流山市営球場



 流山市総合運動公園の中にある野球場です。有料試合はなく、高校野球では第四ブロック予選にもっぱら使用されています。

 外野フェンスも簡素で、本部席は簡単な屋根の下に机や椅子などを置いただけで、周囲から中が丸見え(その後、2002年に本部席の裏にトタンの板が張られ、内部は見えないようになりました)、と言うこの球場。スコアボードは、得点が美浦光と風の丘公園などにも見られるスクロール式というのが特徴でしたが、後で得点部分だけ磁気反転式になりました。

 周りに置かれている木製ベンチが観客席の役割を果たしていますが、1塁側より3塁側、外野の方が多く設けられています。1塁側チームを応援する人は立ち見の確率が高そうです。流山市がスタンド建設のため寄付を募っているそうですが、いつ可能になるのかわかりません。ナイターは出来ないようですが、一応照明設備があります。

アクセス
 2005年に「つくばエクスプレス」が開業し、流山セントラルパークという駅がすぐそばにできました。歩いて5分ほどです。

 ただ、この駅は普通列車しか停まりません。快速や区間快速に乗ると、上りなら南流山、くだりなら流山おおたかの森まで飛ばされてしまいますから注意してください。つくばエクスプレスの普通列車は通勤時間帯なら10分と待たずに来ます。昼間概ね12分間隔で出ます。どちらも流山セントラルパークまでは3分ほどです。

 それと、つくばエクスプレスの開業に伴い、柏駅や南柏駅から流山セントラルパーク駅を経由して流山駅の東口まで行く東武バスイーストの路線も出来ています。

 また、流鉄流山線の終点・流山駅から少し北を通る県道278号(柏流山線)を、東に20分ほど歩くと着けます。または、東武野田線の豊四季駅から西に行ってもほぼ同じくらいで着けるそうです(流山市のHPによる)

 なお、流鉄流山線の起点はJR常磐線(各駅停車)の馬橋駅ですが、次の幸谷(こうや)駅も常磐線と武蔵野線が交差する新松戸駅にほど近く、乗り換え可能です。

 参考までに8時台から11時台の、馬橋駅発時刻をだしておきますが、そこから幸谷までは3分、流山までは12分で行きます。

馬橋発
平 日
土休日
11 24 37 52
00 15 30 45
07 22 37 55
00 15 30 45
10
10 25 40 58
00 18 38 58
11
18 38 58
18 38 58