ルパンの三つの罪」「クリスタルの栓」等でルパンを一旦紹介してから、ルパンの年代記を辿っているのですが、「VSルパン」に続いて岩崎版もこの作を取り上げるようです。

投稿時間:2017/06/29(Thu) 12:44
投稿者名:みあ
URL :
タイトル:
Re^2: ルパン・エチュード〈1〉刊行
皆さま、はじめまして。みあと申します。『ルパン譚』を読むうちにこちらの掲示板を知りました。いつも興味深く拝見致しております。どうぞよろしくお願いいたします。操作不慣れなこと、ご容赦ください。

私も「ルパン・エチュード」を購入し、面白く読みましたので書き込みさせていだだきました。

投稿時間:2017/06/29(Thu) 20:51
投稿者名:志らとり
Eメール:
URL :
タイトル:
ルパン譚入門には・・・
> 皆さま、はじめまして。みあと申します。『ルパン譚』を読むうちにこちらの掲示板を知りました。いつも興味深く拝見致しております。どうぞよろしくお願いいたします。操作不慣れなこと、ご容赦ください。
>
> 私も「ルパン・エチュード」を購入し、面白く読みましたので書き込みさせていだだきました。

ルパン譚入門で、マンガでしたら森田先生の『アバンチュリエ』が良いと思います。「登場編」2冊は結構の厚冊ですが、先ずそれを讀んでから、既刊の5冊を順に讀まれると、作者ルブランがルパン譚にある種の流れを考えながら書いている事もわかりますし、今の日本人には分り難い所も適宜説明されているのでお勧めかと思います。
その後は、偕成社版のルパン全集を巻数の順序で讀んで行けば良いかと思いますが、版元品切がありますので、取り敢えずは図書館などを利用されるのも良いかなと思います。

投稿時間:2017/06/30(Fri) 01:02
投稿者名:徹夜城(管理人)
Eメール:
URL :
タイトル:
はじめまして
>みあさん
 こちらこそはじめまして!管理人の「徹夜城」と申します。
恥ずかしながら、このところこちらの更新もサボりがちで、ルパン業界(?)からいささか縁遠くなっておりまして、「ルパン・エチュード」についてもまだ目を通していない状況なんです。
 ともあれ、いろんなところからルパンワールドに興味を抱いてくださるのは嬉しいことです。ディープな世界にどんどんハマってください(笑)。

 こちらのサイトについてですが、見ればお分かりとは思いますが、一応簡単惟。
 「どれを読んだらいいの?」の入門コーナーでルパンシリーズの全体像を、、各作品については「すでに読んだ人向け」を前提にネタバレ解説をやっています。まぁ、気をつけて読めば未読の方でもそれほど問題なく楽しめるようにはしてるつもりですが。

 このサイトにちてもまだ手付かずの部分が多いですからねー。また気が向いたらパスティシュ類のネタバレ雑談とか、その他いくつか新コーナーをやってみたいとは思ってます。