怪盗紳士淑女掲示板
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿日: 2017/03/04(Sat) 23:05
投稿者倉持弾
Eメールdan@citrus.ocn.ne.jp
URL
タイトル『青色カタログ』『空の防御』についてご意見をお聞かせください。

・このコーナー、いろいろと貴重な情報があり、楽しみに拝見しています。今回、管理人が「訳者」の保篠龍緒自身の「創作」であろうとしている 『青色カタログ』『空の防御』(1920年に新青年に連載)について、研究家のみなさんのご意見をお聞きしたいと思ってパソコンに向かいました。
 このふたつの作品について管理人は、保篠の創作だろうとしながらも、住田さんの著作を基に、「保篠龍緒が作者のモーリス・ルブランに頼んで書いて貰った可能性が全くない訳ではない」としています。 例えば次のような可能性は皆無でしょうか?
 保篠が、「日本人の登場するルバン物を日本人のために執筆して欲しい。もし多忙で難しいようなら、自分は小説も書くので協力はできる」とルブランに依頼した。ルブランは、「多忙で難しいが、もしあなたが書けると言うなら、私との共作、あるいは私が協力したというかたちで、日本国内で発表するのは構わない」と返事をした。
 保篠は自分で『青色カタログ』『空の防御』を執筆し、ルブランに原稿料も印税も払ったので、筋は通したということで、戦後もルブランの作品であると主張していた。
 私が保篠がルブランと相談していた可能性を考えるのは、なぜこの時期に保篠が、わざわざ創作作品を「ルパンシリーズ」と騙って発表したのか、今ひとつ理解できないからです。全くの捏造をしていたというなら、志らとりさんが紹介していた『爆弾』でも同じように勝手にルパンを登場させて大活躍させればよかったはずだと思います。戦後、『刺青人生』などの小説に勝手にルパンを登場させたのは、ルブランも亡くなって新作も出ないし、旧作の再刊だけだと収入も限られてくるので、強引にルパン物の新作をつくりあげる必要があったという経済的事情があったと思います。
 ただ1920年の時期に、わざわざそんな創作を行う必要があったのか、疑問に思う次第です。もし事前に両者に日本人の登場するルパン物についてやりとりがあったとすれば、ルパン物に関わる日仏交流として非常にロマンをかきたてられますし、小説やドラマの材料にもなりそうな気もします。ルパンに詳しい方がたくさんおられますので、
 「いや。両者の間で書かれた手紙は全て保存されているが、そんな相談事を書いた手紙は見つかってないから、絶対にありえない」
 「保篠は捏造の常習だったので、別に驚くことではない」
など御教示いただければ幸いです。
 私はロマンの可能性が少しでも残っていればと祈るような思いです。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール 非表示
タイトル
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
パスワード (英数字で8文字以内)
プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Web Forum -