戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景

米沢嘉博

平凡社新書 2002.9.19 初版第1刷 \740(税別)


 タイトルそのまま、野球マンガの歴史をまとめた本です。
 野球マンガといいつつ、背景として野球そのものの立場や当時の状況に絡めて書かれており、ある意味、野球の歴史書と言ってもいいかもしれません。

 個人的に野球マンガをリアルタイムで読み始めたのは、水島新司の「男どアホウ甲子園」の中盤くらい。今でも覚えていますが、ちょうど夏の甲子園の決勝で甲子園のラッキーゾーンが開放された場面からです。この本で言えば、後半に入るところからでしょうか。
 それ以降の流れは、だいたい見ているのでわかるので、興味深かったのは、むしろ前半部分でしょうか。

 特に「巨人の星」が生まれた流れに関しては、目から鱗という感じでした。
 実際に読んだことがないのですが、「ちかいの魔球」や「黒い秘密兵器」といったマンガが、「巨人の星」の下敷きになったという印象がありました。どちらかといえば「パクリ」ですね。
 それでも、やはりマンガの歴史の中では「巨人の星」の存在は大きいし、いま「ちかいの魔球」を読めば「巨人の星のパクリか」という感想を持つ人も多いと思うんですよね。もちろん、アニメ化された影響というのも大きいと思いますが、この本を読んで、それも必然だったという印象を持ちました。
 戦後すぐに始まった魔球マンガの流れ、実在のプロ野球選手が登場するマンガの流れ、貸本マンガから進化してきた劇画の流れ、そして梶原一騎の存在、と、それまでのマンガのあらゆる流れが合流してできたのが「巨人の星」だったということらしいです。
 「パクリ」という印象も、それはあくまでも「スタイルの踏襲」であって、その中からオリジナルのものを生み出していったと解釈した方がよさそうですね。

 ジャイアンツ繋がりで言うと、かつて「ミスタージャイアンツ」というキャラクター(今で言えばジャビットみたいなもの)があったことを憶えている人はいるでしょうか。当時、ミスタージャイアンツと言えば長嶋でしたが、どう見たってあのキャラクターが長嶋には見えませんでした。で、この本にも紹介されているのですが、あのキャラクターが出てくるマンガがあったらしいのです。ようやく、あのキャラクターの謎が解けました。
 いつのまにか消えていった感がありましたが、あまり人気が出なかったんですね。個人的にも、あのニヤけたキャラはどうしても好きになれませんでした。

 巻末にある野球マンガの年譜も、個人的には貴重な資料になりそうです。全てを網羅してなさそうなのは残念ですが、未見のマンガを探すときの参考にはなりそうです・・・。、

(2003.2.16記)


目次に戻る