[リストへもどる]
一括表示

投稿時間:2017/07/30(Sun) 23:16
投稿者名:徹夜城(管理人)
Eメール:
URL :
タイトル:
NHK-BS「ルパンからの予告状」
すでに昨日の話になりますが、土曜日夜にNHKのBSプレミアムで、「ルパンからの予告状」と題する番組が放送されました。先週この枠は「シャーロック」(もちろん、あの21世紀のホームズ)の最新シリーズをやってまして、ホームズからルパンへのつながり、という感じで予告してたので、どんなもんだか、と録画予約しておきました。

ある程度予想はしてたんですが、実のところルパンを絡める必然性はあんまりない、美術ミステリー番組です。まぁ僕も好きな話題でありまして結構楽しみましたけど。
設定としては現代に「怪盗ルパン」、ずばりアルセーヌ・ルパンが現れ(この辺、妙な設定ではありますが)「幻の名画」をちょうだいすると「予告状」を発します。探偵役の萩原聖人さんがルパンが狙う「幻の名画」とは何か、とルパンの出すヒントを手掛かりにして推理していく、という趣向です。
取り上げられた美術品は三点。フェルメールの真作かどうか議論になった絵、ひょっこり出現した狩野探幽の真筆作品、そして最後の大物でレオナルド・ダヴィンチの幻の「壁画」。フィレンツェ市庁舎の壁画の裏に隠されてるのでは?という報道は当時僕も大変興味をひかれたものです。

最後はルパンがそのダヴィンチの名画をまんまと盗み出すオチ(どうやってかは全く謎)なんですが、ここでしっかり「ルパン美術室」としてエトルタの奇岩城が出てくるんです!僕としてはここだけで満足してしまいました(笑)。
あと、細かいところで「絵の裏側に絵が隠されている」トリックのヒントに、「ルパンとホームズが対決したとき」のこととして「ユダヤのランプ」の二重底の話が言及されました。

BGMに映画「ルパン」のサントラが盛んに使われてました。確かにこの映画のテーマ曲は「ルパン」のイメージにぴったりで秀逸だったと思います。CDも輸入盤で買っちゃってますし。