[リストへもどる]
新着記事

- 新着記事10件を表示しました -

投稿時間:2017/09/11(Mon) 12:40
投稿者名:徹夜城(管理人)
Eメール:
URL :
タイトル:むかしのクイズ番組で
しばし書き込みもないので、たまたま先日Youtubeで見つけた小ネタを。

往年のクイズ番組「タイムショック」の500回記念の録画映像ってのがアップされたんですね。1978年だったかな。田宮二郎さんが司会していた末期の時期ですね。なお、僕は当時この番組はまったく見ていませんでした。

 で、最初の回答者への立て続けの質問(1分間12問)の中で「ルパンを追うパリ警視庁の刑事の名前は?」というのがあったんですね。この回答者さん、他の11問は即正解だったんですが、これだけは答えられませんでした。「のどまで出かかった」とは言ってましたけど。
 もちろん正解は「ガニマール警部」なのですが、今だと質問をよく聞かずに「銭形警部」と答える人多数という気がします。「パリ警視庁」と言ってるから本来そんな答えはないはずですけど、もう最近(というより四半世紀以上は)「ルパン」というと「三世」の話になっちゃってますよね。グーグル自動翻訳でも「Lupin」は「ルパン三世」と訳されちゃってたような…

投稿時間:2017/08/19(Sat) 21:25
投稿者名:Ko-Akira
Eメール:
URL :
タイトル:アカシックリコード
以前紹介したスマートフォン向けのアプリ「アカシックリコード」ですが、8月末にサービス終了が決定してしまいました。
現在、ストーリークエストのシナリオが開放されていて、アプリをインストールするだけで読むことができます。アルセーヌ・ルパンの章も読むことができるので、もしお時間があれば読んでみてください。
ルパン(神秘蒐集者)のイラストや声が素敵ですし、ストーリーも原作に絡んだものになっています。(専用背景スチールもあります)
サービス終了時刻は8月31日15時です。
http://akareco.jp/

イベントの「新たなる怪盗の物語」もルパンがメインのイベントですが、こちらはクエストをクリアしないと読むことができません。クエストは無料でコンテニューできるので、弱いデッキでも頑張れば読むことができるかも知れません。

投稿時間:2017/07/30(Sun) 23:16
投稿者名:徹夜城(管理人)
Eメール:
URL :
タイトル:NHK-BS「ルパンからの予告状」
すでに昨日の話になりますが、土曜日夜にNHKのBSプレミアムで、「ルパンからの予告状」と題する番組が放送されました。先週この枠は「シャーロック」(もちろん、あの21世紀のホームズ)の最新シリーズをやってまして、ホームズからルパンへのつながり、という感じで予告してたので、どんなもんだか、と録画予約しておきました。

ある程度予想はしてたんですが、実のところルパンを絡める必然性はあんまりない、美術ミステリー番組です。まぁ僕も好きな話題でありまして結構楽しみましたけど。
設定としては現代に「怪盗ルパン」、ずばりアルセーヌ・ルパンが現れ(この辺、妙な設定ではありますが)「幻の名画」をちょうだいすると「予告状」を発します。探偵役の萩原聖人さんがルパンが狙う「幻の名画」とは何か、とルパンの出すヒントを手掛かりにして推理していく、という趣向です。
取り上げられた美術品は三点。フェルメールの真作かどうか議論になった絵、ひょっこり出現した狩野探幽の真筆作品、そして最後の大物でレオナルド・ダヴィンチの幻の「壁画」。フィレンツェ市庁舎の壁画の裏に隠されてるのでは?という報道は当時僕も大変興味をひかれたものです。

最後はルパンがそのダヴィンチの名画をまんまと盗み出すオチ(どうやってかは全く謎)なんですが、ここでしっかり「ルパン美術室」としてエトルタの奇岩城が出てくるんです!僕としてはここだけで満足してしまいました(笑)。
あと、細かいところで「絵の裏側に絵が隠されている」トリックのヒントに、「ルパンとホームズが対決したとき」のこととして「ユダヤのランプ」の二重底の話が言及されました。

BGMに映画「ルパン」のサントラが盛んに使われてました。確かにこの映画のテーマ曲は「ルパン」のイメージにぴったりで秀逸だったと思います。CDも輸入盤で買っちゃってますし。

投稿時間:2017/06/30(Fri) 01:02
投稿者名:徹夜城(管理人)
Eメール:
URL :
タイトル:はじめまして
>みあさん
 こちらこそはじめまして!管理人の「徹夜城」と申します。
恥ずかしながら、このところこちらの更新もサボりがちで、ルパン業界(?)からいささか縁遠くなっておりまして、「ルパン・エチュード」についてもまだ目を通していない状況なんです。
 ともあれ、いろんなところからルパンワールドに興味を抱いてくださるのは嬉しいことです。ディープな世界にどんどんハマってください(笑)。

 こちらのサイトについてですが、見ればお分かりとは思いますが、一応簡単惟。
 「どれを読んだらいいの?」の入門コーナーでルパンシリーズの全体像を、、各作品については「すでに読んだ人向け」を前提にネタバレ解説をやっています。まぁ、気をつけて読めば未読の方でもそれほど問題なく楽しめるようにはしてるつもりですが。

 このサイトにちてもまだ手付かずの部分が多いですからねー。また気が向いたらパスティシュ類のネタバレ雑談とか、その他いくつか新コーナーをやってみたいとは思ってます。

投稿時間:2017/06/29(Thu) 20:51
投稿者名:志らとり
Eメール:
URL :
タイトル:ルパン譚入門には・・・
> 皆さま、はじめまして。みあと申します。『ルパン譚』を読むうちにこちらの掲示板を知りました。いつも興味深く拝見致しております。どうぞよろしくお願いいたします。操作不慣れなこと、ご容赦ください。
>
> 私も「ルパン・エチュード」を購入し、面白く読みましたので書き込みさせていだだきました。

ルパン譚入門で、マンガでしたら森田先生の『アバンチュリエ』が良いと思います。「登場編」2冊は結構の厚冊ですが、先ずそれを讀んでから、既刊の5冊を順に讀まれると、作者ルブランがルパン譚にある種の流れを考えながら書いている事もわかりますし、今の日本人には分り難い所も適宜説明されているのでお勧めかと思います。
その後は、偕成社版のルパン全集を巻数の順序で讀んで行けば良いかと思いますが、版元品切がありますので、取り敢えずは図書館などを利用されるのも良いかなと思います。

投稿時間:2017/06/29(Thu) 12:44
投稿者名:みあ
URL :
タイトル:Re^2: ルパン・エチュード〈1〉刊行
皆さま、はじめまして。みあと申します。『ルパン譚』を読むうちにこちらの掲示板を知りました。いつも興味深く拝見致しております。どうぞよろしくお願いいたします。操作不慣れなこと、ご容赦ください。

私も「ルパン・エチュード」を購入し、面白く読みましたので書き込みさせていだだきました。

投稿時間:2017/06/29(Thu) 12:36
投稿者名:みあ
URL :
タイトル:Re: ルパン・エチュード〈1〉刊行
> 昨年より雑誌に連載されて居た「ルパン・エチュード」(1)が刊行されました。秋田書店、本体429円です。
> 内容は、Op1.からOp.4迄ですが、Op3.が「強盗紳士」の「アンペール夫人の金庫」に拠っている他は、岩崎陽子さんのオリヂナルですが、岩崎版のルパンの出自を一応辿っています。
> 次巻はOp.5からだろうと思いますが、Op5.からは「カリオストロ伯爵夫人」の予定です。ルパンを若い年代から辿ると確かにそうなのですが、原作者は「虚ろの針」や「ルパンの二つの生活」「ルパンの三つの罪」「クリスタルの栓」等でルパンを一旦紹介してから、ルパンの年代記を辿っているのですが、「VSルパン」に続いて岩崎版もこの作を取り上げるようです。

投稿時間:2017/06/22(Thu) 23:05
投稿者名:志らとり
Eメール:
URL :
タイトル:ルパン・エチュード〈1〉刊行
昨年より雑誌に連載されて居た「ルパン・エチュード」(1)が刊行されました。秋田書店、本体429円です。
内容は、Op1.からOp.4迄ですが、Op3.が「強盗紳士」の「アンペール夫人の金庫」に拠っている他は、岩崎陽子さんのオリヂナルですが、岩崎版のルパンの出自を一応辿っています。
次巻はOp.5からだろうと思いますが、Op5.からは「カリオストロ伯爵夫人」の予定です。ルパンを若い年代から辿ると確かにそうなのですが、原作者は「虚ろの針」や「ルパンの二つの生活」「ルパンの三つの罪」「クリスタルの栓」等でルパンを一旦紹介してから、ルパンの年代記を辿っているのですが、「VSルパン」に続いて岩崎版もこの作を取り上げるようです。

投稿時間:2017/03/22(Wed) 23:15
投稿者名:徹夜城(管理人)
Eメール:
URL :
タイトル:漫画もいろいろ出てきますね
>Ko-Akiraさん
 お久しぶりです。いろいろ面白い情報、どうもありがとうございます。
 しばらくルパン関連情報のチェックを怠っておりましたら、気づかぬうちにいろいろ漫画作品が出ているのですねぇ。「VSルパン」も続きの巻がとっくに出てるのに気づいてませんでした(汗)。

投稿時間:2017/03/21(Tue) 21:32
投稿者名:Ko-Akira
Eメール:
URL :
タイトル:ルパン・エチュード、アカシックリコード
御無沙汰しております。久々のアルセーヌ・ルパン情報です(^^;;


雑誌「プリンセスGOLD」で、岩崎陽子さんの漫画「ルパン・エチュード」の連載が始まっています。
http://www.akitashoten.co.jp/princessgold

第1話、2話はキャラクター紹介の前哨戦ですが、第3話では「アンベール夫人の金庫」が漫画化されています。
3話が掲載されている4月号は表紙もルパンなので手に取ってほしいです。
発売日は2月16日ですが、隔月刊なのでまだ店頭にあるかもしれません。電子書籍も雑誌発売1か月後に発売されています。
ラウール/アルセーヌ・ルパンは2重人格で、エリクという相棒が登場するというように、独自の解釈が加えられるていますが。私は「王都妖奇譚」のファンだったこともあり、漫画として好きです(^^)

「増加フラワーズ」に不定期連載(ほぼ隔号連載)されているさいとうちほさんの「VSルパン」では「水晶の栓」のエピソードが始まりました。
http://flowers.shogakukan.co.jp/zoukan/


スマートフォン向けのゲームアプリ「アカシックリコード」にアルセーヌ・ルパンが登場します。
http://akareco.jp/

人間が創作した物語の全てを管理、保存する場所「悪魔の書架」が紙魚という存在に侵されるのと戦うという設定で、同じキャラクターがさまざまなジャンルに特化して設定も異なって存在しています。

サービス開始時から公開されているメインクエスト5つのうち最後にあるのが「アルセーヌ・ルパン」です。(その前にもちょくちょくルパンが出てきます) 「アルセーヌ・ルパン」のシナリオは原作と絡んでいて「奇岩城」も出てきます。

2月にようやく「神秘蒐集者アルセーヌ・ルパン」がプレイできるユニットとして登場しました。
運よく手に入ったので使っていますが、一旦負けてコンティニューしたときの「私はあきらめの悪いタチでしてね」っていうセリフが好きです(笑)
あと敵ででてきたときのヒーハッハッみたいなボイスもツボです。ちなみに声は大塚明夫さんです。

他に若いルパンや女性のルパンもいます。
2月には期間限定で「半熟紳士アルセーヌ・ルパン」というユニットが手に入るイベントをやっていたのですが、こちらに案内に来られませんでした(^^;;
現在は江戸川乱歩に関係するイベントをやっていますよ。


カクヨムというサイトで小説版も順次公開中です。今はイベントショートストーリー「怪盗ルパン神秘録」が読めます。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882018124