6月21日

 100回記念となる夏の選手権大会。昨日は茨城と千葉で組み合わせ抽選が行われました。そこで両大会の試合予定表を作成しましたが、かなり複雑だったので間違いが多いかもしれません。お気づきの点がありましたらご指摘願います。

 まず茨城。何校か不参加、3校連合チームが2つあって今年は98チームエントリー。水戸(改修工事完了ととともに命名権を売り出しており、名前が変わっていると思われます)とひたちなかと日立と土浦と県営と笠間の6会場を使い、7月7日に開会式と海洋−佐竹の開幕試合、それから8〜10日に1回戦、12〜14日に2回戦、16日と17日に3回戦、20日に4回戦、22日に準々決勝、24日に準決勝、25日に決勝という予定になっています。また選手宣誓は年号にちなんだ30番を引いた清真学園の主将が行います。

 上位シード校のカードですが、Aシードは常総学院が開幕試合の勝者、明秀日立が那珂湊−岩瀬日大の勝者、霞ヶ浦が鬼怒商−玉造工の勝者、水戸商が明野ー緑岡の勝者と対戦。Bシードは日立一が土浦一ー神栖の勝者、昨年優勝の土浦日大が水海道一−牛久の勝者、藤代が伊奈ー鉾田二の勝者、取手一が波崎−土浦工の勝者とそれぞれ対戦する予定になっています。

 続いて千葉。こちらはまた東西に分かれますが、春にも書いたとおり、今回は1,6,7,8地区が「東千葉」、2,3,4,5地区が「西千葉」と分け方が変わります。また80回大会や90回大会と違い、シードはABC方式になります。やはり不参加校がある一方、3校連合が2チームと4校連合が1チームあり、東は83チーム、西は80チームエントリーとなっています。

 7月11日にマリンで予定されている開会式での選手宣誓は、千葉県高野連発足70周年記念ということか70番をひいた東の翔凛、西の昭和学院の主将がそれぞれ行います。またこのところ開会式だけで試合なしパターンが続いていましたが、今年は西千葉の白井と学館船橋による開幕試合があり、森田知事が始球式をやる予定になっているそうです。

 その後、12〜15日に、マリンと天台と青葉の森と秋津と船橋と国府台と柏の葉とナスパと長生の森と市原と袖ケ浦の11会場を使って1,2回戦を行います。それからマリンがロッテの都合で抜けて他の球場で16日に東の3回戦、17日に西の3回戦、18日に東の4回戦、19日に西の4回戦、20日は休んで21日に東の準々決勝、22日に西の準々決勝。そしてマリンに会場が戻って23日に東の準決勝、24日に西の準決勝、25日に東の決勝、26日に西の決勝という予定になっています。

 上位シード校の対戦カードです。Aシードは木更津総合が明聖−成東の勝者、千葉黎明が東金商−成田国際の勝者、習志野が四街道北−佐倉の勝者、専大松戸が千葉商大付−薬園台の勝者と対戦。Bシードは拓大紅陵が市立銚子−桜林の勝者、志学館が京葉工−市原緑の勝者、八千代松陰が沼南−我孫子東の勝者、流経大柏が野田中央−千葉日大一の勝者と対戦する予定です。

 というわけで千葉茨城勢の甲子園が終わるまで2か月弱、今年もこのコーナーをよろしくお願いします。  
茨城大会
1,2回戦 3回戦以降

千葉大会
1,2回戦 3回戦以降


ご感想など、メールはこちらへ。